U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユー)の日々を綴るblogです

谷口由美子

【Salone report】 茶論トーク 英米児童文学の愉しみ

本日は、翻訳家 谷口 由美子さんが自ら手掛けられた英米児童文学の魅力をお伝え下さる茶論(サロン)トーク、「茶論トーク 英米児童文学の愉しみ」を開催致しました。
参加下さいました皆さま、ありがとうございます♪

本日、谷口さんがご紹介くださいましたのは、「大草原の小さな家」シリーズを書いたローラ・インガルス・ワイルダーの覚書「パイオニア・ガール」です。

171017002

ローラが自分が経験したことを綴った覚書。
それを原石として、ローラが「子供向けの児童文学」として出版した「大草原の小さな家」シリーズ。
その関係性をパメラ・スミス・ヒルさんが注釈を付けて2014年12月にアメリカで出版されたのが「パイオニア・ガール」 です。

その翻訳権を得て、翻訳されたのが谷口さん。
いよいよ2017年の12月に、翻訳版「大草原のローラ物語 パイオニア・ガール」として出版されます。
今日はそのさわりのお話でした。

ローラがロックフェラーセンターで行った講演において、
 「あなたが書いた本は事実なのですか?」
という質問に対し、
 「あれは本当のことです。でも事実の全てではありません。」
と答えているそうです。

そのローラの意味することを明確に代弁する本が「パイオニア・ガール」です。
ローラが「I ...」と一人称形式で、自分自身が子どもから大人へと成長するさまや経験を大人の視点で綴った覚書。
その覚書の中に、子どもたちが好み、面白がる話が盛り込まれていることを見抜いた、既に作家であったローラの娘ローズが背中を押し、ローラが書き、ローズがアドバイスをし生まれたのが「大草原のローラ」シリーズ。

そのためには、翻訳本もパメラ・スミス・ヒルさんの注釈が、この「パイオニア・ガール」には不可欠な要素なのです。

この「パイオニア・ガール」を読むことで、どうやって「個人のメモリアル」が「多くの方に共感を呼ぶ物語」へと変貌したか、ローラの作家としての成長が見て取れることと思います。

12月、出版を愉しみにお待ちください。

次回の「英米児童文学の愉しみ」はスペシャルヴァージョンで開催いたします。 

【翻訳家 谷口由美子の茶論トーク】 2017.10.17 大草原のローラシリーズの原書「パイオニア・ガール」の出版直前講座です

「大草原の小さな家」シリーズをはじめ、「赤毛のアン」、「若草物語」、「サウンド・オブ・ミュージック」など、時代を超えて今なお読み継がれるあまたの英米児童文学。
その多くの英米児童文学の翻訳をされている谷口 由美子さんにお越しいただき、それぞれの作品にまつわる魅力的なエピソードをお話いただくお茶会、それが
翻訳家 谷口由美子の茶論(サロン)トーク 英米児童文学の愉しみ
です。


物語の世界と実際の原作者の生活との関係性や、
舞台化または映画化されるにあたって変更された部分やその理由などなど。
今でもその瑞々しい魅力を持ち続ける英米児童文学を、もっともっと読んでみたくなる♪
そんなお話に溢れるお茶会です。
大人の方はもちろん、これから英米児童文学に出会うお子さんにも参加して頂きたいお茶会です。


次回は、10月17日 14:00 から、「パイオニア・ガール 出版直前講座」です。

日本でも人気のローラ・インガルス・ワイルダー作の「大草原のローラ」シリーズ。
その原典とも言うべきローラの書き溜めた原稿とその解説で編成された「パイオニア・ガール」。
いよいよ2017年12月に出版されます。
その出版直前での講座で、一番ホットな情報をお話いただきます♪
「大草原のローラ」シリーズの新たな魅力を、あなたにもお愉しみいただけたら嬉しいです ♪


参加費 ¥2,000+カフェオーダー
U_U サポーター'sチケットご利用の方 ¥1,500+カフェオーダー

お問い合わせまたはお申し込みは、03-3944-2356 ガレリア カフェ ユウにお電話いただくか、もしくは[u_u_info]宛てにメールにて、ご一報くださいませ♪

171017001
map500


【Salone report】 茶論トーク 英米児童文学の愉しみ

本日は、翻訳家 谷口 由美子さんが自ら手掛けられた英米児童文学の魅力をお伝え下さる茶論(サロン)トーク、「茶論トーク 英米児童文学の愉しみ」を開催致しました。
参加下さいました皆さま、ありがとうございます♪

本日、谷口さんがご紹介くださいましたのは、アガーテ・フォン・トラップの回想録「わたしのサウンド・オブ・ミュージック」です。

170822002

「サウンド・オブ・ミュージック」が実際の話をベースにしていることは今ではよく知られています。
ですが、茶論トークではいつも話題になるのですが、舞台や映画は“よりドラマティック”な話になるように、フィクションが織り交ぜられます。

「サウンド・オブ・ミュージック」もいろんなフィクションが加えられています。
お父さんのゲオルグが厳格な人に描かれていたり、兄弟の一番上が女性になっていてその名前がリーズルとなっていて、リーズルにはロルフという男性とのロマンスがあったり・・・。

このようなフィクションで構成された舞台を見たとき、トラップ・ファミリーの人々はショックを受けたそうです。

しかし、この舞台や映画を見て感動し、「勇気をもらった」とトラップ・ファミリーに伝える人も多く、実際には2番目の子供、長女のアガーテさんは「作品」と「自分たちの想い出」を分けて愉しめるようになっていったそうです。
また、作品を通じて描かれているトラップ・ファミリーの「精神」はきちんと描かれている、と理解するようになったそうです。
それと並行して、「“本当”のサウンド・オブ・ミュージック」を書籍として残すことをされました。


「サウンド・オブ・ミュージック」の原書でも、物語は修道院から家庭教師としてマリアが派遣されるところから始まります。そのため、アガーテさんたちの実の母親「アガーテ・ホワイトヘッド」さんのこと、そしてマリアが来る以前の「トラップ一家」の話は記されていません。
長女のアガーテさんは、実母アガーテさんのことも書籍で残しています。

茶論トークでは、TBSで放映された「2004年のトラップ一家」の方たちをドキュメンタリーとして制作した番組映像を鑑賞しました。


実は谷口さんはアガーテさんと何度もお会いしたことがあるそうです。
お会いになったからこそ、書籍などに記されていない情報を聞き出せたりできたり、いろんな資料も拝借できたそうです。

文字の訳だけではない、作者や関係者との直接の関係で得られた厚みのある翻訳。
谷口さんの翻訳の醍醐味です。


次回の茶論トークは10月17日、大草原のローラシリーズの原典「パイオニア・ガール」の出版直前のお話です。 

【翻訳家 谷口由美子の茶論トーク】 2017.8.22 トラップファミリーの長女アガーテの回想録 「わたしのサウンド・オブ・ミュージック」のお話です

「大草原の小さな家」シリーズをはじめ、「赤毛のアン」、「若草物語」、「サウンド・オブ・ミュージック」など、多くの英米児童文学の翻訳をされている谷口 由美子さんにお越しいただき、それぞれの作品にまつわる魅力的なエピソードをお話いただくお茶会、
翻訳家 谷口由美子の茶(サロン)論トーク 英米児童文学の愉しみ

物語の世界と実際の原作者の生活との関係性や、
舞台化または映画化されるにあたって変更された部分やその理由などなど。

今でもその瑞々しい魅力を持ち続ける英米児童文学が、もっともっと読んでみたくなる♪
そんなお話に溢れるお茶会です。

大人の方はもちろん、これから英米児童文学に出会うお子さんにも参加して頂けたらと思います。
次回は、8月22日 14:00 から、「わたしのサウンド・オブ・ミュージック アガーテ・フォン・トラップの回想」のお話です。

映画やミュージカルでお馴染みの「サウンド・オブ・ミュージック」は、戦争の気配近づくオーストリアからアメリカに亡命したトラップ一家の実話がベースになったフィクションです。
そのベースは、トラップ一家に修道院から派遣されたマリアが語った本です。
しかしそこには、マリアが派遣された時点より前のトラップ一家の話は、当然のことながら記されていません。
そんな、マリアが来る以前のトラップ一家の話を回想したのが、長女アガーテの回想録です。 
マリアも知らないトラップファミリーのストーリーを、谷口さんがお話くださいます。
「サウンド オブ ミュージック」の新たな魅力を、あなたにも体験いただけたら嬉しいです ♪

参加費 ¥2,000+カフェオーダー
U_U サポーター'sチケットご利用の方 ¥1,500+カフェオーダー

お問い合わせまたはお申し込みは、03-3944-2356 ガレリア カフェ ユウにお電話いただくか、もしくは[u_u_info]宛てにメールにて、ご一報くださいませ♪

170822001
map500


【Salone report】 茶論トーク 英米児童文学の愉しみ

本日は、翻訳家 谷口 由美子さんが自ら手掛けられた英米児童文学の魅力をお伝え下さる茶論(サロン)トーク、「茶論トーク 英米児童文学の愉しみ」を開催致しました。
参加下さいました皆さま、ありがとうございます♪

本日、谷口さんがご紹介くださいましたのは、ローラ・インガルス・ワイルダーの「大草原の旅 はるか」です。

170606002

大草原の旅 はるか」は、「A Little House Traveler」の翻訳本ですが、中身は全く一緒、というわけでは実はありません。
「A Little House Traveler」は3部構成になっていますが、そのひとつ「On The Way Home」は、「大草原シリーズ」の10冊目「わが家への道」として既に翻訳出版されているものなので、それを除いた2部、「West from Home」と「The Road Back」の訳が収められています。

「West from Home」は1915年にサンフランシスコで開催された万博を観に、その時サンフランシスコに居たローラの娘 ローズを訪ねがてら行った時に、農場の世話のために家に残った夫 アルマンゾに宛てた数々の手紙集です。

そして「The Road Back」は1931年(この年のすぐ後に、最初の「大草原シリーズ」の本が出ます)に、夫アルマンゾとともに二人で車で、ローラが育った街やアルマンゾと出会った街を訪ねた時の旅日記です。

2作品とも、元はまだローラが作家デビューする前の私的な手紙や日記で、まさか衆目にさらされるとは想像もしていないものです。

ローラのお話の度に谷口さんがおっしゃるのは、
「ローラの作家としての表現力を磨いたのは娘ローズ。ですが、ローラは作家の原石としてはもうすばらしかった」
ということです。

そしてこの「大草原の旅 はるか」を読むと、その片鱗が随所に感じ取れます。
たとえば。
谷口さんが好きな箇所のひとつが、ローラが生まれて初めて海を見るシーン。
後期心旺盛なローラは、海の中に進み出て足を浸します。
その感動を綴ったアルマンゾへの手紙の中に、こんな一節があります。

「ねえ、考えてもごらんなさい。中国や日本の海岸を洗っていたその同じ海水が、海を渡ってやってきて、わたしの足をあらったのですよ」

ローラのユーモアセンスと鋭い観察眼が随所に散りばめられた私的記録作品「大草原の旅 はるか」。

そしてその集大成的な私的記録稿「パイオニア・ガール」の訳本が年末出版に向けて、着々と進行しています。



次回の茶論トークは8月22日、サウンド・オブ・ミュージックのトラップファミリーの長女の回想録「わたしのサウンド・オブ・ミュージック」のお話です。 
ガレリアカフェ ユウ憲章
営業スケジュール
今月の展示

藤永康之写真展 山のささやきII
「山」の様々な表情を切り取ったモノクロ写真展
記事検索
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード