U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユー)の日々を綴るblogです

ローヌ

【Salone Report】 Wine Lovers Club 2020.3.20

3月20日は、「いろんなワインを味わいたい/ワインのことをもう少し識りたい」方に向けて開催しております体感型ワイン・テイスティング講座、「Wine Lovers Club」を開催致しました。
参加下さいました皆さま、ありがとうございます♪

ただいま、「フランス」の生産地域と葡萄品種の関係にフォーカスしたテーマでワインをセレクトして開催しております「Wine Lovers Club」。
フランスの“ワイン産地”にフォーカスして、さまざまなフランスワインの産地を巡っています。

フランスワイン産地を巡る旅の第8回目は前回に引き続き「ローヌ」で、ローヌ原産の品種「シラー」の北ローヌと南ローヌでの味わいの違いについて、テイスティングをしました。

200320004

シラーには二つの側面があります。
ひとつはむせかえるような野生の香りと強靭なタンニンを備えた「パワフルな性格」。
もうひとつはピノ・ノワールと間違えるような華やいだ香りと鮮烈な酸を伴う緻密な構造を備えた「上品な性格」です。正反対とも言えるようなこの二面性のバランスこそが、優れたシラーを特徴づけます。
 
上品な性格」の側面は、シラーの中心的産地、北ローヌで最大に発揮されます。とくに1割ほどのヴィオニエが混植・混醸されたコート・ロティの南側のワインは、妖艶な香りとなめらかな質感があります。
一方で「パワフルな性格」の側面は南ローヌで強調されてきます。

また南ローヌの特徴的なブレンド、グルナッシュとシラーと補助品種のワインも合わせてテイスティングしました。
 

今回取り上げましたワインのノートは下記のとおりです。

200320001


200320002

200320003






【Salone Report】 Wine Lovers Club 2020.2.21

2月21日は、「いろんなワインを味わいたい/ワインのことをもう少し識りたい」方に向けて開催しております体感型ワイン・テイスティング講座、「Wine Lovers Club」を開催致しました。
参加下さいました皆さま、ありがとうございます♪

ただいま、「フランス」の生産地域と葡萄品種の関係にフォーカスしたテーマでワインをセレクトして開催しております「Wine Lovers Club」。
フランスの“ワイン産地”にフォーカスして、さまざまなフランスワインの産地を巡っています。

フランスワイン産地を巡る旅の第7回目は「ローヌ」に注目して、ワインを3種類セレクトしました。

200221001
フランスのローヌ地方は、日本でも人気の品種シラーやグルナッシュから造られるワインが産出されています。フランスワインの2大産地といえばボルドーとブルゴーニュ。
ローヌはどうしても華やかなブルゴーニュの影に隠れがちな産地ですが、フランスではボルドーに次いで広い産地。実はAOC認定ワイン限定の生産量では、ボルドーに続いてフランス国内2位の生産地。そしてローヌ地方には多くの魅力を持ち合わせています。
 
 ローヌ地方は北にあるブルゴーニュ地方と、南にあるプロヴァンス地方、ラングドック&ルーション地方に挟まれており、ローマ時代に交通の要所として栄えた都市・ヴィエンヌからローヌ川沿いに南下し、14世紀に法王庁が置かれていたアヴィニョン周辺まで約200キロに渡る地域を指します。
  
ローヌ河沿いの道を「ルート・デ・ソレイユ(太陽の道)」と呼ばれるように、ローヌは太陽の恵みを一杯受けます。 それゆえ、ローヌワインは、“太陽のワイン”とも呼ばれます。北部は幅の狭い畑がローヌ河両岸にありますが、南部は東西70Kmに渡って畑が広がっています。
またローヌでは、ローヌ渓谷から地中海に吹き抜ける乾燥したミストラルという冷風が雨後の畑を乾燥し、カビなどの湿気由来の病気を防いでくれています。また、この風が非常に強いため、果実の大きさも自然と小さくなって風味が凝縮します。

一口に、ローヌワインと言っても、気候や土壌などの違いから北と南でブドウ品種や味わいなど、北部と南部では出来るワインの性格は大きく異なります。
ヴィエンヌから都市・ヴァランスまでの険しい斜面が続く北部、ヴァランスからアヴィニョン周辺まで高原、平野とが続く南部と、南北に広々と広がり、土壌や主要品種などが大きく異なっています。ですので、ワイン産地は2つの地域にはっきりと分けられます。赤ワイン、白ワイン、ロゼワインもおすすめの、バラエティ豊かな産地です。

今回はローヌワインの1回目として、ローヌならではのワインをセレクトしました。
独特の製法で造られる泡のワイン、太陽の恵みをいっぱいに受ける土地で真価を発揮する白ブドウ品種“ヴィオニエ”で造られたワイン、そしてフランス ロゼワインの草分け的存在のロゼワインをテイスティングしました。
 

今回取り上げましたワインのノートは下記のとおりです。

200221002

200221003

200221004






ガレリアカフェ ユー憲章
今月の展示

小西淳子 挿し絵展
小西淳子さんの絵画展です
記事検索
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード