U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユー)の日々を綴るblogです

丹精(タップダンス)

【Live Report】 Tuesday Night Live 2021.10.5 丹精(tap)&堀 秀彰(pf.)

10月5日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を、リバウンド防止措置モードにて開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、タップダンサーの 丹精 さんとピアニストの 堀 秀彰 さんです。

211005001

丹精さんは、タップ、クラップハンヅ、ボディー、そしてヴォイス、
そのすべてを使ってサウンドを奏でる、ダンスの魅せる要素も兼ね備えた“タップミュージシャン”。
他のミュージシャンやお客さまに届く“”、“歌心”を大切にされている丹精さんのパフォーマンスと、歌心溢れる感性で鍵盤の上を指でタップする堀さんのピアノと、お互いがいい刺激を受け合う、ジャズセッション!
カフェ・ユーでも回を重ねています。

10月1日になって、夜の時間も、そして夜のお供の規制も少し緩められました。
堀さんはさっそく、1日の夜に解禁になった状態で有観客の演奏を体験されたそうですが、お客さまの醸し出す雰囲気がやはり違うそうで、それによって演奏する側もまたより一層感化されるものが変わるのだそうです。

この日のカフェ・ユーもきっとそのように感じられたのではないでしょうか?
というような、演奏、セッション、雰囲気でした。

豊富で深いモダンジャズの造詣を持たれる堀さんが丹精さんとのセッションでチョイスされる曲は、本当に意外性を持ちつつもセッションの親和性が高いものばかり。
今回も、著名なジャズピアニストのあまり有名ではない名曲をチョイスされました。


今回の堀さんとの生演奏は、丹精さんの「ツタタタ2021」の東京でのセッションに位置付けられました。
全国各地を移動しながら、当地のミュージシャンと当地のお店でセッションをする丹精さんの演奏活動「ツタタタ」。
オンラインなど、その場にいなくてもつながる、ワークできることが増えてきていますが、
その場にいるからこそ、影響を与え合うこと
それを肌で感じているからこそ、伝えたいこと
そんな想いを言葉にしてトークで語り、パフォーマンスでもまた、それを伝える丹精さん。

今宵も、いらしてくださる方からの影響を受け取って、
今宵だからこそのパフォーマンスを繰り広げてくださいました。

今回1stセットで演奏された、未だタイトルのついていない丹精さんの新曲は「ツタタタ2021」のテーマソングとして、各所を回りながら、奏でられていきます。
ツアーが終わった後も愉しみな曲です。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、タップダンスとピアノによる感じあうことで生み出された“生演奏”のひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Summer Night
2. ハポハピ大陸 (丹精さんオリジナル曲)
3. Moon River
4. Sonrisa
5. not-yet titled (丹精さんオリジナル曲)

<2nd Set>
1. Risky Investment (堀 秀彰さんオリジナル曲)
2. Teo
3. What Makes You Human (丹精さんオリジナル曲)
4. Land Song (丹精さんオリジナル曲)

1st-3:pianoforte solo by 堀 秀彰さん

【Live Report】 Tuesday Night Live 2021.7.20 「丹精ssion」 丹精(tap)&小林 鈴勘(尺八.)&山中 一毅(sax.)

7月20日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を、緊急事態宣言モードにて開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日は、タップダンサーの 丹精 さんがいろんなミュージシャンとセッションを繰り広げる「丹精ssion」本日は尺八奏者の小林 鈴勘さんとサックス奏者の山中 一毅さんとのセッションでした。

210720001

本場NYで得て、類稀なる音楽性をタップで表現するタップダンサー丹精さん、
自身の音楽性を活かしたユニットを結成して活動を続ける傍ら、日本全国縦断ツアーを行いながら、さまざまなミュージシャンとのセッションを行う活動も精力的に行っています。それが「丹精ssion」。

音楽性はもとより、日々の生活などへの考え方などの親和性も重視する丹精さん。
山中さんとは、音を聴く前に、交わした会話で一緒にやることに結び付いたそうです。

山中さんはモダンジャズの本場ニューヨークで7年間過ごし、日本に拠点を移し活動をされています。
そして現在、オリジナル曲、そして即興セッションに重点をおいて音楽活動を行っています。

そんな山中さんの音楽観にリスペクトして、今回のセッションでは山中さんのオリジナル曲、そしてフリーの即興セッションと続けてくださいました。

即興では、恣意的でないのにリズムが生まれ、ハーモニーが生まれ、移ろい、変化し、何も決まっていないのに、あらかじめ決まっていたかのような調和が維持され・・・
いつまでも尽きず終わることなく続けることができるような、三人の親和性と独創性と共感が感じられました。

小林さんは尺八はもちろん、ピアノ、そしてギターとアカンパニストとしてもセッションを形作りました。尺八のサイドマン的なアプローチも含めて、セッション全体にふくよかさと和みを注ぎ込んでいました。
 
本日も、来場くださいました皆さまにとともに、その場限りの一期一会な生セッションのステージをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪  

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
1. Invisible Dance
2. improvisation
3. What Makes You Human
4. Land Song

【Live Report】 Monday Night Live 2021.5.10 丹精(tap)&堀 秀彰(pf.)

5月10日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を、緊急事態措置モードにて開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、タップダンサーの 丹精 さんとピアニストの 堀 秀彰 さんです。

210510001

丹精さんは、タップ、クラップハンヅ、ボディー、そしてヴォイス、
そのすべてを使ってサウンドを奏でる、タップダンサー、と言うよりも“タップミュージシャン”。
華麗なステップ、そしてショーアップ要素たっぷりな魅せるダンスとともに、他のミュージシャンやお客さまに届く“”、“歌心”を大切にされている丹精さんのパフォーマンスと、歌心溢れる感性で鍵盤の上を指でタップする堀さんのピアノと、お互いがいい刺激を受け合う、ジャズセッション!


今回のオープニングナンバーは、華麗で小粋なスウィングでジャズのスタンダードナンバー「Taking A Chance On Love」。

今回は、デュオで「遊び心でチャレンジ」のような選曲。
それはまるで、MCで丹精さんが曲想を紹介されたオリジナル曲「ハポハピ大陸」を地で行くような選曲&演奏でした。


丹精さんのオリジナル曲「」は、あるひとつの命が着想を与えてくれた曲。
そのストーリーはさらなるストーリーが重なって。

とかく人の命が「単なる数字」で表現されがちな風潮に
単なる数字ではないストーリーがあることに
気付きを与えてくれる選曲とメッセージ。

時代の雰囲気を肌で感じるがゆえの選曲、演奏、そしてパフォーマンス。

いろんな経験が、この世に音楽を生み出す。
それもまたひとつの事実。

昨年から始まった世界的ロングバケーションがあったことで生じた堀さんと私たちのお店とのエピソード。そのエピソードから堀さんのオリジナル曲「A Song For U_U」も生まれました。

どんな時も、どんなコトも、
伝えたいものに変わり、パフォーマンスを通じて伝え、伝わる。
そんなやり取りは、どんな時も必要だ、
とそう感じたひとときでした。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、タップダンスとピアノによるメッセージ溢れる“生演奏”のひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
1. Taking A Chance On Love
2. ハポハピ大陸 (丹精さんオリジナル曲)
3. Risky Investment (堀 秀彰さんオリジナル曲)
4. 凛 (丹精さんオリジナル曲)
5. Land Song (丹精さんオリジナル曲)

<Extra>
A Song For U_U (堀 秀彰さんオリジナル曲)

【Live Report】 Tuesday Night Live 2021.4.13 「東京鮮烈sess!on」 丹精(tap)&大里 健伍(gt.)&稲岡 吾郎(gt.)

4月13日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」をまん延防止モードで開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日は、タップダンサーの 丹精 さんとギタリストの大里 健伍さん、そしてギタリストの稲岡 吾郎さんによるトリオ・ユニット「東京鮮烈sess!on」でした。

210413001

本場NYで得て、類稀なる音楽性をタップで表現するタップダンサー丹精さん、
Hiphop,Rock,Popsを中心にドラマや演劇の制作、演奏に引く手あまたのガットギター 健伍さん。
そして作曲やアレンジにも突出し、大物演歌歌手のステージにおいても大活躍中のジャズギタリスト 吾郎さん。
異才なるツインギターが織り成す色彩豊かなハーモニーとタップによる、鮮烈な鼓動、躍動、感動をテーマに、日々新たにステージを創り上げる異色ジャズバンド、それが「東京鮮烈sess!on」。

カフェ・ユーの木質空間に合わせて、今回吾郎さんは“アコースティックギター”での演奏となりました。

凝縮モードの今回のセッションでは、メンバーのオリジナル曲で構成。
丹精さんが健伍さんの協力のもと、バンドのために作曲された新曲「(仮)Zono」も演奏されました。

熱いセッションと和やかなトークが境目なく進行するステージング。
自由でありながら綿密に連携されていく演奏パフォーマンス。
それはまるで、言葉の会話、そして音の会話、ふたつの言語でのフリートークのよう。
まさにその場で生まれ続けている一期一会な「東京鮮烈sess!on」のステージ。


セッション中
今の世情において、丹精さんが感じ、そしてセッションを共に愉しむために集う方に伝えたいコトを語ってから演奏されたのは、2020年に丹精さんが日本の北から南、各地を単独ツアーした時のテーマ曲でもある「What Makes You Human」。
そして、“地球賛歌”のような壮大なパフォーマンスでの「Land Song」へと続いていきました。

 
本日も、来場くださいました皆さまにとともに、今だからこそ創られる一期一会な生演奏のステージをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪  

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
1. 梅雨入り宣言
2. Whistle by
3. (仮)Zono
4. What Makes You Human
5. Land Song

<Extra>
KANPAI

【Live Report】 Tuesday Night Live 2020.11.24 「東京鮮烈sess!on」 丹精(tap)&大里 健伍(gt.)&稲岡 吾郎(gt.)

11月24日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日は、タップダンサーの 丹精 さんとギタリストの大里 健伍さん、そしてギタリストの稲岡 吾郎さんによるトリオ・ユニット「東京鮮烈sess!on」でした。

201124001

本場NYで得て、類稀なる音楽性をタップで表現するタップダンサー丹精さん、
Hiphop,Rock,Popsを中心にドラマや演劇の制作、演奏に引く手あまたのガットギター 健伍さん。
そして作曲やアレンジにも突出し、大物演歌歌手のステージにおいても大活躍中のジャズギタリスト 吾郎さん。

異才なるツインギターが織り成す色彩豊かなハーモニーとタップによる、鮮烈な鼓動、躍動、感動をテーマに、日々新たにステージを創り上げる異色ジャズバンド、「東京鮮烈sess!on」。

今回の生演奏は、メンバーがステージに座って、ギターのチューニングをしたり、丹精さんがタップシューズを履いたりするところから、もうすでにステージじゃないか?
というくらいに、自然に、シームレスに、オープニングに突入。
チューニングから、試し弾きのような音が、互いに重なって、スウィング感が表現され始めたなぁ・・・と思ったところで、「スウィングしなけりゃ意味がない」が始まりました。


バンドとして活動しているからこそ形成される綿密なる連携。
そして、季節やお客さまも含めた空間などの、その場の状況による即興性。
このふたつの要素を織り込みながら創られていく「東京鮮烈sess!on」のステージは、「その場に自分がいなけりゃ意味がない」。

曲間のMCのときでさえも、ギターの音色が鳴り、重なり合い、次の曲への進行を司るなど、どんな時もセッションが繰り広げられます。

1stセットでは、健伍さんと吾郎さん、二人だけのツインギターセッションも組み込まれました。
しっかりと全体を支えるキレのあるベースラインとアグレッシブさを生む健伍さんのガットギターと、ふくよかな音色でメロディーを甘く紡ぐ吾郎さんのフルアコースティックギターの、ふたりのギターのセッションは、フリートークのような自由な進展に寄り添って展開していきました。

2ndセットは、「東京鮮烈sess!on」と、お客さまとの“コール&レスポンス”でセッションを愉しむ機会が用意されます。
グラス片手にコールしたり、手拍子を打ったり、
そして今回は、唱歌をみんなで歌ったりしました。


アンコールに応えて、丹精さんがセレクトした曲は、
今年を象徴する出来事で丹精さんが感じた大切なこと、
それを日本の北から南、各地を単独ツアーしながら、その地の方に音楽を通じて伝えてきたこと
それをアンコールとして、この日のセッションで伝えられました。

どんなご時世であっても、ミュージシャンと音楽を愉しむために足を運ばれる方だからこそ、伝わることであり、伝えたいこと。

 
本日も、来場くださいました皆さまにとともに、日々新たに創られる生演奏のステージをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪  

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. It Don't Mean a Thing (If It Ain't Got That Swing)
2. 札幌 Fake Smile
3. 梅雨入り宣言
4. Autumn Leaves
5. 返ってくる

<2nd Set>
1. KANPAI
2. Viajero
3. 紅葉(もみじ)
4. Land Song

<Extra>
What Makes You Human

1st-4:Twin Guitar session by 大里 健伍さん & 稲岡 吾郎さん
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード