U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユー)の日々を綴るblogです

浅見卓矢(ギター)

【Live Report】 Tuesday Night Live 2018.10.30 浅見 卓矢(gt.)&田島 岳(pf.)

10月30日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ギタリストの 浅見 卓矢 さんとピアニストの 田島 岳さんです。

181030001

学生時代から交友があり、「カンタス村田とサンバマシーンズ(現Carnavacation)」で活動をともにされていた浅見さんと田島さん。その交友歴で築かれた信頼感を髣髴とさせるような演奏、そしてお二人の会話の和やかさでライヴが創られていきました。

オープニングナンバーはウェストコースト・フュージョンのような透明感のあるグルーヴで演奏されたブラジル人のDjavanの曲「Fato Consumado」 。

特定のジャンルに偏らない選曲は、今回のライヴでも発揮されました。
ブラジルポップス、アルゼンチン、モダンジャズ、日本のポップス、アメリカのポップス、さらには日本のアニメ曲まで!

リードとサイドを行き来したり、掛け合ったり、ユニゾンしたり。
心地よいリズムの演奏もあれば、アグレッシヴな演奏もあったり。

浅見さんと田島さんのデュオだからこその選曲、そしてサウンド。
練り上げられた完成度というよりも、その時にお互いに引き出され合う感性の融合といった演奏でした。

浅見さんの時に熱く、時にウィープするギターと田島さんのしなやかでいて芯のあるピアノの掛け合いは本当に心地よく溶け合います。

2ndセットのオープニング曲は誰の曲だろう?と思ったら、実は浅見さんのオリジナル曲!
浅見さんの作曲センスが披露されるのもこのライヴならではの聴きどころです。

とっても大人びたアレンジとなった「はじめてのチュウ」は、来場くださった方も思わず「かっこいい」と賛辞する演奏。


そして今回も、ゲスト参加の方がいらっしゃいました。

前回に引き続いて、浅見さんと田島さんがバンドメンとして活動していたグループのヴォーカル藤正 裕太さん、そして同じくヴォーカルとして活動されている 他愛もない/美郷さん。
他愛もない/美郷さんと藤正さんのデュオヴォーカルとともに演奏されたのはJ-Popの「接吻」。

181030002

リードヴォーカルとハーモニー。
歌も演奏も甘くステキなハーモニーでした。

そしてセットの最後はStevie Wonderの「Sir Duke」で、店内みんなで盛り上がりました♪

そして最後は田島さんのオリジナル曲「The Memory of Niagara Falls」でうつくしくクローズ。

 
本日も、来場くださいました皆さまにとともに、音楽で心がひとつになったライヴのひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪  

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Fato Consumado
2. We See
3. Nadia (浅見さんオリジナル曲) 
4. Liquid Streets
5. Coda Vez Que Siento Tu Amor
6. Sara's Touch
7. Cristal
 
<2nd Set>
1. Not yet titled (浅見さんオリジナル曲) 
2. Let's Cool One
3. はじめてのチュウ
4. Eu te Devoro
5. 接吻
6. Sir Duke

<Additional>
The Memory of Niagara Falls (田島さんオリジナル曲)
 
Guest musician 
2nd-5: 他愛もない/美郷さん(on Vocal ) & 藤正 裕太さん(on Vocal )

【Live Report】 Tuesday Night Live 2018.5.22 浅見 卓矢(gt.)&田島 岳(pf.)

5月22日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユウで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ギタリストの 浅見 卓矢 さんとピアニストの 田島 岳さんです。

180522004

学生時代から交友があり、「カンタス村田とサンバマシーンズ(現Carnavacation)」で活動をともにされていた浅見さんと田島さん。

田島さんは米国留学を終えて帰国されたばかりですが、その間のブランクを感じない浅見さんと田島さんのデュオ演奏。

ジャズ、アルゼンチン、ブラジル、そしてJ-Popと、特定のジャンルに偏らない選曲を、伴奏、リードの役割担当の区別もなく、自由でいながら絶妙にバランスを取る浅見さんと田島さんのデュオ演奏は、息の合ったダブルスチームのプレイを観るようでした。

選曲も浅見さん、田島さんともに好きだと言うFred Herschを筆頭に、Roy HargroveやGrover Washington Jr.など、ギタリストの浅見さんでありながら、ギタリストではない作曲家の曲を選んだり、ギタリストの曲でも弾き語りがすばらしい演奏家の曲を選んだり。
今回も、愉しい選曲でした。 

演奏も、浅見さんの熱いグルーヴと情熱的に歌うギターと田島さんのしなやかでいて芯のあるピアノの掛け合いが心地よく溶け合っていました。


また今回は、ゲスト参加の方もたくさんいらっしゃいました。

短い日本での滞在時間の中で来場くださった、田島さんのBerkleeの友人のヴァイオリニストのVolt さんは「Let's Cool One」でセッション。

180522001
 
カンタス村田とサンバマシーンズ時代に一緒に活動された田中 綾美さんと岡部 量平さんとのセッションでは、「Carnavacation」のオリジナル曲ではない曲を演奏という、貴重なセッション。

180522002

そして浅見さんと田島さんがバンドメンとして活動していたグループのヴォーカル藤正 裕太さんはAlicia Keysの「If I Ain't Got You」を原曲のキーで参加。

180522003

来場くださったお客さまも含め、浅見さんと田島さんの交友の深さが感じられるひとときでした。

たくさんのセッションがあり、友好な雰囲気の中繰り広げられたライヴ♪ 

 
本日も、来場くださいました皆さまにとともに、心通い合う音楽ライヴのひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪  

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Strasbourg Saint Denis
2. 風をあつめて
3. Coda Vez Que Siento Tu Amor
4. サヨナラCOLOR
5. Looking Up
6. Country
7. Let's Cool One
8. Nadia (浅見さんオリジナル曲) 
 
<2nd Set>
1. Free Flying
2. Eu te Devoro
3. エイリアンズ
4. Make Me A Memory (Sad Samba)
5. Fato Consumado
6. If I Ain't Got You
7. The Memory of Niagara Falls (田島さんオリジナル曲)
8. Song Of Life

<Additional>
SWEET MEMORIES
 
Guest musician 
1st-7: Volt さん(on Violin)
2nd-4,5: 田中 綾美さん(on Melodica)&岡部 量平さん(on Percussions)
2nd-6: 藤正 裕太さん(on Vocal)

【Live Report】 Tuesday Night Live 2017.8.29 浅見 卓矢(gt.)&さいとうりょうじ(gt.)

8月29日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユウで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ギタリストの 浅見 卓矢 さん、とギタリストの さいとうりょうじさんです。

170829001

浅見さんはかねがね「ギターデュオでのライヴを演ってみたい」と思っていたそうで、そのお相手に浅見さんが尊敬するさいとうりょうじさんをご指名されました。

今回のライヴのコンセプトは「うつくしい曲をうつくしい演奏で」。
セットリストを見るとお分かりいただけますように、日本の懐かしい歌謡曲から2016年グラミー賞「ソング・オブ・ザ・イヤー」に至るまで、洋の東西を問わず、時代の新旧を問わず、ジャンルを問わず、選ばれています。

一貫しているのは、とにかく「インストゥルメンタルで演奏しても旋律がうつくしい」ということ。
歌を排することで、いかにその曲のメロディーがうつくしいかを改めて認識した曲がたくさんありました。

浅見さんは今回はアコースティックギターとエレキギターの2本を使い分けて演奏。
厚みと温かみのあるアコースティックギターの音色と、ウィーピーなエレキサウンドとで曲想をより豊かに表現。

さいとうりょうじさんは、伴奏ではdown southな雰囲気を、そして主旋ではまさにギターで歌うように奏でられました。

浅見さんとさいとうりょうじさんのデュオのセットリストが「歌モノ」が多いのもうなずける二人のギターサウンド♪
今後も愉しみなデュオです♪

来場くださいました皆さまにとともに、うつくしいギターデュオサウンドによるうつくしい音楽のひとときをシェアできましたことに感謝致します。

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Time After Time 
2. Misty
3. We Are All Alone
4. Thinking Out Loud
5. Eu te Devoro
6. 蒼氓
7. Isn't She Lovely 
 
<2nd Set>
1. All Of Me
2. Alfie
3. 風をあつめて
4. Blue
5. 時の流れに身をまかせ
6. Sweet Memories
7. If I Ain't Got You 
 
1st-3,4,5,6,2nd-2,5:Acoustic Guitar
ほか全て:Electric Guitar by 浅見 卓矢さん 

【Tuesday Night Music Club】 2017.8.29 さまざまなジャンルで活躍するギタリストの共演ライヴ

Live from Myogadani, it's Tuesday Night !
床と壁に木材を使用した木質空間のギャラリーでの第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント、「Tuesday Night Live」♪ 

第一線で活躍中のミュージシャンに登場いただきまして、天然木材で囲まれた小さなスペースならではの臨場感溢れる演奏を、お好きなドリンクを飲みながら(もちろんフードもオーダーできます)お楽しみいただくライブです。
もちろん、当店はライヴ中も禁煙です。

8月29日(火)は、ギタリストの 浅見 卓矢さん と、ギタリストの さいとうりょうじさん によるデュオライヴです。
音楽エンターテインメント集団「Carnavacation」のレギュラーメンバーとしての活動のほかにも、Jazz、Funk、R&Bとさまざまなジャンルで活躍されている浅見さん。
そんな浅見さんがデュオに選ばれたのは、浅見さんが「大好き」と言う、blues,rock,hiphop,jazzなど様々なジャンルで活躍されている、同じくギタリストのさいとうりょうじさん。
幅広いジャンルで活動されているギタリストの共演のひとときを、あなたにも体験いただけたら嬉しいです♪


開演は19:30より2ステージ(入れ替えなし)
開場は18:30からご入場頂けます。
MCは¥3,000+オーダー
U_U サポーター'sチケットご利用の方は¥2,500+オーダー。  
テーブル席数は12席(予約優先制です)
U_U サポーター'sチケットご利用の方は座席の指定ができます。 

ライヴの詳細情報は下記をご覧ください。
お問い合わせまたはお申し込みは、03-3944-2356 ガレリア カフェ ユウにお電話いただくか、もしくは[u_u_info]宛てにメールにてお受けいたします。
ご予約の無い方でも、ご都合付きましたらぜひお立ち寄りくださいませ♪

TNL Duo Header
170829000
map500

【Live Report】 Tuesday Night Music Club 2016.6.14

本日は火曜日の夜の音楽のひととき♪
第一線で活躍されているミュージシャンによりますリヴィングルームスタイルのライヴ「Tuesday Night Music Club」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、トロンボーン奏者 山田 翔一さんとギタリスト 浅見 卓矢さん、ピアニスト 後藤 沙紀さんです。

160614003

今年3月にリリースされた山田さんのオリジナル曲ばかりを収録したアルバム「My Tunes」。
その録音メンバーでもあるトリオでのレコ発ライヴでした。
アルバムリリース後は3人揃って3人だけでのライヴは初、とのことでした。

今回のライヴでは、アルバム収録曲はもちろん、スタンダードも交えて演奏くださいました。
山田さんがトロンボーンを始めるきっかけともなったディキシースタイルのジャズ。
前回出演後にニューオリンズに実際に行って来られた後藤さん。
心なしか、ニューオリンズ色の強い曲ではピアノの音がダウンサウスな雰囲気を醸し出していました。

トロンボーンがフロントを務め、ギターとピアノがリズムを刻んだり、そしてそれぞれでソロをとったりするトリオ。
トラッドな曲からモダンな曲まで、バラード調からアグレッシヴな曲までと、実に変幻多彩なトリオです。
世界的にも知られるニューオリンズのマルディグラ、そのマルディグラにちなんだジャズの曲「We Dance At Mardi Gras」。この曲は山田さんと朝見さんはラテン調で演奏するのが常とのことで、トリオでもラテン調で演奏くださいました。

アルバム収録のときに、後藤さんのアイデアでピアニカ演奏も加わり、その結果曲名まで変わってしまったのですが、今回のライヴでは、ピアニカの登場回数が激増しました。
後藤さんのピアニカはラテンのニュアンス、ブルースのニュアンスに実にいい色合いを加えます。
今後の展開が愉しみです。

そして、今後このトリオのテーマソングになるのではないかと期待される「Into The Sky」。
トロンボーンとギターとピアノのトリオ感が織り成す壮大な心地よさ♪
梅雨空を吹き飛ばしてしまうような爽快なトリオサウンド。
スタンダード、そしてオリジナルがこれからも愉しみなトリオです。

来場くださいました皆さまにとりましても、楽しい音楽のひとときでありましたならば、幸甚に存じます。

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. I Mean You
2. We Dance At Mardi Gras
3. さんぽ (山田さんオリジナル曲)
4. BBQ Blues (山田さんオリジナル曲)
5. Shiny Stockings
6. Sunset Beach (山田さんオリジナル曲)
7. Escala del Ángel (山田さんオリジナル曲)

<2nd Set>
1. Cassandra
2. Makin' Whoopee
3. 雨の小径 (山田さんオリジナル曲)
4. Topsy
5. All Heath 
6. Rainbow Bridge (山田さんオリジナル曲)
7. Into The Sky

<Extra>
Twilight Flight (山田さんオリジナル曲)

1st-4,7,2nd-3,4,7:Pianica by 後藤 沙紀さん
ガレリアカフェ ユー憲章
営業スケジュール
今月の展示

「Midori K Luck展
アンダルシア在住のMidoriさんの油彩画展です
記事検索
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード