U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユー)の日々を綴るblogです

EMiKO_VOiCE(ヴォーカル)

【Live Report】 Tuesday Night Live 2018.5.29 EMiKO VOiCE(vo.)&Phillip Strange(pf.)

5月29日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユウで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ヴォーカルの EMiKO VOiCE さんとピアニストの フィリップ ストレンジさんです。

180529001

時にはコケティッシュ、時にはエレガント、時にはしゃべるように、コミカルに、様々な表情の声で歌うワン&オンリーのヴォーカリスト EMiKO VOiCEさん。
アメリカ・ヨーロッパ・日本で共演し、1988年からは、ジャズ・ピアニスト、作曲家、そして大学教授として日本の大阪を中心に活躍されているフィリップ・ストレンジさん。 

ブラジル音楽から日本の江戸・明治時代の俗曲、端唄まで、ジャンルでは括りきれない「歌い手」として知られるEMiKO VOiCEさんが、“スウィング・ジャズ”を普通に歌うライヴ。
それはフィリップさんと共演することでEMiKO VOiCEさんが「スウィング・ジャズを普通に歌う愉しさに触れたから」。
その愉しんでいる様子が、音に、声に、表情に、雰囲気に表れるライヴでした。

各セットのオープニングはフィリップさんのピアノソロ。

180529002

1stセットでは、ジャズピアニスト デイブ・ブルーベックの曲、「In Your Own Sweet Way」 。
そして2ndセットでは、そのデイブ・ブルーベック・カルテットを一躍有名にした「Take Five」 (ただし、曲を作ったのはカルテットのメンバーでアルト・サックスを吹くポール・デスモンド)。

テーマを彩り自由に紡いでいく、時にはテーマさえもアレンジを加えていく、フィリップさんのソロワーク。
モダンジャズの熱い雰囲気を感じさせてくださいました。


EMiKO VOiCEさんが登場してからは、まるでスウィングダンスのリードのように、控えめに、ヴォーカルをサポートし、エスコートし、そしてソロでは鮮やかに。
声とピアノのスウィング・ダンス。

「ジャズの従兄弟」とも言われる、ボサ・ノーヴァを織り交ぜたりしながらも、今までのEMiKO VOiCEさんのライヴでは歌われたことのない、スウィングにぴったりの曲や、とってもとってもせつなく響くジャズのスタンダードナンバーも登場。

2ndセットからは、マイクを外して生声でのライヴとなりましたが、それでも溶け合うEMiKO VOiCEさんとフィリップさんの声と音。

ちょうど今の季節、5月ころに急に肌寒くなる気候のことを英語では“Blackberry Winter”と言うそうですが、「そんな時は昔の恋人を思い出す」という内容の曲「Blackberry Winter」。
ほんとうにせつなく、そして優しく響く声と歌、でした。
 

ジャズの基本的な曲「Autumn Leaves」 では、EMiKO VOiCEさんとフィリップさんのピアノの連弾。

180529003

伴奏とメロディーの担当を途中で入れ替わったり、とジャズの愉しさを観せてくださいました♪ 


EMiKO VOiCEさんとフィリップさんの東京3daysの最終日にあたったカフェ・ユウでのライヴでは、私たちも食とワインで「ニューヨーク」を演出いたしました。

 
本日も、来場くださいました皆さまにとともに、スウィングの愉しいひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪  

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. In Your Own Sweet Way
2. Straighten Up And Fly Right
3. Moon And Sun
4. Baubles, Bangles And Beads
5. Skylark
6. Chega De Saudade
7. Yardbird Suite
 
<2nd Set>
1. Take Five
2. Shiny Stockings
3. Samba de Uma Nota Só
4. Autumn Leaves
5. Blackberry Winter
6. Twisted

<Additional>
Lullaby of Birdland
 
1st-1,2nd-1: ピアノソロ by フィリップ ストレンジさん
2nd-4: ピアノ連弾

【Live Report】 Tuesday Night Live 2018.2.6 EMiKO VOiCE(vo.)&佐藤 浩一(pf.)

2月6日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユウで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによりますライヴエンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ヴォーカルの EMiKO VOiCE さんとピアニストの 佐藤 浩一さんです。

180206001

コケティッシュに、エレガントに、コミカルに、ディープに。
ジャズからブラジル音楽、そして端唄まで。
多彩な表現力と多種多様な“うた”を歌うヴォーカリスト、EMiKO VOiCEさんの音楽世界をカタチにした初のソロ・アルバム「Carta~手紙~」の全アレンジを担当した佐藤 浩一さんとのデュオライヴ。

EMiKOさんと佐藤 浩一さんとのデュオでのライヴは、今回のライヴが初めて、とのことでした。

アルバム「Carta」は拝聴していましたが、時を経て、ライヴではその世界観が著しく熟成し変容を遂げていました。

オープニングナンバーは、「Carta」にも収録されている「Someone To Watch Over Me」。
この曲からして、日本語のバースで始まるなど、すでに変貌を遂げていました。

EMiKOさんのスキャットと佐藤 浩一さんのピアノによるバッハの2重奏のようなクラシカルな前奏から突然開ける「Chega de Saudade」。

本から散らし文字のように言葉を抜き取って語りをいれることで、独特な世界観が生まれた「The Days Of Wine And Roses」。

日本人が発信するジャズ、ということで、日本の端唄にジャズのコード進行を乗せて歌われた「さのさ ~ 奴さん」。和と洋の融合の見事さ。

誰もが知っている歌を、誰も聴いたことがないようなアレンジに仕上げられた曲の数々。
即興的に組み立てられながらも、綿密な打ち合わせがなされたような完成度。
そして、圧倒的なうつくしさ。

私の表現力では、とてもお伝えできないのが残念です。
これを感じて頂くには聴いていただくほかありません。

そして、EMiKOさんの粋な着こなしの和装も、眼福でした♪


来場くださいました皆さまにとともに、圧巻の和と洋が見事に融合したうつくしいジャズのひとときをシェアできましたことに感謝致します。

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Someone To Watch Over Me
2. Chega de Saudade
3. Poinciana
4. The Days Of Wine And Roses
5. O Cantador
6. 東京節 
 
<2nd Set>
1. さのさ ~ 奴さん
2. Cucurrucucú Paloma
3. Berimbau
4. When You Wish Upon A Star
 
<Extra>
Edelweiss

【Live Report】 みんな de ライヴ 2017.10.15 EMiKO VOiCE( vo. )&Phillip Strange( pf. )

10月15日は、日曜日の午後に、スイーツとドリンクとともに、第一線で活躍されているミュージシャンによりますライヴをお楽しみいただくアフタヌーンティーライヴ「 de 」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

日曜日に開催するアフタヌーンティーライヴ。
本日出演くださいましたのは、ヴォーカルの EMiKO VOiCEさんとピアニストの Phillip Strangeさんです。

171015001

EMiKO VOiCEさんは、火曜日の夜のライヴには数多く出演下さっていますが、日曜日のアフタヌーンティーライヴは初出演。
お昼間のライヴの共演は、大阪・京都をベースにライヴ活動をされているPhillip Strangeさん。

ライヴのオープニングはPhillipさんのジェントリーでエレガントさに溢れたピアノソロによる「It Could Happen To You」。
そして、EMiKOさん登場のオープニングナンバーは「Honeysuckle Rose」。
EMiKOさんのスキャットとPhillipさんのピアノのインタープレイからの「Honeysuckle Rose」。
外は雨が降っていましたが、雨だからこそ聴きたい音があります。
今日のEMiKOさんとPhillipさんの演奏はそんな音。

EMiKOさんがPhillipさんと共演するときに必ず演奏する「Take Five」。
複雑に変わるピアノの旋律、なめらかに変容する転調。
声とピアノのデュオだけで繰り広げられるオシャレなスウィングでした。

そして「A Nightingale Sang In Berkeley Square」。
「休符も音だ」という言葉を聞きますが、EMiKOさんとPhillipさんの演奏による「A Nightingale Sang In Berkeley Square」はまさに、静まったパートもひとつの音として活かされた演奏。
夜の静けさを感じる演奏でした。

2ndセットでは、EMiKOさんのEMiKOさんたる魅力を存分に聴かせてくださいました。
ジャズのスウィングからブラジル音楽、そしてメキシコのボレロ、さらには日本の歌。
そして同じ曲の中でも日本語の歌詞と英語の歌詞が親和したり。

国も言葉も音楽スタイルも、自由に飛び交うEMiKOさん。
そしてさまざまな表情で、表現で歌を紡いいでいきます。
Phillipさんの、ジェントリーでポライトリーなお人柄そのままのピアノの音。
でも芯に持つホットなパッションもしっかりと出てくるピアノの音。

来場くださいました皆さまにとともに、声とピアノによる音楽のワールドツアーのひとときをシェアできましたことに感謝致します。

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. It Could Happen To You
2. Honeysuckle Rose
3. Take Five
4. A Nightingale Sang In Berkeley Square
5. Triste
6. Twisted
 
<2nd Set>
1. 東京節
2. Someone To Watch Over Me
3. Little Willie Leaps
4. Cucurrucucú Paloma
5. Straighten Up and Fly Right
6. Chega De Saudade

<Extra> 
Confirmation

1st-1:Pianoforte Solo by Phillip Strangeさん
2nd-1:Pianoforte 弾き語り by EMiKO VOiCEさん 

【みんな de ライヴ】 2017.10.15 東の歌姫と西のピアノの巨匠のデュオによるジャズライヴ

 de 」は、
お昼どきを終えて夕餉が始まるまでの日曜日の昼下がり。
カフェでアフタヌーンティーを愉しむのにぴったりの時間帯(14:00~17:00)に開催しますスイーツ付きアフタヌーンティーライヴです♪

第一線で活躍されるミュージシャンによる生演奏を、天然木材で囲まれた小さなスペースならではの臨場感溢れる環境で、ドリンクとスイーツのセットとともに愉しんでいただけます。
もちろん、ユウはライヴ中も禁煙です。
そして優雅な生演奏の余韻に浸りながらも明るいうちに終演致します。


10月15日(日)は、ヴォーカルの EMiKO VOiCEさんと、ピアニストの フィリップ ストレンジさんのデュオによるライヴをお聴きいただきます♪
ジャンルでは括りきれない幅広いフィールドで、さまざまな表情の声で歌うワン&オンリーのヴォーカリスト EMiKO VOiCEさん。
そのEMiKO VOiCEさんが、関西に行くときは何時も共演しているピアニストフィリップ・ストレンジさんを東京に
お招きしてのデュオライヴです。
フィリップさんはとてもスインギーで遊び心があるジャズピア二ストにして、共演者の気持ちに寄り添う演奏とフレンドリーなお人柄がとても魅力的な方。
グルーブが素晴らしいスウィングの生演奏とともに過ごす日曜の午後のひとときを、あなたにも愉しんでいただけたら嬉しいです♪


ライヴは14:00 開演です。開場は13:30 からです。
2ステージ、入れ替えなしでお愉しみいただけます。
(途中入場、退場もできます。)
料金は、ミュージックチャージスイーツとドリンクの1セットを合わせた¥3,600  です。
※ドリンクメニューによりましては、一部追加料金をいただくものもございます。
U_U サポーター'sチケットご利用方は ¥3,100 
テーブル席数は12席(予約優先制です)
U_U サポーター'sチケットご利用の方は座席の指定ができます。 


お問い合わせまたはお申し込みは、03-3944-2356 ガレリア カフェ ユウにお電話いただくか、もしくは[u_u_info]宛てにメールにてお受けいたします。
ご予約の無い方も、ご都合付きましたらぜひお立ち寄りくださいませ♪

出演者のプロフィール情報は下記をご覧ください。

みんなdeライヴロゴ
171015000
map500

【Live Report】 Tuesday Night Live 2017.5.16 「メヲコラソン」 EMiKO VOiCE(vo.)&助川 太郎(gt.)

5月16日は木質空間のリヴィングルームのようなカフェで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによりますライヴエンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ヴォーカルの EMiKO VOiCE さんとギタリスト 助川 太郎さんによりますデュオユニット「メヲコラソン」です。

170516002

「メヲコラソン」はEMiKO VOiCEさんと助川 太郎さんによるブラジル音楽ユニット。
ですが、EMiKO VOiCEさんはブラジル音楽はもとより、ジャズ、そして日本の端唄など。
助川 太郎さんはジャズ、さらにはアルゼンチンタンゴや南米フォルクローレなど。
ジャンルの枠を超え、精力的にそれぞれ活動されています。
そして、その幅広さと奥深かさをデュオユニットに還元、融合し、新しい音の表現を追求しています。

その二つの多面的才能の融合から生まれる音楽は、
たとえば、メキシコのボレロにタンゴのベースを組み込んだ「Bésame mucho」に、
クラシカルなサンバにジャズのスタンダード「枯葉」を折り込んだ「Não Deixe O Samba Morrer」に、
日本のディーヴァ 美空ひばりさんの名曲とボサ・ノーヴァの名曲を折り込み、祭りの熱狂と後の祭りの侘しさのメドレーに、
と独自の音楽性に昇華されます。

唯一無二の声と表現を持つEMiKO VOiCEさんのヴォーカリング。
多彩なギターフレーズに加え、パンディロやクイーカから口琴までも表現する助川太郎さんのギターサウンド。
EMiKO VOiCEワールドと助川太郎ワールドの掛け合わせから生まれる表現は、無限さを感じます。

本日は、「うたうたいこ」奏者の見谷 聡一さんも来場くださっていて、パンディロで歌ってくださいました。

170516003

持ち歌をさらに進化、昇華させつつ、さらに新たなチャレンジを取り入れるメヲコラソン。
その表現がますます愉しみです♪

来場くださいました皆さまにとともに、メヲコラソンの愉しい生演奏のひとときをシェアできましたことに感謝致します。

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Rabo de Nube
2. Corrida De Jangada
3. Águas de Março 
4. Bésame mucho
5. Até quem sabe
6. Amazon River
7. Samba De Uma Nota Só
 
<2nd Set>
1. Alegria de la Vida (助川太郎さんオリジナル曲)
2. Não Deixe O Samba Morrer ~ Autumn Leaves ~ Não Deixe O Samba Morrer
3. お祭りマンボ ~ A Felicidade ~ お祭りマンボ
4. Cucurrucucu Paloma
5. Que nem Jiló

<Extra>
Love Me Tender
 
2nd-1:ギターソロ by 助川 太郎さん
ガレリアカフェ ユー憲章
営業スケジュール
今月の展示

「いつもの生活をオーガニックに」 ハーブとアートとeこころグッズ展
ガレリア カフェ ユー オンラインショップオープン記念展です
記事検索
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード