U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユー)の日々を綴るblogです

BREEZE(ジャズヴォーカルグループ)

【Live Report】 Tuesday Night Live 2018.6.5 BREEZE( Jazz vocal group ) & 二村 希一( pf. )

6月5日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユウで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ジャズヴォーカルグループの BREEZE とピアニストの 二村 希一さんです。

180605002

カフェ・ユウでも恒例となってきました、BREEZEと二村さんのショータイム。
2セットの各セットのオープニングは二村さんのピアノソロ演奏で始まります。

180605001

1stセットのオープニングはトミー・ドースィ楽団のピアニストだったジョウ・ブシュキンがジョン・ドヴリーズとともに'41年に書いた曲「Oh! Look at Me Now」、続いてはキース・ジャレットの「My Song」でした。

BREEZEが入ってのオープニングナンバーは、「Danny Boy」。
ジャズのスタンダードにもなっているアイルランド民謡を、BREEZEの4声でしっとりと歌ってくださいました。
カフェ・ユウではBREEZEはノーマイク。4人の声のそのままのハーモニーのうつくしさを存分に味わう贅沢なナンバーです。

BREEZEのカフェ・ユウでのライヴでは新曲となる「My Ship」も加えて、「A Nightingale Sang In Berkeley Square」のようなしっとりうつくしいバラードから、情熱的なラテンのボレロ「Bésame Mucho」、そしてアップテンポな「St Vitus' Dance」などなど。
曲折々に愉しく、そしてうつくしく、歌ってくださいました。


2ndセットのオープニングも二村さんのピアノソロから。
2ndセットのオープニングはモダンジャズピアニストのトミー・フラナガンの曲「Nascimento」。
みんなでクラップハンズするのが愉しい軽快なジャズピアノの曲です。

そして2ndセットは、まずはソプラノ担当の小菅けいこさんとバリトン担当の磯貝たかあきさんがステージに。

180605003

小菅さんと磯貝さんは「2Thumbs Up」というデュオ・ユニットでも演奏活動を行っていますが、カフェ・ユウでは初のライヴ。
Just Squeeze Me」そして「Cheek To Cheek」を歌ってくださいました。

BREEZEのライヴにはファンも多く、ファンの方の中にはBRREZEのレパートリーにお気に入りをお持ちの方もいらっしゃいます。
そのひとつひとつをBREEZEの方は覚えていらっしゃって、ご予約リストに名前があると事前にセットリストに忍ばせる心遣い。
今回のライヴでも1stセット、そして2ndセットに散りばめられていました。

そしてFacebookなどで触れました、磯貝さんによる“サッチモ”も登場♪
こちらもファンの方がたくさんいらっしゃいます。


ステキな歌を、ステキなコーラスとステキな伴奏で聴くしあわせ♪

本日も、来場くださいました皆さまにとともに、ステキなハーモニーを愉しむのひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪   

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Oh! Look at Me Now
2. My Song
3. Danny Boy
4. Fly Me To The Moon
5. Smile
6. My Ship
7. Bésame Mucho
8. Night And Day
9. A Nightingale Sang In Berkeley Square
10. St Vitus' Dance 
 
<2nd Set>
1. Nascimento
2. Just Squeeze Me
3. Cheek To Cheek
4. Can't Help Falling In Love
5. Route 66
6. ソーラン節
7. Basin Street Blues
8. Sweet Georgia Brown
9. I'm Glad There Is You

<Extra>
見上げてごらん夜の星を


1st-1,2,2nd-1:ピアノソロ by 二村 希一さん
2nd-2,3:2Thumbs Up(小菅けいこさんと磯貝たかあきさんのデュオユニット) 

【Live Report】 Tuesday Night Live 2018.1.23 BREEZE( Jazz vocal group ) & 二村 希一( pf. )

1月23日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユウで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ジャズヴォーカルグループの BREEZE とピアニストの 二村 希一さんです。

180123001

二村さんのソロ演奏でスタート。
そのオープニングナンバーは、ブラジル音楽も演奏する二村さんらしい、A.C.ジョビンの「Chovendo Na Roseira」、続いてはフランス出身のピアニスト、ミシェル・ペトルチアーニの曲「Looking Up」でした。

BREEZEが入ってのオープニングナンバーは、エラ・フィッツジェラルドの最初のヒット曲となった「A-tisket A-tasket」でした。
BREEZEのライヴは、スタンダードジャズ好きの方にはもちろん、往年の名画好きの方にもたまらない名曲を、男女4声のハーモニーでお愉しみいただけます。
1stセットでは、チャップリン作曲であとで歌詞がついた「Smile」、そして映画自体はよく知られていますが、この曲はどこで掛かったのだろう?という隠れた名曲、映画「お熱いのがお好きSome Like It Hot)」から「Runnin' Wild」が歌われました。
さらには、日本の民謡「ソーラン節」のジャズヴァージョン!
こちらは、当ライヴ初披露でした。

2ndセットのオープニングも二村さんのピアノソロから。
1stセットで二村さんのピアノソロに感銘を受けたお客さまの熱いリクエストに二村さんがお応えされて、2ndセットのオープニングは「Waltz For Debby」でした。

2ndセットのBREEZEのセットは「ジャーニー」。ジャズのスタンダードからポップスまで。
シカゴからサンタモニカまで車で走り、メキシコでボレロに酔い、ニューオリンズではちょっと危なっかしい、でも魅力的な通りに行って20世紀を代表するジャズ・ミュージシャンのあの方の歌声を聴き、イギリスのスカボローに行く人に言付けを頼み・・・。
愉しい愉しい音楽の旅のナビゲーターはBREEZE♪

そこにステキなコーラスとステキな伴奏によるステキな歌がある。
そこにそれを愉しむ方々が集っている。
それだけで幸せ♪


来場くださいました皆さまにとともに、幸せな音楽のひとときをシェアできましたことに感謝致します。

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Chovendo Na Roseira
2. Looking Up
3. A-tisket A-tasket
4. Smile
5. Runnin' Wild
6. That Old Feeling
7. Everything Happens To Me
8. ソーラン節
9. St Vitus' Dance
 
<2nd Set>
1. Waltz For Debby
2. Stairway To The Stars
3. Route 66
4. Bésame Mucho
5. Basin Street Blues
6. Scarborough Fair
7. Can't Help Falling In Love
8. Sweet Georgia Brown
9. 見上げてごらん夜の星を

<Extra>
I'm Glad There Is You

1st-1,2,2md-1,2:ピアノソロ by 二村 希一さん

2nd-2,3,4,extra:リクエスト曲 

【Live Report】 Tuesday Night Live 2017.5.9 BREEZE(jazz vocal group)&二村 希一(pf)

5月9日は木質空間のリヴィングルームのようなカフェで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによりますライヴエンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、男女4声ジャズヴォーカルグループ BREEZEとピアニスト 二村 希一さんです。

170509001

ソプラノ、アルト、テナー、バリトン。
男女4声の編成のハーモニーでジャズをスウィングするヴォーカルグループ、BREEZE。
今回も二村 希一さんのピアノとの共演でライヴをしてくださいました。

オープニングは二村さんのピアノソロ、ラヴリーなジャズナンバーを2曲続けて演奏くださいました。
そしてBREEZEの登場からは、「ジャズで愉しむ名画紹介」のように、名画のテーマソングでジャズのスタンダードにもなっている曲がずらりと続きました。

銀幕ファンの方にはたまらない、名シーンが思う浮かぶようなメロディー。
それが4人の声のハーモニーとスウィングで彩られ、そしてロマンチックなピアノの音色で味付けされて、極上の音のミルフィーユとして形作られていきました。

雨の心配もあった予報でしたが、「雨」も音楽ではとってもロマンチックなエッセンス。
名曲をたくさん生み出しています。

2ndセットのオープニングも二村さんのピアノソロから。
曲はミュージカル「Singin' In The Rain」でも使用されいる「You Stepped Out Of A Dream」でした。

そして2ndセットのBREEZEのライヴは、「ワールドツアー」。
シカゴからロスアンゼルスまでの観光案内。
メキシコに飛んで、情熱的なボレロ。
サッチモが現れて、「My Hometown」とニューオリンズの目抜き通り紹介。

さらには、ペリー・コモ、そして永 六輔さんとのステキなエピソードを紹介くださりながらの「Beats There A Heart So True」と「見上げてごらん夜の星を」。

「ショウほど素敵な商売はない♪」
と、ショウアップされた見事なエンターテインメントで愉しませてくださるBREEZE&二村希一さんのライヴ♪

そんな明るい表通りのようなBREEZEのエンターテインメントに足を向けてくださいました皆さまにとともに、愉しい生演奏のひとときをシェアできましたことに感謝致します。

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Just Squeeze Me
2. Sweet And Lovely
3. Watch What Happens 
4. Smile
5. Raindrops Keep Falling On My Head
6. The Way We Were
7. On A Clear Day
8. Blue And Sentimental
9. Spring Can Really Hang You Up The Most
10. Fly Me To The Moon

<2nd Set>
1. You Stepped Out Of A Dream
2. Route 66
3. Bésame Mucho
4. Basin Street Blues
5. I Got Rhythm
6. Everything Happens To Me
7. Beats There A Heart So True
8. 見上げてごらん夜の星を
9. There's No Business Like Show Business 

<Extra>
On The Sunny Side Of The Street
 
1st-1,2,2nd-1:ピアノソロ by 二村 希一さん

【Live Report】 Tuesday Night Music Club 2016.10.11

本日は火曜日の夜の音楽のひととき♪
第一線で活躍されているミュージシャンによりますリヴィングルームスタイルのライヴ「Tuesday Night Music Club」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ジャズヴォーカルグループの BREEZEとピアニスト 二村 希一さんです。

161011003

男女4声でジャズをコーラスで歌うBREEZE。
そのすばらしいハーモニーでジャズのすばらしさ、そして愉しさを教えてくれるジャズヴォーカルグループです。
さらに当店では完全生声!
とても貴重な混声ジャズヴォーカルグループの、さらに稀有なライヴなのです♪

各セットとも、共演者の二村さんのピアノソロを、2曲続けて聴かせていただいて、BREEZEの登場となります。
今回は、気候もやっと秋らしくなってきて、散歩氣分に誘われる日にぴったりのナンバー「Walkin' Shoes」からスタート。
バリトンの磯貝さんのサッチモの真似が定評の「Basin Street Blues」に、ラテンのボレロの名曲「Bésame mucho」、ドライヴ氣分に誘われる「Route 66」など、BREEZEのハーモニーマジックを堪能して、1stセットの最後は永六輔さんもたまたま聴いてくださって気に入ってくださったというBREEZEの「見上げてごらん夜の星を」でした。

2ndセットでは、新曲「Early Autumn」や、当店では初のラテン曲「Historia de Un Amor」など、ステキな曲がまたまた登場。
そして遠くに旅立ってしまった人への惜別の想い詰まる「Danny Boy」・・・。

アンコールは、当店では合唱曲になりつつあるプレスリーの名曲「Can’t Help Falling in Love」でした♪

来場くださいました皆さまにとりましても、楽しい音楽のひとときでありましたならば、幸甚に存じます。

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. What Am I Here For
2. The Bad And The Beautiful
3.  Walkin' Shoes
4. Jeepers Creepers
5. Basin Street Blues
6. Bésame mucho
7. Route 66
8. On A Clear Day
9. 見上げてごらん夜の星を

<2nd Set>
1. Make Someone Happy
2. Sweet Lorraine
3. Bei mir bist du schön
4. Historia de Un Amor
5. East Of The Sun And West Of The Moon
6. I Got Rhythm
7. Early Autumn
8. Watch What Happens
9. Danny Boy

<Extra>
Can’t Help Falling in Love 

1st-1,2,2nd-1,2:ピアノソロ by 二村 希一さん

【Live Report】 Tuesday Night Music Club 2016.1.19

本日は火曜日の夜の音楽のひととき♪
第一線で活躍されているミュージシャンによりますリヴィングルームスタイルのライヴ「Tuesday Night Music Club」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、男女4声ジャズコーラスグループ BREEZEとピアニスト 二村 希一さんです。

160119001

ジャズを歌い続けるコーラスグループだけでも稀有な存在なのに、男女4声の編成はさらに貴重な存在。
そのBREEZEが、完全生声でライヴを行うのもとても貴重とのこと!
今回もBREEZEのすばらしいハーモニーと響きを素のままに、皆さんで味わうことができました♪

BREEZEのライヴの各セットは、共演者の方のソロ演奏で始まります。
1stセットは、静かにうつくしいバラード「The Bad And The Beautiful」、そこから一転熱いジャズナンバー「Caravan」と続きました。

BREEZEのオープニングナンバーは、映画「シェルブールの雨傘」の挿入歌「Watch What Happens」。
続いての歌は、テノールパートの中村 マナブさんがアレンジされた「My Funny Valentine」。アカペラによるバースから始まる贅沢なアレンジでした♪
Bei mir bist du schön」は、BREEZEのライヴでも久しぶりに歌う曲。
昨年新たに加わったアルトパートの松室 つかささんにとっては初演となる演奏でした。
ソプラノパートの小菅さんが「好きなコーラスグループは?」と質問されると答えるのが、グレンミラーオーケストラの専属コーラスグループ「The Modernaires」。
今回は二村さんが独りグレンミラーオーケストラとなって、BREEZEによる「グレンミラーメドレー」を演奏してくださいました♪

2ndセットは再び二村さんのソロから。
ブラジルの奇才João Donatoの「Sambou Sambou」、引き続いて甘いダウン・サウス・サウンドの「Sweet Georgie Fame」。
BREEZEの2ndセットのオープニングはSarah Vaughanの「Shulie A Bop」。
この歌はSarah Vaughan以外の方でアルバムに収録している人がいない曲とのこと。
なのでジャズコーラスグループで歌っているは世界でもBREEZEだけ、かもしれない曲です。
そして、BREEZEにとっては新曲アレンジとなる世界的に有名なメキシカン・ボレロ「Bésame Mucho」。
そのメキシコに近い辺りの雰囲気を歌った「South Of The Border」と、寒い外とはうらはらに、店内は暖かな陽気に満ち溢れていました♪
「BREEZEのライヴでは、皆さんも歌っていいんです」
と小菅さんがおっしゃって歌い始めたのが、Elvis Presleyの「Can’t Help Falling in Love」。
この曲は、来場くださったお客さまには「歌わずにはいられない」曲となり、BREEZEとの大合唱!
しかも、コーラスをするお客さままでいらっしゃいました。
これにはBREEZEの皆さんも感動されていました。
2ndセットの最後の曲は、中村 マナブさんのアレンジによる「A Nightingale Sang In Berkeley Square」。

そしてアンコールでは、バリトンパートの磯貝さんによるサッチモの歌真似も登場した「Basin Street Blues」。

ハーモニーとパフォーマンスと和やかなMCで、温かい雰囲気に包まれた音楽のひとときでした♪

来場くださいました皆さまにとりましても、楽しい音楽のひとときでありましたならば、幸甚に存じます。

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. The Bad And The Beautiful
2. Caravan
3. Watch What Happens 
4. My Funny Valentine
5. The Way We Were
6. Bei mir bist du schön
7. Glenn Miller Medley
   Tuxedo Junction
   In The Mood
   Little Brown Jug
   A String of Pearls
   Chattanooga Choo Choo
   Moonlight Serenade
8. I Got Rhythm
9. In The Wee Small Hours Of The Morning

<2nd Set>
1. Sanbou Sambou
2. Sweet Georgie Fame
3. Shulie A Bop
4. Misty
5. Bésame mucho
6. South Of The Border
7. Can’t Help Falling in Love
8. Fly Me To The Moon
9. A Nightingale Sang In Berkeley Square

<Extra>
Basin Street Blues

1st-1,2,2nd-1,2:ピアノソロ by 二村 希一さん
ガレリアカフェ ユー憲章
営業スケジュール
今月の展示

-Photos in September- たけださよ(SA-NYA)&輝血庵 展
写真を撮ること、日常の小さいけれど大切な記憶を残すことの素晴らしさを伝えたい。
記事検索
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード