U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユー)の日々を綴るblogです

ヤマカミヒトミ(アルトサックス)

【Live Report】 Tuesday Night Live 2021.11.30 ヤマカミヒトミ( a-sax. ) & 佐藤 直子( perc )

11月30日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、アルトサックス奏者の ヤマカミヒトミ さんとパーカッショニストの 佐藤 直子さんです。

211130001

ヤマカミヒトミさんは、アルトサックス、木製フルートプレイヤー
という普段の演奏楽器に加えて、カフェ・ユーのライヴではピアノ、そしてギター弾き語りと、さまざまな演奏表現を聴かせてくださいます。

2部構成が可能となった今回のライヴでは、1stセットはヤマカミヒトミさんのソロ、
そして2ndセットから佐藤 直子さんとのデュオ、という構成になりました。

ヤマカミヒトミさんのソロでは、アルトサックス、木製フルートに、今回はピアノのソロも加わっての演奏。丁寧で穏やかでふくよかな音を響かせながら重ねていくヤマカミヒトミさんならではのソロ表現をたっぷりと聴かせてくださいました。


そして、2ndセットはヤマカミヒトミさんと“感性”が相通じ合うパーカッショニスト 佐藤 直子さんとのデュオ。

まずは即興演奏から始まるメドレー演奏。
佐藤 直子さんは、ヤマカミヒトミさんとのデュオではその時々に合わせてセットされるパーカッションの構成を変えられるのですが、今回はかわいらしいグロッケンを組み込んでのセット。
メロディも奏でながらのパーカッションで、ヤマカミヒトミさんとの音の対話、ハーモニーを生み出していきました。

そして、ヤマカミヒトミさんがギターに持ち替えて、弾き語りとのセッション。
パーカッションとともにコーラスでも彩りを添える佐藤 直子さん。
とっても穏やかな時間が空間を埋め尽くしていく演奏でした。


“好き”というシンプル、だけどとても大切なヤマカミヒトミさんの想いからセレクトされた楽器の音色、曲、そして共演者。
繊細な音色と響き、そして表現力、二人の感性、“演奏”という会話。
“鳴らす”、“聴かせる”ではなく、“在る”というナチュラルなスタイルの音。
感性を大切にされる二人の演奏はいつも、一期一会な生演奏となります。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、繊細でうつくしい感性の響きに満たされるひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. The Christmas Song (ピアノソロ)
2. 小春 (フルートソロ)
3. Rosa (フルートソロ)
4. めぐり逢い (アルトサックスソロ)
5. Vaidoso (アルトサックスソロ)
6. Garota de Ipanema (ピアノソロ)
7. A Rainbow After The Rain (ピアノソロ)
8. Green Heart (ピアノソロ)
 
<2nd Set>
1. Medley
  1. Improvisation:Brisa 1 (フルート&パーカッション)
2. 空のはじまり (ピアノ&パーカッション)
  3. not-yet titled (ピアノ&パーカッション)
  4. Letter From Home (ピアノ&パーカッション)
5. Palhaço (ピアノ&パーカッション) 
6. Milonga Gris (ピアノ&パーカッション) 
2. Honey Bee (ギター弾き語り&パーカッション)
3. Lugar Commun (ギター弾き語り&パーカッション)
4. Menina Flor (ギター弾き語り&パーカッション)

<Extra>
Fico Assim Sem Você (ギター弾き語り&パーカッション)

2nd-2,3,4,Extra:コーラス by 佐藤 直子さん
1st-2,7,8,2nd-1-2,1-3:ヤマカミヒトミさんオリジナル曲 

【Live Report】 Tuesday Night Live 2021.6.22 ヤマカミヒトミ( a-sax. ) & 佐藤 直子( perc )

6月22日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を、まん延防止等重点措置モードにて開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、アルトサックス奏者の ヤマカミヒトミ さんとパーカッショニストの 佐藤 直子さんです。

210622001

アルトサックス、木製フルートプレイヤー
だけではなく、ピアノ、そしてギター弾き語りと、カフェ・ユーではマルチな表現をされるヤマカミヒトミさん。

ヤマカミヒトミさんのアルトサックスそして木製フルートでのソロ演奏パートでは、単音楽器であるサックスやフルートのヤマカミヒトミさんならではのふくよかな音色の魅力を味あわせてくれます。


そして、ヤマカミヒトミさんと“感性”が相通じ合うパーカッショニスト 佐藤 直子さんとのデュオ演奏パートでは、そのとき折々の選曲に合わせた佐藤 直子さんの“ドラムセット”を組まれ、演奏曲に合わせて時に彩を、時にビートを与えます。


“大切なもの”が通じ合うヤマカミヒトミさんと佐藤 直子さんの関係性の真髄がもっとも表現されるのが、“即興”を織り交ぜたメドレー演奏。
その瞬間に生まれ、二度と生まれないデュオ演奏。
それはまさに生演奏だからこその醍醐味。

今回はメドレーパートで、新曲、アルゼンチンのカルロス・アギーレ作曲の「Milonga Gris」がオンリスト。
曲を選ぶ感性。
そして、演奏を重ねるごとに深まりと新たな一面をも浮き上がらせるお二人の感性。
それは、流れは絶えないけれど、水は本のものではない“川”のよう。
同じようで、常に新鮮な感性で移ろうお二人の“演奏”という会話。

今回もさまざまな会話で愉しませてくださいました。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、繊細でうつくしい感性の語り合いに触れるひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<Set>
1. 小春 (フルートソロ)
2. Rosa (フルートソロ)
3. めぐり逢い (アルトサックスソロ)
4. Chorinho Pra Ele (アルトサックス&パーカッション)
5. 空のはじまり (ピアノ&パーカッション)
6. Green Heart (ピアノ&パーカッション)
7. Medley
1. Letter From Home (ピアノ&パーカッション)
  2. Improvisation (ピアノ&パーカッション)
  3. Palhaço (ピアノ&パーカッション) 
  4. Milonga Gris (ピアノ&パーカッション) 
8. Honey Bee (ギター弾き語り&パーカッション)
9. Lugar Commun (ギター弾き語り&パーカッション)
10. Menina Flor (ギター弾き語り&パーカッション)

<Extra>
Fico Assim Sem Você (ギター弾き語り&パーカッション)

set-7,Extra:コーラス by 佐藤 直子さん
set-1,5,6:ヤマカミヒトミさんオリジナル曲 

【Live Report】 Tuesday Afternoon Live 2021.2.23 ヤマカミヒトミ( a-sax. ) & 佐藤 直子( perc )

2月23日は緊急事態宣言に伴いまして、通常は火曜日の夜に行いますリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメントを日曜日のお昼間に変えて「Tuesday Afternoon Live」として開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、アルトサックス奏者の ヤマカミヒトミ さんとパーカッショニストの 佐藤 直子さんです。

210223001

アルトサックス、木製フルートプレイヤー
という域に限らず、ピアノ、そしてギター弾き語りと、表現の幅を持つヤマカミヒトミさん。
そして、ヤマカミヒトミさんと“感性”が相通じ合うパーカッショニスト 佐藤 直子さん。

お二人での生演奏は、ヤマカミヒトミさんのアルトサックスそして木製フルートでのソロ演奏パートから始まります。
サックス、そしてフルート。
ヤマカミヒトミさんが奏でると、単音楽器であるはずなのに、ふくよかな音色で響きます。


そしてデュオ演奏パートから、佐藤 直子さんのパーカッションが加わります。
今回はシロフォンを中心にハイハットやフットペダルもセットしたドラムセット。
今回初めて“音階のある打楽器”セットということで、「Chorinho Pra Ele」をデュオで演奏。
今までとは違い、主旋律を佐藤 直子さんが担って、伴奏をヤマカミヒトミさんが担うという新たなデュオ演奏も愉しめました。


2ndセットでは、今回はヤマカミヒトミさんと佐藤 直子さんとの“ウォーミングアップ”トークから始まりました。
飽きることなく、尽きることなく、たくさん語り合うことができるというお二人。
即興演奏についてのトークから、即興演奏から始まり、曲の変わり目に即興を織り交ぜたメドレー演奏が展開されました。
“曲”として演奏に加えて、“感性”でその場で創り出していく“即興”を織り交ぜたメドレー演奏。
その瞬間に生まれ、二度と生まれない演奏。
まさに生演奏ならではの味わい。


2ndセット後半は、ヤマカミヒトミさんがギターに持ち替えて、歌とコーラスも交えた演奏。
今回は新たなブラジル音楽「Menina Flor」がオンリスト。佐藤 直子さんもブラジルの打楽器「パンディロ」でブラジルの雰囲気をさらに演出。
ギターの音色とヤマカミヒトミさんの歌声、佐藤 直子さんのコーラスが溶けてひとつになる“音のカクテル”を3種類、愉しむことができました。

使用する楽器の枠、“ジャンル”という枠に収めることができない二人の感性、“演奏”という会話。
“鳴らす”、“聴かせる”ではなく、“在る”というナチュラルなスタイルの音に、今回も包み込まれたひととき。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、繊細でうつくしい感性の響きに包まれるひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. 小春 (フルートソロ)
2. Rosa (フルートソロ)
3. めぐり逢い (アルトサックスソロ)
4. Vaidoso (アルトサックスソロ)
5. Chorinho Pra Ele (アルトサックス&パーカッション)
6. 空のはじまり (ピアノ&パーカッション)
7. Green Heart (ピアノ&パーカッション)
 
<2nd Set>
1. Medley
  1. Improvisation (ピアノ&パーカッション)
2. Letter From Home (ピアノ&パーカッション)
  3. Nuvole Bianche (ピアノ&パーカッション)
  4. Palhaço (ピアノ&パーカッション) 
2. Lugar Commun (ギター弾き語り&パーカッション)
3. Honey Bee (ギター弾き語り&パーカッション)
4. Menina Flor (ギター弾き語り&パーカッション)

<Extra>
Fico Assim Sem Você (ギター弾き語り&パーカッション)

2nd-2,4:コーラス by 佐藤 直子さん
1st-1,6,7:ヤマカミヒトミさんオリジナル曲 

【Live Report】 Tuesday Night Live 2020.11.03 ヤマカミヒトミ( a-sax. ) & 佐藤 直子( perc )

11月3日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、アルトサックス奏者の ヤマカミヒトミ さんとパーカッショニストの 佐藤 直子さんです。

201103001

アルトサックス、木製フルートプレイヤー
という域に限らず、ピアノ、そしてギター弾き語りと、表現の幅を持つヤマカミヒトミさん。
そして、ヤマカミヒトミさんと“感性”が相通じ合うパーカッショニスト 佐藤 直子さん。

お二人での生演奏は、ヤマカミヒトミさんのソロ演奏パートから始まります。
ソロ演奏では、ヤマカミヒトミさんはアルトサックスそして木製フルートを使います。
「単音楽器」であるはずのサックス、そしてフルート。
しかしながら、ヤマカミヒトミさんの奏でる単音楽器はふくよかな音色、豊かな表現、そして他の楽器の音が聴こえそうな“間”が、しっかりと豊かに響きます。


そして佐藤 直子さんとのデュオ演奏パートでは、佐藤 直子さんのフットペダルもセットして、民族楽器で組まれたナチュラルな音色のドラムセットが音色に加わります。
1stセットのデュオ演奏は、ヤマカミヒトミさんのピアノとのデュオ。
ヤマカミヒトミさんのまるでドラマや映画のような世界を生み出すピアノに、情感を表すエフェクトとして彩を添える佐藤 直子さんのパーカッションスタイル、そしてストーリー展開を構築するドラムスタイルでの音が重なります。


2ndセットでは、今回はヤマカミヒトミさんと佐藤 直子さんとの“ウォーミングアップ”トークから始まりました。
お二人だと、飽きることなく、尽きることなく、たくさん語り合うことができる。
そんな関係性が伝わるような、とても自然な時間。
トークの中では、世界的ロングバケーションの“おかげで”の部分にも話が及びました。


ウォーミングアップを経てからの2ndセットでは、“曲”として演奏に加えて、“感性”でその場で創り出していく“即興”を織り交ぜたメドレー演奏から始まります。
ひとつひとつの曲の中で、
曲と曲をつなぐ中で、
目には見えないけど身体では感じる“ナニカ”を音というカタチに表しながら、創られていくふたりの世界。
それは、
同じ場所で時を過ごす“お客さま”の発するナニカをも受け取りながら創られていく
分かり合える二人ならではの、“今この瞬間”を大切にした音の世界。
まさに“生演奏”ならではの味わいです。

メドレー中に、ヤマカミヒトミさんがソロで演奏されたフレーズ、佐藤 直子さんがソロで演奏されたフレーズに関してのエピソードはMCの中で紹介がありました。
これもまた、その場を共有された方だからこそ、愉しめること♪


2ndセット後半は、ヤマカミヒトミさんがギターに持ち替えて、歌とコーラスも交えた演奏。
佐藤 直子さんが創りだす“波の音”が実に心地いい「Lugar Commun」は、まるでリオの海岸にいるかのような心地よい雰囲気に。
ギターの音色とヤマカミヒトミさんの歌声、佐藤 直子さんのコーラスが溶けてひとつになった“音のカクテル”を3種類、愉しむことができました。

繊細な音色と響き、そして表現力。
使用する楽器の枠、“ジャンル”という枠に収めることができない二人の感性、“演奏”という会話。
“鳴らす”、“聴かせる”ではなく、“在る”というナチュラルなスタイルの音に、今回も惹き込まれました。


愉しい時間が名残惜しく、少しでも長く・・・
というみなさんの願いが拍手となって
もう1曲、としてヤマカミヒトミさんが選ばれたのは・・・
「厳しい時代よ もう来るな」、とアメリカを初め、世界でいろんなミュージシャンが願うように歌うアメリカの古い古い歌、でした。

本日も、来場くださいました皆さまにとともに、繊細でうつくしい感性の響きに癒されるひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. 小春 (フルートソロ)
2. Rosa (フルートソロ)
3. めぐり逢い (アルトサックスソロ)
4. Vaidoso (アルトサックスソロ)
5. 空のはじまり (ピアノ&パーカッション)
6. The Wedding (ピアノ&パーカッション)
 
<2nd Set>
1. Medley
  1. Solo Work (ピアノ)
2. Letter From Home (ピアノ&パーカッション)
  3. Improvisation (フルート&パーカッション)
  4. Solo Work (パーカッション)
5. John (ピアノ&パーカッション)
6. Palhaço (ピアノ&パーカッション) 
2. Honey Bee (ギター弾き語り&パーカッション)
3. Lugar Commun (ギター弾き語り&パーカッション)
4. Fico Assim Sem Você (ギター弾き語り&パーカッション)

<Extra>
Hard Times Come Again No More (ピアノ&パーカッション)

2nd-2,4:コーラス by 佐藤 直子さん
1st-1,5:ヤマカミヒトミさんオリジナル曲 

【Live Report】 Tuesday Night Live 2020.07.07 ヤマカミヒトミ( a-sax. ) & 佐藤 直子( perc )

7月7日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、アルトサックス奏者の ヤマカミヒトミ さんとパーカッショニストの 佐藤 直子さんです。

200707001

アルトサックス、木製フルートプレイヤー
という域に限らず、ピアノ、そしてギター弾き語りと、表現の幅を持つヤマカミヒトミさん。

ヤマカミヒトミさんのアルトサックスそして木製フルートの演奏は、ソロで演奏されました。
「単音楽器」であるはずのサックス、そしてフルート。
しかしながら、ヤマカミヒトミさんの奏でる単音楽器はふくよかな音色、豊かな表現、そして他の楽器の音が聴こえそうな“間”が、しっかりと豊かに響きます。


そして佐藤 直子さんとのデュオ演奏パートでは、佐藤 直子さんのフットペダルもセットして、ナチュラルな音色のドラムセットが音色に加わります。

ヤマカミヒトミさんのピアノ演奏は、まるでドラマや映画のような世界を生み出し、佐藤 直子さんはそこに情感を表すようなエフェクトを音として加えるパーカッションスタイル。
時には“音”として、時には“曲”としてと、ふたつの表現を使い分けて、生演奏が繰り広げられます。

「曲を演奏する」というよりも、目には見えないけど身体では感じる“ナニカ”を音というカタチにして伝える。
その世界観は、今回のライヴの2ndステージのメドレーの冒頭“即興演奏”に表れるように、回を重ねる毎に“分かり合える二人ならではの音色の世界”がカタチとして表現されます。


佐藤 直子さんが“波”という状況を想起させた「Lugar Commun」では、まるでリオの海岸にいるかのような心地よい雰囲気でお店が満たされ、本編が幕を引いたあとにアンコールとして演奏された、ゆったりしたサンバ「Emoldurada」で、本当に心地よくココロもカラダも解きほぐされました。

繊細な音色と響き、そして表現力。
使用する楽器の枠、“ジャンル”という枠に収めることができない二人の感性、“演奏”という会話。
“鳴らす”、“聴かせる”ではなく、“在る”というナチュラルなスタイルの音に、今回も惹き込まれました。

 
本日も、来場くださいました皆さまにとともに、繊細でうつくしい感性の響きに癒されるひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. 小春 (フルートソロ)
2. Rosa (フルートソロ)
3. めぐり逢い (アルトサックスソロ)
4. Vaidoso (アルトサックスソロ)
5. 空のはじまり (ピアノ&パーカッション)
6. Green Heart (ピアノ&パーカッション)
 
<2nd Set>
1. Medley
  1. Improvisation (フルート&パーカッション)
2. Letter From Home (ピアノ&パーカッション)
3. John (ピアノ&パーカッション)
4. Palhaço (ピアノ&パーカッション) 
2. Honey Bee (ギター弾き語り&パーカッション)
3. Lugar Commun (ギター弾き語り&パーカッション)

<Extra>
Emoldurada (ギター弾き語り&パーカッション)

2nd-2:コーラス by 佐藤 直子さん
1st-1,5,6:ヤマカミヒトミさんオリジナル曲 
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード