U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユー)の日々を綴るblogです

伊澤陽一(スティールパン)

【Live Report】 Tuesday Night Live 2018.7.17 「大筒小筒」 井出 慎二(sax.)&岡部 量平(perc.)& 伊澤 陽一(pan.)

7月17日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユウで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによりますライヴエンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、サックス奏者の 井出 慎二 さん、パーカッショニストの 岡部 量平さん、そしてスティールパン奏者の 伊澤 陽一さんによりますトリオユニット「大筒小筒」です。

180717001

サックス、打楽器、スティールパン。
筒を曲げたり、底を凹ませたり、と筒状楽器で編成した唯一無二のトリオユニット「大筒小筒」。
スティールパンとサックスが、メロディーとハーモニー、メロディーとベースを担い合い、
パーカッションとスティールパンがリズムセクションとして厚みを与えたり、
回を重ねるごとに、3人の音の連携の融合が進んでいます。

今回は、井出さんのループシステムも岡部さんのサンプリングシステムも使わずに、生音環境での演奏となりました。

オープニングナンバーは、真夏の暑さを癒すようなスティールパンの音色が活かされた、伊澤さんのオリジナル曲「マインカート」から。
そして、トリオとなって初のオリジナル曲「あお」へと続きました。

トリオとなった大筒小筒でシリーズとなっているのが、2つの曲を合わせる作品。
今回のタイトルは「アンダー ザ ワールド」。
スティールパンの音がぴったりの「リトル・マーメイド」の曲「Under the Sea」と、USA for Africaの名曲「We Are The World」の重ねあわせです。
“We are the world, we are the children”のところが「Under the Sea」と似通っている、という着想で生まれた作品です。


本日のライヴは、井出さん、岡部さんが持ち込まれた楽器も重要なファクターでした。

180717002

井出さんが持ち込まれたのは、大筒小筒のライヴではお馴染みとなりました、日本国産第一号サックス。
海軍が造らせた田辺作のアルトサックス、陸軍が造らせた日管作のアルトサックス、そして国産テナーサックス。

岡部さんが持ち込まれたのは、出自が定かではないスネアドラム。
当時のものである牛皮が張られたものです。
今回は、パーカッショニストとしての岡部さんに加えて、ドラマーとしての岡部さんのプレイも存分に発揮されました。


2ndセットのオープニングは、夏の時期に、井出さんが国産一号機のサックスを使って演奏する曲がセレクトされました。それは「晩夏」と「道しるべ」です。
サックスが国産化された経緯は、戦争突入による欧米との関係悪化のためです。
戦火を逃れ、また国策である「金属類回収令」に抗い、戦後、優れたサックスが創られても廃棄処分されずに「生き続けた」サックス。

「歴史は私たちに、「こうすると道を誤るよ」と道しるべを教えてくれているのでは?」と、井出さん。
夏の時期だけに、演奏する鎮魂と祈念の演奏。
平成最後の夏も、カフェ・ユーで演奏されました。

世界に限らず、日本でもさまざまなことが起きています。
そんな時でも、音楽で笑顔がプレゼントできるのではないか?
大筒小筒の「裸の王様」、そしてアンコールの「明日になれば」、で気分も晴らして、活力を充電してくださいました。

本日も、来場くださいました皆さまにとともに、音楽ライブを愉しむ平穏なひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. マインカート 
2. あお
3. アンダー ザ ワールド
4. カンパネルラ
 
<2nd Set>
1. 晩夏 ~ 道しるべ
2. 冒険
3. 裸の王様
 
<Extra>
明日になれば

1st-2,4,2nd-3:Soprano Sax by 井出 慎二さん
2nd-1 曲中:Tenor Sax  by 井出 慎二さん
ほか全て:Alto Sax by 井出 慎二さん
2nd-3:Bongo by 伊澤 陽一さん

【Live Report】 Tuesday Night Live 2018.1.30 「大筒小筒」 井出 慎二(sax.)&岡部 量平(perc.)& 伊澤 陽一(pan.)

1月30日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユウで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによりますライヴエンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、サックス奏者の 井出 慎二 さん、パーカッショニストの 岡部 量平さん、そしてスティールパン奏者の 伊澤 陽一さんによりますトリオユニット「大筒小筒」です。

180130001

サックス、打楽器、スティールパン。
筒を曲げたり、底を凹ませたり、と筒状楽器で編成した唯一無二のトリオユニット「大筒小筒」。

オープニングナンバーは、2つの違う曲を重ね合わせるシリーズ第2弾。
タイトルは「ラブチェリー」。
重ね合わされた曲は、「さくらさくら」と「Love Theme from The Godfather」でした。

大筒小筒の定番曲、そして伊澤さん作の曲。
スティールパンが、時にメロディーを担い、時に和音でリズムを担い。
リベロプレイヤーを得た大筒小筒の演奏は、より彩を増します。

2ndセットのオープニングは、トリオとなって初のオリジナル曲「あお」。
この曲では、素焼きの壷を楽器にした「Udu」をフューチャーして演奏されました。

180130002

中近東の楽器らしく、中近東音楽で耳にする「ドゥン」「タタッ」というリズムがなんとも言えない味わい♪
岡部さんのパーカッションはワールドワイドです。

2ndセットの3曲目に演奏された「ビリーブ」は、幼稚園の卒園式や小中学校の合唱曲として歌われる曲。
2018年、大筒小筒はその音楽活動の幅を広げる時だそうで、ライヴでもこのような曲が取り入れられていくそうです。

アンコールでは、弾ける曲、そしてしっとり曲の2曲を演奏してくださるというプレゼント。

来場くださいました皆さまにとともに、大筒小筒のライヴに“ツツ”まれるひとときをシェアできましたことに感謝致します。

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. ラブチェリー 
2. 冒険
3. スケッチ オブ リーブス
4. 裸の王様
 
<2nd Set>
1. あお
2. 三つの約束
3. ビリーブ
4. カンパネルラ
 
<Extra>
1. 明日になれば
2. Park Drive Sunset

1st-3,4,2nd-1,4:Soprano Sax by 井出 慎二さん
2nd-2:Recorder  by 井出 慎二さん
ほか全て:Alto Sax by 井出 慎二さん
1st-4:Bongo by 伊澤 陽一さん

【Live Report】 Tuesday Night Live 2017.8.1 「大筒小筒」 井出 慎二(sax.)&岡部 量平(perc.)& 伊澤 陽一(pan.)

8月1日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユウで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによりますライヴエンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、サックス奏者の 井出 慎二 さん、パーカッショニストの 岡部 量平さん、そしてスティールパン奏者の 伊澤 陽一さんによりますトリオユニット「大筒小筒」です。

170801006

サックス、打楽器、スティールパン。
筒を曲げたり、底を凹ませたり、と筒状楽器で編成した唯一無二のトリオユニット「大筒小筒」。

前回(4月4日)に出演くださったトリオになって初ライヴから5ヶ月。
オープニングナンバーは、トリオとなって初のオリジナル曲「あお」でした。
この曲では井出さんはフルートで演奏!

井出さん曰く、
「本日のライヴは大筒小筒史上最多の楽器導入ライヴ」

持ち込まれた楽器の中には、戦時中に陸軍、海軍がそれぞれ日本企業に造らせたものを井出さんが入手してリペアしたサックスもありました。
8月のこの時期、大筒小筒が必ず演奏する曲、それが「晩夏」と「みちしるべ」。
そしてその演奏で使用するのが、戦時中に造られた国産第一号のサックスたち。

敗戦した日本では、楽器も海に沈んだり、戦火で焼けたりしたものがほとんど。
さらには、お寺の鐘でさえ銃弾のための金属として提供を要請された時代。
楽器を納屋などで隠し持っていることが発覚したらどんな厳罰が待ち受けていたことか・・・。

楽器を奏で、その音楽をみんなで愉しむことができるのは、平和であるからこそ。

鎮魂の氣持ちに満ちた「晩夏」と「みちしるべ」でした。


A.C.ジョビンが「ぼくたちは新しいサンバをやっただけだよ」と後に語ったというボサ・ノーヴァを、「ぼくたちは本気でサンバにしてみました!」ばりに、岡部さんのサンバパーカッション全開での「Wave」など、トリオとなって、カヴァー曲を大筒小筒ならではの演奏で取り上げたりと、絶賛進化中の大筒小筒。

スティールパンのカリブの雰囲気による変化や、逆に大筒小筒の哀愁に満ちたオリジナルを演奏することで感じるスティールパンの新たな魅力など、相乗効果で生まれる唯一無二の音楽世界。

大筒小筒の冒険譚、ますます愉しみです!

来場くださいました皆さまにとともに、大筒小筒のライヴに“ツツ”まれるひとときをシェアできましたことに感謝致します。

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. あお 
2. Mine Cart
3. 晩夏 ~ みちしるべ
4. 冒険
 
<2nd Set>
1. Lovin'蛍
2. Wave
3. カンパネルラ
4. 裸の王様
 
<Extra>
望郷

【Tuesday Night Live】 2017.8.1 聴く人のハートを筒抜けにする筒楽器だけの破天荒ユニットのライヴ

Live from Myogadani, it's Tuesday Night !
床と壁に木材を使用した木質空間のギャラリーでの第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント、「Tuesday Night Live」♪ 

天然木材で囲まれた小さなスペースならではの臨場感溢れる生演奏を、お好きなドリンクを飲みながら(もちろんフードもオーダーできます)お愉しみいただけます。  
もちろん、当店はライヴ中も禁煙です。

8月1日(火)は、サックス奏者の 井出 慎二さん と、パーカッショニストの 岡部 量平さん、そしてスティールパン奏者の伊澤 陽一さん によるトリオユニット「大筒小筒」のライヴです。
「筒状の楽器、筒でできた楽器だけで奏でる」
をテーマに、ジャズとサンバをベースに持つ井出さんと岡部さんが独自の音楽性を追求してきた「大筒小筒」に、カリブ音楽をベースに持つ伊澤さんが加入。
トリオとなって、ますます、いろいろ進化中。
ますます旺盛な破天荒ユニットのライヴを、あなたともシェアできましたら悦びです。

開演は19:30より2ステージ(入れ替えなし)
開場は18:30からご入場頂けます。
MCは¥3,000(+オーダー)
U_U サポーター'sチケットご利用の方は¥2,500+オーダー。  
テーブル席数は12席(予約優先制です)
U_U サポーター'sチケットご利用の方は座席の指定ができます。 

ライヴの詳細情報は下記をご覧ください。
お問い合わせまたはお申し込みは、03-3944-2356 ガレリア カフェ ユウにお電話いただくか、もしくは[u_u_info]宛てにメールにてお受けいたします。
ご予約の無い方でも、ご都合付きましたらぜひお立ち寄りくださいませ♪

TNL Duo Header
170404000
map500

【Live Report】 Tuesday Night Live 2017.4.4 「大筒小筒」 井出慎二(sax)&岡部量平(Perc.)&伊澤陽一(pan)

4月4日は木質空間のリヴィングルームのようなカフェで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによりますライヴエンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、サックス奏者の 井出 慎二さんとパーカッショニストの 岡部 量平さん、そしてスティールパン奏者の伊澤 陽一さんによりますトリオ・ユニット「大筒小筒」です。

170404004

筒楽器だけの編成で、独自の音楽を追求する「大筒小筒」。
今回新メンバーとして加わった楽器は筒の底を使った楽器「スティールパン」♪

私たちの小さなお店にどう収まったかというと・・・


170404003

お客様をツツみ込むように、ミュージシャンが立ちました♪

サックス+パーカッション+スティールパン

その解答は・・・
実に多彩で無限の可能性でした。

同時に二つの音階が出せるスティールパンが入ることで、コード(和音)のラインが加わり、それによって井出さんのサックスが自由自在にアドリブを効かせることができるようになったこと。

メロディーメーカーの伊澤さんが加わったことで、新しいオリジナル曲が「大筒小筒」サウンドに加わったこと。

パーカッションも叩ける伊澤さんが加わったことで、ダブルパーカッションという表現も加わったこと。

などなどなどなど。

170404005


その進化の変化たるや!
これは新「大筒小筒」のライヴを聴いていただくしかありません!

明るい南国の音色を彷彿させるスティールパン。
しかし、実は哀愁漂う音色も奏でることができるのです。
これもまた今までの「大筒小筒」にはない新しい方向性。

トリオ編成で全曲演奏するライヴは今回のユウでのライヴが初めてとのこと!
船出した新大筒小筒の「冒険」がますます愉しみです♪

来場くださいました皆さまにとともに、愉しい生演奏のひとときをシェアできましたことに感謝致します。

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Park Drive Sunset
2. 冒険
3. Sketch of Leaves ~Shizuha~
4. カンパネルラ

<2nd Set>
1. Mine Cart
2. 裸の王様
3. 三つの約束
4. 明日になれば・・・(ヴォーカルヴァージョン)

<Extra>
仲良し記念日(ヴォーカルヴァージョン)
ガレリアカフェ ユー憲章
営業スケジュール
今月の展示

「Midori K Luck展
アンダルシア在住のMidoriさんの油彩画展です
記事検索
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード