U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユー)の日々を綴るblogです

佐藤直子(パーカッション)

【Live Report】 Tuesday Afternoon Live 2021.2.23 ヤマカミヒトミ( a-sax. ) & 佐藤 直子( perc )

2月23日は緊急事態宣言に伴いまして、通常は火曜日の夜に行いますリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメントを日曜日のお昼間に変えて「Tuesday Afternoon Live」として開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、アルトサックス奏者の ヤマカミヒトミ さんとパーカッショニストの 佐藤 直子さんです。

210223001

アルトサックス、木製フルートプレイヤー
という域に限らず、ピアノ、そしてギター弾き語りと、表現の幅を持つヤマカミヒトミさん。
そして、ヤマカミヒトミさんと“感性”が相通じ合うパーカッショニスト 佐藤 直子さん。

お二人での生演奏は、ヤマカミヒトミさんのアルトサックスそして木製フルートでのソロ演奏パートから始まります。
サックス、そしてフルート。
ヤマカミヒトミさんが奏でると、単音楽器であるはずなのに、ふくよかな音色で響きます。


そしてデュオ演奏パートから、佐藤 直子さんのパーカッションが加わります。
今回はシロフォンを中心にハイハットやフットペダルもセットしたドラムセット。
今回初めて“音階のある打楽器”セットということで、「Chorinho Pra Ele」をデュオで演奏。
今までとは違い、主旋律を佐藤 直子さんが担って、伴奏をヤマカミヒトミさんが担うという新たなデュオ演奏も愉しめました。


2ndセットでは、今回はヤマカミヒトミさんと佐藤 直子さんとの“ウォーミングアップ”トークから始まりました。
飽きることなく、尽きることなく、たくさん語り合うことができるというお二人。
即興演奏についてのトークから、即興演奏から始まり、曲の変わり目に即興を織り交ぜたメドレー演奏が展開されました。
“曲”として演奏に加えて、“感性”でその場で創り出していく“即興”を織り交ぜたメドレー演奏。
その瞬間に生まれ、二度と生まれない演奏。
まさに生演奏ならではの味わい。


2ndセット後半は、ヤマカミヒトミさんがギターに持ち替えて、歌とコーラスも交えた演奏。
今回は新たなブラジル音楽「Menina Flor」がオンリスト。佐藤 直子さんもブラジルの打楽器「パンディロ」でブラジルの雰囲気をさらに演出。
ギターの音色とヤマカミヒトミさんの歌声、佐藤 直子さんのコーラスが溶けてひとつになる“音のカクテル”を3種類、愉しむことができました。

使用する楽器の枠、“ジャンル”という枠に収めることができない二人の感性、“演奏”という会話。
“鳴らす”、“聴かせる”ではなく、“在る”というナチュラルなスタイルの音に、今回も包み込まれたひととき。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、繊細でうつくしい感性の響きに包まれるひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. 小春 (フルートソロ)
2. Rosa (フルートソロ)
3. めぐり逢い (アルトサックスソロ)
4. Vaidoso (アルトサックスソロ)
5. Chorinho Pra Ele (アルトサックス&パーカッション)
6. 空のはじまり (ピアノ&パーカッション)
7. Green Heart (ピアノ&パーカッション)
 
<2nd Set>
1. Medley
  1. Improvisation (ピアノ&パーカッション)
2. Letter From Home (ピアノ&パーカッション)
  3. Nuvole Bianche (ピアノ&パーカッション)
  4. Palhaço (ピアノ&パーカッション) 
2. Lugar Commun (ギター弾き語り&パーカッション)
3. Honey Bee (ギター弾き語り&パーカッション)
4. Menina Flor (ギター弾き語り&パーカッション)

<Extra>
Fico Assim Sem Você (ギター弾き語り&パーカッション)

2nd-2,4:コーラス by 佐藤 直子さん
1st-1,6,7:ヤマカミヒトミさんオリジナル曲 

【Live Report】 Tuesday Night Live 2020.11.03 ヤマカミヒトミ( a-sax. ) & 佐藤 直子( perc )

11月3日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、アルトサックス奏者の ヤマカミヒトミ さんとパーカッショニストの 佐藤 直子さんです。

201103001

アルトサックス、木製フルートプレイヤー
という域に限らず、ピアノ、そしてギター弾き語りと、表現の幅を持つヤマカミヒトミさん。
そして、ヤマカミヒトミさんと“感性”が相通じ合うパーカッショニスト 佐藤 直子さん。

お二人での生演奏は、ヤマカミヒトミさんのソロ演奏パートから始まります。
ソロ演奏では、ヤマカミヒトミさんはアルトサックスそして木製フルートを使います。
「単音楽器」であるはずのサックス、そしてフルート。
しかしながら、ヤマカミヒトミさんの奏でる単音楽器はふくよかな音色、豊かな表現、そして他の楽器の音が聴こえそうな“間”が、しっかりと豊かに響きます。


そして佐藤 直子さんとのデュオ演奏パートでは、佐藤 直子さんのフットペダルもセットして、民族楽器で組まれたナチュラルな音色のドラムセットが音色に加わります。
1stセットのデュオ演奏は、ヤマカミヒトミさんのピアノとのデュオ。
ヤマカミヒトミさんのまるでドラマや映画のような世界を生み出すピアノに、情感を表すエフェクトとして彩を添える佐藤 直子さんのパーカッションスタイル、そしてストーリー展開を構築するドラムスタイルでの音が重なります。


2ndセットでは、今回はヤマカミヒトミさんと佐藤 直子さんとの“ウォーミングアップ”トークから始まりました。
お二人だと、飽きることなく、尽きることなく、たくさん語り合うことができる。
そんな関係性が伝わるような、とても自然な時間。
トークの中では、世界的ロングバケーションの“おかげで”の部分にも話が及びました。


ウォーミングアップを経てからの2ndセットでは、“曲”として演奏に加えて、“感性”でその場で創り出していく“即興”を織り交ぜたメドレー演奏から始まります。
ひとつひとつの曲の中で、
曲と曲をつなぐ中で、
目には見えないけど身体では感じる“ナニカ”を音というカタチに表しながら、創られていくふたりの世界。
それは、
同じ場所で時を過ごす“お客さま”の発するナニカをも受け取りながら創られていく
分かり合える二人ならではの、“今この瞬間”を大切にした音の世界。
まさに“生演奏”ならではの味わいです。

メドレー中に、ヤマカミヒトミさんがソロで演奏されたフレーズ、佐藤 直子さんがソロで演奏されたフレーズに関してのエピソードはMCの中で紹介がありました。
これもまた、その場を共有された方だからこそ、愉しめること♪


2ndセット後半は、ヤマカミヒトミさんがギターに持ち替えて、歌とコーラスも交えた演奏。
佐藤 直子さんが創りだす“波の音”が実に心地いい「Lugar Commun」は、まるでリオの海岸にいるかのような心地よい雰囲気に。
ギターの音色とヤマカミヒトミさんの歌声、佐藤 直子さんのコーラスが溶けてひとつになった“音のカクテル”を3種類、愉しむことができました。

繊細な音色と響き、そして表現力。
使用する楽器の枠、“ジャンル”という枠に収めることができない二人の感性、“演奏”という会話。
“鳴らす”、“聴かせる”ではなく、“在る”というナチュラルなスタイルの音に、今回も惹き込まれました。


愉しい時間が名残惜しく、少しでも長く・・・
というみなさんの願いが拍手となって
もう1曲、としてヤマカミヒトミさんが選ばれたのは・・・
「厳しい時代よ もう来るな」、とアメリカを初め、世界でいろんなミュージシャンが願うように歌うアメリカの古い古い歌、でした。

本日も、来場くださいました皆さまにとともに、繊細でうつくしい感性の響きに癒されるひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. 小春 (フルートソロ)
2. Rosa (フルートソロ)
3. めぐり逢い (アルトサックスソロ)
4. Vaidoso (アルトサックスソロ)
5. 空のはじまり (ピアノ&パーカッション)
6. The Wedding (ピアノ&パーカッション)
 
<2nd Set>
1. Medley
  1. Solo Work (ピアノ)
2. Letter From Home (ピアノ&パーカッション)
  3. Improvisation (フルート&パーカッション)
  4. Solo Work (パーカッション)
5. John (ピアノ&パーカッション)
6. Palhaço (ピアノ&パーカッション) 
2. Honey Bee (ギター弾き語り&パーカッション)
3. Lugar Commun (ギター弾き語り&パーカッション)
4. Fico Assim Sem Você (ギター弾き語り&パーカッション)

<Extra>
Hard Times Come Again No More (ピアノ&パーカッション)

2nd-2,4:コーラス by 佐藤 直子さん
1st-1,5:ヤマカミヒトミさんオリジナル曲 

【Live Report】 Tuesday Night Live 2020.07.07 ヤマカミヒトミ( a-sax. ) & 佐藤 直子( perc )

7月7日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、アルトサックス奏者の ヤマカミヒトミ さんとパーカッショニストの 佐藤 直子さんです。

200707001

アルトサックス、木製フルートプレイヤー
という域に限らず、ピアノ、そしてギター弾き語りと、表現の幅を持つヤマカミヒトミさん。

ヤマカミヒトミさんのアルトサックスそして木製フルートの演奏は、ソロで演奏されました。
「単音楽器」であるはずのサックス、そしてフルート。
しかしながら、ヤマカミヒトミさんの奏でる単音楽器はふくよかな音色、豊かな表現、そして他の楽器の音が聴こえそうな“間”が、しっかりと豊かに響きます。


そして佐藤 直子さんとのデュオ演奏パートでは、佐藤 直子さんのフットペダルもセットして、ナチュラルな音色のドラムセットが音色に加わります。

ヤマカミヒトミさんのピアノ演奏は、まるでドラマや映画のような世界を生み出し、佐藤 直子さんはそこに情感を表すようなエフェクトを音として加えるパーカッションスタイル。
時には“音”として、時には“曲”としてと、ふたつの表現を使い分けて、生演奏が繰り広げられます。

「曲を演奏する」というよりも、目には見えないけど身体では感じる“ナニカ”を音というカタチにして伝える。
その世界観は、今回のライヴの2ndステージのメドレーの冒頭“即興演奏”に表れるように、回を重ねる毎に“分かり合える二人ならではの音色の世界”がカタチとして表現されます。


佐藤 直子さんが“波”という状況を想起させた「Lugar Commun」では、まるでリオの海岸にいるかのような心地よい雰囲気でお店が満たされ、本編が幕を引いたあとにアンコールとして演奏された、ゆったりしたサンバ「Emoldurada」で、本当に心地よくココロもカラダも解きほぐされました。

繊細な音色と響き、そして表現力。
使用する楽器の枠、“ジャンル”という枠に収めることができない二人の感性、“演奏”という会話。
“鳴らす”、“聴かせる”ではなく、“在る”というナチュラルなスタイルの音に、今回も惹き込まれました。

 
本日も、来場くださいました皆さまにとともに、繊細でうつくしい感性の響きに癒されるひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. 小春 (フルートソロ)
2. Rosa (フルートソロ)
3. めぐり逢い (アルトサックスソロ)
4. Vaidoso (アルトサックスソロ)
5. 空のはじまり (ピアノ&パーカッション)
6. Green Heart (ピアノ&パーカッション)
 
<2nd Set>
1. Medley
  1. Improvisation (フルート&パーカッション)
2. Letter From Home (ピアノ&パーカッション)
3. John (ピアノ&パーカッション)
4. Palhaço (ピアノ&パーカッション) 
2. Honey Bee (ギター弾き語り&パーカッション)
3. Lugar Commun (ギター弾き語り&パーカッション)

<Extra>
Emoldurada (ギター弾き語り&パーカッション)

2nd-2:コーラス by 佐藤 直子さん
1st-1,5,6:ヤマカミヒトミさんオリジナル曲 

【Live Report】 Tuesday Night Live 2020.02.11 ヤマカミヒトミ( a-sax. ) & 佐藤 直子( perc )

2月11日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、アルトサックス奏者の ヤマカミヒトミ さんとパーカッショニストの 佐藤 直子さんです。

200211001

カフェ・ユーでのヤマカミヒトミさんと佐藤 直子さんとのライヴでは、ヤマカミヒトミさんのソロワークパート、そして佐藤 直子さんとのデュオ演奏パートで構成されます。

ヤマカミヒトミさんのソロワークパートは、アルトサックス、そして木製フルートを、曲想に合わせて持ち替えて演奏されます。
「単音楽器ひとつでどこまでできるか?」
という試みで始められたソロワーク。
ヤマカミヒトミさんのふくよかな音色、豊かな表現、そして他の楽器の音が聴こえそうな“間”が、カフェ・ユーの木質空間と親和してさらに豊かに響きます。

デュオワークでは、前回と同じく佐藤 直子さんはフットペダルもセットして、ナチュラルな音色のドラムセットで参加。

ヤマカミヒトミさんの音に寄り添うようなパーカッションスタイル。
そして、バスドラムのビートでグルーヴを生み出すドラムスタイル。
時には“音”として、時には“曲”としてと、ふたつの表現を使い分けてライヴが進行していきました。

ヤマカミヒトミさんのメロディー、そしてそこに加わる佐藤直子さんのパーカッションのデュオの音は、「奏でる」という意識的な音でなく、「そこに在る」ようにすごく自然体な存在感。
「曲を演奏する」というよりも、目には見えないけど身体では感じる“ナニカ”を音というカタチにして伝える感じ。
その世界観は、今回のライヴの2ndステージのメドレーに表れたように、ライヴを重ねる毎に“自由度”が高まっています。


ヤマカミヒトミさんと佐藤 直子さんのライヴでは、ヤマカミヒトミさんのギター弾き語りの選曲もどんどん増えています。
ヤマカミヒトミさんがギターを弾き始めたきっかけは、ブラジルを訪れた経験。
ヤマカミヒトミさんはブラジルを訪れるまでは「ひとつの楽器を追及すること」を意識していましたが、ブラジルに行ったときに友達になったヴァイオリニストが、さほどうまくないトランペットもやるのに疑問を持って質問をしたところ、
「(トランペットが)好きだから」
と答えが返ってきて、そこで「はっ!」となったそうです。
「好きだから」というシンプルな想い、その「大事なことを忘れていた」ことに。

佐藤 直子さんが“波”という状況を想起させた「Lugar Commun」で本編が幕を引いたあと、
アンコールは、ライヴ当日にこの世を去ったPat Metheny Groupのピアニスト Lyle Maysに哀悼を表しての選曲でした。

繊細な音色と響き、そして表現力。
使用する楽器の枠、“ジャンル”という枠に収めることができない二人の感性、“演奏”というトーク。 
ふたりだからこそ理解し合え、音として表現できる世界。
でもそれが、聴いている方にもきちんと伝わる“音”。
 
本日も、来場くださいました皆さまにとともに、繊細でうつくしい感性の響きを愉しむひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. 小春 (フルートソロ)
2. Rosa (フルートソロ)
3. Vaidoso (アルトサックスソロ)
4. めぐり逢い (アルトサックスソロ)
5. Chorinho Pra Ele (アルトサックス&パーカッション)
6. 空のはじまり (ピアノ&パーカッション)
7. Green Heart (ピアノ&パーカッション)
 
<2nd Set>
1. Medley
  1. 風 (フルート&パーカッション)
2. 雪 (ピアノ&パーカッション)
3. Painbow After Rain (ピアノ&パーカッション)
4. John (ピアノ&パーカッション)
5. Palhaço (ピアノ&パーカッション) 
2. Honey Bee (ギター弾き語り&パーカッション)
3. Lugar Commun (ギター弾き語り&パーカッション)

<Extra>
Letter From Home (ピアノ&パーカッション)

2nd-2:コーラス by 佐藤 直子さん
1st-1,6,7,2nd-1-3:ヤマカミヒトミさんオリジナル曲 

【Live Report】 Tuesday Night Live 2019.10.1 ヤマカミヒトミ( a-sax. ) & 佐藤 直子( perc )

10月1日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、アルトサックス奏者の ヤマカミヒトミ さんとパーカッショニストの 佐藤 直子さんです。

191001001

新店舗となったカフェ・ユーでは初となるヤマカミヒトミさんと佐藤 直子さんのライヴ。
以前のお店と変わりなく、カフェ・ユーでの佐藤 直子さんとのライヴでは、ヤマカミヒトミさんのソロワークパート、そして佐藤 直子さんとのデュオ演奏パートで構成されます。

ヤマカミヒトミさんのソロワークパートは、アルトサックス、そして木製フルートを、曲想に合わせて持ち替えて演奏されます。
「単音楽器ひとつでどこまでできるか?」
という試みで始められたソロワーク。
ヤマカミヒトミさんのふくよかな音色が、新しい木質空間の中でも豊かに響きました。

デュオワークでは、今回は佐藤 直子さんはフットペダルもセットして、ナチュラルな音色のドラムセットで参加。
フットペダルで叩いていたのはなんと!!!

今までのパーカッションスタイルに加えて、バスドラムでリズムでグルーヴする様相も加わり、ヤマカミヒトミさんと佐藤 直子さんのデュオ演奏に、「曲を演奏する」スタイルが加わりました。

というのも不思議な感想ですが、ヤマカミヒトミさんのメロディー、そしてそこに加わる佐藤直子さんのパーカッションのデュオの音は、「奏でる」という意識的な音でなく、「そこに在る」ようにすごく自然体な存在感。
「曲を演奏する」というよりも、目には見えないけど身体では感じる“ナニカ”を音というカタチにして伝える感じ。

そこに佐藤 直子さんの“ドラムスタイル”による「音楽を演奏する」スタイルも導入された、そんなイメージです。

またこの度、カフェ・ユーのイメージング・ハーブティにヤマカミヒトミさんのオリジナル曲から着想を得たハーブティを加えました。そのハーブティの名は「空のはじまり」。
ハーブティの説明をさせていただいて、実際の演奏とハーブティの変わりゆくさまのコラボレーションを行いました。

191001002

繊細な音色と響きを大切にするヤマカミヒトミさんと佐藤直子さんの表現力。
それは二人が繊細な感性を持ち、大切にしているから生まれるモノ、なのかもしれません。

表現力、そして選曲。
使用する楽器の枠、“ジャンル”という枠に収めることができない二人の感性、“演奏”というトーク。
本来の「音楽の在り方」のようなスタイルです。 

 
本日も、来場くださいました皆さまにとともに、繊細でうつくしい感性の響きを愉しむひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. 小春 (フルートソロ)
2. Rosa (フルートソロ)
3. Carinhoso (アルトサックスソロ) 
4. New Green Days (アルトサックス&パーカッション)
5. Porto (フルート&パーカッション)
6. Chorinho Pra Ele (アルトサックス&パーカッション)
7. 空のはじまり (ピアノ&パーカッション)
8. Manuel,O Audaz (ピアノ&パーカッション)
9. Green Heart (ピアノ&パーカッション)
 
<2nd Set>
1. Vaidoso (アルトサックスソロ)
2. めぐり逢い (アルトサックスソロ)
3. Anthem For The New Nations (ピアノ&パーカッション)
4. Simple Song Simple Life (ピアノ&パーカッション)
5. Nuvole Bianche (ピアノ&パーカッション)
6. John (ピアノ&パーカッション)
7. Desde Que O Samba é Samba (ギター弾き語りソロ)
8. Honey Bee (ギター弾き語り&パーカッション)
9. Fico Assim Sem Você (ギター弾き語り&パーカッション)

<Extra>
Hard Times Come Again No More ~
Mata Itsuka (ピアノ&パーカッション)

1st-4~6, 1st-7~9, 2nd-4~8:メドレー
2nd-8,9:コーラス by 佐藤 直子さん
1st-1,4,7,9,Extra:ヤマカミヒトミさんオリジナル曲 
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード