U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユー)の日々を綴るblogです

【Salone Report】 Wine Lovers Club 2024.4.19

4月19日は、「いろんなワインを味わいたい/ワインのことをもう少し識りたい」方に向けて開催しております体感型ワイン・テイスティング講座、「Wine Lovers Club」を開催しました。
テイスティング下さいました皆さま、ありがとうございます♪

2024年1月からは「ニュージーランド」のワインを取り上げています。

その4回目は「ネルソン地方」のワインを取り上げました。

240419001
ニュージーランドは、北島・南島の2つの島に広がり、南緯36度~45度、南北1,500kmにわたる細長い産地です。国土はおよそ日本の北海道をのぞいたサイズと言われています。
人口はおよそ420万人(日本のおよそ30分の1)、羊はその10倍いると言われています。
ニュージーランドのワイン産地は海に囲まれた海洋性気候の地域がほとんどで、生育期間がゆっくりなのが、特徴です。冷涼な気候の元で造られるワインは非常にエレガントなものが多いです。

ニュージーランド南島ネルソンはネルソンという小さな街周辺に広がる、絵のように美しいワイン生産地です。地域を囲む3つの国立公園では、シーカヤックやハイキングなどのアクティビティや野生動物の観察など、ニュージーランドの大自然を余すことなく感じることができます。

晴天率の高さから「サニーネルソン」の愛称で親しまれ、1年を通して過ごしやすい気候が特徴です。この気候を活かし、果物や、ビールの原料であるホップ、ワインなどの生産が盛んに行われています。
そんなネルソンを一言で表現するなら、

穏やかな気候でアーティストが集う、個性的なワイン産地

穏やかで過ごしやすい気候のネルソン地方は、長い日照時間、災害の少ない穏やかな沿岸の気候、水はけの良い半肥沃な土壌に恵まれています。
サニーネルソン」の愛称でも親しまれるように、晴れの日が多い地域で年間を通しての気温差も緩やかです。ネルソンの夏は涼しく、暑い日も28度を超える事はなく平均で23度くらいの毎日です。この気温が他の南島より長く続くのでブドウはゆっくりと成長して行き、美味しいワインができるのです。

 ネルソンの
夏季(2月)の平均最高気温は22.4℃
冬季(8月)の平均最高気温は13.1℃
夏と冬の最高気温の差は10℃弱ほど。
 
東京の気温差が約22℃なので、その穏やかさがうかがえます。ですが、昼夜の気温差がしっかりとあるので、ブドウはゆっくりと育ちます。

またネルソンは、北部は海に面しているものの、西、南、東の3方向は山で囲まれています。その山々が吹き付ける強い西風を防ぎ、ブドウを守ってくれるのです。

ネルソン地方では、穏やかな気候と豊富な日照量のもとで凝縮感のあるブドウが育ち、果実味が豊かなワインがつくられています。
ワイン産地としての知名度はそこまで高くないものの、恵まれた気候のもとで家族経営のワイナリーが丹精込めてつくるワインが世界から注目されています。

ネルソン地方を代表するのはニュージーランドの多くの地域と同じく、白ワイン用ぶどう品種のソーヴィニヨン・ブランで、ネルソン地区の生産量の約半数を占めています。

また近年では、円熟したタンニンと複雑味を感じられるピノ・ノワールや、長期熟成にも向く高品質なシャルドネも高い評価を得ています。

その他にも豊かに香るアロマティック品種の栽培が盛んで、
ピノ・グリ
リースリング
ゲヴュルツトラミネール
などの品種が中心に栽培されています。

ネルソン地区のサブ・リージョンはモウテレ・ヒル(アッパー・ムーテリー(Upper Moutere))ワイメア・プレインズ(Waimea Plains)のふたつがあります。

 
今回はニュージーランドのネルソン地方で造られたワインを、3種類取り上げました。
今回取り上げましたワインのノートは下記のとおりです。

240419003
240419002


【Live Report】 Tuesday Night Live 2024.4.16 BREEZE( Jazz vocal group ) & 二村 希一( pf. )

4月16日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を、開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、男女混声ジャズコーラスグループ BREEZE とピアニストの 二村 希一さんです。

240416002

BREEZEは現在、ソプラノ、テノール、バリトンの3人編成で演奏活動中。

BREEZEの生演奏は、共演者の方のソロ演奏で始まります。
今回も各ステージ 二村さんのピアノソロ。
二村さんらしいうつくしい曲の選曲で、今回は1stではジャズの華やかな雰囲気、そして2ndでは爽やかな雰囲気の演奏でした。

そしてうつくしいハーモニーでジャズを歌うBREEZEとのステージ。
1stセットはジャズのスタンダード曲を中心に、心地よいスウィングとうつくしいハーモニーで彩ってくださいました。
そして、1stセットの最後は、英語歌詞から日本語歌詞へ、さらにそこから日本のブギへとメドレーでした。

2ndセットでは、マナブさんアレンジの曲がずらり。
メキシコの第二の国歌と親しまれている曲に、BREEZE推しのお客さまも初耳というハワイアンの曲。
BREEZEのアカペラでのナンバーに続いては、服部良一さん作曲の曲などなど。
世界のいろんな曲をうつくしいハーモニーで彩ってくださいました。

また、2ndセットでは、マイクレスならではの動き回るパフォーマンスでも愉しませてくださいました。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、ステキな声のハーモニーと響きと愉しさに満ち溢れた生演奏のひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. The Duke
2. The Mountain Of The Night
3. Old Devil Moon
4. Sweet Georgie Fame
5. Only Trust Your Heart
6. It Don't Mean A Thing (If It Ain't Got That Swing)
7. Day Dream
8. My Blue Heaven~私の青空~東京ブギウギ

<2nd Set>
1. One Morning In May
2. Cielito Lindo
3. Blue Hawaii
4. I Feel Fine
5. ラッパと娘
6. Sunny
7. Everytime We Say Goodbye
8. Get Me To The Church On Time

<Extra>
Swanee

1st-1,2, 2nd-1:ピアノソロ by 二村 希一さん
2nd-4:a cappella by BREEZE

【Salone report】 2024.4.16 茶論トーク 英米児童文学の愉しみ

4月16日は、翻訳家 谷口 由美子さんが自ら手掛けられた英米児童文学の魅力をお伝え下さる茶論(サロン)トーク、「茶論トーク 英米児童文学の愉しみ」を開催致しました。
参加下さいました皆さま、ありがとうございます♪

240416001

今回はいつもと趣向が違いまして、谷口さんが取り上げましたのは、毬矢まりえさん、森山恵さんが翻訳された「A・ウェイリー版 源氏物語」でした。

谷口さんがこの翻訳本を知るきっかけとなったのは、「大草原の風トリオ」の朗読パフォーマンスのために谷口さんが朗読を習っている先生の元に、翻訳をされた毬矢まりえさん、森山恵さん姉妹から直接朗読の依頼があった、という話を先生から聞かれて、とのこと。

毬矢まりえさん、森山恵さんはともに文学少女で、百人一首も大好きで源氏物語も大好きな姉妹。
方やフランス文学家であり歌人、方や英文学家であり詩人。
そんな二人が、「訳したい!」という情熱を注いで訳したのが、「源氏物語」のアーサー・ウェイリーが英訳版です。

1000年の昔に、紫式部の手によって生まれた小説「源氏物語」。
900年の時を経て、アーサー・ウェイリーが英語で翻訳するきっかけとなったのは、アーサー・ウェイリーが大英博物館の東洋版画・写本部門の学芸員として勤務していた時に、「源氏物語の十二帖“須磨”」の絵を目にして「この作品を読んでみたい!」と思ったこと、とのこと。

アーサー・ウェイリーが教育を受けていた時代はイギリスのヴィクトリア朝時代。
そのため、源氏物語が描く日本の“パレス生活”の世界が、当時のイギリス読者には「華やかなりしヴィクトリア朝のパレス物語」として彷彿させたのかもしれない、と谷口さん。

そのアーサー・ウェイリーが訳した「源氏物語」を100年の時を経て、現代語訳した毬矢まりえさん、森山恵さんの訳本。
アーサー・ウェイリーが訳した世界を活かしつつ、歌人・詩人らしく、アーサー・ウェイリーが内容は訳しつつも全部を訳さなかった和歌を全部入れるなど、源氏物語がお好きな姉妹らしい訳本となっているそうです。

また、一度、英単語になっているものを日本語にしているので、古文を現代文に訳した源氏物語よりも読みやすくなっている、と谷口さんはおっしゃっていました。

アーサー・ウェイリーが訳した「源氏物語」は欧米でも当時も、そして今でも評価が高く、それこそが「翻訳」のすばらしさだ、と谷口さん。
翻訳本は、文学作品を、国を、そして時代を超えさせることができるのですね。

【Live Report】 Tuesday Night Live 2024.4.9 柳原 由佳(pf.)& maiko(vn.)

4月9日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を、開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ピアニストの 柳原 由佳 さんとヴァイオリニストの maikoさんです。

240409001

“パッション”は、内より迸り出て、激しさやアグレッシヴとなって表されるもの・・・
というだけでなく、感情を込めて音に表すことで表現できるものでもある
柳原さんとmaikoさんの演奏を聴くと、そう感じます

回を重ねるごとに、お互いのオリジナル曲をデュオで演奏することが増えている、柳原さんとmaikoさん。

今回は、花散らしの雨風であっという間に終わってしまった桜の季節を取り戻すような、オリジナル曲がたくさん織り交ぜられました。

柳原さんが和太鼓、そして真子笛の方との演奏のために創られたオリジナル曲「さくら」、そしてバンドで演奏しているカントリーライクな曲「Back Country」など、maikoさんと初めて演奏する曲を織り交ぜられました。
さくら」では、まるでお琴を奏でているかのようなピアノのタッチ。
日本の情緒たっぷり漂う曲、そして、お二人の演奏でした。

maikoさんのオリジナル曲は、柳原さんとのデュオでも演奏を重ねている曲中心の編成。
風や花や月。
いつも見慣れたモチーフなのに、毎回、違う景色に見える。
そんな自然の景色のように、maikoさんのオリジナル曲の二人での演奏は、新たな景色を感じさせてくれます。

柳原さんとmaikoさんのデュオでの定番としているブラジルの奇才の曲など、回を重ねる曲、新たに演奏する曲、いずれも新たな一面を愉しませてくださいます。


お二人のほっこりするトークに癒され、
そしてエレガントでありながらも内に秘めるパッションが音に表れる演奏に魅了される柳原さんとmaikoさんの共演ライヴ。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、うつくしく穏やかで爽やかな“熱き演奏”をご一緒できて嬉しいです♪ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. 春 青空 (柳原さんオリジナル曲)
2. Resting In The Shadow
3. さくら (柳原さんオリジナル曲)
4. Walk Alone (柳原さんオリジナル曲)
5. Bebê

<2nd Set>
1. Back Country (柳原さんオリジナル曲)
2. Reminiscence (maikoさんオリジナル曲)
3. Windmill (maikoさんオリジナル曲)
4. 桜咲く (maikoさんオリジナル曲)
5. 月影 (maikoさんオリジナル曲)
 
<Extra>
The Moon Is A Harsh Mistress

【Galleria U_U】 Select Gallery企画展「世界街歩き展」

4月になりました。
4月のガレリア・ユーの展示は、「Select Gallery企画展「世界街歩き展」」を開催致しております。

イタリアはフィレンツェの街並み、スペインはグラナダの街並み、スイスのブリエンツ湖、そして架空の街まで。

それぞれ、アクリルや水彩や墨やペンで描かれた街並み作品です。

店内でお召し上がりいただける色々な国のカフェメニューとともに、五感で世界の街をお散歩してください。

作品は販売もしておりますので、ご興味お持ちくださる方はスタッフまでお声をおかけください。
(一部 非売品です)

240404001

240404002

240404003

240404004

240404005

作品展は4/30(火)まで開催します。
大塚店地図
東京都文京区大塚3-5-4 茗荷谷ハイツB1F
Tel/fax 03-3944-2356

東京メトロ丸ノ内線 茗荷谷駅下車
2番出口を出て左折 徒歩5分


※来店の折にはカフェオーダーをお願いいたします。
※休館日時がございます。詳しい情報はこちらの“Event Schedule”ご覧いただきますか、
 03-3944-2356 ガレリア カフェ ユーにお電話にてご確認ください。
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード