U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユー)の日々を綴るblogです

山本裕之(ベース)

【Live Report】 Tuesday Night Live 2020.10.27 山口 友生(gt.)&山本 裕之(b.)

10月27日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ギタリストの 山口 友生 さんとベーシストの 山本 裕之さんです。

201027001

“爪弾き”スタイルでとてもここちよい響きを放ち、心までうっとりと寛ぎに誘う山口 友生さんと山本 裕之さんのデュオの生演奏。今回は山口 友生さんの4つの弦の異なる響きで愉しむことができました。

ひとつは、山口 友生さんの代名詞のひとつ「ウクレレでスウィング」。
今回はいつもより多めで、各セットの1曲目とセットのラスト曲の4曲、奏でてくださいました。
サックスの巨匠 チャーリー・パーカーが書いたBeBapの名曲「Ornithology」をも、ウクレレとベースの2つの弦楽器で奏でるなんて!

そして前回のカフェ・ユーの生演奏からお目見えしているアコースティックギターにエレキギターのピックアップを山口 友生さん自らD.I.Y.されたハイブリッドギター。
曲に合わせてはもちろんのこと、曲中でもアコースティックギターサウンドからエレキギターサウンドに切り替えできるスグレモノ。
Change The World」ではそのハイブリッドギターの特徴を活かして、エリック・クラプトンが演奏したように、前奏から本編でサウンドを切り替えて演奏されました。

そしてもうひとつがアコースティックギター。
ハイブリッドギターに比べて柔らかい弦を使用しているため、よりまろやかなアコースティックギターサウンドが響きます。
山口 友生さんのうつくしいギターの音色にぴったり、と山本 裕之さんが提案したバラードで、このデュオでは欠かせない曲となってきた「Verrazano Moon」はやはり、まろやかなアコースティックギターで奏でられました。

また今回は、山本さんのアルコ弾きをフューチャーした「500 Miles High」もセットインされました。


耳心地の良い音色で、まろやかで落ち着きのある響き、そしてふくよかなサウンド。
山口 友生さんと山本 裕之さんとの2弦のアンサンブルは、この日も至福のサウンドで店内を満たしてくれました。



本日も、来場くださいました皆さまにとともに、ふくよかでうつくしい2弦の響きによる心地よいジャズのひとときをご一緒できて嬉しいです♪ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Someday My Prince Will Come
2. October (山口 友生さんオリジナル曲)
3. Change The World
4. Verrazano Moon
5. Samba de Orly
6. All Of Me
 
<2nd Set>
1. Ornithology
2. Social Distance (山口 友生さんオリジナル曲)
3. Un Homme et Une Femme
4. It's Too Late
5. 500 Miles High
6. Days Of Wine And Roses

<Extra>
Things Ain't What They Used To Be

1st-1,6,2nd-1,6 :Ukulele by 山口 友生さん
1st-2,3, 2nd-4,5:Hybrid guitar by 山口 友生さん
ほか:acoustic guitar by 山口 友生さん

【Live Report】 Tuesday Night Live 2020.8.4 山口 友生(gt.)&山本 裕之(b.)

8月4日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ギタリストの 山口 友生 さんとベーシストの 山本 裕之さんです。

200804001

“爪弾き”スタイルでとてもここちよい響きを放ち、心までうっとりと寛ぎに誘う山口 友生さんと山本 裕之さんのデュオの生演奏。そんな山口 友生さんと山本 裕之さんのサウンドは、暑い夏の熱気も和らげてくださいました。

満月だったこの日。
オープニングは、山口 友生さんのもうひとつの代名詞である「ウクレレでジャズ」、選曲は「Fly Me To The Moon」でした。
続いては、長い長い梅雨が明いて、夏らしい曲が似合う季節の到来を告げるような「Summer Time」。

山口 友生さんのうつくしいギターの音色にぴったり、と山本 裕之さんが提案したバラードで、このデュオでは欠かせない曲となってきた「Verrazano Moon」や、地中海の初夏に吹く季節風をタイトルにした山口 友生さんのオリジナル曲「Scirocco」など。

スウィングしつつも耳心地の良い音色で、落ち着きのある爽やかさを感じる山口 友生さんのアコースティックギターでの爪弾きならではの音。
またその音の響きを存分に、そしてさらにふくよかに彩る山本 裕之さんのベース。
うつくしさと優しさが共存する、陽光と爽やかな風が似合う、2弦のアンサンブルはとてもステキです。


山口 友生さんのアルバムのタイトル曲でもある「Scirocco」に関して言えば、この曲はアルバムには2ヴァージョン収められていますが、メロディーはハーモニカ、そしてピアノと、いずれも山口 友生さんは弾いていません。
山口 友生さんがメロディーとギターのラインを演奏する貴重でかつステキなヴァージョンを愉しむことができるのもこのデュオの生演奏ならでは、なのです。


カフェ・ユーでは前回の生演奏で初お目見えしました、アコースティックギターにエレキギターのピックアップを山口 友生さん自らD.I.Y.されたハイブリッドギターでは、クールなエレキギターサウンドでこれまた爪弾きで演奏されます。このクールなサウンドが鳴る“ハイブリッドギター”では、アメリカンポップなサウンドやブルージーなサウンドがぴったり。今回の生演奏では、アシッドジャズムーヴメントでダンサンブルなサウンドメイクをしていた“Ronny Jordan”をイメージして作られた山口 友生さんのオリジナル曲「Like Ronny」と、元々はカントリーミュージシャンが作った曲「Change The World」が演奏されました。


また今回のライヴでは、4~5月の期間に山口 友生さんが作曲されたオリジナル曲、その名も「Social Distance」が演奏されました。ギターが担う高音域とベースが担う低音域が、心地よい距離感を保って進行する曲です。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、ふくよかでうつくしい2弦の音色によるスウィンギーなジャズのひとときをご一緒できて嬉しいです♪ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Fly Me To The Moon
2. Summer Time
3. Change The World
4. Verrazano Moon
5. Scirocco (山口 友生さんオリジナル曲) 
6. I'll Be Seeing You
 
<2nd Set>
1. Like Ronny (山口 友生さんオリジナル曲)
2. Social Distance (山口 友生さんオリジナル曲)
3. Funji Mama
4. Emily
5. 500 Miles High
6. Sonnymoon For Two

<Extra>
One Note Samba

1st-1, Extra:Ukulele by 山口 友生さん
1st-3, 2nd-1,5:Hybrid guitar by 山口 友生さん

【Live Report】 Tuesday Night Live 2020.3.24 山口 友生(gt.)&山本 裕之(b.)

3月24日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ギタリストの 山口 友生 さんとベーシストの 山本 裕之さんです。

200324002

とてもここちよい響きで、心までうっとりと寛ぎに誘う山口 友生さんと山本 裕之さんのデュオライヴ。
今回も、そんな山口 友生さんと山本 裕之さんのサウンドにぴったりな選曲とともに演奏くださいました。

前回のライヴでも取り上げられた、山口 友生さんのうつくしいギターの音色に合うのでは?
と山本 裕之さんが提案したバラード「Verrazano Moon」。
それに加え今回は、パット・メセニーの「Travels」を新たに山本 裕之さんが提案、演奏されました。

「ボサノヴァ」のようなここちよい“爪弾き”で音を奏でる山口 友生さんのアコースティックギターでは、ブラジル音楽もまた聴いていてここちよいサウンド。今回は「Samba de Orly」が取り上げられました。

そして、山口 友生さんといえば“ウクレレ”。
今回も山本 裕之さんとのデュオで、ジャズのスタンダード「Fly Me To The Moon」を演奏。
1920年代に生産されたウクレレが放つ乾いていながらコロコロとした音色でのスウィングは、山口 友生さんでしか聴けないサウンドです。


今までのアコースティックギター、そしてウクレレに加えて今回、山口 友生さんが持ち込まれたアイテムが“ハイブリッドギター”。

200324001

アコースティックギターのピックアップとエレキギターのピックアップの2つを組み込んだアコースティックギターです。これは山口 友生さんのDIY。エフェクターのセレクトで、アコースティックなサウンド、エレキなサウンド、そしてその二つをミックスすることもできるギターです。

そんな“ハイブリッドギター”では、アメリカンポップなサウンドやブルージーなサウンドが生まれます。
その“ハイブリッドギター”を使って、アシッドジャズムーヴメントでダンサンブルなサウンドメイクをしていた“Ronny Jordan”をイメージして作られた山口 友生さんのオリジナル曲「Like Ronny」、元々はカントリーミュージシャンが作った曲「Change The World」、ジャズのスタンダード集を発表したばかりのジェームス・テイラーのアルバムに収められているスタイルでの「Teach Me Tonight」など、ブルージーサウンドやポップサウンドが演奏されました。


ブラジルのボサ・ノーヴァのような落ち着きのある爽やかさを感じる山口 友生さんの奏でるジャズ。
スウィングしつつも耳心地の良い音色。
山口 友生さんのアコースティックギターでの爪弾きならではの音。
またその音の響きを存分に、そしてさらにふくよかに彩る山本 裕之さんのベース。
うつくしさと優しさが共存する、陽光と爽やかな風を感じる、2弦のアンサンブルはとてもステキです。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、ふくよかでうつくしい2弦の音色によるスウィンギーな音楽のひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. I'll Be Seeing You
2. Samba de Orly
3. Verrazano Moon
4. Like Ronny (山口 友生さんオリジナル曲)
5. Change The World
 
<2nd Set>
1. Fly Me To The Moon
2. Teach Me Tonight
3. Evidence
4. Travels
5. Un homme et une femme 
6. Things Ain't What They Used To Be

2nd-1:Ukulele by 山口 友生さん
1st-4,5 2nd-2,3,4:hybrid guitar by 山口 友生さん
ほか全て:acoustic guitar by 山口 友生さん

【Live Report】 Tuesday Night Live 2019.10.29 山口 友生(gt.)&山本 裕之(b.)

10月29日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ギタリストの 山口 友生 さんとベーシストの 山本 裕之さんです。

191029001

山口 友生さんと山本 裕之さんは2回りほどの世代差。
世代を越えて共演できる。
それもジャズやブラジル音楽のステキなところ、と言えるのではないでしょうか?

デュオでは初、となった今回のライヴ。
山本 裕之さんが提案したナンバーも織り交ぜられました。
ひとつは、今までの山口 友生さんのライヴでは無かった感じのジャズマンが作ったラテン調の曲「Funji Mama」。
そして、山口 友生さんのうつくしいギターの音色にぴったりと山本 裕之さんが提案したバラード「Verrazano Moon」。

ほかにも山口 友生さんアレンジの「男と女」や「Triste」など、オシャレな選曲&アレンジがあったり。
そして時折、アシッドジャズムーヴメントでダンサンブルなサウンドメイクをしていた“Ronny Jordan”をイメージして作られた山口 友生さんのオリジナル曲「Like Ronny」や「Billie's Bounce」といったグルーヴィーでホットな演奏で、“かっこいいジャズ”の一面も愉しませてくださったり。

ブラジルのボサ・ノーヴァのような落ち着きのある爽やかさを感じる山口 友生さんの奏でるジャズ。
スウィングしつつも耳心地の良い音色。
山口 友生さんのアコースティックギターでの爪弾きならではの音。
またその音の響きを存分に、そしてさらにふくよかに彩る山本 裕之さんのベース。
うつくしさと優しさが共存する、陽光と爽やかな風が似合う、2弦のアンサンブルはとてもステキでした。

ビーチ際に居て風を愉しんでいる気に誘う曲のひとつが、山口 友生さんのアルバムのタイトルでもあるオリジナル曲「Scirocco」。
この曲はアルバム中では2ヴァージョン収められていますが、メロディーはハーモニカ、そしてピアノと、いずれも山口 友生さんは弾いていません。
山口 友生さんがメロディーとギターのラインを演奏する貴重でかつステキなヴァージョンを愉しむことができるのもデュオライヴならでは。


山口 友生さん、と言えば「ウクレレ」でジャズを演奏されるのも唯一無二なスタイルです。

191029002

今回のライヴでは、
ソロで「Stardust」を、
そしてデュオでは「Days Of Wine And Roses」、さらにはBe Bapの「Ornithology」を演奏くださいました。
ともに4弦楽器。
極小の代表格と極大の代表格、高音域と低音域のアンサンブル。
弦楽器同士の親和の良さを、山口 友生さんと山本 裕之さんの音色の親和のすばらしさで、ステキな演奏でした。

そしてアンコールもウクレレとベースのデュオでの「One Note Samba」でした。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、ふくよかでうつくしい2弦の音色によるスウィンギーなジャズのひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Days Of Wine And Roses
2. Someday My Prince Will Come
3. Funji Mama
4. Verrazano Moon
5. Scirocco (山口 友生さんオリジナル曲) 
6. Billie's Bounce 
 
<2nd Set>
1. Stardust
2. Ornithology
3. I'll be seeing you
4. Un homme et une femme
5. Quiet Dance (山口 友生さんオリジナル曲) 
6. Triste
7. Like Ronny (山口 友生さんオリジナル曲) 

<Extra>
One Note Samba

2nd-1:Ukulele solo by 山口 友生さん
1st-1, 2nd-2, Extra:Ukulele by 山口 友生さん
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード