U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユー)の日々を綴るblogです

土屋恵(アコーディオン)

【Live Report】 Tuesday Night Live 2021.7.27 「Ritmo de Sentiments」 見谷 聡一(perc.)&土屋 恵(acc.)

7月27日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を、緊急事態宣言モードにて開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、パーカッショニストの 見谷 聡一 さんとアコーディオニストの 土屋 恵さんのデュオユニット「Ritmo de Sentiments」です。

210727001

見谷さんはブラジルのサンバのリズムを創り出す打楽器“パンディロ”奏者を主として活動されているパーカッショニスト。
そして、土屋さんはタンゴを奏でるアコーディオニストとして活動されています。

そんなお二人がデュオを組む「Ritmo de Sentiments」。
そのユニット名は「南米の喜怒哀楽のリズム」といった意味合いが込められています。
ラテン音楽、というと陽気で賑やか、というイメージがありますが、サンバは悲しみとともにあるといわれ、タンゴは悲恋の歌に溢れるなど、じつに多様な感情があります。

また、一言で“ラテン”といっても、そのリズムは、演奏される場所によってさまざま。
そんな多彩なラテンのリズムを、日本人演奏者だからこそ可能となる「ひとときの生演奏でひとつ」にしてしまいます。

今回も、ジャズの巨匠が作曲したルンバに始まり、フランスのミュゼ、マンボといった、さまざまなラテンのリズム音楽が演奏されました。

典型的なタンゴの名曲「El Dia Que Me Quieras」では、アコーディオンとパンディロが踊りあい、
ブラジルのショーロの名曲「Santa Morena」では、本場ブラジルでは聞くことができないアコーディオンの音色で紡がれる。

また、タンゴの独特なリズムで創られた「Escualo」、
ブラジル人ピアニストの独特な展開の曲「Yatra-Ta」など
互いの革新的なミュージシャンの曲も演奏するなど、伝統のみならず革新までも愉しませてくださいました。

Maria Cervantes」では、見谷さんの指導によって来場くださった方みなさんが手拍子にて“クラーベ”のリズムを刻んでの共演。まさにミュージシャンとお客さまとのセッションとなりました。

互いのフィールドを共有しあい、そしてさらにラテン全体にも挑みながら、
熱く情熱的な演奏のひとときでした。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、さまざまな南米音楽のリズムを愉しむひとときをご一緒できて嬉しいです♪ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<Set>
1. Armando's Rhumba
2. Made In France
3. Mambo Influenciado
4. Desierto (土屋 恵さんオリジナル曲)
5. Libertango
6. El Dia Que Me Quieras
7. Maria Cervantes
8. Escualo
9. Tango M (土屋 恵さんオリジナル曲)
10. Santa Morena
11. Yatra-Ta
 
<Extra>
Tangaria

【Live Report】 Tuesday Night Live 2019.2.19 「HMsounds」 飯尾 久香(vc.)&土屋 恵(acc.)/「ショロー☆くらぶ」 見谷 聡一(uke)&ジェット ウォン(vo.)

2月19日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、チェリストの 飯尾 久香さんとアコーディオニストの 土屋 恵さんによるデュオユニット「HMsounds」と、ウクレレの見谷 聡一さんとパンディロ叩き語りのジェット ウォンこと黄 啓傑さんのデュオユニット「ショロー☆くらぶ」の2ユニットです。

190219005

写真はオープニングで演奏順番を決める公開ジャンケンの模様。
1st、2nd各セット、HMsoundsとショロー☆くらぶそれぞれが数曲ずつ演奏を行う形式で行いました。
ジャンケンの結果、後攻をショロー☆くらぶが取りました。

今回のライヴ企画の見谷さんが名付けたタイトルが「遅れてきたヴァレンタイン」。
先攻のHMsoundsは各セットに「愛」にちなんだ曲を選んで演奏くださいました。

190219002

1stセットではディズニーの「シンデレラ」や「ライオンキング」の曲をセレクト。
飯尾さんも土屋さんもクラシック音楽の素地をお持ちのミュージシャンなのですが、ディズニーの曲は実にクラシック音楽のように忠実さがあるのだそうです。
2ndセットでは、女性の方からの情熱的な愛のメッセージを歌う「愛の讃歌」。

またアコーディオンとチェロによるタンゴの名曲や名曲のタンゴアレンジも演奏。
重みを持ちつつも、うっとりと魅了するやわらかさ、それでいて聴く人を引き込む情熱性。
格調を感じるような音色と演奏でした。


インストゥルメンタルなHMsoundsに対して、ショロー☆くらぶは「うた」のパフォーマンス。

190219003

男性ふたりのユニットですが、女性目線で恋や愛を歌ったり、踏み出すことができなかった男性の恋心だったり。
親しみがあって、和むうたの世界観。
すごく自然体で等身大な歌の世界は、聴く人に親近感と共感を呼びます。


そんな二極性にも似たHMsoundsとショロー☆くらぶですが、最後は4人でカルテット演奏。
1曲目は南米の名曲「コーヒールンバ」。日本では恋を忘れた男が恋心を取り戻す内容になっている歌ですが、この曲はインストゥルメンタルで。
続いて、ジェット ウォンの名曲「すべてを失ってもいい」。
曲名を伝えた瞬間に、ファンの方から驚きにも似た声があがったこちらの曲。
チェロによるメロディーラインの演奏がすごく心にグッと来て、この曲のすばらしさをさらに教えてくれました。

アンコールの声に応えて演奏くださいましたのは、見谷さん作詞作曲の「うたうたいこ」。

190219004

「サンバのリズムとかルンバなんてあるけど、グルーヴは同じ、みんなで叩こう」
の歌詞のように、クラシック、タンゴ、歌謡曲、ジャズ、なんてジャンル分けも必要がないように、「音楽」という表現で演奏者もお客さまも一緒になって愉しむ♪
音楽の生演奏の愉しさそのものの演奏でした♪

本日も、来場くださいました皆さまにとともに、音楽の「遅れてきたヴァレンタイン」プレゼントをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪  

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
HMsounds
1. A Dream Is A Wish Your Heart Makes
2. Bibbidi-Bobbidi-Boo 
3. Can You Feel The Love Tonight
4. My Favorite Things
5. La Cumparsita

ショロー☆くらぶ
1. 春風のいたずら
2. ただなすすべもなくぼくは
3. My Way 
 
<2nd Set>
HMsounds
1. Libertango
2. 草の想い
3. L'Hymne à l'amour
4. New Moon (土屋 恵さんオリジナル曲)

ショロー☆くらぶ
1. 見上げてごらん夜の星を
2. 君に一方通行
3. 泣かないで神戸
4. パンディロクラブへようこそ

HMsounds + ショロー☆くらぶ
1. Moliendo Café
2. すべてを失ってもいい
<Extra>
うたうたいこ
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード