U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユー)の日々を綴るblogです

KUKKA

【Live Report】 Jazz for Lady 2016.1.17

本日は、日曜日の午後に、フランス製パティスリーとドリンクとともに、第一線で活躍されているミュージシャンによりますライヴをお楽しみいただくアフタヌーンティーライヴ「Jazz for Lady」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ヴォーカリスト 黒沢 綾さんとベーシスト 寺尾 陽介さんによりますデュオユニット「KUKKA」です。

160117001

KUKKA」 とはフィンランド語で「花」という意味。
寺尾さんのトレードマークの蝶ネクタイに、黒沢さんは花がモチーフのアクセサリー。

黒沢さんのクリスタルヴォイスと寺尾さんのやわらかいタッチのベース。
野に咲く「花」のように、自然であることだけで楽しめるうつくしさ。
それが「KUKKA」の魅力です♪

オープニング・ナンバーはジャズのスタンダードナンバーの「L-O-V-E」。
とてもスローなアレンジで、午後の時間の流れが微睡んでいくようでした♪
ジブリアニメのメドレーは、本当に風が通り抜けていくような黒沢さんの歌。
そして、ブラジル音楽が2曲続きました。
黒沢さんはマラカスを手に、ブラジルの打楽器のクイーカ(NHKの「できるかな」のゴン太くんの声の音)のようなヴォイスパーカッションも混じってブラジルらしい楽しい「Se é tarde, me perdoa」♪
そしてボサ・ノーヴァの名曲「Garota de Ipanema」。
曲の終わりでの寺尾さんのピアニッシッシッシモのベース演奏は、生音だからこそ楽しめる音ではないでしょうか?

本日は東京では夜には雪の予報も出ていました。
そこで2ndセットの2曲目に、黒沢さんのオリジナル曲「六花舞うように」が演奏されました。
「雪のように美しいものを見たら、あなたと一緒に見たいと思ってしまう」
そんな乙女心が表されたバラードです。

ジャズでは「声は究極のインストゥルメンタル」とも言うそうですが、今回のライヴでは、パット・メセニーの「James」を黒沢さんのスキャットと寺尾さんのベースで演奏くださいました。
印象的なリフが、やわらかくもクールに演奏されました♪

アンコールは日本語ヴァージョンの「ディ・ドリーム・ビリーバー」。
そんで、ベースの寺尾さんがコーラスデビューしました♪

まろやかな音に満たされた日曜日の午後♪

来場くださいました皆さまにとりましても、楽しい音楽のひとときでありましたならば、幸甚に存じます。

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. L-O-V-E
2. Cheak to Cheak
3. Tea for Two
4. 風の通り道~いのちの名前
5. Se é tarde, me perdoa
6. Garota de Ipanema

<2nd Set>
1. Blue Sky
2. 六花舞うように (黒沢さんオリジナル曲)
3. James
4. When You Wish Upon A Star
5. On Green Dolphin Street
6. めぐり逢い

<Extra> 
ディ・ドリーム・ビリーバー

Extra:chorus by 寺尾 陽介さん 

【Live Report】 Jazz for Lady 2015.5.24

本日は、日曜日の午後に、フランス製パティスリーとドリンクとともに、第一線で活躍されているミュージシャンによりますライヴをお楽しみいただくアフタヌーンティーライヴ「Jazz for Lady」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ヴォーカリスト 黒沢 綾さんとベーシスト 寺尾 陽介さんです。

150524001
 
本日、めでたくユニット名が「KUKKA」 と決まりました黒沢さんと寺尾さんのデュオ・ユニット。
フィンランド語で「花」という意味です。
今日の黒沢さんと寺尾さんのステージ衣装にも蝶がモチーフとなっていますように、蝶がとまる花がユニット名になりました。

黒沢さんのクリスタルヴォイスと寺尾さんのやわらかいタッチのベース。
生声と生音での演奏は、私たちのお店の環境だからできる演奏スタイルなのだそうです。
何も足さず、何も引かれない自然な音の響き。
贅沢な味わいです♪

やわらかく、そして伸びやかに広がる黒沢さんの声。
やさしく、そして時折ユニゾンでここちよさも演出する寺尾さんのベース。
午後のひとときにぴったりの音で演奏される、うつくしく優しい曲の数々。

時間の流れが緩やかになっていくかのようでした。

2ndセットの1曲目は、本来は歌詞のないジャズのスタンダードナンバー。
その曲を、黒沢さんのスキャットと寺尾さんのベースのデュオで演奏してくださいました。
また「Kukka」のライヴで恒例の「自由にやろうコーナー」。
今回は「Summertime」で行ってくださいました。

和やかなMCとともに過ごした時間。アンコールに応えて演奏くださった最後の曲は、明るく楽しいボサ・ノーヴァでした♪

来場くださいました皆さまにとりましても、楽しい音楽のひとときでありましたならば、幸甚に存じます。

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Up Jumped Spring
2. Dindi(English version)
3. Why Don't You Fall In Love With Me
4. Smile
5. Butterfly
6. Garota de Ipanema

<2nd Set>
1. Soul Eyes
2. 紫陽花の転たね(黒沢さんオリジナル曲)
3. Se é tarde, me perdoa
4. 風の通り道
5. Summertime
6. On Green Dolphin Street

<Extra> 
Só Danço Samba 
ガレリアカフェ ユー憲章
営業スケジュール
今月の展示

-Photos in September- たけださよ(SA-NYA)&輝血庵 展
写真を撮ること、日常の小さいけれど大切な記憶を残すことの素晴らしさを伝えたい。
記事検索
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード