U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユー)の日々を綴るblogです

小林創(ピアノ)

【Live Report】 Tuesday Night Live 2018.5.15 小林 創(pf.)&寺尾 陽介(wb.)

5月15日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユウで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ピアニストの 小林 創 さんとベーシストの 寺尾 陽介さんです。

180515001

しとやかなバラードから、パワフルなモダンジャズまで、あらゆる表現をピアノで行う小林さん。
柔らかなサウンドも、ホットな演奏もお好きという寺尾さん。
カフェ・ユウで行って下さるデュオ演奏では、しばしば熱演の幕が開きます。

今日は「Just Squeeze Me」で、おシャレなスウィング演奏でスタートしました。
が、2曲目の「Shine」 で早くもトップギアにシフトチェンジ!

ベースでのメロディー表現をフューチャーした「Easy To Love」や「I Can't Get Started」を挟みつつも、今回も小林さんのピアノと寺尾さんのベースの熱演が各曲で繰り広げられました。

今回は、ピアノとベースの音による“熱いトーク”がいつもよりもたっぷりめ!
そして、来場していたギタリスト 若林 萌さんも、1stセットのラストの曲からアンコールまで加わって、人数も多め!
余談ですが、D・エリントンの曲も多め、でした。

180515002

小林さんと寺尾さんのライヴでは、譜面なし、打ち合わせなし。
それは若林さんが加わっても同じで行われました。

イントロの担当をその場で決めたり、完全ソロの宣言を演奏しながら行ったり。
本場ニューヨークでは、このようなミュージシャンのセッションが日夜行われ、またそれを愉しむお客さんで溢れているのでしょうか?

「実践に勝る経験なし」
とは良く耳にする言葉ですが、ジャズのライヴ演奏は、かくして伝えられていくのだなぁ
と感じました。

ジャズには“スタンダード・ナンバー”と呼ばれる曲は存在しますが、“スタンダード”と呼ばれる演奏はないんだなぁ~、というのは、ジャズのライヴを聴くごとに思うこと。
そして、複数の人数でひとつの表現を創っていくものなのですね。

これもまた、ジャズを“ライヴ”で愉しむ醍醐味と言えるのではないでしょうか?

 
本日も、来場くださいました皆さまにとともに、熱い熱いジャズセッションのひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪  

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Just Squeeze Me
2. Shine
3. Robbins' Nest
4. Easy To Love
5. Summertime
6. Cotton Tail
 
<2nd Set>
1. Blue Sky
2. I Can't Get Started
3. I Let A Song Go Out Of My Heart
4. Perdido
5. Moonlight In Vermont
6. Bye Bye Blackbird

<Extra>
Broadway
 
1st-6 ~ Extra,:guest guitar  若林 萌さん

【Live Report】 Tuesday Night Live 2018.1.16 小林 創( pf. ) & 寺尾 陽介( wb. )

1月16日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユウで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ピアニストの 小林 創 さんとベーシストの 寺尾 陽介さんです。

180116001

本日のライヴが、2018年最初のライヴ。
オープニングナンバーは、新年、始まりにちなんで「Begin」がタイトルに入った曲、「I'm Beginning to See the Light」でした。

小林さんは大の将棋好き。
その小林さん曰く、
「将棋って2人でセッションしてるのと凄く似てるんですよ。
 テーマ(定跡)があってそれをお互い意識しつつも1手1手(1音)ずつ変化させて、お互いの手に反応しつつひとつの作品を2人で作るみたいな。」

定跡に沿いつつも、時折生まれる定跡を外れた一手。
そんな一手がさされた時、思わず唸り声が出てしまう。
その瞬間は、未知の扉を開けてくぐるような感じで、そこから未知の展開が始まったりもする。
でもそれもジャズの愉しみでもあり、それを愉しむことが許されるのがジャズ。

まさにそのようなジャズが、今宵も随所に展開されました。

2ndセットでは、ブレイクの間に寄せられたお客さまからのリクエストも取り混ぜながらの演奏となりました。
プログラムが瞬時に変えられるのも、ジャズライヴならでは。

また前回のライヴのあとに1ヶ月ほどニューヨークに滞在された寺尾さんの滞在エピソードをうかがいながら、2ndセットの後半はニューヨークを象徴する場所がタイトルになった「Broadway」を皮切りに、アンコールまでは、ニューヨークの華やかさの象徴のようなエリントンの代名詞的な曲がずらりと並びました。


来場くださいました皆さまにとともに、真剣勝負でありながらも遊ぶようなピアノとベースのセッションのひとときをシェアできましたことに感謝致します。

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. I'm Beginning to See the Light
2. Crazy Rhythm
3. My Ideal
4. You'd Be So Nice To Come Home To
5. Rosetta
6. It's Easy To Remember
7. Perdido
 
<2nd Set>
1. Robbins' Nest
2. Softly, As In A Morning Sunrise
3. Stardust
4. Shiny Stockings
5. Broadway
6. Sophisticated Lady
7. Caravan

<Extra>
Take the A Train

2nd-2,3,4,extra:リクエスト曲 

【Live Report】 Tuesday Night Live 2017.7.11 小林 創(pf.)&寺尾 陽介(wb.)

7月11日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユウで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによりますライヴエンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ピアニスト 小林 創 さんとベーシストの 寺尾 陽介さんです。

170711001

前回
の初共演で、意氣投合された小林さんと寺尾さん。
早くもユウにて2回目のライヴとなりました。

今回もビッグバンド華やかなりし頃のスウィンギーなナンバーを取り上げて演奏くださいました。
オープニングナンバーは「Cute」。
ビッグバンドでは主に伴奏に回るピアノとベース。そのデュオではベースさえもテーマのソロ演奏が回ってきます。
おシャレな旋律なれど演奏が熱くなるのは、ジャズが生まれたのが暑い街ニューオリンズだからでしょうか?

つい先日満ちていた月。
ジャズには「Moon」が入った曲がたくさんあります。
ジャズは「恋」を歌った曲が多く、「恋」をしていて見上げる空には太陽よりも月が似合うのでしょうか?
今回は「Blue Moon」と「How High The Moon」の2曲を。「Blue Moon」ではベースをフューチャーして演奏くださいました。

ブレイクを挟んで2ndセットでは、ブレイク中にお客さまから寄せさられたリクエストを取り入れての演奏。
「あなたがその場にいることで、演奏される曲が変わる」
これもコンサートとは違うライヴの魅力のひとつではないかと思います。

2ndセットのオープニングはそのお客さまからのリクエストのひとつ、「Shiny Stockings」でした。
そして続けては、ニューヨークのハーレムにあった有名な社交場がタイトルに入った「Stompin' At The Savoy」。
そしてそのハーレムとマンハッタンを結ぶニューヨーク市地下鉄A線が曲のタイトルの「Take the 'A' Train」。
そのニューヨークからシカゴに向かう飛行機の中でジャズ・ピアニストのエロル・ガーナーが着想を得た幻想的な曲「Misty」と続きました。

その後、ユウからもほど近い後楽園駅のジングルにも使われている「Take Me Out to The Ballgame」を、小林さんのピアノソロで演奏くださり、そしてベース・フューチャーで「In A Sentimental Mood」。
アンコールではお客さまのリクエストでガーシュイン兄弟の曲「'S Wonderful」。

ホットなプレイと雰囲気あるバラードを織り交ぜて、今宵もライヴのひとときは過ぎて行きました。

来場くださいました皆さまにとともに、スウィング全盛の頃の名曲三昧の生演奏のひとときをシェアできましたことに感謝致します。

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Cute
2. I've Got The World On A String
3. Blue Moon
4. How High The Moon
5. Robbins' Nest
6. I've Found A New Baby
 
<2nd Set>
1. Shiny Stockings
2. Stompin' At The Savoy
3. Take the 'A' Train
4. Misty
5. Take Me Out to The Ballgame
6. In A Sentimental Mood
7. Sweet Geogia Brown
 
<Extra>
'S Wonderful

2nd-5:ピアノソロ by 小林 創さん 

【Tuesday Night Music Club】 2017.7.11 ベースとともにストライド奏法の名手のジャズピアニストによるスウィングジャズライヴ

Live from Myogadani, it's Tuesday Night !
床と壁に木材を使用した木質空間のギャラリーでの第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント、「Tuesday Night Live」♪ 

第一線で活躍中のミュージシャンに登場いただきまして、天然木材で囲まれた小さなスペースならではの臨場感溢れる演奏を、お好きなドリンクを飲みながら(もちろんフードもオーダーできます)お楽しみいただくライブです。
もちろん、当店はライヴ中も禁煙です。

7月11日(火)は、ピアニストの 小林 創さん と、ベーシストの 寺尾 陽介さん によるライヴです。
ジャズ創世記のピアノ奏法であるストライド奏法からモダンなジャズプレイまで、多彩な表現でスウィングする小林さん。
そして主にモダンジャズフィールドで活躍中のしなやかでやさしい音色のベーシスト 寺尾さん。
前回のライヴで、意気ぴったりな演奏でライヴ中に再演が決まったデュオ演奏です。
愉しいスウィングの世界に誘うジャズプレイを、あなたともシェアできましたら悦びです。


開演は19:30より2ステージ(入れ替えなし)
開場は18:30からご入場頂けます。
MCは¥3,000+オーダー
U_U サポーター'sチケットご利用の方は¥ 2,500+オーダー
テーブル席数は12席(予約優先制です)
U_U サポーター'sチケットご利用の方は座席の指定ができます。 

ライヴの詳細情報は下記をご覧ください。
お問い合わせまたはお申し込みは、03-3944-2356 ガレリア カフェ ユウにお電話いただくか、もしくは[u_u_info]宛てにメールにてお受けいたします。
ご予約の無い方でも、ご都合付きましたらぜひお立ち寄りくださいませ♪

TNL Duo Header
170328000
map500

【Live Report】 Tuesday Night Live 2017.3.28 小林創(pf)&寺尾陽介(wb)

3月28日は木質空間のリヴィングルームのようなカフェで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによりますライヴエンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ピアニストの 小林 創さんとベーシストの 寺尾 陽介さんです。

170328001

聴く人を魅了するスウィングピアニスト、小林 創さん。
ベーシストの寺尾さんとのデュオで、今宵もスウィングの世界にエスコートくださいました。

1917年2月26日に、白人5人組からなるオリジナル・ディキシーランド・ジャズ・バンドが2曲を吹き込んだのが、世界初のジャズ録音。つまり今年は、「ジャズ録音から100年」の記念年なのだそうです。

オープニングナンバーの、今から90年前に創られた、ジャズが生まれ盛んに演奏されていたニューオリンズの歓楽街を歌った「Basin Street Blues」とともに、ジャズによる時間旅行が始まりました。
続いてはジャズが初めて録音された年に生まれた年に創られた曲「St. Louis Blues」 。
今も某番組で現役で大喜利を務められている噺家さんが替え歌をしていたことで有名な曲です。
さらにセカンドセットでは、関西出身者には某新喜劇のテーマとしてお馴染みの曲「Somebody Stole My Gal」を、そのテーマのイントロヴァージョンで演奏くださいました。

その同じ頃、1916年に日本で作られたのは、今の東京芸術大学の在学生 成田為三による「浜辺の歌」。
これをワンフレーズ演奏してから、そのままジャズで演奏くださいました。

「ジャズでの演奏」というスタイルも、童謡の「ちょうちょ」をモチーフに小林さんと寺尾さんがレクチャーくださいました。「ちょうちょ」の標準系からコードやハーモニーを変えていくアドリヴの仕方、それがとても分かりやすいレクチャーでした。

今回は、全編にわたって、譜面なし。まさにアドリヴで組み立てられていく演奏。

小林さんと寺尾さんの演奏は、互いにリスペクトし合う卓越したテニスのトッププレイヤーのロングラリーのようで、お互いに「おぉ!」、「なるほど!」とリターンに感動し合いながら、さらにリターンを返す様が見事で、聴いている私たちもどんどん惹き込まれました。

アンコールの拍手のあと、サーヴィスは寺尾さんのアルコ弾き。
始まった曲は「Happy Birthday To You」。
3月28日は小林 創さんの誕生日当日だったのです。

さらに遅れていらしてくださった方のために、もう一曲「Memories Of You」がアンコール演奏されました。

来場くださいました皆さまにとともに、すばらしい生演奏のひとときをシェアできましたことに感謝致します。

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Basin Street Blues
2. St. Louis Blues
3. 浜辺の歌
4. Perdido
5. I Let A Song Go Out Of My Heart
6. Stars Fell On Alabama
7. Honeysuckle Rose

<2nd Set>
1. Blue Sky
2. You Are My Sunshine
3. Somebody Stole My Gal
4. Solitude
5. Don't Get Around Much Anymore
6. Blue Moon
7. Bye Bye Blackbird

<Extra>
Happy Birthday To You
Memories Of You
ガレリアカフェ ユウ憲章
営業スケジュール
今月の展示

小西淳子絵画展
テンペラ画などさまざまな手法で創られた絵画アート展
記事検索
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード