U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユー)の日々を綴るblogです

越田太郎丸(ギター)

【Live Report】 Tuesday Night Live 2018.4.17 越田 太郎丸(gt.)&瀬木 貴将(zanp. & quena.)

4月17日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユウで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ギタリストの 越田 太郎丸 さんとサンポーニャ/ケーナ奏者の 瀬木 貴将さんです。

180417001

4月は AKA KONDOさんの絵画展を開催してます。
ウサギや鳥たちと花々がモチーフになった絵画。
植物と動物と、そんな生き物が生きる自然環境が何よりも好きだというAKA KONDOさん。

そして、音楽を通じて自然環境保護活動を行い、今でもアマゾンやラグーンに出掛けていく瀬木さん。
今回のライヴブッキングはそのような自然を愛する方のつながりとなりました。


ライヴのオープニングは瀬木さんのアルバム「サファリへ行こう」にも収録されている「ラグーン」。
このアルバムは2004年に発売になったもので、このアルバムから太郎丸さんと瀬木さんは一緒に演奏するようになられたとか。

「ラグーン」とはアフリカの砂漠の水飲み場。
そこには草食動物、肉食動物問わず、命に関わる水を摂るために訪れます。
そして、その場所では争いが起きないように、自然の摂理が守られているそうです。

アマゾンやサファリに実際に行かれた体験が音となったような瀬木さんのオリジナル曲。
雄大さと命に溢れた自然そのもののような旋律、そして躍動するリズム。
自然の中に自らの身を置くことで識る自然の音楽。
それをライヴで聴くことができる幸せ。


太郎丸さんの主な活動フィールドはブラジル音楽ですが、瀬木さんのデュオではフォルクローレに限らず、さまざまな国のリズム、音楽を演奏されます。

今回もギターソロでベネズエラワルツを、そして瀬木さんも共作されたことがあるアルゼンチン人のパット・メセニー・グループのペドロ・アスナールをイメージして太郎丸さんが創った「Pedro」、ペドロ・アスナールが住むアルゼンチン・ブエノスアイレスの街の雰囲気をイメージした曲なども演奏されました。


アフリカのサファリだったり、アマゾンの大密林だったり、日本の伊豆半島から見える「ムーンロード」だったり。
さまざまなうつくしい自然の情景が旋律となった音楽。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、うつくしき自然を感じるのひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. ラグーン (瀬木 貴将さんオリジナル曲) 
2. 冒険の旅路 (瀬木 貴将さんオリジナル曲)
3. El Cóndor Pasa
4. Zampoña solo:密林 (瀬木 貴将さんオリジナル曲)
5. ナスカ (瀬木 貴将さんオリジナル曲) 
 
<2nd Set>
1. Guitar solo:Vals Venezolano No 3、TRIO
2. Poncho Color Viento
3. Pedro (越田 太郎丸さんオリジナル曲) 
4. MOON ROAD (瀬木 貴将さんオリジナル曲)
5. TSUBASA (越田 太郎丸さんオリジナル曲)

<Extra>
イルシオン (瀬木 貴将さんオリジナル曲)

2nd-2:charango by 越田 太郎丸さん

【Live Report】 Tuesday Night Live 2018.3.27 TOYONO( vo. ) & 越田 太郎丸( gt. )

3月27日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユウにて、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ブラジル系ヴォーカルの TOYONO さんとギタリストの 越田 太郎丸さんです。

180327001

ブラジル音楽への深いリスペクトを持つTOYONOさん。
ブラジル音楽の範囲にとどまらず活動をされるも、ブラジル音楽をこよなく愛する越田 太郎丸さん。
このお二人によるデュオのライヴ、オープニングは「トニーニョ・オルタが好きなんです」ライヴを企画される太郎丸さんとのデュオらしい、トニーニョ・オルタの代表曲「aquelas coisas todas」。
この曲はインストゥルメントの曲なのですが、TOYONOさんのスキャット、そして太郎丸さんのコーラスという声という楽器も使っての演奏。

ボサ・ノーヴァや賑々しいサンバ
だけではなく、うつくしいメロディー、ゆったりとしていながらも心に伝わるグルーヴに溢れるブラジルの曲がセレクトされるのもTOYONOさんと太郎丸さんのデュオならでは。
そしてそのうつくしさ、心地よさが日本に居ながらも愉しめるのもTOYONOさんのヴォーカルと太郎丸さんのギター演奏でこそ。

音の強弱、リズムの緩急といったダイナミクスによる3Dサウンドは、生演奏でこそ味わえる音。
それだからこそ伝わるブラジル音楽の魅力♪
だからこそ生演奏で聴きたいサウンド。
ステージと客席の境目の無いカフェ・ユウらしい空間サウンドで、TOYONOさんと太郎丸さんによるうつくしいブラジル音楽のフルコースを愉しませていただきました♪

2ndセットのオープニングは、日本のトレンディ・ドラマファンにはたまらない曲「君は1000%」。
TOYONOさんがこの曲を歌い始めたきっかけは、この曲を歌ったカルロス・トシキさんが母国ブラジルでポルトガル語で歌っている映像をTOYONOさんが見つけ、歌詞を聞き取り、ポルトガル語ヴァージョンでカフェ・ユウでの太郎丸さんとのライヴで歌ったのがきっかけ。
日本で生まれたJ-Popが、ブラジルのグルーヴを経て、その魅力が一段と増した、そんな「君は1000%」。

そしてTOYONOさんによる「ポルトガル語で歌おう講座」に。
今回はアドリアーナ・カルカニョットの「ニセウミガメの歌」。
この曲は「不思議の国のアリス」のストーリーに登場する「ニセウミガメの歌」をモチーフに書き下ろされた曲。
3月のガレリア・カフェ・ユウの展示が不思議の国のアリスの一幕「3月うさぎのティーパーティー」と決めたときに、TOYONOさんに出演を打診したところ、「この歌を使った講座をやりましょう」とご提案くださったのです。

子供向けプロジェクトの一環として作られたこの曲は、とてもかわいらしい歌。
ですが、そこはブラジル音楽!
ポルトガル語の発音のポイントとなる要素がふんだんに入っていました!

「その国の音楽のリズムは、その国で話される言葉のリズムがベースになっている」
というのはライヴに出演くださるミュージシャンの方との会話で話題になることですが、こうして発音講座をしていただくとまさにリズムあっての言葉なのだなぁ・・・と思います。

今回は「アリスの国の不思議なお料理」のレシピにある「擬似亀スープ」を実際に作り、メニューとして用意しました。
さらにスペシャルなことに、ルイス・キャロル協会の方がブラジル版アリスの本をお持ちくださるなど、ブラジル版"不思議の国アリス"とのコラボレーションライヴを愉しむことができました♪


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、うつくしいブラジル音楽三昧のひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪
 
♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1-1 aquelas coisas todas(Toninho Horta) 
1-2 vale o escrito ヴァリ・オ・イスクリト(Audir Blanc/Filó Machado)
1-3 à primeira vistaア・プリメイラ・ヴィスタ(Chico Cèsar)
1-4 aqui oh! アキ・オー(Fernando Brant/Toninho Horta) 
1-5 Feitiço da Vila ヴィラの魅力(Noel Rosa/Vadico)
1-6 Canto De Desalentoカント・ヂ・デサレント失望の唄 (Rubens Téo/Toninho Horta) 
 
<2nd Set>
2-1 君は1000%(有川正沙子/和泉常寛)  
2-2 canção da falsa tartarugaニセ海ガメの歌 (Augusto de Campos/Cid Campos) 
2-3 Rock with youロック・ウィズ・ユー(Rod Temperton)

<End>
E  garota de ipanemaイパネマの娘(Vinícius de Moraes/Tom Jobim)

2nd-2:ポルトガル語で歌おう講座 by TOYONOさん

【Live Report】 Tuesday Night Live 2017.10.17 越田 太郎丸(gt.)&瀬木 貴将(zanp. & quena.)

10月17日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユウで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ギタリストの 越田 太郎丸 さんとサンポーニャ/ケーナ奏者の 瀬木 貴将さんです。

171017003

ライヴのオープニングはサンポーニャの奏でる自然の音、太郎丸さんの低音域でのテーマから導入された、太郎丸さんのオリジナル曲「Sobre as Nascenças」。
「誕生について」という意味が付けられたこの曲。
太郎丸さんと瀬木さんのデュオでの演奏では、地球に生命が生まれ、幾重にも分かれ、反映していく生命の壮大なテーマのようでした。

サンポーニャの本場はボリビア、太郎丸さんの主な活動フィールドはブラジル。
ですが、太郎丸さんと瀬木さんのデュオではフォルクローレに限らず、さまざまな国のリズム、音楽、さらにはガイアの躍動、自然のサウンドに満ち溢れます。

太郎丸さんと瀬木さんのライヴは、カフェ・ユウでも数を重ねていますが、今回もまた新たな曲が演奏されました。
Pedro」 は、瀬木さんも共作されたことがあるパット・メセニー・グループのペドロ・アスナールをイメージして太郎丸さんが創った曲。ペドロ・アスナールが住むアルゼンチン・ブエノスアイレスの街の雰囲気をイメージした曲です。

太郎丸さんのニュー・アルバム「TUBASA」に収録されている曲「Structure」は、シンセサイザーでサンポーニャの音を入れていたそうで、今回はサンポーニャの実音での演奏。
サンポーニャの音をイメージされてできた曲だけに、サンポーニャの新たな魅力溢れる曲でした。

瀬木さんのオリジナルからは、砂漠だったり、アマゾンの大密林だったり、日本の伊豆半島から見える「ムーンロード」だったり。
地球というひとつの星にある、さまざまな自然の顔が風の音の楽器で演奏されました。

冒険の旅路」は瀬木さんも親交のある冒険家の方のイメージも重なる曲。
「冒険家の方はチャレンジする人を決して笑わない」
瀬木さんのMCでのメッセージ。
いろんなことに挑み続けることへの勇気を与えてくれる音楽です。


来場くださいました皆さまにとともに、さまざまな生命躍動するこの星の賛歌のような音楽のひとときをシェアできましたことに感謝致します。

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Sobre as Nascenças (越田 太郎丸さんオリジナル曲) 
2. DESERT (瀬木 貴将さんオリジナル曲)
3. Pedro (越田 太郎丸さんオリジナル曲) 
4. Guitar solo:Vals criollo、sleepers
5. Structure (越田 太郎丸さんオリジナル曲) 
 
<2nd Set>
1. El Cóndor Pasa
2. Zampoña solo:密林 (瀬木 貴将さんオリジナル曲)
3. イマージェン (越田 太郎丸さんオリジナル曲)
4. MOON ROAD (瀬木 貴将さんオリジナル曲)
5. 冒険の旅路 (瀬木 貴将さんオリジナル曲)

<Extra>
Dry Valleys (瀬木 貴将さんオリジナル曲)

【Tuesday Night Live】 2017.10.17 雄大な自然と南米の風、そして人の温かさを感じるフォルクローレライヴ

Live from Myogadani, it's Tuesday Night !

Tuesday Night Live」は、
床と壁に木材を使用した木質空間のギャラリーで火曜日の夜に開催する第一線で活躍されているミュージシャンによる生演奏エンターテインメント♪ 
天然木材で囲まれた小さなスペースならではの臨場感溢れる生演奏を、お好きなドリンクを飲みながら、お好きなフードを食べながら、お愉しみいただきます。  
もちろん、ユウはライヴ中も禁煙です。


10月17日(火)は、ギタリストの 越田 太郎丸さん と、サンポーニャ/ケーナ奏者の 瀬木 貴将さん によるデュオ・ライヴです。
ブラジル音楽を軸に、多岐に渡り活動される越田さん。
瀬木さんとのデュオでは、ボリビアの独特なリズムでギターを演奏されます。
サンポーニャやケーナは「風の楽器」とも言われる音色の楽器。
瀬木さんの奏でる音は、ボリビアの広大な砂漠、雄大なアマゾンの河、豊かな自然を抱くアフリカのラグーン、そして月のうつくしい日本、ととらわれることの無い風のように自由です。
地球が抱く自然のうつくしさ、そしてそこに生きる人の温かさに満ちた生演奏のひとときを、あなたにもお愉しみいただけたら嬉しいです♪


開演は19:30より2ステージ(入れ替えなし)
開場は18:30からご入場頂けます。
MCは¥3,000(+オーダー)
U_U サポーター'sチケットご利用の方は¥2,500+オーダー。  
テーブル席数は12席(予約優先制です)
U_U サポーター'sチケットご利用の方は座席の指定ができます。 

 
お問い合わせまたはお申し込みは、03-3944-2356 ガレリア カフェ ユウにお電話いただくか、もしくは[u_u_info]宛てにメールにてお受けいたします。
ご予約の無い方も、ご都合付きましたらぜひお立ち寄りくださいませ♪

出演者の詳細情報は下記をご覧ください。

TNL Duo Header
140826001
map500

【Live Report】 Tuesday Night Live 2017.5.30 瀬木 貴将(Zamp..&Que.)&越田 太郎丸(gt.)

5月30日は木質空間のリヴィングルームのようなカフェで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによりますライヴエンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ギタリストの 越田 太郎丸 さんとサンポーニャ&ケーナ奏者 瀬木 貴将さんです。

170530003

瀬木さんと太郎丸さんとのデュオライヴでは、瀬木さんのオリジナル曲をメインにセットリストが組まれます。
そんな構成でも、本日の選曲はとても懐かしいラインナップとのこと。

曲毎に、背景などをMCでご紹介くださりながら、デュオで演奏くださいました。

オープニングナンバーは「冒険の旅路」。
それに続く、瀬木さんがカヌーでアマゾン河を川下りしていたときに遭遇したピンクのイルカをテーマにした「ピンクのイルカ」や、マチュピチュ遺跡に続く道沿いに流れる川「ウルバンバ川」など、南米の大きなスケールを彷彿とさせる音楽の旅を象徴するようなオープニングナンバーでした。

南米は標高4000mを超える場所に都市があり、空気も薄いので、星空が殊のほか綺麗なのだそうです。
その星空を抱かせる瀬木さんのケーナソロによる演奏「LUNA」。
同じ模様が見える月でも、場所によって見える角度が違ったりするそうです。

オラシオン」は、パット・メセニー・グループのペドロ・アスナールに歌詞と歌をお願いした曲。
その歌のラインを、今回は瀬木さんのケーナで演奏するインストゥルメンタル・ヴァージョンにて。
この曲はペドロ・アスナールさんも気に入られて、ご自身のアルバムにも、そしてペドロ・アスナールさんのベスト盤にも1曲目に収録されているそうです。

2ndセットのオープニングは太郎丸さんによるギターソロ。
演奏されたのは、高い演奏技術で知られるブラジルのマルチ楽器奏者 エグベルト・ジスモンチの「Infancia」。
ループなどを使わず、6弦だけで多彩なベースとラインを同時に演奏する複雑かつうつくしい曲でした。

2ndセットでは、ボリビアの有名なフォルクローレグループの曲「Llorando se fue」をカヴァー演奏くださいました。実はこの曲、日本をはじめ、ワールドヒットした「Lambada」の元歌。
Lambada」とは違い、ボリビアのフォルクローレのリズムのひとつでしっかりと演奏される歴としたフォルクローレソング。
「泣きながらあなたは去った」というタイトルさながら、どこか哀愁漂うフォルクローレでした。

アンコールで演奏されたのは「風の吹く街」。
アンデスを駆け巡る風の音とともに、瀬木さんと太郎丸さんの演奏による南米ツアーも終わりを迎えました。

来場くださいました皆さまにとともに、雄大なフォルクローレの生演奏のひとときをシェアできましたことに感謝致します。

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. 冒険の旅路
2. ピンクのイルカ
3. ウルバンバ川
4. Quena Solo:LUNA
5. ORACION -祈り-
 
<2nd Set>
1. Guitar Solo:Infancia
2. イマージェン
3. Llorando se fue
4. イルシオン
5. ナスカ
 
<Extra>
風の吹く街

1st-1,2,3,4,5,2nd-4,5,Extra:瀬木 貴将さんオリジナル曲
2nd-2:越田 太郎丸さんオリジナル曲 
ガレリアカフェ ユー憲章
営業スケジュール
今月の展示

切り師「長屋 明」奇跡の切り絵 展
糸のように繊細でしなやか、驚愕の切り絵作品展
記事検索
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード