U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユー)の日々を綴るblogです

原田芳宏(スティールパン)

【Live Report】 Afternoon Tea Live 2021.4.25 「PAN CAKE」 原田 芳宏(pan.)&小畑 和彦(gt.)&大塚 雄一(acc.)

4月25日は、休日の午後に、スイーツとドリンクとともに、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏をお楽しみいただく「アフタヌーンティーライヴ」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、スティールパン奏者の原田 芳宏さん、ギタリストの 小畑 和彦さん とアコーディオン奏者の大塚 雄一さんによりますトリオ・ユニット「PAN CAKE」です。

210425001

ドラム缶の底の部分を輪切りにして、凹ませて音階を付けている。
そんな素材と加工で生まれた楽器から放たれる音色は、天使の琴とも言われるほど得も言われぬ音色が響きます。
そんなトリニダード・トバゴで生まれたアコースティック楽器“スティールパン”の音色を存分に活かしたオリジナルサウンドを生み続けるバンドが「PAN CAKE」。

スティールパンを中心に、ミュゼの魅力溢れるアコーディオン、そしてブラジルギタリスト。
結成から25年を超える活動を通じて、互いの楽器の音色、原田さん、大塚さん、小畑さんが奏でる音色を知り尽くしたからこそ生まれるそれぞれのPAN CAKEのためのオリジナル曲は、尽きることなく唯一無二の世界を創り出し続けます。


店内に居ながらにして、散歩をしているような気分に、フランスの街路を歩いているような気分に、時間さえもさかのぼって黄金郷に連れて行ってくれたり、
移動することが制限されたとしても、「PAN CAKE」の音楽は、私たちに自由を与えてくれます。


今回は、多彩で知られる小畑さんのイラスト作品の中での生演奏。
小畑さんが描いた「青いソニック号」を背景に、小畑さんが「PAN CAKE」のために書いた「青いソニック」の演奏を聴く。
青いソニック号に乗って旅をしているような、贅沢なひとときを体験できました。


アンコールとして演奏されたのは「復興への道」。
その音楽は、聴いているだけで心ウキウキしてくる調べ。
こんな調べが聞こえる道は、いつまでも、どこまでも歩き続けたい、と感じます。
歩いている道すがらも、愉しく、希望に満ちている道。
「PAN CAKE」とともに歩んでいきたいです♪

本日も、来場くださいました皆さまにとともに、地球上で唯一無二の楽園サウンドのひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪   

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. ハチドリ
2. Vou Nessa
3. Dragon
4. 2匹のくじら
5. Amigo!
 
<2nd Set>
1. Open The Door
2. Waltz de PAN CAKE
3. El Dorado
4. Home Alone
5. 青いソニック

<Extra>
復興への道


※この日は「パンケーキを食べながらPAN CAKEを聴こう」企画でした。
今回は「食事系パンケーキ」をご用意。
お客さまからいただいたおいしく熟したイチゴも添えさせていただきました♪

210425002

【Live Report】 Afternoon Tea Live 2021.2.11 「PAN CAKE」 原田 芳宏(pan.)&小畑 和彦(gt.)&大塚 雄一(acc.)

2月11日は、祝日の午後に、スイーツとドリンクとともに、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏をお楽しみいただく「アフタヌーンティーライヴ」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、スティールパン奏者の原田 芳宏さん、ギタリストの 小畑 和彦さん とアコーディオン奏者の大塚 雄一さんによりますトリオ・ユニット「PAN CAKE」です。

210211001

ドラム缶の底の部分を輪切りにして、凹ませて音階を付けている。
そんな素材と加工で生まれた楽器から放たれる音色は、天使の琴とも言われるほど得も言われぬ音色が響きます。
そんなトリニダード・トバゴで生まれたアコースティック楽器“スティールパン”の音色を存分に活かしたオリジナルサウンドを生み続けるバンドが「PAN CAKE」です。

今回の生演奏では、2020年にリリースされたニューアルバムからたくさんの曲が演奏されました。
そのいずれもがスティールパン、ミュゼの魅力溢れるアコーディオン、ブラジルギタリスト、それぞれの魅力を最大限に活かした「PAN CAKE」オリジナル曲ばかり。

本日の2ndセットの1曲目は、次なるアルバムのための曲で、演奏は初公開。

結成から25年、互いの楽器の音色、原田さん、大塚さん、小畑さんが奏でる音色を知り尽くしたからこそ生まれるそれぞれのPAN CAKEのためのオリジナル曲は、尽きることなく唯一無二の世界を創り出し続けます。

演奏された曲はいずれも、窓の外の陽光と相まって、極上のアコースティックな音色とともに、まだ見ぬ世界のいろんな場所を旅したような夢心地に誘ってくれました。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、地球上で唯一無二の楽園サウンドのひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪   

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Dragon
2. Barquinho de Folha
3. Waltz de PAN CAKE
4. Vou Nessa
5. 青いソニック
 
<2nd Set>
1. Gipsy Heart
2. Amigo!
3. ハチドリ
4. Like a Ballad
5. El Dorado

<Extra>
Home Alone

【Live Report】 Tuesday Night Live 2019.12.24 「PAN CAKE」 原田 芳宏(pan.)&小畑 和彦(gt.)&大塚 雄一(acc.)

12月24日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、スティールパン奏者の原田 芳宏さん、ギタリストの 小畑 和彦さん とアコーディオン奏者の大塚 雄一さんによりますトリオ・ユニット「PAN CAKE」です。

191224001

トリニダード・トバゴで生まれたアコースティック楽器“スティールパン”。
「PAN CAKE」ライヴでは恒例となっている、スティールパン紹介。

191224002

ドラム缶の底の部分を輪切りにして、凹ませて音階を付けている。
そんな素材と加工で生まれた楽器から放たれる音色は、得も言われぬ音色。
そのスティールパンの音色を存分に活かしたオリジナルサウンドを生み続けるバンドが「PAN CAKE」です。

新しいカフェ・ユーになってからは“初”となった「PAN CAKE」のライヴ。
想像していた以上に、音の広がりがあって、スティールパン、アコーディオン、ギターの音色の響き合い、融け合いがステキでした。

そんな楽園のような響きで演奏された曲は、1曲を除いて、その響きを最大限に活かした「PAN CAKE」オリジナル曲ばかり。結成から25年、互いの楽器の音色、原田さん、大塚さん、小畑さんが奏でる音色を知り尽くしたからこそ生まれるそれぞれのPAN CAKEのためのオリジナル曲は、唯一無二の世界を創り出していきます。

今回のライヴでは、現在製作中のニューアルバムのための新曲がたくさん演奏されました。
中には仮の題のものだったり、ライヴでの演奏は“初”のものだったり、そして、演奏のあとでその場の雰囲気でタイトルが決まったものもありました。
結成して25年経ってもなお、瑞々しい新曲をいくつも生み出し続ける「PAN CAKE」。そのサウンドクリエイションとサウンドパフォーマンスがますます愉しみです♪


2ndセットの1曲目は、当日はクリスマスイヴということで、「きよしこの夜」。小畑さんの呼びかけで、みんなで合唱しました。
2ndセットは「PAN CAKE」のオリジナル曲の中でもスタンダードとなった曲がたくさん演奏され、来場くださったみなさんでコーラスしたり、手拍子したりと、来場くださった方も一緒になって「PAN CAKE」サウンドを創りました。

 

本日も、来場くださいました皆さまにとともに、地球上で唯一無二の楽園サウンドのひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪   

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. エルドラド
2. Barquinho de Folha
3. ハチドリ
4. ロシアンルーレット
5. 空へ(仮)
6. 青いソニック
 
<2nd Set>
1. Silent Night
2. PAN CAKEのクリスマス(仮)
3. Amigo!
4. 魅惑のJava
5. Dragon
6. Copen 

<Extra>
Home Alone

【Live Report】 みんな de ライヴ 2018.6.3 「PAN CAKE」 原田 芳宏( pan. )&小畑 和彦( gt. ) & 大塚 雄一( acc. )

6月3日は、週末の午後に、スイーツとドリンクとともに、第一線で活躍されているミュージシャンによりますライヴをお楽しみいただくアフタヌーンティーライヴ「 de 」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、スティールパン奏者の 原田 芳宏さん、ギタリストの 小畑 和彦さん、アコーディオニストの 大塚 雄一さんによりますトリオユニット「PAN CAKE」です。

180603001

「PAN CAKE」は1994年に結成されて以降、ずっと継続して活動を続けているトリオ・ユニット。
トリニダード・トバゴで生まれたアコースティック楽器、明るい音色と響きで一瞬にしてカリブの楽園の雰囲気を生み出すスティールパン。
時にミュゼ、時にアルゼンチンタンゴのような、明るさと哀愁を醸し出すアコーディオン。
ジャズ、フュージョン、ブラジル音楽など多彩なリズムとフレーズを紡ぎ出すギター。

原田さんと大塚さんと小畑さんそれぞれが「PAN CAKE」のために作曲をしたオリジナル曲を、トリオで演奏するそのサウンドは、まさに世界の融合♪

曲中にメロディーと伴奏を変幻に担っていきながら紡がれていく「PAN CAKE」サウンド。
そのひとつひとつは、とてもオリジナリティ溢れる旋律。
それでいて、思わず一緒に口ずさんでしまうほどに、親しみに溢れた旋律。

最近のライヴでは新しいアルバムからの曲に加えて、昔にリリースした曲もセットリストに加えているそうです。
今回は、1996年リリースの2ndアルバムから「九段下」や1998年リリースの3rdアルバムから「Baby Panda」がセレクト。
言われなければわからないほど、今聴いても新鮮さを失わないオリジナル曲でした♪


「PAN CAKE」のライヴでは、毎回「パンケーキを食べてPAN CAKEを聴こう♪」として開催しています。
今回は沖縄のパンケーキ(沖縄では“ちんぴん”と呼ばれます)にフルーツソースを添えたプレートでした。

180603002


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、極上のアコースティック音楽のひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪  

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Tricycle
2. 車窓
3. ロシアンルーレット
4. Baby Panda
5. SUNDALAND
6. Sarara
 
<2nd Set>
1. 天色の空
2. 魅惑のJava
3. 九段下(Samba para J.P.)
4. Lullaby
5. Copen

<Extra> 
ARIAPITA

【Live Report】 みんな de ライヴ 2017.12.24 「PAN CAKE」 原田 芳宏( pan. )&小畑 和彦( gt. ) & 大塚 雄一( acc. )

12月24日は、週末の午後に、スイーツとドリンクとともに、第一線で活躍されているミュージシャンによりますライヴをお楽しみいただくアフタヌーンティーライヴ「 de 」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、スティールパン奏者の 原田 芳宏さん、ギタリストの 小畑 和彦さん、アコーディオニストの 大塚 雄一さんによりますトリオユニット「PAN CAKE」です。

171224001

「PAN CAKE」は1994年に結成、そして1995年に1stアルバムをリリース。
トリニダード・トバゴで生まれた楽器、スティールパン。
明るい音色と響きは一瞬にしてカリブの楽園の雰囲気を生み出します。
そこに、時にミュゼ、時にアルゼンチンタンゴのような、明るさと哀愁を醸し出すアコーディオン。
さらに、ジャズ、フュージョン、ブラジル音楽など多彩なリズムとフレーズを紡ぎ出すギター。
そんな原田さんと大塚さんと小畑さんそれぞれが「PAN CAKE」のためのオリジナル曲を作曲し、トリオで演奏するその音楽は、いろんな融合の可能性と色彩を放ちます。

2017年で22年目を迎えるトリオユニットの最新アルバム「SPRING」が6月に発売されました。
今回のライヴでは、「SPRING」に収録された曲を中心に、演奏くださいました。

オリジナリティ溢れる旋律。
なのに、思わず一緒に口ずさんでしまうほどに、馴染みのある旋律。

グルーヴ溢れるナンバーもあれば、ゆったりとしたバラードもあって。
極上のアコースティックサウンドで満たされる時間。

そんな中でも。
本日のセットリストに組まれた曲に、小笠原民謡の「レモン林」がありました。
この曲は、歌詞が第2次世界大戦中に付けられたそうで、歌詞の内容は「戦争が終わって平和な時が来たら新婚旅行に行きましょうねと誓い合う男女」となっています。
2006年のアルバムに収録した当時は、「いい曲だなぁ」という純粋な氣持ちで取り上げた原田さん。
今の情勢において、「音楽ができること」としてこの曲を演奏しています。
本日は、大塚さんの弾き語りで演奏くださいました。

「PAN CAKE」のように、世界のさまざまな楽器とリズムがひとつになることで極上の音楽が生まれるような世の中になりますように♪


「PAN CAKE」のライヴでは、毎回「パンケーキを食べてPAN CAKEを聴こう♪」として開催しています。
今回はプレーンとカカオのパンケーキにアップルプディングを添えたプレートでした。

171224002

来場くださいました皆さまにとともに、極上のアコースティック音楽のひとときをシェアできましたことに感謝致します。

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Up The Road
2. Amigo!
3. Overseas Friendship
4. ロシアンルーレット
5. Lullaby
6. 天色の空
 
<2nd Set>
1. SUNDALAND
2. Sarara
3. Tricycle
4. レモン林
5. Copen

<Extra> 
Home Alone

2nd-4:vocal by 大塚 雄一さん 
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード