U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユー)の日々を綴るblogです

フランス

【Salone Report】 Wine Lovers Club 2020.6.19

6月19日は、「いろんなワインを味わいたい/ワインのことをもう少し識りたい」方に向けて開催しております体感型ワイン・テイスティング講座、「Wine Lovers Club」を開催致しました。
参加下さいました皆さま、ありがとうございます♪

ただいま、「フランス」の生産地域と葡萄品種の関係にフォーカスしたテーマでワインをセレクトして開催しております「Wine Lovers Club」。
フランスの“ワイン産地”にフォーカスして、さまざまなフランスワインの産地を巡っています。

フランスワイン産地を巡る旅の第9回目からは「ロワール」に入りました。

200619001

ロワール河は、フランス中央山塊に源を発して北上、パリの南西方向に100Km離れたオルレアンの町で大きく西に向きを変え大西洋に注ぐ、約1,000Kmのフランス最長の大河。その大河流域周辺一帯の産地を総括して呼ばれるのがロワール地方です。
日本で言えば、関東地方ほどの面積の地域に、60を超えるアペラシオンが存在し、ブドウ品種もシュナン・ブランやカベルネ・フラン、ミュスカデ・・・など、多品種から多彩なワインが生み出されています。

ロワール河流域のワイン産地は通常、河口周辺のナント周辺地区、下流域のアンジュー&ソミュール地区、中流域のトゥーレーヌ地区、上流域の中央フランス地区の4地区に大別されます。

今回はそのひとつ「ナント周辺地区」のワイン3種を取り上げました。
ナント周辺地区を代表するアペラシオンのひとつが「ミュスカデ」です。

1709年のナント地区を襲った大寒波。その寒波はフランスでもっとも大きなロワール河を凍結させるほどの威力で、それによりナント地区の葡萄は、ほぼ全滅してしまいました。
葡萄の生産者たちは悲しみに暮れていましたが、それでもワイン造りへの情熱を絶やすことなく、大寒波に負けないように「寒さに強い葡萄」を栽培しようと考えました。
そこで自分たちの地区よりもずっと気温が低い地区「ブルゴーニュ」で栽培されている葡萄「ムロン・ド・ブルゴーニュ」(ブルゴーニュのメロンの香りのする葡萄、という意味)に白羽の矢を立てました。
ブルゴーニュで栽培されていた「ムロン・ド・ブルゴーニュ」は名前の通りメロンの香りがしていたかもしれませんが、気候や土壌の違いからか、現在、ロワール地方で栽培されているミュスカデにはメロンの香りはありません。この「ムロン」が、「ムスク(麝香・じゃこう)」となり、だんだんと変化して、「ミュスカデ」の語源になったと言われていますが、実際のところはよく分かっていません。

ミュスカデ」は醸造過程で生成される澱引きをせずそのまま春までおいておくという「シュール・リー製法」で醸造されることが多いワインです。

それ以外にも、ナント周辺地区固有の品種で、葡萄にしては珍しく“クエン酸”の寄与を大きく感じる「グロ・ブラン」、そしてナント周辺地区では「フィエ・グリ」とも呼ばれる「ソーヴィニヨン・グリ」主体のワインを取り上げました。


今回取り上げましたワインのノートは下記のとおりです。

200619002

200619003

200619004

【Salone Report】 Wine Lovers Club 2020.3.20

3月20日は、「いろんなワインを味わいたい/ワインのことをもう少し識りたい」方に向けて開催しております体感型ワイン・テイスティング講座、「Wine Lovers Club」を開催致しました。
参加下さいました皆さま、ありがとうございます♪

ただいま、「フランス」の生産地域と葡萄品種の関係にフォーカスしたテーマでワインをセレクトして開催しております「Wine Lovers Club」。
フランスの“ワイン産地”にフォーカスして、さまざまなフランスワインの産地を巡っています。

フランスワイン産地を巡る旅の第8回目は前回に引き続き「ローヌ」で、ローヌ原産の品種「シラー」の北ローヌと南ローヌでの味わいの違いについて、テイスティングをしました。

200320004

シラーには二つの側面があります。
ひとつはむせかえるような野生の香りと強靭なタンニンを備えた「パワフルな性格」。
もうひとつはピノ・ノワールと間違えるような華やいだ香りと鮮烈な酸を伴う緻密な構造を備えた「上品な性格」です。正反対とも言えるようなこの二面性のバランスこそが、優れたシラーを特徴づけます。
 
上品な性格」の側面は、シラーの中心的産地、北ローヌで最大に発揮されます。とくに1割ほどのヴィオニエが混植・混醸されたコート・ロティの南側のワインは、妖艶な香りとなめらかな質感があります。
一方で「パワフルな性格」の側面は南ローヌで強調されてきます。

また南ローヌの特徴的なブレンド、グルナッシュとシラーと補助品種のワインも合わせてテイスティングしました。
 

今回取り上げましたワインのノートは下記のとおりです。

200320001


200320002

200320003






【Salone Report】 Wine Lovers Club 2020.2.21

2月21日は、「いろんなワインを味わいたい/ワインのことをもう少し識りたい」方に向けて開催しております体感型ワイン・テイスティング講座、「Wine Lovers Club」を開催致しました。
参加下さいました皆さま、ありがとうございます♪

ただいま、「フランス」の生産地域と葡萄品種の関係にフォーカスしたテーマでワインをセレクトして開催しております「Wine Lovers Club」。
フランスの“ワイン産地”にフォーカスして、さまざまなフランスワインの産地を巡っています。

フランスワイン産地を巡る旅の第7回目は「ローヌ」に注目して、ワインを3種類セレクトしました。

200221001
フランスのローヌ地方は、日本でも人気の品種シラーやグルナッシュから造られるワインが産出されています。フランスワインの2大産地といえばボルドーとブルゴーニュ。
ローヌはどうしても華やかなブルゴーニュの影に隠れがちな産地ですが、フランスではボルドーに次いで広い産地。実はAOC認定ワイン限定の生産量では、ボルドーに続いてフランス国内2位の生産地。そしてローヌ地方には多くの魅力を持ち合わせています。
 
 ローヌ地方は北にあるブルゴーニュ地方と、南にあるプロヴァンス地方、ラングドック&ルーション地方に挟まれており、ローマ時代に交通の要所として栄えた都市・ヴィエンヌからローヌ川沿いに南下し、14世紀に法王庁が置かれていたアヴィニョン周辺まで約200キロに渡る地域を指します。
  
ローヌ河沿いの道を「ルート・デ・ソレイユ(太陽の道)」と呼ばれるように、ローヌは太陽の恵みを一杯受けます。 それゆえ、ローヌワインは、“太陽のワイン”とも呼ばれます。北部は幅の狭い畑がローヌ河両岸にありますが、南部は東西70Kmに渡って畑が広がっています。
またローヌでは、ローヌ渓谷から地中海に吹き抜ける乾燥したミストラルという冷風が雨後の畑を乾燥し、カビなどの湿気由来の病気を防いでくれています。また、この風が非常に強いため、果実の大きさも自然と小さくなって風味が凝縮します。

一口に、ローヌワインと言っても、気候や土壌などの違いから北と南でブドウ品種や味わいなど、北部と南部では出来るワインの性格は大きく異なります。
ヴィエンヌから都市・ヴァランスまでの険しい斜面が続く北部、ヴァランスからアヴィニョン周辺まで高原、平野とが続く南部と、南北に広々と広がり、土壌や主要品種などが大きく異なっています。ですので、ワイン産地は2つの地域にはっきりと分けられます。赤ワイン、白ワイン、ロゼワインもおすすめの、バラエティ豊かな産地です。

今回はローヌワインの1回目として、ローヌならではのワインをセレクトしました。
独特の製法で造られる泡のワイン、太陽の恵みをいっぱいに受ける土地で真価を発揮する白ブドウ品種“ヴィオニエ”で造られたワイン、そしてフランス ロゼワインの草分け的存在のロゼワインをテイスティングしました。
 

今回取り上げましたワインのノートは下記のとおりです。

200221002

200221003

200221004






【Salone Report】 Wine Lovers Club 2020.1.24

1月24日は、「いろんなワインを味わいたい/ワインのことをもう少し識りたい」方に向けて開催しております体感型ワイン・テイスティング講座、「Wine Lovers Club」を開催致しました。
参加下さいました皆さま、ありがとうございます♪

4月からは新たに、「フランス」の生産地域と葡萄品種の関係にフォーカスしたテーマでワインをセレクトして開催しております「Wine Lovers Club」。
7月からフランスの“ワイン産地”にフォーカスして、さまざまなフランスワインの産地を巡っていきたいと思います。

フランスワイン産地を巡る旅の第六回目は「サヴォワ」に注目して、ワインを3種類セレクトしました。

200124001

スイスとイタリアの国境、アルプス山脈の麓に位置していますサヴォワ地方は、1860年頃にフランス領になりました。ヨーロッパ最高峰のモンブラン(4,810m)を擁し、雄大なアルプスはじめ美しい森や湖に囲まれた自然豊かな地方です。
 土地独特の風味や味わいである“テロワール”を活かしたワインが多く生産されているサヴォワは、すぐ近くに位置しているジュラ地方とセットで語られることも多く、他の地方に比べ目立たない存在ですが、アルプス山麓の畑が育む特殊なワイン産地で、「山のワイン」と呼ばれる魅力あるワインなど、生産者たちの土地への愛情を感じるワインも少なくありません。
 
 葡萄畑は、スイス国境のレマン湖畔から、ローヌ河沿い、イーゼル河沿いに点在していて、アルプスに繋がる山岳地帯の中の標高200~500mの斜面に広がっています。
 大陸性気候ですが、湖や河川で和らげられ、夏と秋には好天に恵まれるので、葡萄は良く実ります。そして、南風と西風によって大陸性特有の厳しい気温差はあまりありません。また、年間降雨量は1000m以上と多いですが、全体的には厳しい気候なので、それに耐えうるこの地方特有の品種でワインが醸造されています。

 冷涼地域のために軽いタイプの白ワインが主に醸造され、赤ワインはタンニンが少なく飲みやすいのが特徴です。生産の7割は、爽やかな味わいの辛口の白ワインです。

 今回はサヴォワの特徴的な白ワインブドウ品種で造られた3種類の白ワインをテイスティングしました。
共通しているのは、ドライで酸味がしっかりとしていること。中には、独特なえも言われぬ香りの品種もありました。

今回取り上げましたワインのノートは下記のとおりです。

200124002

200124003

200124004





【Salone Report】 Wine Lovers Club 2019.12.20

12月20日は、「いろんなワインを味わいたい/ワインのことをもう少し識りたい」方に向けて開催しております体感型ワイン・テイスティング講座、「Wine Lovers Club」を開催致しました。
参加下さいました皆さま、ありがとうございます♪

4月からは新たに、「フランス」の生産地域と葡萄品種の関係にフォーカスしたテーマでワインをセレクトして開催しております「Wine Lovers Club」。
7月からフランスの“ワイン産地”にフォーカスして、さまざまなフランスワインの産地を巡っていきたいと思います。

フランスワイン産地を巡る旅の第五回目は「南西地方」に注目して、ワインを3種類セレクトしました。

191220004

北はボルドーのすぐそば、南はスペインとの国境、東はラングドック地方にまで接する、広大な地域に点在するワイン産地の一群は、まとめて「南西地方」と呼ばれています。
フランスワイン産地区分の「南西地方」と言う呼称は、便宜的な呼び方で、歴史・文化的には「ガスコーニュ地方」と呼ぶのが適していると思います。この南西地方のワインは一括りにはできません。

南西地方は美食の地としても名高く、高級食材の代名詞フォアグラの生産量は、フランス全体の75%を占めているほど。また世界に誇る黒トリュフのブランド「ペリゴール・トリュフ」の産地でもあり、その一方で野性味あふれるジビエも外せない名物です。ワインもまた、こういった主張の強い食材に負けないたくましさを備えており、料理に合わせ甲斐のある個性豊かな銘柄が揃っています。

そんな美食のエリア「南西地方」はフランスワインを語る上で、外せない一角の素晴らしい産地である事に間違いありません。しかし他と比べると、正直なところちょっとだけ影が薄い印象。ボルドー&ブルゴーニュの二大巨頭は別格としても、ローヌやアルザス、ロワールといった地域と並べれば、遜色ない伝統と実績があるにも関わらず、なんとなく不遇な扱いを受けている気がします…。 

実は歴史的に見ても、南西地方のワインは不運な境遇にあったのですが、それにはかつてのボルドーワインが深く関わっていました。

交通網が発達していなかった中世、南西地方のワインをイギリスなどへ出荷するには、水運を利用して川を下り、ボルドーの港を利用するのが最良の手段でした。下流にあるボルドーのワイン商たちは、上流から運ばれてくるワインの高い実力を知っていました。そして販売先である貴族たちの間で、その評判が広まり人気となれば、自分たちのボルドーワインが売れなくなってしまうと危惧します。そこで彼らはボルドーワインの出荷が終わるまで、南西地方のワインは港に入れさせないという、かなり姑息な手段で対抗したのです…。 
ボルドーが売り切れた後に市場に出されると言うボルドー優遇政策の長い歴史が、この地方のワインをマイナーなワインにしてしまいました。

しかし、その実力たるや。
今回セレクトしました3種類のワイン、すべてがおいしいとみなさまに好評でした。

今回のヒント、としまして「赤でも白でもないワインを産する産地」 と出したのですが、その答えは、この地には「黒ワイン」と呼ばれるほどの見た目の濃厚なワインの産地があります。

今回取り上げましたワインのノートは下記のとおりです。

191220001

191220002

191220003




ガレリアカフェ ユー憲章
今月の展示

小西淳子 挿し絵展
小西淳子さんの絵画展です
記事検索
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード