U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユー)の日々を綴るblogです

長澤紀仁(ギター)

【Live Report】 Tuesday Night Live 2018.6.26 「もにじん」 マツモニカ(c-harm.)&長澤紀仁(gt.)

6月26日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、クロマチックハーモニカ奏者の マツモニカさん とギタリストの 長澤 紀仁さんによりますデュオ・ユニット「もにじん」です。

180626001

小さな音の楽器の代表格、ギターとクロマチック・ハーモニカ。
その小さな音が最大限に活かされる(と言って良いと思うのですが)木質空間の中で、その繊細な音を“素のまま”に表現してくださる「もにじん」。

「もにじん」の選曲センス、そして表現に魅了されたお客さまが、“素のまま”の音での演奏を愉しみに集って下さるカフェ・ユーでのライヴ。
そんな生音環境で、本日長澤さんが手にされたギターは、「繊細でありながら音量もある素晴らしい」長野県真田町の名工 石井栄さんによる1995年製作のマヌエル・ラミレス・モデル。
いつにも増して、ステキな響きでした。

好評でした『もにじん』の1st CD「もにじん#1」の再販に伴い、リマスタリング&リミックスされた2nd editionの発売記念も兼ねた生音ライヴでは、「もにじん#1」収録曲から多めに演奏されました。

ショーロの名曲を初めとする「もにじん」お馴染みのブラジル音楽に加えて、アルバムには敢えて日本語タイトル「恋よさようなら」で表記されているバート・バカラック作の「I'll never fall in love again」や、「もにじん」名義でアルバム収録された最初の曲「Vento de Junho」などを、もにじんスタイルで演奏くださいました。


2ndセットでは、ブラジル音楽の演奏活動もされているヴァイオリニスト 五十嵐 歩美さんをゲストに、著名なボサ・ノーヴァを2曲、長澤さんのアレンジヴァージョンで演奏くださいました。

180626002

長澤さんのギターをベースに、五十嵐さんのヴァイオリンとマツモニカさんのクロマチックハーモニカの見事な連携。さらには、五十嵐さん、マツモニカさん、長澤さんの卓越した個人技。
それはまさに、ただ勝利するだけでは不満で、美しい攻撃もが要求される「フッチボウ・アルチ(芸術サッカー)」というブラジル気質の体現のようでした。

そして、再び「もにじん」にて、切なくうつくしい日本の歌謡曲「悲しくてやりきれない」が流れ。
そしてボーナスステージとして、「もにじん#1 2nd edition」に収められたボーナス・トラック「Rio Vermelho」が演奏されました。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、うつくしい曲をうつくしい演奏で堪能する音楽のひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪   

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Triste
2. Ai Quem Me Dera
3. Lamentos
4. Rosa
5. Vento de Junho (長澤さんオリジナル曲)
6. 恋よさようなら
 
<2nd Set>
1. A Noite
2. Esperança No.1 (マツモニカさんオリジナル曲)
3. 旅立ちの鐘 (長澤さんオリジナル曲)
4. Garota de Ipanema
5. Samba De Uma Nota Só
6. 悲しくてやりきれない 

<Extra>
Rio Vermelho (長澤さんオリジナル曲)

2nd-4,5:Guest 五十嵐 歩美さん on Violin

【Live Report】 Tuesday Night Live 2018.2.27 布上 智子(vo.)&長澤 紀仁(gt.)

2月27日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユウで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによりますライヴエンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ブラジル系ヴォーカルの 布上 智子 さんとギタリストの 長澤 紀仁さんです。

180227001

布上さんと長澤さんはブラジル音楽カルテット「ひじりびと」のメンバーとしても定期的に活動されています。
ここカフェ・ユウではデュオで出演。そして毎回生声&生音環境で演奏くださいます。

今回はブラジル音楽が好きな方にはもちろん、「ブラジル音楽初めて」という方にも愉しんでいただけるようなセットリストとなりました。
が、これは予め用意されたリストではなく、布上さんがライヴの雰囲気から曲を決め、長澤さんが伴奏するというスタイルだったとのこと。

布上ツアーコンダクターによる「ブラジル音楽の旅」、スタートは「ボサ・ノーヴァ」という音楽が始まったきっかけと言われる歌「Desafinado」から始まりました。
続けて、日本でも「黒いオルフェ」の名前で知られ、日本人ミュージシャンもカヴァーしている映画「黒いオルフェ」の主題歌「Manhã de Carnaval」。
3曲目からはメドレーのように続けて3曲、ボサ・ノーヴァの代名詞的なミュージシャン アントニオ・カルロス・ジョビンの代表曲、とボサ・ノーヴァ尽くし。

リオデジャネイロのイパネマ海岸の近所に住む当時10代の少女の歩く姿にインスピレーションを受けて創られ、世界でも多くカヴァーされることになった「イパネマの娘(Garota de Ipanema)」、その女性を讃えたもうひとつの歌が「Ela ê Carioca」と、歌のモデルとなったエロイーザさんゆかりの曲。

またカーニバルのイメージが強いサンバですが、じつはサンバにはとてもステキなバラードも多いと紹介がてら歌ってくださったのは「O Mundo é um Moinho」、2番は布上さんの日本語訳詩ヴァージョンでした。

ブレイク挟んで2ndセットの始まりは日本の歌謡曲「なごり雪」。
そして曲は、よりブラジルらしい曲が取り上げられました。

セットの途中では、ギタリスト長澤さんをフューチャーしてソロギター演奏も1曲。

180227002

曲は長澤さんのオリジナル曲で、タイトルにはある方に捧げる名前が付けられた「Rio Vermelho」(日本語にすると赤い川)。
この曲は、長澤さんの別ユニット「もにじん」の発売予定CDにボーナストラックとして収録されるそうです。

ブラジル音楽はロマンティックな詩の歌がありますが、じつは軍事政権下という時代背景の時には恋人を暗に「昔の自由なブラジル」として表現しているものが多いそうです。そんな歌のひとつが「Travessia」。

かと思えば、自分の部屋から恋人が出て行く時に扉をバタンと閉めた、なんて光景をサンバにした「Batendo a Porta」があったり。
サンバは悲しみの息子であり悦びの父である(悲しみから生まれ、悦びを生む)という歌詞がある「Desde Que O Samba é Samba」に歌われるように、悲しみを歌にして、歌によって悦びを愉しむ。
ブラジルの音楽の果たす役割そのもののように、会場を悦びで満たす布上さんと長澤さんのライヴ♪
いろんな色が混ざり合ったうつくしいブラジルを、ブラジル音楽で愉しませてくださいました♪


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、さまざまな彩りのブラジル音楽のひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Desafinado
2. Manhã de Carnaval
3. Você e Eu
4. Wave (2~4 Medley)
5. Triste
6. Ela ê Carioca
7. Garota de Ipanema
8. O Mundo é um Moinho
9. Batida Diferente 
 
<2nd Set>
1. なごり雪
2. O Bêbado e a equilibrista
3. O Pato
4. Rio Vermelho (長澤さんオリジナル曲)
5. Dindi
6. Desde Que O Samba é Samba
7. Batendo a Porta
8. Travessia
9. Aquarela do Brasil ~ A Voz do Morro 
 
<Extra>
Samba do Avião ~ Água de Beber

2nd-4:Guitar solo by 長澤さん
1st-4,5,2nd-2,6,7, Extra:Coro by 長澤さん

【Live Report】 Tuesday Night Live 2017.11.28 「もにじん」 マツモニカ( c-hmc. ) & 長澤 紀仁( gt. )

11月28日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユウで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、クロマチックハーモニカ奏者の マツモニカ さんとギタリストの 長澤 紀仁さんによるデュオユニット「もにじん」です。

171128002

クロマチックハーモニカとアコースティックギターで主にブラジル音楽を演奏するデュオ「もにじん」。
森の木漏れ日の光の粒のような長澤さんのギターの音色。
リード楽器とは思えないような弱音までもがうつくしいマツモニカさんのクロマチックハーモニカの音色。

そのマツモニカさんと長澤さんのデュオの音色に魅了される方は多く、そしてその音色が完全生音で聴ける当店のライヴを心待ちにしてくださる方も多くいらっしゃいます。

その瞬間に楽器から放たれた生まれたての音。
その音と音が重なって響き合いながら広がっていく演奏。
「もぎたて」の新鮮さそのものの音色は本当に優しく、オーガニック・サウンドと名付けたいほど。

「もにじん」の1stアルバムで、敢えて日本語タイトルで表記されたバート・バカラックの「I'll never fall in love again」や、スヌーピーやチャーリー・ブラウンでお馴染みの「Peanuts」の音楽を一手に引き受けていたヴィンス・ガラルディのクリスマスソング「Christmas Time Is Here」など、洋楽の選曲も「もにじん」らしさ満載。

本日のセットリストは、「Saudade(サウダージ)」の国という側面も持つブラジルらしい曲目が多めでした。
「もにじん」のハーモニーで表現されるとより一層曲の持つうつくしさの命が吹き込まれる曲ばかり。
うつくしい音楽をたっぷりと堪能させていただきました。

来場くださいました皆さまにとともに、オーガニックサウンドによるうつくしい音楽のひとときをシェアできましたことに感謝致します。

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Lamentos
2. 恋よ、さようなら (I'll never fall in love again)
3. Todo o Sentimento
4. Influência do Jazz
5. O Prato da Casa (マツモニカさんオリジナル)
6. Besteira
 
<2nd Set>
1. Saudade Fez Um Samba
2. Christmas Time Is Here
3. Feitio de Oração
4. Falando de Amor
5. Garota de Ipanema
6. Encontros e Despedidas

<End>
Brigas, Nunca Mais

【Tuesday Night Live】 2017.11.28 ブラジル音楽からビートルズ、バカラックまでうつくしい旋律を奏でるデュオのライヴ

Live from Myogadani, it's Tuesday Night !

Tuesday Night Live」は、
床と壁に木材を使用した木質空間のギャラリーで火曜日の夜に開催する第一線で活躍されているミュージシャンによる生演奏エンターテインメント♪ 
天然木材で囲まれた小さなスペースならではの臨場感溢れる生演奏を、お好きなドリンクを飲みながら、お好きなフードを食べながら、お愉しみいただきます。  
もちろん、ユウはライヴ中も禁煙です。


11月28日(火)は、クロマチックハーモニカ奏者の マツモニカさんと、ブラジルギタリストの 長澤 紀仁さんによりますデュオ・ユニット「もにじん」のライヴです。
マツモニカさんのハーモニカの常識を覆すようなやさしく透明感のある音色と長澤さんの繊細なギターの音色で演奏される名曲の数々。
ブラジル音楽に留まらず、ビートルズやバカラック、誰もが耳にするような音楽を、今まで耳にしたことがないようなうつくしいハーモニーで演奏くださいます。
さらに「もにじん」はU_Uでは完全生音。究極のアコースティックな生演奏です。
知る人ぞ知る名曲から誰もが知っている名曲まで、うつくしい旋律づくしの生演奏のひとときを、あなたにもお愉しみいただけたら嬉しいです♪

また当ライヴでは「Feel Brasil」として、ブラジルを代表するワイナリー サルトン社のワインリストから特別限定セレクトしたメニューを提供します。
もにじんのライヴでセレクトするのは、「インテンソ カベルネ フラン」です。

171128001

誰もが知っているフランスの品種「カベルネ フラン」。
その「カベルネ フラン」がブラジルの大地で育つと、驚きの味わいを放ちます。
誰もが知っている名曲をよりうつくしく聴かせてくれる「もにじん」サウンドとのマリアージュをお愉しみください♪

開演は19:30より2ステージ(入れ替えなし)
開場は18:30からご入場頂けます。
MCは¥3,000(+オーダー)
U_U サポーター'sチケットご利用の方は¥2,500+オーダー。  
テーブル席数は12席(予約優先制です)
U_U サポーター'sチケットご利用の方は座席の指定ができます。 

 
お問い合わせまたはお申し込みは、03-3944-2356 ガレリア カフェ ユウにお電話いただくか、もしくは[u_u_info]宛てにメールにてお受けいたします。
ご予約の無い方も、ご都合付きましたらぜひお立ち寄りくださいませ♪

出演者の詳細情報は下記をご覧ください。

TNL Duo Header
171128000
map500

【Live Report】 Tuesday Night Live 2017.6.6 布上 智子(vo.)&長澤 紀仁(gt.)

6月6日は木質空間のリヴィングルームのようなカフェで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによりますライヴエンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ブラジル系ヴォーカルの 布上 智子 さんとブラジルギタリストの 長澤 紀仁さんです。

170606003

歌えば、ブラジルの華やいだ空気を生み出す布上さん。
爪弾けば、ブラジル音楽のうつくしい旋律とダンサンブルなリズムを生み出す長澤さん。

布上さんと長澤さんのデュオで、今宵もブラジル音楽三昧の時間が創られました。

前回の出演から今回の出演の間での間に、ブラジルを訪れた布上さん。
今回は「観光気分」がまったくなく、ブラジルに「受け入れられた」ような時間だったそうです。
そんなMCから始まったのが、リオ・デ・ジャネイロの観光の名所を歌い込んだボサ・ノーヴァの曲「Corcovado」。
そして、1stセットは、夏の午後を癒すようなしっとりうつくしいボサ・ノーヴァのシリーズ。

そして長澤さんのギターソロ。
いまやブラジルギタリストとして活躍されている長澤さんが最初にギターを手にしたのは「The Beatles」の音楽に出会ったからとのこと。その中でも敬愛してやまないJohn Lennonの曲をソロ演奏くださいました。

そして、1stセットの終盤はサンバ、サンバ、とブラジルのメロディーとリズムに♪

2ndセットでは、明るいサンバ、強烈な太陽光という陽のイメージのあるブラジルにもある陰の印象。
マイナー調の名曲シリーズが歌われました。
ボサ・ノーヴァの名曲「Água de Beber」も今宵はどこか“スリラー調”・・・。

1stセットでも取り上げられた、ブラジル サンバ音楽を語る上で外せない偉人「カルトーラ」。
2ndセットの「O Mundo é um Moinho」は人生を風車に例えた歌詞、この歌では後半を布上さんの日本語歌詞で歌われました。布上さんの詩の内容は、自分のもとを旅立つ女性を船になぞらえ、いつでも寄港することを許す港のような寛容な男性像になっています。

陰と陽、いろんな顔があるブラジル。
明るさと切なさが同居するブラジル。

来場くださいました皆さまにとともに、さまざまなブラジル音楽の生演奏のひとときをシェアできましたことに感謝致します。

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Corcovado
2. Doralice
3. Lamentos
4. Dindi
5. Ela é Carioca
6. Please Please Me (長澤さんギターソロ)
7. As Rosas Não Falam
8. Cai Dentro
 
<2nd Set>
1. Você e Eu
2. Desde que o samba é samba
3. Dança da Solidão
4. Não Deixe O Samba Morrer
5. Água de Beber
6. O Mundo é um Moinho
7. Aquarela do Brasil
 
<Extra>
夢で逢えたら
Batendo a Porta

1st-5,2nd-2,5:長澤さんヴォーカル
ガレリアカフェ ユウ憲章
営業スケジュール
今月の展示

小西淳子絵画展
テンペラ画などさまざまな手法で創られた絵画アート展
記事検索
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード