U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユー)の日々を綴るblogです

イベントレポート

【Salone Report】 アリスの国の不思議なお料理会 2024.7.10

7月10日は、「アリスの国の不思議なお料理(ジョン・フィッシャー作 開高道子訳)」のレシピを実際に創って、みんなで味わうお料理会、「アリスの国の不思議なお料理会」を開催致しました。
参加下さいました皆さま、ありがとうございます♪

1862年7月4日、ルイス・キャロル率いる一行はランチボックスを手にボートに乗り込みテムズ川を川下り♪
アリスを含むリデル姉妹にねだられて即興で作ったお話が「アリス」のお話です。
その時のお話をさらに膨らませて後に、1865年の同じく7月4日に出版されたのが「不思議の国のアリス」。
その、アリスのお話のお誕生日を記念して当店で毎年開催されるのが「アリスの国の不思議なお料理会」。

アリスの世界でたくさん登場する食べ物に関する記述を体験してみたいと言うファンのために、その世界をレシピにしたのがジョン・フィッシャー著「アリスの国の不思議なお料理」です♪
その中から、今回も3品を再現して実際に食べてみました。 
今回も、アリスコレクターの方による、件の物語のシーンの解説とともに、皆さんで実食していただきました。 

最初にお出ししましたのは「チェシャー猫のひげ風チーズ棒」と「パン粉まみれでないたら料理」の組み合わせプレートです。

240710001

パン粉まみれでないたら料理」でオーヴンで焼くときに、一緒にポテトも敷いて焼くことで、パン粉まみれでないフィッシュアンドチップスにしてみました

2皿目はデザートで「お飲みなさいスープクランブル」です。

240710002

こちらも「不思議の国のアリス」から。
お飲みなさいスープのレシピのようにフルーツを集め、切り、
煮るのではなく、クランブル生地で覆ってオーヴンで焼いてみました。


なんども繰り返しますが、参加いただいた方は実感くださるのが、イギリスのレシピは美味しい! です。ただし、食材の味を活かしたレシピばかりなので、食材の味が決め手になると言えます。

今回は、お食事とともに、視覚&聴覚的にもアリスの世界を愉しむ趣向を凝らしました。

2024年も参加下さいました皆さまとともに、不思議なお食事会を愉しむことができて嬉しいです♪
ありがとうございます♫ 

【Live Report】 Tuesday Night Live 2024.7.9 「DUO TREMOLO」 堀 秀彰(pf.)& 馬場 孝喜(gt.)

7月9日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日は、ピアニストの堀 秀彰さんとギタリストの馬場 孝喜さんによるデュオ・ユニット「DUO TREMOLO」でした。

240709001

ピアノとギターは、主旋律を担うこともできれば、伴奏を担うこともできる楽器。
そんな特性を持つ2つの楽器がデュオを組むと、こんな色彩豊かな演奏になるのか!
と、堀さんと馬場さんのデュオの演奏は魅せてくださいます。

この日は、梅雨の湿気と猛暑のダブル。
そんな日のオープニングは、爽やかな夏を感じるような馬場さんのDUO TREMOLOのためにブラジルのショーロのスタイルで書いたオリジナル曲演奏で始まりました。

堀さんの最新のオリジナル曲の演奏も交えて、1stセットでは、ジャズのバラードを、そしてセットの最後は軽快なボサノヴァが演奏されました。

2ndセットでは、熱気の中で、さらに熱いジャズ、そしてブルースの演奏。
その熱を冷ますように、夏にちなんだアニメ映画の主題歌が演奏されましたが、最後はやはり、「DUO TREMOLO」のライヴの定番となっている、馬場さんのオリジナル曲「J.M.」。
この日も熱く共鳴が展開されました。

曲の多彩さ
演奏の色彩豊かさ
堀さんと馬場さん、二人の共鳴で生まれるサウンドは
この日も熱く、それでいて心地よい世界に誘ってくださいました。

 
本日も、来場くださいました皆さまにとともに、ピアノとギターの色彩豊かなハーモニーで彩られた生演奏のひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪  

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st set>
1. Choro de Tremolo (馬場さんオリジナル曲)
2. Triple Play
3. Naturally (堀さんオリジナル曲)
4. There's A Small Hotel
5. You Taught My Heart To Sing
6. Samba do Avião

<2nd set>
1. Hand In Hand
2. Haiku
3. Blues Connotation
4. Remember Me
5. J.M. (馬場さんオリジナル曲)

<Extra>
Possibility (堀さんオリジナル曲)

【Live Report】 Tuesday Night Live 2024.07.2 助川 太郎( gt. ) & 中村 新太郎さん( wb. )

7月2日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesdays Night Live」を、開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ギタリストの 助川 太郎 さんとベーシストの 中村 新太郎さんです。

240702001

今回も、助川 太郎さんはアコースティックギターを用いて、中村 新太郎さんのベースと、ともに生音での演奏でした。


熱気のこもる陽気のこの日。

空気のざわつきと熱を鎮めるように
助川 太郎さんが、ひとつ、ひとつ、音を弾かせていき、
少しずつ、音にリズムを与え、
ゆったりとしたジャズのバラードで始まったこの日のライヴ、でした。


助川 太郎さんと中村 新太郎さんの生音での演奏を一言で表すなら
「だけど、うつくしい」。

ボサ・ノーヴァやアルゼンチンの曲など、うつくしい旋律ながら、どこかもの悲しさや儚さ、脆さを内包しているような曲想が漂い、そんな、ただうつくしいだけじゃないものを内包しながらも「うつくしい」サウンド。

また、
弦の響きを敢えて抑えたり、
楽器のボディを摩ったり、叩いたり
さまざまな奏法で放たれる音を取り込んで、ただうつくしく弾くだけじゃない、だけどうつくしいサウンド。
そのサウンドは、セロニアス・モンクの曲などで、遺憾なく発揮されます。


そして。
回を重ねるごとに、より深く、より躍動的に、より自由に、表現豊かになっていく助川 太郎さんと中村 新太郎さんのデュオ演奏。
この日もまた、より深化したサウンドで魅了くださいました。



本日も、来場くださいました皆さまにとともに、ギターとベースによるジャズそしてブラジル音楽で「うつくしいだけじゃない だけどうつくしい」デュオ演奏のひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. I Thought About You
2. Triste
3. Pannonica
4. Palhaço
5. Ever After
 
<2nd Set>
1. Corcovado
2. It Could Happen To You
3. Samba Em Prelúdio
4. My foolish Heart
5. Vuelvo al Sur

【Live Report】 Tuesday Night Live 2024.6.25 浅見 卓矢(gt.)& 横山 拓也(gt.)

6月25日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を、開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ギタリストの 浅見 卓矢 さんとギタリストの 横山 拓也 さんです。

240625002

年も同じ。楽器も同じ。
さらにファーストネームも“タクヤ”で同じ。
そんな浅見さんと横山さん。

演奏しているフィールドは互いに違うところがあるものの、
だからこそ生まれるケミストリー。

2回目となる今回は、2ndセットでは、お互いのオリジナル曲を中心に構成されました。

この日のオープニングは、外の湿気を忘れさせてくれるような“Chill Out”な雰囲気で「Feel Like Makin' Love」。
ほかにも、ジャズマンが好んで取り上げる映画のテーマ曲や日本のポップスを取り上げての演奏。

横山さんの推薦曲は、
「この曲での浅見さんのジャズ表現を聴いてみたい」と取り上げた「Lawns」。
そして、2ndセットでは、この日のライヴのために書き上げた「バンドで演ったら愉しそうな」という新曲でした。

またこの日、浅見さん、横山さんと同い年のシンガー 浅見さんとは共演もよくあるHANAさんがいらっしゃったことから1曲ジョイントで演奏。
その曲は、HANAさんのオリジナル曲。横山さんは初見での演奏でした。

ジャズとブルース。
互いの異なるアプローチで、互いの感性を引き出しあうセッションを、この日もたっぷり愉しませてくださいました。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、ギター同士によるいろんなフィールドの曲でのセッションを愉しむひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Feel Like Makin' Love
2. I'm Not So Sure
3. Love Theme from Spartacus
4. 風をあつめて
5. Lawns
6. Stamp My Feet (浅見 卓矢さんオリジナル曲)

<2nd Set>
1. Not You Again
2. Zoe (浅見 卓矢さんオリジナル曲)
3. Blackbird
4. Pave the way (HANAさんオリジナル曲)
5. Nenia (浅見 卓矢さんオリジナル曲)
6. Side Dish (横山 拓也さんオリジナル曲)
7. Rush (浅見 卓矢さんオリジナル曲)

<Extra>
はじめてのチュウ

2nd-4:guest vocal on HANAさん

【Live Report】 Tuesday Night Live 2024.6.18 「ともじん」 布上 智子(vo.)&長澤 紀仁(gt.)

6月18日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を、開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ブラジル系ヴォーカルの 布上 智子 さんとブラジルギタリストの 長澤 紀仁さんのデュオユニット「ともじん」です。

240618001

移転してからは初となる、「ともじん」。
新しいお店でも、生声&生音で演奏くださいました。

今回は、お客様に「ボサノヴァのギターを習い始めた」方がいらっしゃる、ということを加味して、布上さんが、「ボサノヴァ」の名曲を取り上げながら、ブラジル音楽が好きな方にはもちろんのこと、「ブラジル音楽初めて」という方にも愉しんでいただけるようなセットリストにされました。

布上さんが、歌詞の内容を解説してくださり、
そして、ポルトガル語での歌に加えて、布上さんのボディーランゲージでも歌の内容を歌ってくださることで、観ても歌が伝わってきました。
そして、ブラジル音楽ではよく耳にする打楽器“クイーカ”など、ヴォイスパーカッションも随所に織り交ぜられました。

長澤さんも、いつものようにうつくしいブラジリアンギタリストの姿に、時折、ブルースギタリストやロックギタリストの姿を見せつつ。
そして、コーラスをしたり、ブラジルのバイーア地方でよく観られる男性と女性の間で繰り広げられるやり取りを歌にした「No Tabuleiro da Baiana」でのデュエットなど、ギターとともに美声も聴かせてくださいました。

そして、コールアンドレスポンスを呼び掛けてくださったりと、聴くだけじゃなく、一緒に歌を愉しむ、というブラジルスタイルでも演奏くださいました。

アンコールでは、長澤さんのオリジナル曲に布上さんが日本語の歌詞を付けた曲「うたの手紙」で、ありがとうを伝えてくださいました。



本日も、来場くださいました皆さまにとともに、さまざまな彩りのブラジル音楽を堪能するひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Desafinado
2. Batida Diferente
3. Chuva
4. Chove Chuva
5. No Tabuleiro da Baiana
6. A Rã
7. O Pato
8. O Bêbado e a equilibrista
 
<2nd Set>
1. Outra Vez
2. Desde Que O Samba é Samba
3. Chega de Saudade
4. Wave
5. Triste
6. Porta Bandeira (長澤 紀仁さんオリジナル曲)
7. A Felicidade
8. Carinhoso
9. Nação
10. Berimbau
 
<Extra>
うたの手紙(詞:布上智子さん 曲:長澤紀仁さん) ~ Ela ê Carioca

1st-3:Guitar solo by 長澤 紀仁さん
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード