U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユー)の日々を綴るblogです

イタリア

【Salone Report】 Wine Lovers Club 2021.2.20

2月20日は、「いろんなワインを味わいたい/ワインのことをもう少し識りたい」方に向けて開催しております体感型ワイン・テイスティング講座、「Wine Lovers Club」を開催しました。
テイスティング下さいました皆さま、ありがとうございます♪

2021年1月より、「イタリア」の生産地域と葡萄品種の関係にフォーカスしたテーマでワインをセレクトして開催しております「Wine Lovers Club」。

アルプス山脈の南側から地中海に張り出した細長い地形のイタリアは、温暖で日照にも恵まれ、ブドウ栽培に適した環境であるため、国土のほとんどの地域で昔からワインが造られてきました
イタリアワインの魅力はなんと言ってもその多様性500種を超えると言われる土着品種に特化したり、国際品種を上手に取り入れながら、多様な気候と相まって土地の個性を表現したワインが生み出されています。

イタリアワイン産地を巡る旅の2箇所目は「ウンブリア」を取り上げました。

210220004

ウンブリア州は、イタリアのほぼ中央に位置し、アペニン山脈の西側に広がる州で「緑の心臓」とも呼ばれています。山と丘と湖の織成す美しい盆地を中心とする内陸州で、周りはマルケ州、トスカーナ州、ラッツィオ州に囲まれ、イタリアで唯一、海にも国境にも面していない州です。
ローマに通じる様々な交通路が州内を走り、エトルリア人によって築かれた街と言われている州都ペルージャを初め、2000年以上前に造られた城壁や門などの建築や中世の建造物があちこちに残されていて、今も見ることができます。

宗教的に見ても重要な州であり、アッシジにはキリスト教信者の巡礼地「聖フランチェスコ聖堂」をはじめ多くの修道院があります。 またペルージャ県のノルチャは、ベネディクト修道会創設者「聖ベネディクトゥス」の生誕地です。

ウンブリアの政治・経済面は、長らくラッツィオが支配していましたが、文化面ではトスカーナがウンブリアに大きな影響を与えていたため、ワイン造りにおいてはトスカーナとの共通点が多く見られます

湖や川も多く、自然に恵まれた豊かな土地で、また、大小多くの川が流れるウンブリア州。
緩やかな丘陵地帯という地形と気候、土壌のすべてがワイン造りに適した条件を兼ね備えています。そのため、古くからワイン造りに最適な土地として知られており、古代ローマ時代から州全域でブドウ栽培が盛んで、ローマ法王へワインを献上した歴史もありますが、丘陵地帯もトスカーナから続いていることから、ワイン造りにおいても共通点が多く、そのためトスカーナの陰に隠れてしまう印象を与えてきました。ですが、近年、近代的な醸造技術を背景に品質の向上が計られて、以前よりずっと注目を浴びる存在になってきています。
知名度は低くともウンブリア州の各地では多くのワインが生産されています。

そういった知名度の低い州であっても、ポテンシャルの高いワインを造っている。
これこそが、イタリアワインの魅力でもあります。


今回取り上げましたワインのノートは下記のとおりです。

210220001

210220002

210220003







【Salone Report】 Wine Lovers Club 2021.1.23

1月23日は、「いろんなワインを味わいたい/ワインのことをもう少し識りたい」方に向けて開催しております体感型ワイン・テイスティング講座、「Wine Lovers Club」を開催しました。
テイスティング下さいました皆さま、ありがとうございます♪

2021年1月より、「イタリア」の生産地域と葡萄品種の関係にフォーカスしたテーマでワインをセレクトして開催しております「Wine Lovers Club」。

アルプス山脈の南側から地中海に張り出した細長い地形のイタリアは、温暖で日照にも恵まれ、ブドウ栽培に適した環境であるため、国土のほとんどの地域で昔からワインが造られてきました
イタリアワインの魅力はなんと言ってもその多様性500種を超えると言われる土着品種に特化したり、国際品種を上手に取り入れながら、多様な気候と相まって土地の個性を表現したワインが生み出されています。

イタリアワイン産地を巡る旅の最初は「サルデーニャ」を取り上げました。

210123004

サルデーニャ島は、イタリア半島の西、テレニア海に浮かぶ、北はボニファーチョ海峡を隔ててフランス領コルシカ島と対する、イタリア第二の島です。島の北東部には超高級リゾートホテルが立ち並ぶ世界的にも有名なコスタ・ズメラルダ(エメラルド海岸)がある、うつくしい海に囲まれた秘境です。

サルデーニャ島は歴史的に、古代からフェニキア、ローマ、ビザンチンなど様々な国の支配を受けてきました。15世紀以降はスペインの圧政の下に置かれ、発展からは取り残された島でした。 18世紀にサヴォイア家に領有され、サルデーニャ王国が成立します。統一イタリアはこのサルデーニャ王国に併合される形で進み成立します。

ワイン生産発展の歴史は浅く、19世紀以降です。しかし、近年、近代的醸造技術がこの島にも普及し、品質の高いものが造られています。スペイン支配が長かったため、スペイン系の葡萄品種で造られているのが特徴です。赤は、カリニャーノとカンノナウ種。白は、ヴェルメンティーノとヴァルナッチャ種。赤白ほぼ同量を産出します。DOC(G)ワインの割合は4分の1強です。今でも独自の文化が残るこの島らしい、個性的でこの地でしかできないものが多い産地です。


今回取り上げましたワインのノートは下記のとおりです。

210123001

210123002

210123003






世界中のワインを楽しもう♪ 第92弾

いろんなワインを楽しむ企画メニュー「世界中のワインを楽しもう♪」
92本目はイタリア・マルケ州で造られる白ワインです。

イル・ポレンツァは、アドリア海を臨むマルケ州でボルドースタイルのスーパーマルケワインを造っています。
サッシカイアのエノロゴ、ジャコモ・タキス氏最後のプロデュースワイナリーで、現在のエノロゴは、マッツェイ、テリッチオ、サパイオを手掛けたカルロ・フェリーニです。

ハーブのニュアンスを持ちつつも、南国フルーツのように完熟性を感じるソーヴィニヨン・ブランに、余韻を与えるために加えているのがイタリアの品種、トレビアーノ。
トレビアーノがスパイシーな複雑な余韻を絶妙に与えています。

worldwine092
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード