U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユー)の日々を綴るblogです

小林宏衣(ヴォーカル&ピアノ)

【Live Report】 Tuesday Night Live 2020.6.16 黒沢 綾( pf. & vo. ) & 小林 宏衣( pf. & vo. )

6月16日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ピアニスト&ヴォーカルの 黒沢 綾 さんとピアニスト&ヴォーカルの 小林 宏衣 さんです。

200616001

黒沢さんと小林さん。ふたりの弾き語りニストの共演。
実はお二人が“直に”対面されるのは、前回2月のカフェ・ユーでの生演奏以来、とのこと。

生演奏の度にさまざまなヴァリエーション&演奏で魅了されたお二人の生演奏ですが、今回は
1stセットは小林さんがピアノを担当、2ndセットは黒沢さんがピアノを担当、と時節柄も考慮してのシンプルな役回りで、ですが、表現のヴァリエーションは遺憾無く発揮くださいました。

オープニングはカーペンターズの「Rainy Days And Mondays」。
実は、梅雨の時期、ということもあって、雨の日にふさわしい曲をセレクトされていたお二人。
ところがこの日はピーカンの青空の日。
それでもご用意された雨にちなんだ曲を演奏されるお二人に奇跡が・・・

前回の生演奏のアンコールでアカペラで演奏くださった「And So It Goes」や、ブラジルのうつくしいバラードの英語ヴァージョンでの「Bridges」。
そして、黒沢さんと小林さんのデュオの代名詞的な曲「His Eye Is On The Sparrow」は今回もしっかりとリストに入っていました。

小林さんの雨にちなんだ新曲からJ-Popとして竹内まりあさんの曲を小野リサさんのカヴァー・ヴァージョンで、と二人ならではの選曲と表現と演奏。

そしてブレイクに外を見ると雨が降っていました!

2ndセットは位置を交代。

200616002

2ndセットのはじまりは、「はじまりはいつも雨」。
「男性ボーカルのJ-Pop」はお二人の生演奏でのひとつの魅力で、お二人のヴォーカルで聴くとまた詩情豊かになります。

小林さんが初めて歌った黒沢さんのオリジナル曲や、懐かしのJ-Pop、さらには黒沢さんアレンジの「My Favorite Things」など、新たな局面もどんどん増えていく黒沢さんと小林さんのデュオ。

今回の生演奏では、黒沢さんも小林さんも、
“生演奏”の時間をともに分かち合っている悦びが表情に現れて、思わず心の声がマイクにも乗って、
その悦びは聴かれている方の表情にも現れていました。


選曲の妙、アレンジの妙。
聴かせ、響かせ、引き込む演奏。
そして笑いで弾けるMC。
ゆったり、まったりしていながら、熱く、そして愉しい二人の創りだす生演奏がまた戻ってまいりました♪


アンコールはこれも定番となりつつある、黒沢さんと小林さんのアカペラ。
曲は「Over The Rainbow」でした。
そして、生演奏の時間が終わる頃には雨も上がっていました。

本日も、来場くださいました皆さまにとともに、愉しさのうちにゆったりまったりと時間が過ぎていく生演奏のひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪
 
♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Rainy Days And Mondays
2. And So It Goes
3. Bridges (Travessia)
4. His Eye Is On The Sparrow
5. R & F(小林さんオリジナル曲)
6. 人生の扉
 
<2nd Set>
1. はじまりはいつも雨
2. Sunrise
3. Luck And Pluck! (黒沢さんオリジナル曲)
4. 優しい雨
5. My Favorite Things
6. 傘ひとつから (黒沢さんオリジナル曲)

<Extra>
Over The Rainbow

1st:小林 宏衣さん on pianoforte、黒沢 綾さん on vocal
2nd:黒沢 綾さん on pianoforte、小林 宏衣さん on vocal
Extra:a cappella by 黒沢 綾さん&小林 宏衣さん

【Live Report】 Tuesday Night Live 2020.2.25 黒沢 綾( pf. & vo. ) & 小林 宏衣( pf. & vo. )

2月25日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ピアニスト&ヴォーカルの 黒沢 綾 さんとピアニスト&ヴォーカルの 小林 宏衣 さんです。

200225001

黒沢さんと小林さん。ふたりの弾き語りニストの共演。
前回のライヴで、予想をはるかに超えたヴァリエーション&演奏で魅了されたおふたりのライヴは、終演後から再演を望む声が多く寄せられておりました。

黒沢さんと小林さん。
ともに主旋律パートを歌うことも、コーラスでハモることも、そしてピアノを弾くことも、アレンジすることもできるふたり。

ライヴ中は、ピアノを黒沢さんが担当したり、小林さんが担当したり、はたまた連弾したり。
黒沢さんが主線を歌い小林さんがハモり、またその逆だったり。
ハモリも下をいったり、上でハモったり、はたまたユニゾンしたり、輪唱コーラスになったり。

ひとりの弾き語りでは、心の中で奏でている音を、ふたりではもうひとりがその音を発して寄り添うことができる。
互いに奏でる音と、必要としている音が共感できているからこそ生まれる絶妙なハーモニー。

2ndセットでは黒沢さんのソロの弾き語りと小林さんのソロの弾き語りも1曲ずつ。
互いの音楽性をリスペクトし合っているのが感じられる、お互いの眼差し。

前回のライヴでも鳥肌ものだった「His Eye Is On The Sparrow」は本当に映画「天使にラブ・ソングを2」のシーンさながらの演奏を観せてくださり。
Amapola」では、1番を小林さんが原詞のスペイン語歌詞で、2番を黒沢さんが英語歌詞で歌い比べてくださったり。
ミュージカルソングである「Tea For Two」はバースから。とってもとっても可愛らしさがあふれる演奏でした。

「卒業ソングとして認識されているけれど、歌詞を聞けばこれは“ラヴ・ソング”です」
とふたりが歌詞を噛みくだくように歌うのを聴くと、確かにこれは・・・と思わせる「贈る言葉」を選ぶように、J-Popの選曲もまた秀逸。

選曲の妙、アレンジの妙。
聴かせ、響かせ、引き込む演奏。
そして笑いで弾けるMC。

二人の創りだす音楽世界は、ゆったり、まったりしていながら、熱く、そして愉しい♪


アンコールは、今回も黒沢さんと小林さんのアカペラ。
曲はビリー・ジョエルの「And So It Goes」でした。

本日も、来場くださいました皆さまにとともに、愉しさのうちにゆったりまったりと時間が過ぎていく音楽のひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪
 
♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Someday My Prince Will Come
2. That's All
3. 春よ、来い
4. Hazy Mind
5. I Feel the Earth Move
6. Amapola
 
<2nd Set>
1. For No One
2. How Beautiful
3. Tea For Two
4. His Eye Is On The Sparrow
5. 贈る言葉
6. Luck And Pluck! (黒沢さんオリジナル曲)

<Extra>
And So It Goes

1st-1,2,3,4,2nd-3,4,5:小林 宏衣さん on pianoforte、黒沢 綾さん on vocal
1st-4,5,6,2nd-3,6:黒沢 綾さん on pianoforte、小林 宏衣さん on vocal
2nd-1:小林 宏衣さん 弾き語りソロ
2nd-2:黒沢 綾さん 弾き語りソロ
Extra:a cappella by 黒沢 綾さん&小林 宏衣さん

【Live Report】 Tuesday Night Live 2019.11.12 黒沢 綾( pf. & vo. ) & 小林 宏衣( pf. & vo. )

11月12日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ピアニスト&ヴォーカルの 黒沢 綾 さんとピアニスト&ヴォーカルの 小林 宏衣 さんです。

191112001

黒沢さんと小林さんは、ほかにピアニストとチェリストのカルテットで“ゆったりまったり音楽祭”ライヴを開催していまして、そのカルテットではツインヴォーカルを務めています。
そのおふたりが、“弾き語り合い”をするというので、どのようなライヴに・・・と心躍らせておりましたら、予想をはるかに超えたヴァリエーション&演奏でした。

黒沢さんのソロの弾き語りと小林さんのソロの弾き語り・・・
は1曲ずつ。
ピアノを黒沢さんが担当したり、小林さんが担当したり、はたまた連弾したり。
黒沢さんが主線を歌い小林さんがハモり、またその逆だったり。
ハモリも下をいったり、上でハモったり、はたまたユニゾンしたり、輪唱コーラスになったり。

ライヴのオープニングの曲「His Eye Is On The Sparrow」が歌われた“天使にラブソングを2”でローリン・ヒルとタニア・ブラウントがピアノの前で自然にハモリだしたシーンで歌われていた曲。
この曲が象徴するように、まるでどちらかの自宅のリヴィングのような、学校の放課後の音楽室のような。
二人でいろんなハモリを遊んでいるような、愉しい、それでいてすごく完成度の高い演奏。

聴かせ、響かせ、引き込む演奏。
そして笑いで弾けるMC。

黒沢さんの透き通るようなクリスタル・ヴォイスと、小林さんのスモーキーでソウルフルなヴォイス。
清らかな水とスモーキーで上質なウィスキーで、名うてのバーテンダーが創る“水割り”という名の“カクテル”のように、二人の声が溶け合い、混じり合い、ステキなハモリとなる。

黒沢さんのオリジナル曲や小林さんのミュージシャン仲間もオリジナル曲。
映画“ボディーガード”では「このシーンで流れている曲が好き」とお互いに意見が一致したという「Run To You」。
そして、男性ヴォーカルのJ-Pop。

選曲の妙、演奏の妙。
二人の創りだす音楽世界は極上でした♪


当日、遊びに来てくださっていたタップダンサーの丹精さんも2曲、ゲスト出演。

191112002

2ndステージは、丹精さんにとっては“初見”’(と言うのでしょうか)の黒沢さんが歌詞を付けたピアニストのオリジナル曲。

アンコールは、黒沢さんと小林さんのアカペラによる「Shenandoah」。
余韻にいつまでも浸っていたいラストでした。

本日も、来場くださいました皆さまにとともに、ステキなハモリで織り成す音楽のひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪
 
♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. His Eye Is On The Sparrow
2. プロポーズ
3. Hazy Mind
4. 天体観測
5. 月とワルツ (黒沢さんオリジナル曲)
6. (You Make Me Feel Like) A Natural Woman
7. Night And Day
 
<2nd Set>
1. Walk
2. Sunrise
3. 楓
4. Run To You
5. What A Moonlight
6. 偶然のワルツ

<Extra>
Shenandoah

1st-1,3,6,7,2nd-2,4,5:小林 宏衣さん on pianoforte、黒沢 綾さん on vocal
1st-2, 2nd-1,3,6:黒沢 綾さん on pianoforte、小林 宏衣さん on vocal
1st-4:小林 宏衣さん 弾き語りソロ
1st-5:黒沢 綾さん 弾き語りソロ
Extra:a cappella by 黒沢 綾さん&小林 宏衣さん
1st-7, 2nd-6:guest Tap Dance by 丹精さん 
ガレリアカフェ ユー憲章
今月の展示

小西淳子 挿し絵展
小西淳子さんの絵画展です
記事検索
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード