U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユー)の日々を綴るblogです

アリスの国の不思議なお料理

【Salone Report】 アリスの国の不思議なお料理会

本日は、「アリスの国の不思議なお料理(ジョン・フィッシャー作 開高道子訳)」のレシピを実際に創って、みんなで味わうお料理会、「アリスの国の不思議なお料理会」を開催致しました。
参加下さいました皆さま、ありがとうございます♪

1862年7月4日、ルイス・キャロル率いる一行はランチボックスを手にボートに乗り込みテムズ川を川下り♪
アリスを含むリデル姉妹にねだられて即興で作ったお話が「アリス」のお話です。
その時のお話をさらに膨らませて後に、1865年の同じく7月4日に出版されたのが「不思議の国のアリス」。
その、アリスのお話のお誕生日を記念して当店で毎年開催されるのが「アリスの国の不思議なお料理会」。

アリスの世界でたくさん登場する食べ物に関する記述を体験してみたいと言うファンのために、その世界をレシピにしたのがジョン・フィッシャー著「アリスの国の不思議なお料理」です♪
その中から、今回も3品を再現して実際に食べてみました。 
今回も、アリスコレクターの方による、件の物語のシーンの解説とともに、皆さんで実食していただきました。 

最初にお出ししましたのは「おしゃれゆで卵」。

180704001

このレシピの題材は「鏡の国のアリス」です。
鏡の国に迷い込んだアリスの不可思議な冒険はチェスをベースにしています。
このレシピが関係するのはハンプティダンプティとのやり取りのシーン。
ハンプティダンプティはマザーグースに登場するキャラクターです。

2品目は「三月兎のミルクつぼ煮」 。

180704002


こちらは「不思議の国のアリス」から。
三月兎(と帽子屋)は実は鏡の国でも登場するキャラクターです。
前回は鶏肉で代用したのですが、今回はウサギ肉を使いました。

3品目は「かばん語パン」と「永遠にもらえないジャム」 。

180704004
180704003

こちらは「鏡の国のアリス」に出てくる品です。
「かばん語パン」は白い小麦粉と黒い小麦粉を混ぜて創るところに物語の特徴を出しています。

「かばん語(portmanteau)」とは、言葉遊びが好きなルイス・キャロルが生み出した造語の名称で、2つ、またはそれ以上の語の1部を組み合わせて作った語のことです。
「鏡の国のアリス」で、ハンプティ・ダンプティのせりふとして「slithyという言葉は、滑らか(lithe)で粘っこい(slimy)ことだ。2つの意味が1つの言葉に詰め込まれたこの言葉は『旅行かばん(portmanteau)』のようだろう」と言ったのが始まりといわれているそうです。
よく知られているものに、「brunch(ブランチ)」(「breakfast(朝食)」+「lunch(ランチ)」)や「Spanglish(スパングリッシュ)」(「Spanish(スペイン語)」+「English(英語)」)で、辞書にも載っているものもあるそうです。


参加いただいた方は実感くださるのですが、イギリスのレシピは美味しいです。
ただし、食材の味を活かしたレシピばかりなので、食材の味が決め手になると言えます。


今回の食事会では、「アリス・・・」の作家 ルイス・キャロルのドキュメント映像も一緒に見ながら、ルイス・キャロル像の話にもなりました。
全体の一部だけを取り上げて誇張されるなど、その本人像が歪められている部分も無きにしも非ずなルイス・キャロル。
ただ、この物語は一人の少女のために書かれた作品、という真実があります。

またアリスの物語は、「子供じみた大人との出会いを通じて、子供であるアリスが成長する様」が描かれているというポイントは鋭いなぁ~、と思いました。


2018年も参加下さいました皆さまとともに、不思議なお食事会を愉しむことができて嬉しいです♪
ありがとうございます♫ 

【Salone Report】 アリスの国の不思議なお料理会

本日は、「アリスの国の不思議なお料理(ジョン・フィッシャー作 開高道子訳)」のレシピを実際に創って、みんなで味わうお料理会、「アリスの国の不思議なお料理会」を開催致しました。
参加下さいました皆さま、ありがとうございます♪

1862年7月4日、ルイス・キャロル率いる一行はランチボックスを手にボートに乗り込みテムズ川を川下り♪
アリスを含むリデル姉妹にねだられて即興で作ったお話が「アリス」のお話です。
その時のお話をさらに膨らませて後に、1865年の同じく7月4日に出版されたのが「不思議の国のアリス」。
その、アリスのお話のお誕生日を記念して当店で毎年開催されるのが「アリスの国の不思議なお料理会」。

アリスの世界でたくさん登場する食べ物に関する記述を体験してみたいと言うファンのために、その世界をレシピにしたのがジョン・フィッシャー著「アリスの国の不思議なお料理」です♪
その中から、今回も3品を再現して実際に食べてみました。 
今回も、アリスコレクターの方による、件の物語のシーンの解説とともに、皆さんで実食していただきました。 

最初にお出ししましたのは「ハの字ハムサンド」。

170705001

このレシピの題材は「鏡の国のアリス」です。
鏡の国に迷い込んだアリスの不可思議な冒険はチェスをベースにしています。
このレシピが関係するのは白の王様とのやり取りのシーン。

言葉遊びが好きなルイス・キャロルは登場人物のアリスにも文中で言葉遊びをさせます。
原文では“H”を使った言葉遊びが展開されます。
そこで登場するのが、HAM-SANDWICHES(ハムサンド)とHAY(干し草)です。

ジョン・フィッシャーが創作したレシピはとてもシンプル、でかつ美味しい。
というのが過去創ってきて感じることで、今回のこのハムサンドのハムペーストもシンプル&簡単&おいしいのスグレモノ。
カイエンペッパーを掛けることが推奨されているレシピです。

2品目は「羊の脚のロースト」 。

170705002

こちらも「鏡の国のアリス」から。
女王になったアリスの饗宴に出てくる品のひとつ。
しかし、アリスは食べることができません。なぜなら・・・それは物語をお読みいただいて。
参加くださった皆さんは食べました。

こちらもシンプルな味付け、そしてオーヴンの温度を2段階に分けて焼くレシピ。
そのお陰か、骨付き羊肉は表面は焼け色が付いているのに柔らかく仕上がります。

3品目は「手品風プディング」 。

170705003

こちらも「鏡の国のアリス」のアリス女王の饗宴に出てくる品です。
なぜ「手品風」かというと・・・これもお話をお読みいただくとわかります。
こちらのレシピは少し変わったプディングで、パン粉を使います。
そして鍋にお湯を張って湯煎で蒸すこと6時間!
蒸しあがると写真のようにブラウン色になっています。
レシピのお薦め添え物のひとつ、ラムバター(こちらのラムはラム酒)を添えて召し上がっていただきました。

参加いただいた方は実感くださるのですが、イギリスのレシピは美味しいです。
ただし、食材の味を活かしたレシピばかりなので、食材の味が決め手になると言えます。


ところで、「アリス・・・」の作家 ルイス・キャロルは数字の42が好きなことは研究家の間ではよく知られていることです。
「不思議の国のアリス」の挿絵の数が42だったり、帽子屋の帽子に書かれた数字や3人のトランプ兵に隠されていたり、42を探すのも研究家の中ではひとつの愉しみなのだとか。
でも、なぜルイス・キャロルが42が好きなのかは、いまだもって謎なのだそうです。
そんな話にも花が咲きながら、今年もアリスの不思議な料理を実食致しました。

参加下さいました皆さまとともに、愉しい経験ができて嬉しいです♪ 

【Salone Report】 アリスの国の不思議なお料理会

本日は、「アリスの国の不思議なお料理(ジョン・フィッシャー作 開高道子訳)」のレシピを実際に創って、みんなで味わうお料理会、「アリスの国の不思議なお料理会」を開催致しました。
参加下さいました皆さま、ありがとうございます♪

1862年7月4日、ルイス・キャロル率いる一行はランチボックスを手にボートに乗り込みテムズ川を川下り♪
アリスを含むリデル姉妹にねだられて即興で作ったお話が「アリス」のお話です。
その時のお話をさらに膨らませて後に、1865年の同じく7月4日に出版されたのが「不思議の国のアリス」。
その、アリスのお話のお誕生日を記念して当店で毎年開催されるのが「アリスの国の不思議なお料理会」。
アリスの世界でたくさん登場する食べ物に関する記述を体験してみたいと言うファンのために、その世界をレシピにしたのがジョン・フィッシャー著「アリスの国の不思議なお料理」です♪
その中から、今回も3品を再現して実際に食べてみました。 

最初にお出ししましたのは「「お飲みなさい」スープ」。

160704001

「果汁で果物を煮る」というレシピです。
しかもレシピの注釈には「バター付きトーストとともに」の文字。
今回もアリス・コレクターの方が、レシピが関係するシーンの原書部分と対訳のセットをご用意くださり、いただく前に音読して説明くださいました。
アリスが「DRINK ME」と書いてある小瓶を飲み干すシーンで、その味は「さくらんぼ入りタルト、カスタード、パイナップル、ローストターキー、タッフィーにあつあつバターつきトーストがミックスした珍味」とあり、なるほどと納得しました。

2品目は「ハートの女王さまのジャムタルト」 。

160704002

アリスファンには分かっていただけるような演出付きでお出ししました。
ジョン・フィッシャーのレシピには、同じタルト生地を使うレシピがいつくか出てくるのですが、その特徴は「ラードも使うこと」です。
バターリッチなザクザク、よりもシットリとした食感を重視したレシピです。

3品目は「パン粉まみれでないたら料理」 。

160704003

「たら」が出てくるのは疑似亀とグリフォンにアリスが出会うシーンで、疑似亀とグリフォンが踊りながら歌う歌詞に登場します。
イギリスといえば「フィッシュアンドチップス」。その食材で使われるたらはパン粉まみれ。
でも件のシーンでは、「パン粉は海ん中では洗い落とされます」のでパン粉はなし。
「たら」ってこんなにおいしい魚だったんだ?
と驚きの声が出る優れモノレシピです。

参加くださる方は実感くださるのですが、イギリスのレシピは美味しいです。
ただし、食材の味を活かしたレシピばかりなので、食材の味が決め手になると言えます。

今回は遠くは仙台からも参加くださる方が!
また今公開中のジョニー・デップ主演のアリス映画をご覧になってこられた方もいらっしゃったり。
お好きな方と、興味がある方との情報交換にも花が咲きました。
 
参加下さいました皆さまにとりましても、楽しいひとときでありましたならば、幸いです♪ 

2017年は7月3日(月)に開催いたします♪ 

【Event Report】 アリスの国の不思議なディナーパーティー

今日、7月4日は川下りのボートの上でルイス・キャロルがアリス・リデルを含む3人の女の子たちに作り話を語り、そしてその3年後の同じ日に「不思議の国のアリス」が出版された日です。

その日に合わせて、「アリスの国の不思議なお料理」のレシピを使ったディナーパーティーを開催しました。
お集まり頂きました皆さま、ありがとうございました。

今回は
◇ チェシャー猫のひげ風チーズ棒
◇ パン粉まみれでないたら料理
◇ バタツキパン蝶プディング
の3品を作ってみました。

1回目の時と同じように、試作を行わず、レシピ本になるべく忠実に作ってみました。
出来上がりはこちら。

110704001

左奥が「チェシャー猫のひげ風チーズ棒」
右奥が「バタツキ蝶パンのプディング」
右手前が「パン粉まみれでないたら料理」
です。

レシピは後日アップ致します。

作ってみた感想は、シンプル、だけど美味しい。
「チーズ棒」は焼き加減の見極めは色が軽目の焼き色が良さそうです。

今日はお客様に「日本ルイス・キャロル協会」に参加されていらっしゃる方がおられ、アリスとルイス・キャロルのことや、物語の中に隠された謎などについてお話をしてくださいました。
いろいろと面白い話が聴け、またそれをもとに読むとまた違った物語の味わいが楽しめそうです。

皆さまはいかがでしたでしょうか?

まだまだ面白いレシピがありますので、またやってみたいと思います。

【7月4日のイベント】 アリスの国の不思議なディナーパーティー

本日、7月4日のイベントのご紹介です。

1862年7月4日にテムズ川の川下りを楽しむボートの上で語られた作り話が後に「不思議の国のアリス」として世に出されました。

その7月4日に「アリスの国の不思議なお料理」のレシピを使ったディナーパーティーを開催致します。

数あるレシピの中から今回は以下の3品を作ってみたいと思います。

◇ チェシャー猫のひげ風チーズ棒
◇ パン粉まみれでないたら料理
◇ バタツキパン蝶プディング

さて、どんな味の料理になりますやら・・・

席に限りのあるイベントですので、参加ご希望の方は予約をお願いいたします。
お問い合わせまたはお申し込みは、03-3944-2356 カフェ ェ バール ユウにお電話いただくか、もしくは[u_u_info]宛てにメールにて、ご一報くださいませ♪

なお、当日の通常営業は17:00まで(Last Order は16:30まで)とさせていただきます。
ご了承くださいませ。



110601002




ガレリアカフェ ユー憲章
営業スケジュール
今月の展示

「Midori K Luck展
アンダルシア在住のMidoriさんの油彩画展です
記事検索
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード