U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユー)の日々を綴るblogです

沖野ゆみ(ヴォーカル)

【Live Report】 Tuesday Night Live 2021.9.28 「アリ地獄」 沖野 ゆみ(vo)&尾崎 琢也(pf.)&宇山 満隆(dr.)

9月28日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を緊急事態宣言モードで開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日は、ヴォーカルの 沖野 ゆみ さんとピアニストの尾崎 琢也さん、そしてドラマーの宇山 満隆さんによるトリオ・ユニット「アリ地獄」でした。

210928001

ヴォーカルとピアノとドラムの3ピースユニット「アリ地獄」。
ドラムは大きな音量が出せる楽器ですが、宇山さんはカフェ・ユーに合ったドラムをセッティング、さらには演奏もカフェ・ユーサイズに合わせたスティックプレイ。心地よい音のサウンドスケールで愉しむことができます。

“ありじごく”は罠しかけの名人で、いちどはまったら脱出不可能!
急な傾斜の穴の罠を作り、アリが罠にはまると、どんどん砂を投げつけ、アリジゴクから脱出しようとするのを妨害する生き物。
沖野さん、尾崎さん、宇山さんのトリオの演奏を聞かれたお店のマスターが命名されたそうですが、それはもう、トリオの演奏を観てお聴きになられた方はご納得されることと思います。

さながら“プレイング・コンダクター”の沖野さんが、テンポや曲調といった味付け、さらには曲中での展開などを歌いながら指揮、それにテンポ、曲調をサッと変えてしまう尾崎さんと宇山さん。
息つく間、どころか息抜く暇さえも与えぬかのようなコンダクターぶりに、心地よさと緊迫感が同居する、これぞジャムセッション。

今回は、9月の展示の作家さんも来場。
作品の中にある「オードリー・ヘップバーン」の細密画に合わせて、オードリー・ヘップバーン主演映画の劇中歌をセットに織り込まれました。

その他にも、今回初めて「アリ地獄」の生演奏に来られた方のために、
お好きかどうかはわからずとも、きっと耳にしたことがある
という曲を意識的に織り込んでのステージング。


人と会うことすら・・・
という時勢に、“お互いに感じ合える”悦び。
こんなご時世だからこそ大切にしたい、
こんなご時世だって大切にしたい、
そんな想いに溢れたステージングでした。

そして、
ミュージカル映画音楽は、困難な状況に飲み込まれるのではなく、困難な状況においても希望に意識を向けさせてくれる力強さがあります。
そんな曲の力に加えて、パフォーマンスの力強さで、元気がチャージされました。


奏でる音はもちろんのこと、フィジカルな絡みまでもが“変幻自在”なトリオパフォーマンス。
ステージングという心地よい罠に、今宵もすっかり嵌ってしまいました。

 
本日も、来場くださいました皆さまにとともに、聴く人を虜にしてしまう生演奏のステージをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪  

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st set>
1. Skating In Central Park
2. September
3. Sentimental Journey
4. Singin' In The Rain
5. Raindrops Keep Fallin' on My Head
6. I Could Have Danced All Night
7. On The Street Where You Live
8. Moon River

<2nd set>
1. Un Homme et Une Femme
2. New York State of Mind
3. My Favorite Things
4. Edelweiss
5. Yesterday
6. Let It Be
7. The Girl From Ipanema
8. Tomorrow
9. When You're Smiling

<Extra>
Over The Rainbow

1st-1:Instrumental by 尾崎 琢也さん & 宇山 満隆さん
1st-2:chorus by 宇山 満隆さん

【Live Report】 Tuesday Night Live 2021.5.18 「アリ地獄」 沖野 ゆみ(vo)&尾崎 琢也(pf.)&宇山 満隆(dr.)

5月18日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を緊急事態宣言モードで開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日は、ヴォーカルの 沖野 ゆみ さんとピアニストの尾崎 琢也さん、そしてドラマーの宇山 満隆さんによるトリオ・ユニット「アリ地獄」でした。

210518001

トリオユニット「アリ地獄」はヴォーカルとピアノとドラムの3ピースユニット。
ジャズの生演奏を愉しむ方はご存じのとおり、ドラムは大きな音量が出せる楽器です。
ですが、宇山さんは本番前にカフェ・ユーを見て、カフェ・ユーに合ったドラムをセッティング、さらには演奏もカフェ・ユーサイズに合わせたスティックプレイで。

そんなトリオユニットに名付けられたのが「アリ地獄」。

“ありじごく”は罠しかけの名人で、いちどはまったら脱出不可能!
急な傾斜の穴の罠を作り、アリが罠にはまると、どんどん砂を投げつけ、アリジゴクから脱出しようとするのを妨害する生き物。

沖野さん、尾崎さん、宇山さんのトリオの演奏を聞かれたお店のマスターが命名されたそうですが、その名付けた理由に納得のパフォーマンスでした。

ヴォーカルの沖野さんは、さながら“プレイング・コンダクター”。
選曲はもちろんのこと、テンポや曲調といった味付けの指揮、さらには曲中での展開などを歌いながら陣頭指揮。そして、その指揮に合わせて、テンポ、曲調をサッと変えてしまう尾崎さんと宇山さん。

息つく間、どころか息抜く暇さえも与えぬかのようなコンダクターぶりに、心地よさと緊迫感が同居する、これぞジャムセッション。

艶っぽいアダルティ
心をざわつかせるようなブルージー
清らかでセンチメンタル
厳かなゴスペル調

客席に投げかけてくる音の粒は多彩で、次に出てくる音の粒をいつしか期待して待ってしまう状態に。

奏でる音はもちろんのこと、フィジカルな絡みまでもが“変幻自在”なトリオパフォーマンス。
そのステージングにいつしか罠に嵌ってしまっておりました。
ユニット名に合点がいきました。

 
本日も、来場くださいました皆さまにとともに、聴く人を虜にする多彩な展開の生演奏のステージをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪  

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st set>
1. If I Were A Bell
2. Can't Buy Me Love
3. Almost Like Being In Love
4. Embraceable You
5. The Girl From Ipanema
6. An Officer And A Gentleman

<2nd set>
1. The Lady Is A Tramp
2. Angel Eyes
3. I've Got You Under My Skin
4. So Many Stars
5. What About Today?
6. How High The Moon

<Extra>
Over The Rainbow

1st-1:Instrumental by 尾崎 琢也さん & 宇山 満隆さん
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード