U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユー)の日々を綴るblogです

堀秀彰(ピアノ)

【Live Report】 Tuesday Night Live 2020.9.1 堀 秀彰(pf.)&増原 巖(b.)

9月1日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ピアニストの 堀 秀彰 さんとベーシストの 増原 巖さんです。

200901001

放つ音、そして豊かな余韻、その余韻の音に放つ音が重なっていくことでより豊かな生演奏となる堀さんと増原さんのモダンジャズの世界を、あたらしい日常となって初めての堪能となりました。

堀さんはカフェ・ユーでのライヴではいつしか「テーマ」を決めてセットを組むことをスタンダードにしていますが、今回は明確におっしゃることはありませんでしたが、セレクトされた堀さんのオリジナル曲からはテーマとして「ボランタリー・リストレイント(voluntary restraint:自発的制限)」があるように感じました。

Soft Wind In Warm Light」は、堀さんがお昼間の時間帯にソロ演奏を頻繁に行っていたお店に捧げた曲。
直接的な理由ではなかったものの、この春のことがひとつの契機となって活動をおやすみされました。
陽の光がたっぷりと入る店内の雰囲気が感じられる温かな気分になるスウィングでした。

Updraft」は、あの期間、「とにかく明るい曲が書きたかった」との着想から生まれたオリジナル曲。
“上昇気流”の名のとおり、上へ上へと転調をしていく軽快な曲でした。

そして、私たちのお店に捧げてくださったオリジナル曲「A Song For U_U」。
今だから明かしますが、あの期間、堀さんはお子さんとご一緒に、私たちのお店によく遊びに来て下さり、その時には、店内でピアノの演奏も行ってくださっていました。
そんなエピソードから、私たちのお店の雰囲気にもピッタリということで、タイトルに私たちのお店の名前を入れてくださったのです。


どんな状況であっても、音楽に変えることができる。
そして、生演奏は、どんな状況であっても、聴く人の心を癒し、動かし、満たしてくれる。
生命維持に必要不可欠なものだと、生演奏に触れる度に感じます。


増原さんのベースとのデュオ、ということで、今回の生演奏のもうひとつのテーマ、「増原さんフューチャリング」。
堀さんがバンドのピアニストとして活動していた増原さんのバンド、第二期“What's Up”時代の曲を2曲セレクトされました。
ひとつは、堀さんと増原さんのデュオでも定番となっている、かっこよくて色褪せることのない曲「That's Not Cool At All」。
そしてもうひとつは、堀さんと増原さんとの演奏では初めて聴きました「Helpless」でした。

この日も、さまざまなモダンジャズ曲の生演奏に心も身体もすっかりと癒されました。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、都会の癒し音楽“モダンジャズ”の生演奏のひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Speak Low
2. Waltz For Zweetie
3. That's Not Cool At All (増原 巖さんオリジナル曲)
4. Soft Wind In Warm Light (堀 秀彰さんオリジナル曲)
5. It's Easy To Remember
6. Updraft (堀 秀彰さんオリジナル曲)

<2nd Set>
1. Satin Doll
2. A Song For U_U (堀 秀彰さんオリジナル曲)
3. Harvie's Tune (堀 秀彰さんオリジナル曲)
4. On the Street Where You Live
5. Helpless (増原 巖さんオリジナル曲)
6. September In The Rain

<Extra>
The Girl From Ipanema

【Live Report】 Tuesday Night Live 2020.7.28 丹精(tap)&堀 秀彰(pf.)

7月28日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、タップダンサーの 丹精 さんとピアニストの 堀 秀彰 さんです。

200728001

丹精さんは、タップ、クラップハンヅ、ボディー、そしてヴォイス、そのすべてを使ってサウンドを奏でる、言うなれば“タップミュージシャン”。
華麗なステップ、そしてショーアップ要素たっぷりな魅せるダンスとともに、他のミュージシャンやお客さまに届く“”、“歌心”を大切にされている丹精さんのパフォーマンスと、歌心溢れる堀さんのピアノと、お互いがいい刺激を受け合うさまは、まさにセッション!


丹精さんのタップはどちらかというとジャズのルーツに近いもの、とおっしゃいます。
それがとても現れていると感じるのは、今回の生演奏でもセットに組み込まれた丹精さんのオリジナル曲「Land Song」。
ヨーロッパのダンスとアフリカのリズムの融合で生まれたタップダンス。
ヨーロッパの音楽とアフリカのリズムの融合で生まれたジャズ。
このふたつに共通する“アフリカのリズム”、さらには風や動物の鳴き声など、タップダンスとジャズの根底にあるアフリカのサウンドを彷彿とさせる曲、そして演奏なのです。

お互いのソロも交えつつ、そしてお互いのオリジナルも交えつつの生演奏。

今年を象徴する時期、その時期に生まれた堀さんのオリジナル曲と丹精さんのオリジナル曲もセットに組み込まれました。

堀さんのオリジナル曲は、あの期間に私たちのお店とのエピソードも含めてお店に捧げる曲としてタイトルにもお店の名前を入れていただいた「A Song For U_U」。お店の雰囲気が、あの期間においても、この曲の醸し出す雰囲気であったことがとても嬉しいです♪

丹精さんのオリジナル曲は「What Makes You Human」。“人をヒトたらしめるモノ”といった意味です。
あの期間に、それ以降にも起きているさまざまな出来事を見るに、丹精さんが感じたことが曲になり、そしてこの日のパフォーマンスとなりました。


セットのラストの曲はジャズ・スタンダードでありながらも、終わり方がとても印象的なアレンジでの「Summer Night」。
お互いの感性をベースに、創発性にあふれたステージパフォーマンス。
今回も堪能させていただきました。

本日も、来場くださいました皆さまにとともに、タップダンスとピアノによる歌心溢れるセッションのひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Broadway
2. The Shell (堀 秀彰さんオリジナル曲)
3. A Song For U_U (堀 秀彰さんオリジナル曲)
4. A Ghost Of A Chance
5. 返ってくる (丹精さんオリジナル曲)

<2nd Set>
1. Improvisation
2. Land Song (丹精さんオリジナル曲)
3. Mr. Cedar Walton (堀 秀彰さんオリジナル曲)
4. What Makes You Human (丹精さんオリジナル曲)
5. Summer Night

<Extra>
Cantaloupe Island

1st-4:堀さんソロ
2nd-1:丹精さんソロ 

【Live Report】 Tuesday Night Live 2020.6.2 堀 秀彰(pf.)

6月2日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ピアニストの 堀 秀彰 さんです。

200602001

緊急事態宣言が解除されて以降は、今までとは違う意識で、複数の方と生演奏を愉しむスタイルが求められます。
物理的な距離の取り方、自然換気、アルコール洗浄の常備などを考慮しつつ、生演奏に触れる魅力をできるかぎり損なわないように。
ミュージシャンの方、そして来店くださるお客さま、みなさまの協力があって実現するスタイル。
この日が初めての機会でしたが、みなさまの協力にて実行することができました。

常々。
「生演奏はミュージシャンの演奏をお客さまが聴く」というよりも、「奏でるミュージシャンと愉しむお客さま、みんなで創り上げている」と思っておりました。
ウィズ・コロナでは、「安心への配慮」も含めて、より一層、その場に居合わせるみなさまで創っていくものになったと感じております。


前置きが長くなりました。

今回の生演奏は、急遽、堀さんのピアノソロ演奏となりました。
堀さんにとってもこの日は、緊急事態発令以降、聴く方と同じ空間に居合わせて奏でる初めての演奏とのこと。


ジャズのスタンダード曲に加えて、堀さんのオリジナル曲、アメリカで今起きている騒動に想いを馳せてのスティングの曲、など、それらの曲にあったエピソードの話とともに、楽器が奏でる生の音をずっと愉しみにされていた方のために、たっぷりと奏でてくださいました。

たっぷり演奏いただいたそのあともなお、アンコールの拍手にお応えくださって演奏されたのは「What A Wonderful World」。
この世の自然のうつくしさ、そして営まれる人間の何気ない日常、それがとてもすばらしく感じる・・・
なんでもないような幸せが、本当に幸せなこととして、多くの方とずっと営まれていきますように。 

本日も、来場くださいました皆さまにとともに、生演奏に触れるひとときをご一緒できて幸せでした♪
ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Singing To The Sky (堀 秀彰さんオリジナル曲)
2. Quarter Man (堀 秀彰さんオリジナル曲)
3. Moon River
4. Days Of Wine And Roses
5. Englishman in New York
6. Just One Of Those Things
7. East Of The Sun And West Of The Moon
8. On Green Dolphin Street 

<2nd Set>
1. Chan's Song
2. C Minor
3. But, She Likes Waltz (堀 秀彰さんオリジナル曲)
4. Don't Blame Me
5. This Is New
6. O Grande Amor
7. Love Letters
8. Summer Night

<Extra>
What A Wonderful World

【Live Report】 Tuesday Night Live 2020.3.10 丹精(tap)&堀 秀彰(pf.)

3月10日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、タップダンサーの 丹精 さんとピアニストの 堀 秀彰 さんです。

200310001

丹精さんのプロフィールには“タップダンサー”とあります。
ですが実際にライヴを聴いてみると、丹精さんは、タップ、クラップハンヅ、ボディー、そしてヴォイス、そのすべてを使ってサウンドを奏でる、言うなれば“タップミュージシャン”、といった感じでした。

もちろんタップダンスなので、華麗なステップ、そしてショーアップ要素たっぷりな魅せるダンスもあります。
ですが、それ以上に丹精さんが大切にされていること。
それは他のミュージシャンやお客さまに届く“”、“歌心”。
そう、丹精さんのステップは“歌っている”ように聴こえるのです。

それが、歌心溢れる堀さんのピアノとセッションすることで、より一層、音楽性が高いコラボレーションが次々と繰り広げられるのです。

丹精さんのタップに呼応して堀さんも鍵盤の上を踊るように指が躍動し、堀さんの繊細でありながら情熱的な音に呼応して丹精さんのいろんな音をセレクションして、とお互いがいい刺激を受け合うさまは、まさにセッション!

チック・コリアの「Windows」やブルース、スウィングといった、タップダンスと親和性の高そうな曲のみならず、メロディーのうつくしいモダンジャズ、そしてビバップの名曲もと、音楽性で愉しませる選曲を奏でることからも、丹精さんと堀さんのセッションが“音楽”であることが伝わるのではないでしょうか?

丹精さんはオリジナル曲も作曲していて、今回のライヴでも堀さんのデュオで演奏くださいました。

そんな丹精さんのオリジナル曲でライヴセットのラストに演奏された「Land Song」。
ヨーロッパのダンスとアフリカのリズムの融合で生まれたタップダンス。
ヨーロッパの音楽とアフリカのリズムの融合で生まれたジャズ。
このふたつに共通する“アフリカのリズム”、さらには風や動物の鳴き声など、タップダンスとジャズの根底にあるアフリカのサウンドを彷彿とさせる曲、そして演奏でした。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、タップダンスとピアノによる歌心溢れるジャズセッションのひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. How My Heart Sings
2. The Shell (堀 秀彰さんオリジナル曲)
3. Blues on the Corner
4. Blame It On My Youth
5. 返ってくる (丹精さんオリジナル曲)

<2nd Set>
1. Improvisation
2. Windows
3. Mr. Cedar Walton (堀 秀彰さんオリジナル曲)
4. 凛 (丹精さんオリジナル曲)
5. Land Song (丹精さんオリジナル曲)

<Extra>
Ornithology

1st-4:堀さんソロ
2nd-1:丹精さんソロ 

【Live Report】 Tuesday Night Live 2020.2.4 堀 秀彰(pf.)&増原 巖(b.)

2月4日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ピアニストの 堀 秀彰 さんとベーシストの 増原 巖さんです。

200204001

新カフェ・ユーでの堀さんと増原さんのデュオの演奏は、放つ音、特に余韻が豊かで、余韻の音に放つ音が重なっていくことでより豊かになります。そんな豊かな音とともに、今宵もモダンジャズの世界を堪能致しました。

堀さんはカフェ・ユーでのライヴではいつしか「テーマ」を決めてセットを組むことがスタンダードにしているのですが、今回のテーマは「オマージュ」でした。

オマージュ(英語: hommage)とは、芸術や文学において、尊敬する作家や作品に影響を受けて、似たような作品を創作する事を指す用語で、しばしば「リスペクト」(尊敬、敬意)と同義に用いられます。
特に英語では、単独でも「尊敬を込めた作品」の意味で使われます。(by wikipedia)

ライヴのオープニングは、モダンジャズの巨匠のひとり、Wayne Shorterの曲が2曲。
Oriental Folk Song」と「This Is for Albert」。
2曲目の「This Is for Albert」がWayne Shorterが尊敬する“Albert”に捧げた曲なのですが、その“Albert”とは誰なのか?
それは同じく、ジャズの巨匠のひとり“Bud Powell”なのだそうです。
しかしここで疑問が。
通称の“Bud Powell”にも、そして“Bud Powell”の本名“Earl Rudolph”のどこにも“Albert”がない・・・。
この謎は、Wayne Shorter自身がインタビューに答えている中にあるそうで、それは、Art Blakey & Jazz Messengersのリーダー Art BlakeyがBud Powellのことを「Bud Arbert」と呼んでいた、そこからなのだそうです。

そして3曲目は、堀さん作曲のWayne Shorterへのオマージュ曲、その名も「Wayne」を、4曲目はWayne Shorterから捧げられた方、ビバップの申し子と知られるBud Powell作のうつくしいバラード「I'll Keep Loving You」が演奏されました。

1stセットでは増原さんをリスペクトして、このデュオでは定番となりつつある、堀さんもピアニストとして参加していた増原さんリーダーのバンド“What's Up”時代の増原さん作の名曲、いつ聴いてもカッコイイ、飽きることなくまた聴きたくなる曲「That's Not Cool At All」も演奏されました。


オマージュセットは2ndセットでも組まれました。
まずは、ボサ・ノーヴァの父として知られるAntônio Carlos Jobimの数多ある曲の中から、クラシカルな調べのうつくしいバラード「Luiza」が演奏されました。
ちなみに、Jobimの娘さんの名前もLuizaなのですが、この曲とは関係がない、とのことです。

続けて演奏されたのが、Jobimへのオマージュを捧げたピアニスト Cedar Walton作の軽快なサンバ調の「Theme For Jobim」。
そのCedar Waltonが大好きな堀さんが作曲した、その名も「Mr. Cedar Walton」と続けて演奏されました。

堀さんが共演し、全国をツアーした伝説的なベーシスト “Harvie S”ことHarvie SwartzIf。
当時御年71歳だったことから、堀さんがHarvie Sさんに過去共演したことがあるプレイヤーを尋ねたところ、巨匠の名前が出るわ出るわ。
そんな “Harvie S”が、余命が短いと知って捧げる曲を書いたのがCharlie Hadenのための、その名も「Charlie Haden」。その曲に関する、本人直々のエピソードの紹介も交えて演奏くださいました。

そのHarvie Sのすばらしい演奏に直に触れた堀さんがオマージュとして作曲した「Harvie's Tune」の演奏で、今回のオマージュ物語は完結。


ジャズでは特にこのようなオマージュ作品が多く、それだけ、先人の曲に影響され、その影響を与えてくれた先人へのリスペクトを持っていること、そしてそのリスペクトをカタチにすることで、後世へと先人のモチーフが連綿と受け継がれていくのですね・・・。
このようなジャズ解説の視点は面白く、それが解説だけじゃなく、演奏でも愉しめたのは贅沢な構成でした。

アンコールでは、ジャズを知らない人でもどこかで聴いたことがあるようなスタンダード、Duke Ellington Orchestraの名曲のひとつ「It Don't Mean A Thing (if it ain't got that swing) 」でした。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、モダンジャズがぐっと身近に感じられるモダンジャズのひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Oriental Folk Song
2. This Is for Albert
3. Wayne (堀 秀彰さんオリジナル曲)
4. I'll Keep Loving You
5. That's Not Cool At All (増原 巖さんオリジナル曲) 
6. The Way You Look Tonight 

<2nd Set>
1. Luiza
2. Theme For Jobim
3. Mr. Cedar Walton (堀 秀彰さんオリジナル曲)
4. Charlie Haden
5. Harvie's Tune (堀 秀彰さんオリジナル曲)
6. I Were A Bell

<Extra>
It Don't Mean A Thing (if it ain't got that swing) 
ガレリアカフェ ユー憲章
今月の展示

カリグラフィーアート「一言一縁」展
縁文師雅子さんのカリグラフィーアート展です
記事検索
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード