U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユー)の日々を綴るblogです

増原巖(ベース)

【Live Report】 Tuesday Night Live 2021.11.16 堀 秀彰(pf.)&増原 巖(b.)

11月16日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を、開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ピアニストの 堀 秀彰 さんとベーシストの 増原 巖さんです。

211116001

堀さんと増原さんのカフェ・ユーでの生演奏では、いつしか「テーマ」を決めてセットを組むことが恒例となっております。
今回のテーマは・・・
“メモリー スタンダード”、でした。

“”メモリー”、正確には“メモリースタイル”とは、
譜面を見る必要がないほどに、頭と身体にメモリーされているジャズのスタンダード曲
のことを言うそうです。

堀さんがMCでお話しくださったのが
よく「“スタンダード”っていい曲だよね」と言われますが、
「“いい曲”だからスタンダードになる」
とのこと。

そんなスタンダードの中でも、メモリースタイルのスタンダード曲ばかりを演奏されましたが、そこは堀さんと増原さんのデュオ。
ジャズセッションでお馴染みの曲以外にも、実に多彩な曲がメモリーされていました。

時には曲名を言うこともなく、イントロが始まるなど、
その場の雰囲気、流れでメモリーから引き出され、それをその場でアレンジしていく。
譜面という縛りから解き放たれた演奏は、フィーリングが存分に活かされた、これぞセッション、これぞライヴ、という感じがしました。

ジャズのまた愉しい側面を味あわせていただいた生演奏でした♪


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、「ジャズセッションの醍醐味」三昧な生演奏のひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Stella by Starlight
2. Whisper Not
3. Alice In Wonderland
4. How Deep Is the Ocean
5. Old Folks
6. I Mean You

<2nd Set>
1. My Shining Hour
2. Au Privave
3. Black Orpheus
4. You Are My Everything
5. It's Easy To Remember
6. Isfahan
7. Take the 'A' Train

<Extra>
Just In Time

【Live Report】 Tuesday Night Live 2021.7.6 堀 秀彰(pf.)&増原 巖(b.)

7月6日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を、まん延防止等重点措置モードにて開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ピアニストの 堀 秀彰 さんとベーシストの 増原 巖さんです。

210706001

堀さんと増原さんのカフェ・ユーでの生演奏では、いつしか「テーマ」を決めてセットを組むことが恒例となっております。
今回のテーマは・・・
一見、アメリカのジャズミュージシャンが作ったジャズのスタンダードナンバーか?
と思うほどの、堀さん、そして増原さんのオリジナル曲特集、でした。


堀さんがMCでお話しくださったことですが

“ジャズ”という音楽は、いきなり「じゃぁジャズを弾こう」といってジャズっぽくなるものではなく、歴史があって、それをちゃんと吸収したうえで生み出されるもの。
だから、有名なミュージシャンのオリジナルジャズも、どこかに先人の影響を受けていたりするもの、なのだそうです。


存命の方も含めて、連綿と受け継がれてきたモノを影響としてしっかりと吸収し、
それを自分の表現の中に融合して
それがスタンダード曲の演奏だったり、オリジナル曲の作曲として表現される。

そしてそれがまた同時期の、または次世代のミュージシャンに“影響”というカタチで連綿と受け継がれていく。

のだそうです。


今回は、堀さん、そして増原さんが受け取って自分のものとして表現したオリジナル曲をたっぷりと演奏くださいました。

そんなジャズのオリジナル曲を聴いている私たちは、ジャズが歴史を紡いでいく現場に立ち会っている、ジャズの歴史の立会人、なのかもしれません。

そんな歴史のダイナミズムを味わうことができるのも、ジャズの生演奏の醍醐味ではないでしょうか?


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、「過去から受け継ぎ、未来へ引き渡すジャズの歴史的瞬間」である生演奏のひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<Set>
1. Quarter Man (堀 秀彰さんオリジナル曲)
2. Harvie's Tune (堀 秀彰さんオリジナル曲)
3. Orpheus (堀 秀彰さんオリジナル曲)
4. Indigo Blue (増原 巖さんオリジナル曲)
5. Five Minutes To Tomorrow (増原 巖さんオリジナル曲)
6. For Our Children (堀 秀彰さんオリジナル曲)

<Extra>
A Song For U_U (堀 秀彰さんオリジナル曲)

【Live Report】 Tuesday Night Live 2021.4.6 堀 秀彰(pf.)&増原 巖(b.)

4月6日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ピアニストの 堀 秀彰 さんとベーシストの 増原 巖さんです。

210406001

堀さんと増原さんのカフェ・ユーでの生演奏では、いつしか「テーマ」を決めてセットを組むことが恒例となっております。

最初はテーマを秘して、そのオープニングとして演奏されたのは、先ごろpass awayされたチック・コリア、彼の1stアルバムに収録されている曲「Tones for Joan's Bones」でした。

となると、チック・コリア特集
はたまた、チック・コリアとゆかりの深い方特集

などと思いを巡らせていると、演奏が進むごとに「今回のテーマ」が姿を現し始めました。
それは・・・

今回のテーマは、セットを通じて「for somebody」、
“ある特定の人に捧げた曲名”ばかりを演奏する、でした。

堀さんがMCでおっしゃっるに、
今回のテーマに沿った選曲では、普段の堀さんリーダー生演奏では“選ぶことがない曲”が多かったそうです。

「“特定の誰かに捧げた”カタチのタイトル」ということで、選曲もモダンジャズからに留まらず、ラテンジャズ、ビバップの曲、と幅広くオンリストされていました。


堀さんのオリジナル曲からも2曲オンリスト。
ひとつは、堀さんがご自身の息子さんのために書いた「For My Little One」。
そしてもうひとつは、2020年春のパンデミックの時のエピソードがきっかけで作曲くださった「A Song For U_U」がオンリストしました。


今回の生演奏では、堀さんの「A Song For U_U」に応えるカタチで創作しましたイメージング・ハーブティをお披露目。来場くださった方にたくさんオーダーいただきました。ありがとうございます♪


アンコールには堀さんのオリジナル曲「For Our Children」。
次の世代にどんな日本を、どんな世界を渡したいだろう
という想いから生まれた堀さんのオリジナル曲。

音楽を直接肌で感じる機会
これは渡してあげたい
と、私は思います。

誰かのために想って何かを創る
そんな音楽のステキな一面を味わう生演奏


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、「誰かのために創られたジャズ」の生演奏三昧のひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Tones for Joan's Bones
2. Waltz for Debby
3. Theme for Jobim
4. For My Little One (堀 秀彰さんオリジナル曲)
5. Blues for Alice

<2nd Set>
1. Song for Darnell
2. Song for My Father
3. A Song For U_U (堀 秀彰さんオリジナル曲)
4. Theme for Ernie
5. Mambo for Roy

<Extra>
For Our Children (堀 秀彰さんオリジナル曲)

【Live Report】 Tuesday Night Live 2020.12.15 堀 秀彰(pf.)&増原 巖(b.)

12月15日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ピアニストの 堀 秀彰 さんとベーシストの 増原 巖さんです。

201215001

堀さんはカフェ・ユーでのライヴではいつしか「テーマ」を決めてセットを組むことをスタンダードにしています。
今回のテーマは、1stセットが「冬を感じる曲」、そして2ndセットが「クリスマスソング」でした。

モダンジャズのスタンダード・ナンバーは季節を感じる曲もたくさんあります。
オープニングナンバーは、モダンジャズが育った街“ニューヨーク”の冬の風物詩がタイトルとなった「Skating In Central Park」。

「冬を感じる曲」ということで、堀さんのオリジナル曲で、冬のモチーフ、冬を喚起させるイメージがタイトルになった曲も選曲されました。

堀さんの選曲で面白かったのが「All The Things You Are」。
スタンダード・ナンバーとしてよく知られた曲ですが、「冬」とはどう結びつくのか・・・?
実はこの曲の歌詞は「恋」を“春”に例え、恋叶うまでの状態を“長い冬”に例えている、それで今回選曲されました。

Pure Imagination」は、ジョニー・デップ主演のリバイバル映画のオリジナル版「夢のチョコレート工場」のための映画音楽で、映画のシーンで寒々しい家の様子が印象的なことでセレクトされました。

そして「冬を感じる曲」セットのラスト曲は、あまり聴き馴染みのない冬の曲として堀さんが探した中で出会った曲。タイトルの「Skatin'」から想像されるイメージとはほど遠いアグレッシヴな曲でした。


2ndセットは「クリスマスソング」セットとして、全曲、クリスマスソングでした。
今年は、例年に比べ、クリスマスの雰囲気が遅め、そして控えめな感じですが、それでもクリスマスソングは明るく、愉しい感じにしてくれるすてきな音楽。堀さんアレンジでのすてきなクリスマスソングをたっぷりと演奏くださいました。

すてきなホリディ」は、クリスマスシーズンになるとある企業のCMソングとして、日本でとっても耳にする曲ということでタイトルを伏せて演奏というクイズ形式で演奏されました。
このレポートをお読みの方には、曲のタイトルから“何のCMソングか?”を想像してお愉しみください。


どんな状況であっても、
音楽は、そして生演奏は、聴く方の心を癒し、動かし、満たしてくれる。
生命維持に必要不可欠なものだと、生演奏に触れる度に感じます。

この日も、さまざまなモダンジャズ曲、そしてクリスマスソングの生演奏に心も身体もすっかりと癒されました。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、都会のヒーリングミュージック“モダンジャズ”の生演奏に癒されるひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Skating In Central Park
2. All The Things You Are
3. 雪のかけら (堀 秀彰さんオリジナル曲)
4. Oslo (堀 秀彰さんオリジナル曲)
5. Pure Imagination
6. Skatin'

<2nd Set>
1. Christmas Time Is Here
2. We Wish You a Merry Christmas
3. Coventry Carol
4. Winter Wonderland
5. すてきなホリディ
6. I'll Be Home for Christmas
7. Jingle Bells

<Extra>
The Christmas Song

【Live Report】 Tuesday Night Live 2020.9.1 堀 秀彰(pf.)&増原 巖(b.)

9月1日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ピアニストの 堀 秀彰 さんとベーシストの 増原 巖さんです。

200901001

放つ音、そして豊かな余韻、その余韻の音に放つ音が重なっていくことでより豊かな生演奏となる堀さんと増原さんのモダンジャズの世界を、あたらしい日常となって初めての堪能となりました。

堀さんはカフェ・ユーでのライヴではいつしか「テーマ」を決めてセットを組むことをスタンダードにしていますが、今回は明確におっしゃることはありませんでしたが、セレクトされた堀さんのオリジナル曲からはテーマとして「ボランタリー・リストレイント(voluntary restraint:自発的制限)」があるように感じました。

Soft Wind In Warm Light」は、堀さんがお昼間の時間帯にソロ演奏を頻繁に行っていたお店に捧げた曲。
直接的な理由ではなかったものの、この春のことがひとつの契機となって活動をおやすみされました。
陽の光がたっぷりと入る店内の雰囲気が感じられる温かな気分になるスウィングでした。

Updraft」は、あの期間、「とにかく明るい曲が書きたかった」との着想から生まれたオリジナル曲。
“上昇気流”の名のとおり、上へ上へと転調をしていく軽快な曲でした。

そして、私たちのお店に捧げてくださったオリジナル曲「A Song For U_U」。
今だから明かしますが、あの期間、堀さんはお子さんとご一緒に、私たちのお店によく遊びに来て下さり、その時には、店内でピアノの演奏も行ってくださっていました。
そんなエピソードから、私たちのお店の雰囲気にもピッタリということで、タイトルに私たちのお店の名前を入れてくださったのです。


どんな状況であっても、音楽に変えることができる。
そして、生演奏は、どんな状況であっても、聴く人の心を癒し、動かし、満たしてくれる。
生命維持に必要不可欠なものだと、生演奏に触れる度に感じます。


増原さんのベースとのデュオ、ということで、今回の生演奏のもうひとつのテーマ、「増原さんフューチャリング」。
堀さんがバンドのピアニストとして活動していた増原さんのバンド、第二期“What's Up”時代の曲を2曲セレクトされました。
ひとつは、堀さんと増原さんのデュオでも定番となっている、かっこよくて色褪せることのない曲「That's Not Cool At All」。
そしてもうひとつは、堀さんと増原さんとの演奏では初めて聴きました「Helpless」でした。

この日も、さまざまなモダンジャズ曲の生演奏に心も身体もすっかりと癒されました。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、都会の癒し音楽“モダンジャズ”の生演奏のひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Speak Low
2. Waltz For Zweetie
3. That's Not Cool At All (増原 巖さんオリジナル曲)
4. Soft Wind In Warm Light (堀 秀彰さんオリジナル曲)
5. It's Easy To Remember
6. Updraft (堀 秀彰さんオリジナル曲)

<2nd Set>
1. Satin Doll
2. A Song For U_U (堀 秀彰さんオリジナル曲)
3. Harvie's Tune (堀 秀彰さんオリジナル曲)
4. On the Street Where You Live
5. Helpless (増原 巖さんオリジナル曲)
6. September In The Rain

<Extra>
The Girl From Ipanema
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード