U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユー)の日々を綴るblogです

山口廣和(ギター)

【Live Report】 Tuesday Night Live 2024.5.7 山口 廣和(gt.)

5月7日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ギタリストの 山口 廣和 さんです。

240507002

世界中で奏でられているギター、そしてそのルーツであり、派生した楽器。
そんな多様性を取り入れてひとつに融合するギターサウンドを奏でる山口 廣和さん。
“ソロ演奏”は、そんなギタースタイルのサウンドと音楽の探究者である山口 廣和さんの魅力をストレートに堪能できるステージングです。

山口 廣和さんのギター演奏では、さまざまな奏法にて多彩な音や響きで音を紡いでいき、ギターという楽器の可能性の広さと深さを感じます。
また、7弦ギターの音域を活かしたソロ演奏は、時折、ベースソロのように、さらにはベースとギターのデュオのように聴こえました。

本日も山口 廣和さんのオリジナル曲を軸にしつつ、ジャズのスタンダード曲では、ピアニストの巨匠の作曲の中でもメジャーではないけれどもすばらしい曲を取り上げて、ギターのソロならではのサウンドで聴かせてくださいました。


そして、山口 廣和さんといえば、リュートの演奏。

240507001

リュートは楽器の特性上、生音での演奏に限られ、その点、カフェ・ユーの大きさと壁の質感、さらにはソロ演奏という組み合わせはリュート演奏に最適とのことで、毎回、演奏くださいます。
前回からバロック期の復元リュートでの演奏。

今回もルネサンスリュートの作曲者の曲、そしてバロック時代に活躍したリュート作曲者の曲と、時代に沿って演奏くださいました。

そして、今回は、前回初演時に公約されていたさらなる展開として、バロック時代のリュート作曲者のソナタ第2番から初演時のプレリュードとアルマンドに加えて、さらにブーレとサラマンドが加えられ、4曲演奏されました。


アンコールでは、山口 廣和さんが馬頭琴とリュートの共演のために書いたセレナーデを、即興の要素も入れた夜想曲ならぬ「馬想曲」として演奏くださいました。

今宵も、山口 廣和さんならではの、楽器も、時も、クロスオーバーするソロライブでした。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、ギターサウンドの多様で多彩な魅力をたっぷりと堪能するひとときをご一緒できて嬉しいです♪ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Hand Me Down (山口 廣和さんオリジナル曲)
2. B Minor Waltz (For Ellaine)
3. My Spoon (山口 廣和さんオリジナル曲)
4. Not All Dogs Go To Heaven (山口 廣和さんオリジナル曲)
5. Fortune (John Dowland)
6. Fantasia(Sylvius Leopold Weiss)

<2nd Set>
1. Dawn (山口 廣和さんオリジナル曲)
2. Furiko (山口 廣和さんオリジナル曲)
3. Misterioso
4. Sonatas for Lute Nos.2(Sylvius Leopold Weiss)
prélude
allemande
bourrée
sarabande
5. Lute Song (山口 廣和さんオリジナル曲)

<Extra>
馬想曲 (山口 廣和さんオリジナル曲)

1st-5,6, 2nd-4, Extra:baroque Lute by 山口 廣和さん

【Live Report】 Tuesday Night Live 2024.2.20 山口 廣和(gt.)

2月20日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ギタリストの 山口 廣和 さんです。

240220001

世界中で奏でられているギター、そしてそのルーツであり、派生した楽器。
そんな多様性を取り入れてひとつに融合するギターサウンドを奏でる山口 廣和さん。
“ソロ演奏”は、そんなギタースタイルのサウンドと音楽の探究者である山口 廣和さんの魅力をストレートに堪能できるステージングです。

山口 廣和さんのギター演奏では、さまざまな奏法にて多彩な音や響きで音を紡いでいき、ギターという楽器の可能性の広さと深さを感じます。
また、7弦ギターの音域を活かしたソロ演奏は、時折、ベースソロのように、さらにはベースとギターのデュオのように聴こえました。

本日も山口 廣和さんのオリジナル曲を軸にしつつ、ジャズのスタンダード曲も多く演奏されました。
オリジナル曲では、まだリュートを弾いていなかった頃に、リュートのサウンドに想いを馳せた曲から、モダンジャズギターらしい進行の曲と、山口 廣和さんならではの幅広さで愉しませてくださいます。

そしてジャズのスタンダード曲では、ピアニストの巨匠の作曲作品やピアニストの巨匠が演奏して有名になった曲などを取り上げ、ギターのソロならではのサウンドで聴かせてくださいました。
特にこの日は、春を通り過ぎて初夏のような陽気だったことから、急遽、山口 廣和さんも初演というジャズのスタンダード曲「Spring Is Here」を演奏されました。


そして、山口 廣和さんといえば、リュートの演奏。

240220002

リュートは楽器の特性上、生音での演奏に限られ、その点、カフェ・ユーの大きさと壁の質感、さらにはソロ演奏という組み合わせはリュート演奏に最適とのことで、毎回、演奏くださいます。
前回からバロック期の復元リュートでの演奏。

今回もルネサンスリュートの作曲者の曲、そしてバロック時代に活躍したリュート作曲者の曲と、時代に沿って演奏くださいました。

そして、今回はさらに、バロック時代のリュート作曲者のソナタ第2番からプレリュードとアルマンドの初演がありました。
今後さらに、展開をしていく予定とのこと。

さらにアンコールでは、バロックリュートでジャズのスタンダードをベースにした即興の演奏。
今宵も、山口 廣和さんならではの、楽器も、時も、クロスオーバーするソロライブでした。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、ギターサウンドの多様で多彩な魅力をたっぷりと堪能するひとときをご一緒できて嬉しいです♪ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Lute Song (山口 廣和さんオリジナル曲)
2. My Spoon (山口 廣和さんオリジナル曲)
3. Crepuscule With Nellie
4. ますこみ (山口 廣和さんオリジナル曲)
5. Fortune (John Dowland)
6. Fantasia(Sylvius Leopold Weiss)

<2nd Set>
1. Nobody Is Watching (山口 廣和さんオリジナル曲)
2. Spring Is Here
3. Hand Me Down (山口 廣和さんオリジナル曲)
4. Sonatas for Lute Nos.2(Sylvius Leopold Weiss)
prélude
allemande
5. Dawn (山口 廣和さんオリジナル曲)

<Extra>
improvisation(17世紀風 Bye Bye Blackbird)

1st-5,6, 2nd-4, Extra:baroque Lute by 山口 廣和さん

【Live Report】 Tuesday Night Live 2023.10.31 山口 廣和(gt.)

10月31日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ギタリストの 山口 廣和 さんです。

231031001

世界中で奏でられているギター、そしてそのルーツであり、派生した楽器。
そんな多様性を取り入れてひとつに融合するギターサウンドを奏でる山口 廣和さん。
“ソロ演奏”は、そんなギタースタイルのサウンドと音楽の探究者である山口 廣和さんの魅力をストレートに堪能できるステージングです。

山口 廣和さんのギター演奏では、さまざまな奏法にて多彩な音や響きで音を紡いでいき、ギターという楽器の可能性の広さと深さを感じます。
また、7弦ギターの音域を活かしたソロ演奏は、時折、ベースソロのように、さらにはベースとギターのデュオのように聴こえました。

本日も山口 廣和さんのオリジナル曲を軸にしつつ、ジャズのスタンダード曲も多く演奏されました。

ジャズのスタンダード曲では、ピアニストの巨匠の作曲作品やピアニストの巨匠が演奏して有名になった曲などを取り上げ、ギターのソロならではのサウンドで聴かせてくださいました。


そして、山口 廣和さんといえば、リュートの演奏。

231031002

リュートは楽器の特性上、生音での演奏に限られ、その点、カフェ・ユーの大きさと壁の質感、さらにはソロ演奏という組み合わせはリュート演奏に最適とのことで、毎回、演奏くださいます。
前回からバロック期の復元リュートでの演奏。

今回は、1stセットでは、とある事情で準備をしていたイスラエルのフォークソング、そして山口 廣和さんのイスラエル人の友人のオリジナル曲を演奏くださいました。
今より時代が離れたバロックの音色で、日本よりも遠いイスラエルの旋律という、時間も空間も離れた音楽の演奏は、山口 廣和さんならではの貴重な組み合わせでした。

2ndセットでは、ルネサンスリュートの作曲者の曲、そしてバロック時代に活躍したリュート作曲者の曲と、時代に沿って演奏くださいました。


さらにアンコールでは、バロックリュートでジャズのスタンダード曲。
今宵も、山口 廣和さんならではの、場所も、時も、クロスオーバーするソロライブでした。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、ギターサウンドの多様で多彩な魅力をたっぷりと堪能するひとときをご一緒できて嬉しいです♪ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Dawn (山口 廣和さんオリジナル曲)
2. Hand Me Down (山口 廣和さんオリジナル曲)
3. I Hear A Rhapsody
4. My Spoon (山口 廣和さんオリジナル曲)
5. Erev Mul Hagilad
6. Between Time

<2nd Set>
1. Lop Ear (山口 廣和さんオリジナル曲)
2. Halloween Song (山口 廣和さんオリジナル曲)
3. Stella By Starlight
4. Love You Madly
5. Fortune (John Dowland)
6. Fantasia(Sylvius Leopold Weiss)
7. Lute Song (山口 廣和さんオリジナル曲)

<Extra>
Autumn Leaves

1st-5,6, 2nd-5,6, Extra:baroque Lute by 山口 廣和さん

【Live Report】 Tuesday Night Live 2023.8.22 山口 廣和(gt.)

8月22日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ギタリストの 山口 廣和 さんです。

230822002

世界中で奏でられているギター、そしてそのルーツであり、派生した楽器。
そんな多様性を取り入れてひとつに融合するギターサウンドを奏でる山口 廣和さん。
“ソロ演奏”は、そんなギタースタイルのサウンドと音楽の探究者である山口 廣和さんの魅力をストレートに堪能できるステージングです。

山口 廣和さんのギター演奏では、さまざまな奏法にて多彩な音や響きで音を紡いでいき、ギターという楽器の可能性の広さと深さを感じます。
本日も山口 廣和さんのオリジナル曲を軸にしつつ、ジャズのスタンダード曲も多く演奏されました。

山口 廣和さんのオリジナル曲は、どこかの国のメロディのようであり、それでいてどこでもないようなメロディで、シルクロードを旅するように、一曲の中でさまざまな情緒を感じます。

ジャズのスタンダード曲では、ピアニストの巨匠の作曲作品やピアニストの巨匠が演奏して有名になった曲などを取り上げ、ギターのソロならではのサウンドで聴かせてくださいました。

そして、山口 廣和さんといえば、リュートの演奏。

230822001

リュートは楽器の特性上、生音での演奏に限られ、その点、カフェ・ユーの大きさと壁の質感、さらにはソロ演奏という組み合わせはリュート演奏に最適とのことで、毎回、演奏くださいます。
前回からバロック期の復元リュートでの演奏。

今回は、16〜17世紀のリュートの作曲者の曲、さらにバロック時代に活躍したリュート作曲者の曲を演奏くださいました。

アンコールでは、リュートで即興音楽からのジャズのスタンダード曲。
バロック時代の音楽を今に、そして現代の曲をバロック時代の楽器の音色で、時代をもクロスオーバーしたライヴでした。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、ギターサウンドの多様で多彩な魅力をたっぷりと堪能するひとときをご一緒できて嬉しいです♪ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Ricercare (山口 廣和さんオリジナル曲)
2. Like Someone In Love
3. 4℃ (山口 廣和さんオリジナル曲)
4. Bolivia
5. Siciliana(Respighi)
6. I'll Be Seeing You

<2nd Set>
1. B Minor Waltz (For Ellaine) 
2. Dawn (山口 廣和さんオリジナル曲)
3. I Loves You, Porgy
4. Nebo (山口 廣和さんオリジナル曲)
5. Fantasia(Sylvius Leopold Weiss)
6. Eight Melodies

<Extra>
Improvisation ~ Fly Me To The Moon

1st-5, 2nd-5, Extra:baroque Lute by 山口 廣和さん

【Live Report】 Tuesday Night Live 2023.5.9 山口 廣和(gt.)

5月9日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ギタリストの 山口 廣和 さんです。

230509001

世界中で奏でられているギター、そしてそのルーツであり、派生した楽器。
そんな多様性を取り入れてひとつに融合するギターサウンドを奏でる山口 廣和さん。
“ソロ演奏”は、そんなギタースタイルのサウンドと音楽の探究者である山口 廣和さんの魅力をストレートに堪能できるステージングです。

山口 廣和さんのギター演奏では、さまざまな奏法にて多彩な音や響きで音を紡いでいき、ギターという楽器の可能性の広さと深さを感じます。
さらに、使用しているのが7弦ギターであることから、ソロ演奏でありながら、ギターとベースのセッションのような感じがします。

今回は山口 廣和さんのオリジナル曲を軸にしつつも、ジャズのスタンダード曲も多く演奏されました。

ジャズのヴォーカリストの巨匠が歌っている演奏を聴くことで、楽器のみの編成での演奏よりも旋律の機微が浮かび上がってくることで、その曲の魅力をより掴まれた、そんなジャズのスタンダード曲を演奏されたその演奏は、まるでギターで、さらにはリュートで、歌うかのようなソロ演奏でした。

そう。
山口 廣和さんといえば、リュートの演奏。
リュートは楽器の特性上、生音での演奏に限られ、その点、カフェ・ユーの大きさと壁の質感、さらにはソロ演奏という組み合わせはリュート演奏に最適とのことで、毎回、演奏くださいます。
しかも最近はバロック期の復元リュートでの演奏。

バロックリュートのための曲ではなく、バロックリュートでジャズのスタンダード曲を演奏されるのは、なかなか貴重で希少な経験だと思います。

セット中に、来場くださったお客さまからのリクエストを募られ、「Misty」を演奏されたり、またアンコールでは、今月のギャラリーの展示作品の印象による即興演奏をリュートで演奏されたりと、この日この場に居合わせた故の演奏も今回は愉しめました。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、ギターサウンドの多様で多彩な魅力をたっぷりと堪能するひとときをご一緒できて嬉しいです♪ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Rotisserie Faure (山口 廣和さんオリジナル曲)
2. Lop Ear (山口 廣和さんオリジナル曲)
3. Hand Me Down (山口 廣和さんオリジナル曲)
4. Embraceable You
5. Alone Together
6. Peri's Scope

<2nd Set>
1. My Spoon (山口 廣和さんオリジナル曲)
2. Nobody Is Watching (山口 廣和さんオリジナル曲)
3. All Of You
4. Misty
5. Summertime
6. Lute Song (山口 廣和さんオリジナル曲)

<Extra>
展示作品からの印象による Improvisation

1st-5, 2nd-5, Extra:baroque Lute by 山口 廣和さん
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード