U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユー)の日々を綴るblogです

La_Dew

【Live Report】 Tuesday Night Live 2020.2.18 「La Dew」 酒井 麻生代( fl. ) & 大森 聖子( pf. )

2月18日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、フルート奏者の 酒井 麻生代さん とピアニストの 大森 聖子さんによりますデュオ・ユニット「La Dew」です。

200218002

デュオ・ユニット「La Dew」としても精力的に活動されている酒井 麻生代さんと大森 聖子さん。

オープニング曲は「Casa Dolce Casa」。
英語で言えば「Home Sweet Home」。
“La Dew”のホームへようこそ、とお客さまを招き入れるようなオープニングから始まりました。

2曲目からは酒井さん、大森さんのオリジナル曲。
酒井さんが落葉樹の葉が落ちきり、再び新緑が出てくる春を待つ幹の気分を曲にした「春待つ君」。
大森さんが2月のために書いた、積もった雪が風に舞うさまを表す言葉に着想を得た曲「風花」。
そして酒井さんがライヴの3日前に書いたばかりの、吹き抜けるそよ風を感じる愉しさをボサ・ノーヴァ調で表現した「Sentindo a Brisa」。
ふたりの感性で書かれたオリジナル曲で描かれた晩秋から春の訪れまでの季節のストーリーを愉しませてくださいました。

2ndセットは、「La Dew」の鎌倉でのコンサートの折に
「組曲を書いてください」との依頼から大森さんが書いた「組曲(まだ名称が決まってません)」から。

ビバップやバラードなど、ジャズ・スタンダードのカヴァーに加えて、ラストはライヴ前日に書き上げた酒井さんのオリジナル曲「Up To You」。
ミュージシャンのような自由業は、仕事が待っている場所に行く、というものではなく、すべて“自分次第”に委ねられている。そんな酒井さんの想いが楽譜に迸ったような疾走するような曲。

花鳥風月を愛でるような美的感覚。
喜怒哀楽、人が経験するすべての感覚。
そんな感覚で感じるものを曲へと昇華する酒井さんと大森さんの“La Dew”ワールド。

今回のライヴでは、初演作品が2つも織り込まれ、またスタンダードのカヴァーの選曲の妙もあり。
「La Dew」の曲作り、選曲の感性と表現の感性が随所に表れたライヴでした。

アンコールは“みなさまの多幸を願う”、酒井さんのオリジナル曲「Wishing You Joy」にてお見送り。

本日も、来場くださいました皆さまにとともに、余韻までも愉しませてくれるジャズのひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪   

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Casa Dolce Casa
2. 春待つ君 (酒井麻生代さんオリジナル曲)
3. 風花 (大森聖子さんオリジナル曲)
4. Sentindo a Brisa (酒井麻生代さんオリジナル曲)
5. エリザベス (大森聖子さんオリジナル曲)
 
<2nd Set>
1. 組曲 (大森聖子さんオリジナル曲)
2. Parisian Thoroughfare
3. But Beautiful
4. Moon And Sand
5. Up To You (酒井麻生代さんオリジナル曲)

<Extra>
Wishing You Joy (酒井麻生代さんオリジナル曲)

【Live Report】 Tuesday Night Live 2019.9.17 「La Dew」 酒井 麻生代( fl. ) & 大森 聖子( pf. )

9月17日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、フルート奏者の 酒井 麻生代さん とピアニストの 大森 聖子さんによりますデュオ・ユニット「La Dew」です。

190917001

移転前のカフェ・ユーでも幾度か出演いただいておりました酒井 麻生代さんと大森 聖子さん。
今年の6月21日にアルバムも作成し、デュオ・ユニット「La Dew」として活動を始められました。

デュオ名の由来。
“Dew”は“雫”を意味する英語。
雫が落ちた時の音、松尾芭蕉の「水の音」の俳句のように、その余韻までも、ふたりの演奏では愉しんでいただきたい。そんな想いが“Dew”には込められています。
それにフランス語の冠詞“La”が付いて、“La Dew”。
音感に並々ならぬ感性を大切にしている二人ならではのデュオ名です。

オープニング曲は「Cook's Bay」。
水がほとばしり、風が吹き抜けるような、ピアノとフルートのワルツ。
デュオを組むことで、より一層、ふたりの音楽世界、表現の融合が広がり、深まり、重なっているように感じました。

ライヴでは、「La Dew」のアルバム「Porte」に収録されている曲も多く取り上げられました。
アルバムに収録されているのは、酒井 麻生代さん、大森 聖子さんのオリジナル曲ばかり。
フルートとの共演、のためではなく、酒井 麻生代さんのフルートの響きのために大森さんが書いた曲など、ふたりで奏でる音のための曲、そして演奏が詰まっているアルバムです。

また本日初公開の大森さんの新曲「待宵」もお披露目となりました。
こういう場に出会うのも、ライヴに足を運ばれるからこその愉しみ♪

2ndセットではポーランドのピアニスト クシシュトフ・コメダの曲「Kolysanka」や、大森さんが大好きなフランスのピアニスト ニルス・ラン・ドーキーの曲「Café En Plein Air」といった欧州ジャズの曲もリストオン。
ユニット名にフランス語の冠詞が使われているのも、このようにアメリカだけじゃなく欧州ジャズまでも広く愛している二人を嗜好性を表しているのかもしれません。

人との出会いやその時間の大切さを曲にする酒井 麻生代さん。
アンコールの曲はそんな酒井 麻生代さんのオリジナル曲でした。

余韻までも大切にする「La Dew」の演奏を、カフェ・ユーではいつまでも余韻を感じさせるような木質空間の中、生音でお愉しみいただきました。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、余韻までも愉しませてくれるジャズのひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪   

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Cook's Bay
2. Falando de Amor
3. エリザベス (大森聖子さんオリジナル曲)
4. 'Tis Autumn
5. Adelante (酒井麻生代さんオリジナル曲)
 
<2nd Set>
1. Fluss (大森聖子さんオリジナル曲)
2. Kolysanka
3. Treasure This Moment (酒井麻生代さんオリジナル曲)
4. 待宵 (大森聖子さんオリジナル曲)
5. Café En Plein Air

<Extra>
Wishing You Joy (酒井麻生代さんオリジナル曲)
ガレリアカフェ ユー憲章
今月の展示

小西淳子 挿し絵展
小西淳子さんの絵画展です
記事検索
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード