U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユー)の日々を綴るblogです

東京鮮烈sess!on

【Live Report】 Tuesday Night Live 2020.11.24 「東京鮮烈sess!on」 丹精(tap)&大里 健伍(gt.)&稲岡 吾郎(gt.)

11月24日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日は、タップダンサーの 丹精 さんとギタリストの大里 健伍さん、そしてギタリストの稲岡 吾郎さんによるトリオ・ユニット「東京鮮烈sess!on」でした。

201124001

本場NYで得て、類稀なる音楽性をタップで表現するタップダンサー丹精さん、
Hiphop,Rock,Popsを中心にドラマや演劇の制作、演奏に引く手あまたのガットギター 健伍さん。
そして作曲やアレンジにも突出し、大物演歌歌手のステージにおいても大活躍中のジャズギタリスト 吾郎さん。

異才なるツインギターが織り成す色彩豊かなハーモニーとタップによる、鮮烈な鼓動、躍動、感動をテーマに、日々新たにステージを創り上げる異色ジャズバンド、「東京鮮烈sess!on」。

今回の生演奏は、メンバーがステージに座って、ギターのチューニングをしたり、丹精さんがタップシューズを履いたりするところから、もうすでにステージじゃないか?
というくらいに、自然に、シームレスに、オープニングに突入。
チューニングから、試し弾きのような音が、互いに重なって、スウィング感が表現され始めたなぁ・・・と思ったところで、「スウィングしなけりゃ意味がない」が始まりました。


バンドとして活動しているからこそ形成される綿密なる連携。
そして、季節やお客さまも含めた空間などの、その場の状況による即興性。
このふたつの要素を織り込みながら創られていく「東京鮮烈sess!on」のステージは、「その場に自分がいなけりゃ意味がない」。

曲間のMCのときでさえも、ギターの音色が鳴り、重なり合い、次の曲への進行を司るなど、どんな時もセッションが繰り広げられます。

1stセットでは、健伍さんと吾郎さん、二人だけのツインギターセッションも組み込まれました。
しっかりと全体を支えるキレのあるベースラインとアグレッシブさを生む健伍さんのガットギターと、ふくよかな音色でメロディーを甘く紡ぐ吾郎さんのフルアコースティックギターの、ふたりのギターのセッションは、フリートークのような自由な進展に寄り添って展開していきました。

2ndセットは、「東京鮮烈sess!on」と、お客さまとの“コール&レスポンス”でセッションを愉しむ機会が用意されます。
グラス片手にコールしたり、手拍子を打ったり、
そして今回は、唱歌をみんなで歌ったりしました。


アンコールに応えて、丹精さんがセレクトした曲は、
今年を象徴する出来事で丹精さんが感じた大切なこと、
それを日本の北から南、各地を単独ツアーしながら、その地の方に音楽を通じて伝えてきたこと
それをアンコールとして、この日のセッションで伝えられました。

どんなご時世であっても、ミュージシャンと音楽を愉しむために足を運ばれる方だからこそ、伝わることであり、伝えたいこと。

 
本日も、来場くださいました皆さまにとともに、日々新たに創られる生演奏のステージをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪  

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. It Don't Mean a Thing (If It Ain't Got That Swing)
2. 札幌 Fake Smile
3. 梅雨入り宣言
4. Autumn Leaves
5. 返ってくる

<2nd Set>
1. KANPAI
2. Viajero
3. 紅葉(もみじ)
4. Land Song

<Extra>
What Makes You Human

1st-4:Twin Guitar session by 大里 健伍さん & 稲岡 吾郎さん

【Live Report】 Tuesday Night Live 2020.8.25 「東京鮮烈sess!on」 丹精(tap)&大里 健伍(gt.)&稲岡 吾郎(gt.)

8月25日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日は、タップダンサーの 丹精 さんとギタリストの大里 健伍さん、そしてギタリストの稲岡 吾郎さんによるトリオ・ユニット「東京鮮烈sess!on」でした。

200825002

本場NYから帰国したタップダンサー丹精さんが、ご自身の類稀なる音楽性を昇華すべくバンドとして手を組まれたのは、
Hiphop,Rock,Popsを中心にドラマや演劇の制作、演奏に引く手あまたのガットギター 健伍さん。
そして作曲やアレンジにも突出し、大物演歌歌手のステージにおいても大活躍中のジャズギタリスト 吾郎さん。

異才なるツインギターが織り成す色彩豊かなハーモニーとタップによる、鮮烈な鼓動、躍動、感動をテーマに、日々新たにステージを創り上げる異色ジャズバンド。それが「東京鮮烈sess!on」。

百聞は一見に如かず
そして、動画視聴は生演奏に如かず

生演奏は、奏でるミュージシャンだけでなく、その場に居合わせるお客さますべてもひとつに相まって形成されるひとつの生命体のように感じられますが、この日のセッションもまさにその様相。

綿密なる連携と、その場の状況による即興性とがシームレスに織り込まれ、創られていくステージは、その場に、聴衆として自分がいることにすら意味があるように、創り出されるステージに影響を与えているように感じられました。

曲間のMCの間も、ギターの音色が鳴り、重なり合い、次の曲への序章となり、と
どの瞬間も新たに創られているステージとして時が過ぎていくセッション。

ツインギターのうつくしさをフューチャーした曲もあり、メンバーそれぞれの個性と才能、そして表現が存分に顕れるオリジナル曲の演奏あり、はたまた、お客さまとのコール&レスポンスを愉しむステージングあり。

そして
生演奏のクローズな空間だからこそ、伝えられる丹精さんのメッセージ。
それは
こんなご時世であっても、ミュージシャンと会うために、足を運ばれる方だからこそ、伝わることであり、伝えたいこと。

 
本日も、来場くださいました皆さまにとともに、この日新たに創られた生演奏のステージをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪  

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. コホッス東京MAN
2. Swing Gitan
3. 梅雨入り宣言
4. 凜
5. 返ってくる

<2nd Set>
1. KANPAI
2. Viajero
3. Giraffe
4. What Makes You Human
5. Land Song

<Extra>
Spain
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード