U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユー)の日々を綴るblogです

河野文彦(ギター)

【Live Report】 Tuesday Night Live 2020.1.28 「Pick&Lips」 河野 文彦( gt. )&フクムラサトシ( s-sax. )

1月28日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ギタリストの 河野 文彦 さんとソプラノサックス奏者の フクムラサトシさんによるデュオユニット「Pick&Lips(ピクリプ)」です。

200128001

「世代を超えて愛される名曲をこころがほっこりと温かく音色で奏でる」をコンセプトに、“ピック”を使って演奏するギターと“リップ”を使って演奏するソプラノサックスの編成されたデュオ「ピクリプ」。

今回は冬、そして雨降りしきる日。
そんな日にも心ほっこりしてくれる曲を、そして演奏で、奏でてくださいました。

オープニングはボサ・ノーヴァの名曲「イパネマの娘」。
外の冷気も忘れてしまうかのような店内の熱気に合わせたような選曲で今回のライヴは始まりました。

フクムラさん作曲の“雪”がタイトルに入った「Snow Light」、そして同じくフクムラさん作曲の“雨”がタイトルに入った「雨のソウル駅」と、冬には冬の風情、雨には雨の風情を愉しむ。そんなピクリプのオリジナルワールドがあったり、クールでオシャレな「Take 5」、その場の誰をもうっとりさせる「New Cinema Paradise Medley」と、ピクリプファンの心を虜にしているカヴァー演奏もあった1stセット。
ピクリプ初の試みも交えつつ、最後は明るく陽気なソウルソングで締めました。


休憩前のイベントを終えて、2ndセットは「On The Sunny Side Of The Street」。
そこから、河野さん作曲の「4月のワルツ」、フクムラさん作曲の「Sunrise Sunset」と、陽の光、春の訪れを呼ぶようなセットリスト。
雨の曲も、掌に載せたくなるような優しい雨に、外降る雨に願うかのように河野さん作曲の「時雨、掌に」でした。

ピクリプといえば、ドラマ「孤独のグルメ」はピクリプを抜きには語れません。
それはピクリプのお二人がドラマ「孤独のグルメ」の主題歌や劇中歌の作曲、演奏を担当されているからです。
今回もシーズン8の曲を中心に3曲演奏されました。

シーズン8のための曲「Samba Delicioso」では、お客さまにシェイカーを担当していただいての演奏でした。

200128002


そしてそして。
ピクリプのもうひとつの魅力がジャズ・マヌーシュのような情熱的なスウィング♪
2ndセットのラスト曲にフクムラさんオリジナルの「Lapis Lazuli」がセレクトされました。

鳴り止まない拍手に応えては、ピクリプの二人に演奏して欲しいというお客さまからのリクエスト、「Minor Swing」と「黒い瞳」、その二つが採用されてのメドレー演奏でした。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、美食を愉しみ尽くすようなうつくしい演奏を愉しむひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Garota de Ipanema
2. Snow Light (フクムラサトシさんオリジナル曲) 
3. ツバメのワルツ (河野文彦さんオリジナル曲)
4. 雨のソウル駅  (フクムラサトシさんオリジナル曲) 
5. Take 5
6. Swing No.9 (河野文彦さんオリジナル曲) 
7. New Cinema Paradise Medley
8. Hallelujah, I Love Her
 
<2nd Set>
1. On The Sunny Side Of The Street
2. Valse d'Avril ~4月のワルツ~ (河野文彦さんオリジナル曲)
3. Sunrise Sunset (フクムラサトシさんオリジナル曲)
4. 時雨、掌に (河野文彦さんオリジナル曲)
5. Samba Delicioso(美食のサンバ) (河野文彦さんオリジナル曲)
6. I miss U (フクムラサトシさんオリジナル曲) 
7. Solitude (フクムラサトシさんオリジナル曲)
8. Lapis Lazuli (フクムラサトシさんオリジナル曲)

<Extra>
Minor Swing ~ Очи чёрные(邦題:黒い瞳)

【Live Report】 Tuesday Night Live 2019.10.15 「Pick&Lips」 河野 文彦( gt. )&フクムラサトシ( s-sax. )

10月15日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ギタリストの 河野 文彦 さんとソプラノサックス奏者の フクムラサトシさんによるデュオユニット「Pick&Lips(ピクリプ)」です。

191015001

“ピック”を使って演奏するギターと“リップ”を使って演奏するソプラノサックスの編成されたデュオ「ピクリプ」。
「世代を超えて愛される名曲をこころがほっこりと温かく音色で奏でる」がコンセプト。
木質空間度があがった新しいカフェ・ユーでも、「ピクリプ」カラーがより豊かに表現されました。

季節は秋。
日中は時折残暑が顔を覗かせますが、日が暮れて吹く風、仰ぎ見る夜空は“夜半(よわ)の秋”。
そんな秋の風情を感じさせる曲、そして曲調の演奏がずらり。

オープニングは童謡の「もみじ」。
ジャズのスタンダード「Autumn Leaves(枯れ葉)」は夏の名残を思わせるようなボッサ調で。
河野さんのオリジナル曲「故郷の景色」と、秋を音楽で愉しむような1stセットでした。

ピクリプのお二人はドラマ「孤独のグルメ」の主題歌や劇中歌の作曲、演奏を担当されています。
1stセットでは、シーズン1のテーマ曲「Stay Alone」、そしてシーズン8のテーマ曲「Solitude」が演奏されました。
シーズン8ではタイトルから“alone”が消え、そして初めて3拍子が採用されるなど、新たな展開となっています。

1stセットのラスト曲はフクムラさんからお越しくださったお客さまに“ステキなあなた”へと「Bei Mir Bist Du Schön」。
この演奏では、フクムラさんのソプラノリコーダーの演奏も愉しめました♪

191015002


2ndセットは、ジャズのスタンダード・ナンバーから。
月がうつくしい季節にちなんで、タイトルに“月の光”がはいった曲「Polka Dots And Moonbeams

2ndセットでは、ピクリプの1stアルバムに収録されている曲に加えて、カヴァー曲も多めに演奏されました。
ピクリプの「うつくしい音色の世界」が堪能できる「New Cinema Paradise Medley」や、ミディアムテンポでおしゃれな展開の「Take The 'A' Train」。
フクムラさんのオリジナル曲の“雪のひかり”の後はジャズのスタンダードで”陽のあたる場所”。

そして、ピクリプのもうひとつの魅力がジャズ・マヌーシュのような情熱的なスウィング♪
2ndセットのラスト曲にフクムラさんオリジナルの「Lapis Lazuli」がセレクトされました。

鳴り止まない拍手に応えては、秋の夜のお客さまの帰り道を彩るような河野さんオリジナルの「茜雲の帰り道」。
家路に着く情景が浮かんだところで、やはりピクリプのライヴといえばこの曲、という「黒い瞳」が演奏されました。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、音楽で秋を堪能するようなうつくしい演奏とともに愉しむひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. 紅葉(もみじ)
2. ツバメのワルツ (河野文彦さんオリジナル曲) 
3. Autumn Leaves
4. Stay Alone  (久住昌之さん&フクムラサトシさん共作曲)
5. Solitude (フクムラサトシさんオリジナル曲)
6. レガートワルツ (河野文彦さんオリジナル曲) 
7. 故郷の景色 (河野文彦さんオリジナル曲)
8. Bei Mir Bist Du Schön(邦題:素敵なあなた)
 
<2nd Set>
1. Polka Dots And Moonbeams
2. New Cinema Paradise Medley
3. Take The 'A' Train
4. Snow Light (フクムラサトシさんオリジナル曲)
5. On The Sunny Side Of The Street
6. Valse d'Avril ~4月のワルツ~ (河野文彦さんオリジナル曲) 
7. Lapis Lazuli (フクムラサトシさんオリジナル曲)

<Extra>
1. 茜雲の帰り道 (河野文彦さんオリジナル曲) 
2. Очи чёрные(邦題:黒い瞳)

1st-8:Soprano Recorder by フクムラサトシさん

【Live Report】 Tuesday Night Live 2018.9.25 「Pick&Lips」 河野 文彦( gt. )&フクムラサトシ( s-sax. )

9月25日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ギタリストの 河野 文彦 さんとソプラノサックス奏者の フクムラサトシさんによるデュオユニット「Pick&Lips(ピクリプ)」です。

180925001

“ピック”を使って演奏するギターと“リップ”を使って演奏するソプラノサックスの編成されたデュオ「ピクリプ」。
「世代を超えて愛される名曲をこころがほっこりと温かく音色で奏でる」コンセプトどおり、今回のライヴでも随所に「ピクリプ」のカラーが見られました。

ライヴのオープニングは、今回のライヴにフクムラサトシさんが持参された“カーヴド ソプラノサックス”を使ってのジャズのスタンダードナンバーを3曲続けて演奏くださいました。

180925002

ストレートタイプのソプラノサックスとはまた違って、アグレッシブな音色が出るカーヴドタイプ。
フクムラサトシさんのまろやかな音色も出しつつ、力強さもプラスされる演奏でした。

1曲目は前日の中秋の名月に続きライヴ日は満月とあってか「Moon River」。
そして今年の猛暑を思わせるような「Summertime」から切れ目なく急に秋めいたようにがらりと雰囲気が変わっての「Autumn Leaves」でした。

そしてストレートタイプに持ち替えての演奏は、この日外は雨だったのですが、“雨もまた良し”と雨も愛でる日本の感性らしい、河野さんのオリジナル曲「時雨、掌に」。

そして“雨のあとには虹が出る”と偉人も申しておりますことから、雨の曲に続いては「Over The Rainbow」。
これからの季節の愉しみとなる紅葉をモチーフにした童謡「もみじ」。
ソプラノサックスの音色がロマンティックな、秋の似合う街ニューヨークを舞台にしたスティングの曲「Englishman iIn New Yourk」。

ロマンティックな演奏の締めくくりは再び“カーヴド”サックスでのフクムラサトシさんのオリジナル曲「ラピスラズリ」でした。


2ndセットのオープニングは秋の夜長を彩るようなうっとりするメロディーのメドレー「New Cinema Paradise Medley」。

そして、テレビ東京系ドラマ『孤独のグルメ』の音楽制作のため、原作者である久住昌之さんを中心に集まった音楽制作家集団「The Screen Tones」としても活動されている「ピクリプ」の二人ならではの「孤独のグルメ」の曲もセレクトされました。

孤独のグルメの劇中曲としても使われている河野さんのオリジナル曲「ツバメのワルツ」。
「孤独のグルメ」のご縁で造られた「The Screen Tones」のメンバーそれぞれのイメージカラーを基調とした大漁旗から創られたステージ衣装とともに、主人公の五郎さんが北海道出張編で使用されたピクリプのオリジナル曲「Snow Light」。
などなど、「孤独のグルメ」ファンにはたまらない選曲と生演奏。

深まりゆく秋の情景に旅愁を誘われる童謡「里の秋」や河野さんのオリジナル曲「故郷の景色」。
秋のように深まる愛を描いたような「ルパン三世愛のテーマ」。
はたまた、秋の夜長に聴きたくなるジャズシリーズ、ピクリプとしては久しぶりの演奏とのことでした「Take Five」。

食欲の秋、旅行の秋、ジャズの秋、いろんな秋を愉しませてくださいました。

ピクリプフルコースの締めはロシアの「黒い瞳」でジプシージャズタイム♪


ですが、まだまだ別腹が空いていらっしゃるお客さまのために、「店を探そう」とともにお店を探して、甘~いバラード「Close To You」を提供くださいました。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、秋に聴きたい名曲の数々をうつくしい演奏とともに愉しむひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Moon River
2. Summertime
3. Autumn Leaves
4. 時雨、掌に (河野文彦さんオリジナル曲) 
5. Over The Rainbow
6. Alone In The Dark (久住昌之さん&フクムラサトシさん共作曲)
7. 紅葉(もみじ)
8. Englishman In New York
9. ラピスラズリ (フクムラサトシさんオリジナル曲)
 
<2nd Set>
1. New Cinema Paradise Medley
2. ツバメのワルツ (河野文彦さんオリジナル曲)
3. 故郷の景色 (河野文彦さんオリジナル曲)
4. Take Five
5. ルパン三世愛のテーマ
6. 里の秋
7. Snow Light (ピクリプオリジナル曲)
8. Очи чёрные(黒い瞳)

<Extra>
1. 店を探そう (スクリーントーンズオリジナル曲)
2. Close To You

1st-1,2,3,9,2nd-4,8:Curved Soprano Sax by フクムラサトシさん
ほかすべて:Straight Soprano Sax by フクムラサトシさん

【Live Report】 Tuesday Night Live 2018.4.24 「Pick&Lips」 河野 文彦( gt. )&フクムラサトシ( s-sax. )

4月24日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユウで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ギタリストの 河野 文彦 さんとソプラノサックス奏者の フクムラサトシさんによるデュオユニット「Pick&Lips(ピクリプ)」です。

180424003

ピックを使って演奏するギターとリップを使って演奏するソプラノサックスの編成されたデュオ「ピクリプ」。
「世代を超えて愛される名曲をこころがほっこりと温かく音色で奏でる」コンセプトどおり、今回のライヴでも随所に「ピクリプ」のカラーが見られました。

オープニングナンバーは、「ピクリプ」のライヴでは1曲目に演奏することが多いという「On The Sunny Side Of The Street」。
外がどんな天気でも、身体が温かく、そして心が晴れやかになる「On The Sunny Side Of The Street」。
「ピクリプ」の音色やハーモニーもまさに太陽の光のように、聴く人の心を温かくしれくれます。

今日のライヴでは、選曲は事前にしてあるものの、演奏順番はお客さまとで創る雰囲気で決める、という方式で進められました。

1stセットは河野さん、フクムラさんのオリジナルから「春らしい」曲、それも店内の展示の鳥の絵とコラボレーションするような曲。
そして、テレビ東京系ドラマ『孤独のグルメ』の音楽制作のため、原作者である久住昌之さんを中心に集まった音楽制作家集団「The Screen Tones」としても活動されている「ピクリプ」の二人ならではの「孤独のグルメ」のテーマ曲、がセレクトされました。

今回で7シーズン目を迎えたTV版「孤独のグルメ」。
フクムラさんはテーマ曲のメロディーをシーズン1から担当されていますが、タイトルも決められています。
そのタイトルは「孤独のグルメ」にちなんで「Alone」が入ったタイトル名としているそうです。
シーズン7は、マイルス・デイヴィスのあの名曲のフレーズから付いたタイトル、でした。

1stセットは、春、ということで選曲された日本の童謡「」のあと、河野さんのジプシージャズプレイをイメージしてフクムラさんが作曲したスウィンギーなナンバー「ラピスラズリ」で締めとなりました。


2ndセットは、ニューヨークの煌びやかさがサウンドになった名曲「Take the 'A' Train」 でスタート。
続いて、ニューヨークがタイトルに入ったソプラノサックスがキーチューンの曲「Englishman In New York」 。

ボッサ調、日本の原風景のイメージ、そしてジプシースウィングと、「ピクリプ」のオリジナル曲。
そしてイタリアの名画と日本の映画のナンバーの「ピクリプ」ヴァージョン。

シーンが浮き上がってくるような演奏。
うつくしい曲をよりうつくしいメロディーとアレンジで奏でる「ピクリプ」サウンドに、店内は至福のひとときで満たされました。

もちろん、ジプシージャズタイムも登場。
熱いスウィングでもお客さまを魅了されました♪ 


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、うつくしい名曲の数々をうつくしい演奏とともに愉しむひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. On The Sunny Side Of The Street
2. 4月のワルツ (河野文彦さんオリジナル曲)
3. The First Flight (フクムラサトシさんオリジナル曲)
4. ツバメのワルツ (河野文彦さんオリジナル曲)
5. Stay Alone (久住昌之さん&フクムラサトシさん共作曲)
6. So Alone ? (久住昌之さん&フクムラサトシさん共作曲)
7. 花
8. ラピスラズリ (フクムラサトシさんオリジナル曲)
 
<2nd Set>
1. Take the 'A' Train
2. Englishman In New York
3. Sunrise Sunset (フクムラサトシさんオリジナル曲)
4. 故郷の景色 (河野文彦さんオリジナル曲)
5. Swing 56 (河野文彦さんオリジナル曲)
6. New Cinema Paradise Medley
7. いつも何度でも
8. The Girl From Ipanema
9. スイートホーム (フクムラサトシさんオリジナル曲)
10. Очи чёрные(黒い瞳)

<Extra>
L-O-V-E

【Live Report】 Tuesday Night Live 2017.8.22 河野 文彦(gt.)

8月8日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユウで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによりますライヴエンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ギタリストの 河野 文彦 さんです。

170822003

河野さんは、“ジプシー・ジャズ”の名でも知られる“マヌーシュ・ジャズ”や、ケルト音楽、さらには人気TV番組の劇中曲を演奏しているバンドメンバーとして、など、多彩な活動をされています。

そんな河野さんが、ソロでライヴを演奏するのは初めてとのこと。
そのソロ演奏では、河野さんの活動の幅と表現の多彩さが存分に現れたセットリストでした。

オリジナル曲あり、マヌーシュジャズあり、日本の歌謡曲あり、そしてケルトのリズムあり。
演奏曲も、バンドで演奏どころか、「ライヴ会場で演奏するのが初めて」という過去のオリジナル曲もあったりと、今まで耳にしたことがない河野さんのオリジナル世界も愉しませてくださいました。

今回はフォーク・ギターとクラシック・ギターの2本を使い分けながら、すべてフィンガースタイルで演奏されました。

それぞれの曲に合った音質を生み出す弦のギターを使い、ナチュラルな雰囲気を大切にした音創り。
ジャンルという枠をいとも自由に超えていく演奏スタイル。
河野さんの感性が解き放たれたようなライヴのひとときでした。

来場くださいました皆さまにとともに、感性豊かな作曲センスと多彩な演奏表現によるギターソロライヴのひとときをシェアできましたことに感謝致します。

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Swing No.9 (河野さんオリジナル曲)
2. 東北 (河野さんオリジナル曲
3. It's Only A Paper Moon
4. When You Wish Upon A Star
5. いい日旅立ち
6. Очи чёрные(黒い瞳)
7. Dadgad (河野さんオリジナル曲) 
 
<2nd Set>
1. Tubame Waltz (河野さんオリジナル曲)
2. Nuage
3. オマージュ (河野さんオリジナル曲)
4. Medley:しみじみ日本の朝食 (河野さんオリジナル曲
     俳優になりたい (河野さんオリジナル曲
5. La Famille
6. Medley:豆腐の重ね
     謝罪1
     謝罪2
     河原の撮影シーン (すべて河野さんオリジナル曲

<Extra>
Jig (河野さんオリジナル曲) 
 
1st-4,5,6,2nd-2,3,4,5:Classical Guitar
ほかすべて:Folk Guitar  by 河野 文彦さん 
※マークの曲名は仮称です。 
ガレリアカフェ ユー憲章
今月の展示

切り師 『長屋 明』 奇跡の切り絵展
長屋 明さんの切り絵展です
記事検索
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード