U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユー)の日々を綴るblogです

パイオニアガール

【Salone report】 2019.8.27 茶論トーク 英米児童文学の愉しみ

8月27日は、翻訳家 谷口 由美子さんが自ら手掛けられた英米児童文学の魅力をお伝え下さる茶論(サロン)トーク、「茶論トーク 英米児童文学の愉しみ」を開催致しました。
参加下さいました皆さま、ありがとうございます♪

190827001

新しいお店に移転してからは初めての開催。
レイアウトが変わりまして、より多くの方に愉しんでいただけるようになりました。

今回のテーマは「“大草原のローラ”の翻訳こぼれ話」でした。

2017年に“大草原のローラ”シリーズの原典である「Pioneer Girl」を訳された谷口さん。
谷口さんが「大草原のローラ」シリーズと最初に出会ったのは小学校5年生の時におばさまからのいただいたプレゼント、だったそうです。
今まで谷口さんが好きで読んでいた「若草物語」などとは全く違った「少女 ローラ」との出会いに衝撃を受けた谷口さんは、そこからローラの他のシリーズを読まれたそうです。

盆地の甲府で生まれ育った谷口さんには、“見渡す限りの大草原”というのが想像がつかなかった、と聞けばなるほど、ですが、そこが翻訳本のひとつの魅力であり、ジレンマでもあるのですね。

時を経て。
大学生になった谷口さんは交換留学生としてアメリカで過ごします。その場所がなんと“キャンザス”!
その当時、谷口さんはキャンザスにローラが過ごした家があることはご存知無かったそうです。
ですが、通っていた大学には日本ではまだ読んだことのない“大草原のローラ”シリーズの原書がずらり、揃っていました。また時を同じくして、アメリカでは後に日本でも放映されて大人気となるTVドラマ「大草原の小さな家」が放映されていたそうです。
その時に、「原書とドラマは別物で、でもそれぞれに魅力があるな」と思われたそうです。
また、まだ日本語に翻訳されていない原書があることを知った谷口さんは、まだ未訳の原書を「訳したい!」と思ったそうです。
またこの時に、後につながる方とのご縁も育まれたそうです。

そして就職をされた谷口さんは、指揮者カラヤン本人との数奇なめぐり合わせをすることで、ヨーロッパへの招待のチャンスを得、それを機にアメリカの西部開拓の主たる場所を巡る旅をします。

1ヶ月に渡る長い旅行を機に退職された谷口さんは、そこからローラシリーズの訳の仕事と出会い、さらにはアメリカで各地を回った経験とつながったご縁が元でグラフィック・ブックス「大草原の小さな家 ー ローラのふるさとを訪ねて」の出版に至ります。(この本の出版を機に“リトルハウスクラブ”も発足したそうです)

おばさまからいただいた1冊の本がきっかけで始まった翻訳家 谷口 由美子さんの物語は、さながら本家ローラのように、翻訳家の「パイオニア・ガール」の物語です。
そしてその旅はまだまだ続いていくのです♪

【Salone report】 茶論トーク 英米児童文学の愉しみ

本日は、翻訳家 谷口 由美子さんが自ら手掛けられた英米児童文学の魅力をお伝え下さる茶論(サロン)トーク、「茶論トーク 英米児童文学の愉しみ」を開催致しました。
参加下さいました皆さま、ありがとうございます♪

本日、谷口さんがご紹介くださいましたのは、ローラ・インガルス・ワイルダーの新書「パイオニアガール」です。

2016年2月9日の茶論トークで紹介くださった「パイオニアガール」、いよいよ今年「2017年のローラ生誕150周年」の冬に出版される運びになってきました。
本日の茶論トークでは、翻訳版のもくじを資料として見せてくださいました。

2014年秋にアメリカで出版された「パイオニアガール」。
前回もお伝えしましたとおり、これはローラ自身が書き留めておいた回想録です。
しかもベースは、娘ローズが添削する前、まさにローラが執筆したものです。
そこにパメラ・スミス・ヒルさんが解説・注釈を付けているのが原作の「Pioneer Girl」。
翻訳本では、「リトルハウスシリーズ」の引用も福音館書店、岩波書店の本の翻訳文を引用するなど、谷口さんが工夫されています。
既出版翻訳本との対比ができ、そして読みたい既出版翻訳本がわかる、とてもありがたい配慮です。

繰り返しになりますが、ローラの名前を知らしめた「リトルハウスシリーズ」は、「パイオニアガール」を子供たちのためにローラがフィクションも交えて再創造したものです。
「プラム・クリークの土手で」の出版に関するインタビューに答えたローラの肉声では、
「この本は“本当のこと”を書いています」と答えている、と谷口さんが教えてくださいました。
“本当のこと”は英語でローラは"true"を使っているそうです。

ローラは"real"な実体験を元に、子供たちに伝えたいことをより現実味を帯びて伝わるように"true"のこととして物語を書きました。
今回出版される「パイオニアガール」と比べて読むことで、ローラが何を伝えるべきと思ったか、(そして何を伝えるべきではないと思ったか)が読み手に伝わるのではないでしょうか?

ローラは事実を伝えたかったのではなく、どんな苦境でも希望を持って生きていくための智慧を伝えたかったのではないか?と思います。

谷口さんの翻訳によって出版される「パイオニアガール」!
出来上がりが愉しみです♪

170207002
 

【Salone report】 茶論トーク 英米児童文学の楽しみ

本日は、翻訳家 谷口 由美子さんが自ら手掛けられた英米児童文学の魅力をお伝え下さる茶論(サロン)トーク、「茶論トーク 英米児童文学の楽しみ」を開催致しました。
参加下さいました皆さま、ありがとうございます♪

本日、谷口さんがご紹介くださいましたのは、ローラ・インガルス・ワイルダーの新書「パイオニアガール」です。

160209002

2014年秋にアメリカで出版された「パイオニアガール」。
これはローラ自身が書き留めておいた回想録です。
しかもベースは、娘ローズが添削する前、まさにローラが執筆したものです。

ローラの名前を知らしめた「リトルハウスシリーズ」は、「パイオニアガール」を子供たちのためにローラがフィクションも交えて再創造したものです。
「フィクション」というと、「作り物」=「事実じゃない」というイメージを持つ方もいらっしゃるかと思いますが、「実体験をもとに、読み物としてよりドラマティックにした」という認識をした方が良い、と谷口さんはおっしゃいます。
つまり、「リトルハウスシリーズ」では、ローズの添削も交えながらではあるものの、ローラは歴史書家ではなく児童文学家として執筆していた、ということです。

これにはステキなエピソードがあります。
リトルハウスブックの1冊目が出版された時は、アメリカは大恐慌時代の最中でした。
当初出版される予定だった出版社も倒産の憂き目に遭います。
その時に、倒産した出版社の経営者がライバル社に「とてもいい本があるから出さないか?」と電話したそうです。
そしてその電話を受けたライバル社の経営者が、「これは子供向けに書いてはどうか?」とローラに提案しました。
その提案によって、ローラの執筆意欲は俄然盛り上がったそうです。
「いかなる大恐慌も出版を止められなかったこの本」は、その後シリーズとして9冊(ローラがブラッシュアップしたものとしては8冊)出るほどとなりました。

そのリトルハウスシリーズの元となる、ローラが「子供の時の経験を大人の目から見た大人のための年代記」として記した「パイオニアガール」は、1970年代にはその存在を知られていました。
ですが実際に出版されたのは2014年です。
なぜこのタイミングだったのか?
谷口さんは、今このタイミングだからこそ、リトルハウスシリーズの「本当の姿」を知ってもらうことができるのでは?とおっしゃいます。

そして現在、谷口さんはこの本を翻訳中です。
出版予定は「2017年のローラ生誕150周年」!
リトルハウスシリーズの「真の姿」を日本語で読むことができるようになります♪
出来上がりが今から愉しみです♪

【2月9日のサローネ】 英米児童文学の楽しみ ~翻訳家 谷口由美子の茶論トーク~

「大草原の小さな家」シリーズをはじめ、「赤毛のアン」、「若草物語」、「サウンド・オブ・ミュージック」など、多くの英米児童文学の翻訳をされている谷口 由美子さんにお越しいただき、それぞれの作品にまつわる魅力的なエピソードをお話いただくお茶会、
英米児童文学の楽しみ  ~翻訳家 谷口由美子の茶(サロン)論トーク~

物語の世界と実際の原作者の生活との関係性や、
舞台化または映画化されるにあたって変更された部分やその理由などなど。

今でもその瑞々しい魅力を持ち続ける英米児童文学が、もっともっと読んでみたくなる♪
そんなお話に溢れるお茶会です。

大人の方はもちろん、これから英米児童文学に出会うお子さんにも参加して頂けたらと思います。
次回は、2月9日 14:00 から、『大草原の小さな家へのお誘い ~すべては『パイオニアガール』から始まった~』と題して、先ごろアメリカで出版されたローラ・インガルス・ワイルダーの新作本を紹介していただきます。

Pioneer Girl」は、1930年にローラが娘ローズに勧められて書いた最初の本で、出版されずにいた本です。
その本を谷口さんが今まさに・・・。
そのあたりの事情も含めて、お話いただきます。
大草原の家のローラファンは必聴のお話です♪

お問い合わせまたはお申し込みは、03-3944-2356 カフェ ェ バール ユウにお電話いただくか、もしくは[u_u_info]宛てにメールにて、ご一報くださいませ♪

160209001
map500

ガレリアカフェ ユー憲章
今月の展示

切り師 『長屋 明』 奇跡の切り絵展
長屋 明さんの切り絵展です
記事検索
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード