U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユー)の日々を綴るblogです

フィリップ・ストレンジ(ピアノ)

【Live Report】 Tuesday Night Live 2018.5.29 EMiKO VOiCE(vo.)&Phillip Strange(pf.)

5月29日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユウで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ヴォーカルの EMiKO VOiCE さんとピアニストの フィリップ ストレンジさんです。

180529001

時にはコケティッシュ、時にはエレガント、時にはしゃべるように、コミカルに、様々な表情の声で歌うワン&オンリーのヴォーカリスト EMiKO VOiCEさん。
アメリカ・ヨーロッパ・日本で共演し、1988年からは、ジャズ・ピアニスト、作曲家、そして大学教授として日本の大阪を中心に活躍されているフィリップ・ストレンジさん。 

ブラジル音楽から日本の江戸・明治時代の俗曲、端唄まで、ジャンルでは括りきれない「歌い手」として知られるEMiKO VOiCEさんが、“スウィング・ジャズ”を普通に歌うライヴ。
それはフィリップさんと共演することでEMiKO VOiCEさんが「スウィング・ジャズを普通に歌う愉しさに触れたから」。
その愉しんでいる様子が、音に、声に、表情に、雰囲気に表れるライヴでした。

各セットのオープニングはフィリップさんのピアノソロ。

180529002

1stセットでは、ジャズピアニスト デイブ・ブルーベックの曲、「In Your Own Sweet Way」 。
そして2ndセットでは、そのデイブ・ブルーベック・カルテットを一躍有名にした「Take Five」 (ただし、曲を作ったのはカルテットのメンバーでアルト・サックスを吹くポール・デスモンド)。

テーマを彩り自由に紡いでいく、時にはテーマさえもアレンジを加えていく、フィリップさんのソロワーク。
モダンジャズの熱い雰囲気を感じさせてくださいました。


EMiKO VOiCEさんが登場してからは、まるでスウィングダンスのリードのように、控えめに、ヴォーカルをサポートし、エスコートし、そしてソロでは鮮やかに。
声とピアノのスウィング・ダンス。

「ジャズの従兄弟」とも言われる、ボサ・ノーヴァを織り交ぜたりしながらも、今までのEMiKO VOiCEさんのライヴでは歌われたことのない、スウィングにぴったりの曲や、とってもとってもせつなく響くジャズのスタンダードナンバーも登場。

2ndセットからは、マイクを外して生声でのライヴとなりましたが、それでも溶け合うEMiKO VOiCEさんとフィリップさんの声と音。

ちょうど今の季節、5月ころに急に肌寒くなる気候のことを英語では“Blackberry Winter”と言うそうですが、「そんな時は昔の恋人を思い出す」という内容の曲「Blackberry Winter」。
ほんとうにせつなく、そして優しく響く声と歌、でした。
 

ジャズの基本的な曲「Autumn Leaves」 では、EMiKO VOiCEさんとフィリップさんのピアノの連弾。

180529003

伴奏とメロディーの担当を途中で入れ替わったり、とジャズの愉しさを観せてくださいました♪ 


EMiKO VOiCEさんとフィリップさんの東京3daysの最終日にあたったカフェ・ユウでのライヴでは、私たちも食とワインで「ニューヨーク」を演出いたしました。

 
本日も、来場くださいました皆さまにとともに、スウィングの愉しいひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪  

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. In Your Own Sweet Way
2. Straighten Up And Fly Right
3. Moon And Sun
4. Baubles, Bangles And Beads
5. Skylark
6. Chega De Saudade
7. Yardbird Suite
 
<2nd Set>
1. Take Five
2. Shiny Stockings
3. Samba de Uma Nota Só
4. Autumn Leaves
5. Blackberry Winter
6. Twisted

<Additional>
Lullaby of Birdland
 
1st-1,2nd-1: ピアノソロ by フィリップ ストレンジさん
2nd-4: ピアノ連弾

【みんな de ライヴ】 2017.10.15 東の歌姫と西のピアノの巨匠のデュオによるジャズライヴ

 de 」は、
お昼どきを終えて夕餉が始まるまでの日曜日の昼下がり。
カフェでアフタヌーンティーを愉しむのにぴったりの時間帯(14:00~17:00)に開催しますスイーツ付きアフタヌーンティーライヴです♪

第一線で活躍されるミュージシャンによる生演奏を、天然木材で囲まれた小さなスペースならではの臨場感溢れる環境で、ドリンクとスイーツのセットとともに愉しんでいただけます。
もちろん、ユウはライヴ中も禁煙です。
そして優雅な生演奏の余韻に浸りながらも明るいうちに終演致します。


10月15日(日)は、ヴォーカルの EMiKO VOiCEさんと、ピアニストの フィリップ ストレンジさんのデュオによるライヴをお聴きいただきます♪
ジャンルでは括りきれない幅広いフィールドで、さまざまな表情の声で歌うワン&オンリーのヴォーカリスト EMiKO VOiCEさん。
そのEMiKO VOiCEさんが、関西に行くときは何時も共演しているピアニストフィリップ・ストレンジさんを東京に
お招きしてのデュオライヴです。
フィリップさんはとてもスインギーで遊び心があるジャズピア二ストにして、共演者の気持ちに寄り添う演奏とフレンドリーなお人柄がとても魅力的な方。
グルーブが素晴らしいスウィングの生演奏とともに過ごす日曜の午後のひとときを、あなたにも愉しんでいただけたら嬉しいです♪


ライヴは14:00 開演です。開場は13:30 からです。
2ステージ、入れ替えなしでお愉しみいただけます。
(途中入場、退場もできます。)
料金は、ミュージックチャージスイーツとドリンクの1セットを合わせた¥3,600  です。
※ドリンクメニューによりましては、一部追加料金をいただくものもございます。
U_U サポーター'sチケットご利用方は ¥3,100 
テーブル席数は12席(予約優先制です)
U_U サポーター'sチケットご利用の方は座席の指定ができます。 


お問い合わせまたはお申し込みは、03-3944-2356 ガレリア カフェ ユウにお電話いただくか、もしくは[u_u_info]宛てにメールにてお受けいたします。
ご予約の無い方も、ご都合付きましたらぜひお立ち寄りくださいませ♪

出演者のプロフィール情報は下記をご覧ください。

みんなdeライヴロゴ
171015000
map500
ガレリアカフェ ユウ憲章
営業スケジュール
今月の展示

藤永康之写真展 山のささやきII
「山」の様々な表情を切り取ったモノクロ写真展
記事検索
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード