U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユー)の日々を綴るblogです

中村新太郎(ベース)

【Live Report】 Tuesday Night Live 2024.07.2 助川 太郎( gt. ) & 中村 新太郎さん( wb. )

7月2日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesdays Night Live」を、開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ギタリストの 助川 太郎 さんとベーシストの 中村 新太郎さんです。

240702001

今回も、助川 太郎さんはアコースティックギターを用いて、中村 新太郎さんのベースと、ともに生音での演奏でした。


熱気のこもる陽気のこの日。

空気のざわつきと熱を鎮めるように
助川 太郎さんが、ひとつ、ひとつ、音を弾かせていき、
少しずつ、音にリズムを与え、
ゆったりとしたジャズのバラードで始まったこの日のライヴ、でした。


助川 太郎さんと中村 新太郎さんの生音での演奏を一言で表すなら
「だけど、うつくしい」。

ボサ・ノーヴァやアルゼンチンの曲など、うつくしい旋律ながら、どこかもの悲しさや儚さ、脆さを内包しているような曲想が漂い、そんな、ただうつくしいだけじゃないものを内包しながらも「うつくしい」サウンド。

また、
弦の響きを敢えて抑えたり、
楽器のボディを摩ったり、叩いたり
さまざまな奏法で放たれる音を取り込んで、ただうつくしく弾くだけじゃない、だけどうつくしいサウンド。
そのサウンドは、セロニアス・モンクの曲などで、遺憾なく発揮されます。


そして。
回を重ねるごとに、より深く、より躍動的に、より自由に、表現豊かになっていく助川 太郎さんと中村 新太郎さんのデュオ演奏。
この日もまた、より深化したサウンドで魅了くださいました。



本日も、来場くださいました皆さまにとともに、ギターとベースによるジャズそしてブラジル音楽で「うつくしいだけじゃない だけどうつくしい」デュオ演奏のひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. I Thought About You
2. Triste
3. Pannonica
4. Palhaço
5. Ever After
 
<2nd Set>
1. Corcovado
2. It Could Happen To You
3. Samba Em Prelúdio
4. My foolish Heart
5. Vuelvo al Sur

【Live Report】 Tuesday Night Live 2024.03.19 助川 太郎( gt. ) & 中村 新太郎さん( wb. )

3月19日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesdays Night Live」を、開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ギタリストの 助川 太郎 さんとベーシストの 中村 新太郎さんです。

240319001

今回、助川 太郎さんはアコースティックギターを用いて、中村 新太郎さんのベースと、ともに生音での演奏でした。

助川 太郎さんと中村 新太郎さんの生音での演奏を一言で表すなら
「だけど、うつくしい」。

ボサ・ノーヴァやアルゼンチンの曲など、うつくしい旋律ながら、どこかもの悲しさや儚さ、脆さを内包しているような曲想が漂い、そんな、ただうつくしいだけじゃないものを内包しながらも「うつくしい」サウンド。

また、
弦の響きを敢えて抑えたり、
楽器のボディを摩ったり、叩いたり
さまざまな奏法で放たれる音を取り込んで、ただうつくしく弾くだけじゃない、だけどうつくしいサウンド。


南米音楽を活動フィールドのひとつとして演奏活動をする助川 太郎さんらしい南米の選曲も織り交ぜながら、ボサ・ノーヴァやピアソラのタンゴのリズムと、スウィングのリズムとは明らかに違うリズムとジャズサウンドの融合もまた、助川 太郎さんと中村 新太郎さんのデュオの魅力です。


そして、アンコールでは、“ジャズのセッションの定番曲”を取り上げて、ジャズセッションの愉しさを存分に感じさせてくださいました。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、ギターとベースによるジャズそしてブラジル音楽で「うつくしいだけじゃない だけどうつくしい」デュオ演奏のひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Corcovado
2. Palhaço
3. I Thought About You
4. Someday My Prince Will Come
5. Vuelvo al Sur
 
<2nd Set>
1. Samba Em Prelúdio
2. Think Of One
3. Ever After
4. Triste
5. Nightfall

<Extra>
Autumn Leaves

【Live Report】 Tuesday Night Live 2023.11.07 助川 太郎( gt. ) & 中村 新太郎さん( wb. )

11月7日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesdays Night Live」を、開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ギタリストの 助川 太郎 さんとベーシストの 中村 新太郎さんです。

231107001

今回、助川 太郎さんはジャズの演奏でよく使われる「フルアコースティックギター」を用いての演奏でした。

ジャズモード フルスロットルな組み合わせによるジャズ演奏では、たとえば、セロニアス・モンクの「Pannonica」など、エフェクトも活用しながら、ジャズならではの音色の演奏となりました。

それでも。
助川 太郎さんの活動フィールドのひとつでもある南米音楽も組み込んでの演奏。
ボサ・ノーヴァやピアソラのタンゴのリズムと、スウィングのリズムとは明らかに違うリズムとジャズサウンドの融合もまた、助川 太郎さんと中村 新太郎さんのデュオの魅力です。


助川 太郎さんがMCで、
「中村 新太郎さんとの演奏は二人がコミュニケーションを取りあいながら」
と仰っていましたが、互いの意図を察しあい、阿吽の呼吸のごとく進行するお二人の演奏は、シナリオとアドリブが絶妙なバランスの会話芝居を観るかのようです。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、ギターとベースによるジャズそしてブラジル音楽での対話するようなデュオ演奏を堪能するひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Corcovado
2. Someday My Prince Will Come
3. Pannonica
4. I Thought About You
5. Vuelvo al Sur
 
<2nd Set>
1. 口琴によるImprovisation ~ Samba Em Prelúdio
2. It Could Happen To You
3. Ever After
4. Triste
5. My Foolish Heart

【Live Report】 Tuesday Night Live 2023.08.01 助川 太郎( gt. ) & 中村 新太郎さん( wb. )

8月1日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesdays Night Live」を、開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ギタリストの 助川 太郎 さんとベーシストの 中村 新太郎さんです。

230801001

うつくしい弦の響き
そんな弦の響きを意図的に抑えた音色
打楽器のようにボディから発する音
弦をこするようにして生まれる音
そして、デジタルのエフェクトを使用せず、いろんなモノを用いてアナログで創り出す音色
さらには、鳴り終わった後の余韻までもが演奏の一部として“聴こえる”演奏。

生音だからこそ、損なわれることなく活かされるすべての音

ただうつくしいだけではなく、
それでいて、やはりうつくしい、

それが助川 太郎さんと中村 新太郎さんのデュオが奏でる音楽。


今回は、助川 太郎さんの活動フィールドのひとつでもあるブラジル音楽を多めに、
それもボサ・ノーヴァに限らず、ブラジルの哀しくもうつくしい曲を取り上げられました。
さらには、ピアソラのタンゴまで。


ギターとベースのデュオ
からは想像を超える選曲と演奏
そして想像を遥かに超える心地よい響き

アンコールは、助川 太郎さんと中村 新太郎さんによる即興演奏。
その終わりは、本日のライヴの始まりにつながっていました。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、生音ならではのギターとベースによるジャズそしてブラジル音楽のうつくしさを堪能するひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Corcovado
2. Palhaço
3. Pannonica
4. I Thought About You
5. Vuelvo al Sur
 
<2nd Set>
1. Samba Em Preludio
2. It Could Happen To You
3. Triste
4. 口琴によるImprovisation ~ Ever After
5. Memoria E Fado

<Extra>
Improvisation

【Live Report】 Tuesday Night Live 2023.02.28 助川 太郎( gt. ) & 中村 新太郎さん( wb. )

2月28日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesdays Night Live」を、開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ギタリストの 助川 太郎 さんとベーシストの 中村 新太郎さんです。

230228001

うつくしい弦の響き
そんな弦の響きを意図的に抑えた音色
打楽器のようにボディから発する音
弦をこするようにして生まれる音
そして、デジタルのエフェクトを使用せず、いろんなモノを用いてアナログで創り出す音色
さらには、鳴り終わった後の余韻までもが演奏の一部として“聴こえる”演奏。

生音だからこそ、損なわれることなく活かされるすべての音

ただうつくしいだけではなく、
それでいて、やはりうつくしい、

そんなギターとベースの厚みのある生音で繰り広げられるジャズではスウィングのリズムが、
そして、助川 太郎さんらしい選曲のブラジル音楽の演奏ではサンバのリズムが、
いるはずのない打楽器のサウンドが聴こえるようでした。

また、助川 太郎さんのフリージャズのような奏法もまた躍動し、
そのサウンドは、セロニアス・モンク作曲のジャズ・スタンダード曲でさらに如何なく発揮されました。

ギターとベースのデュオ
からは想像を超える選曲と演奏
そして想像を遥かに超える心地よい響き


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、生音ならではのギターとベースによるジャズそしてブラジル音楽のうつくしさを堪能するひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. 昨日の明日 (助川太郎さんオリジナル曲)
2. Triste
3. It Could Happen To You
4. My Foolish Heart
5. 口琴によるImprovisation ~ Corcovado
 
<2nd Set>
1. Samba Em Preludio
2. My Romance
3. Pannonica
4. Evidence
5. Ever After

<Extra>
口琴によるImprovisation
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード