U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユー)の日々を綴るblogです

Tuesday Night Live

【Live Report】 Tuesday Night Live 2018.10.9 小林 創(pf.)&寺尾 陽介(wb.)

10月9日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ピアニストの 小林 創 さんとベーシストの 寺尾 陽介さんです。

181009001

本日のオープニングナンバーはラウンジ・ジャズのようなラグジュアリーな装いで演奏された「When It's Sleepy Time Down South」でした。
この曲は、ルイ・アームストロングのバンドのテーマ曲のようにバンド演奏の最初と最後に演奏されていた曲とのこと。
小林さんと寺尾さんのデュオでは、ニューヨークのように洗練されたアレンジとなりました。

2曲目にはギアをアップしての「The Preacher」と、スウィンギーな演奏もまた小林さんと寺尾さんのデュオの味わい♪
小林さんのピアノと寺尾さんのベースとの、熱いソロの交換はいつも聴いていて愉しくなります。


今回は秋の季節に聴きたくなるような選曲と演奏が多めな感じでした。
それは“ロマンチック”な旋律、そして甘いトーン。
リハーサルの時に飲んでいただいたカフェ・ユー オリジナルのブレンドハーブティーを気に入ってくださった小林さんと寺尾さん。ライヴではシャンソンの名曲「La Vie En Rose」を演奏してくださいました。
ニューヨークスタイルのスウィングとはまた違った、パリのエスプリが効いたスウィングがステキでした♪ 


2ndセットのオープニングナンバーは、「ライヴはもとより、ジャズも初めて」というお客さまのためにと「Autumn Leaves」。
2ndセットは、「恋のシチュエーション」にまつわる曲とトークで展開しました。
シャンソンの「My Man」とガーシュイン兄弟作の「The Man I Love」はシチュエーションは似たような状況ですが、テーマの旋律はニュアンスが違うのもまた面白いところ。


寺尾さんが希望された曲や寺尾さんのベースをフューチャーした曲など、ベースの演奏を主とした演奏もまた聴き応えたっぷり。歌うように奏でる寺尾さんのベースもまたすばらしかったです。
 

本日も、来場くださいました皆さまにとともに、ロマンティックなジャズのひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪  

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. When It's Sleepy Time Down South
2. The Preacher
3. These Foolish Things (Remind Me of You)
4. Blue Lou
5. My Romance
6. La Vie En Rose
 
<2nd Set>
1. Autumn Leaves
2. My Man
3. Wrap Your Troubles In Dreams
4. The Man I Love
5. Do Nothing Till You Hear from Me
6. Funny
7. If I Had You

【Live Report】 Tuesday Night Live 2018.10.2 酒井 麻生代( fl. ) & 大森 聖子( pf. )

10月2日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、フルート奏者の 酒井 麻生代さん とピアニストの 大森 聖子さんです。

181002001

10月のカフェ・ユーの展示のひとつのキーワードは「不思議の国のアリス」。
そんな展示の様子をご覧になっての酒井さんと大森さんのデュオのオープニング曲は「Alice In Wonderland」でした。
お店の環境やご来店くださっているお客さま(の好み)などで瞬時に演奏曲を変える。
これもジャズ・ライヴならではの醍醐味。

1stセットでは、ファンキージャズの名手 Horace Silverの「Gregory Is Here」、そしてDizzy Gillespieのバラード曲「Con Alma」、さらにセットの締めくくりにはMiles Davisの「Nardis」といったBe Bop、Hard Bop世代のジャズミュージシャンの曲が取り上げられました。

酒井さんはクラシックメロディーをジャズに昇華させたアルバムの第2弾「展覧会の絵」を7月にリリースされました。1stセットではそのアルバムから「タイスの瞑想曲」を演奏くださいました。
瞑想曲らしい、じつにゆったりしたテンポで、聴いていると呼吸が緩やかに深くなっていきました。

2ndセットでは1stアルバム「シルバー・ペインティング」から「Gymnopedies」がピックアップ。
酒井さん、大森さんともにクラシックの素養があるお二人ならではの情感こもったジャズ・クラシック。

また1stセットでは、コペンハーゲンジャズを聴きに旅行された大森さんのコペンハーゲンでの印象を曲にしたオリジナル曲(曲名はまだ決まっていないそうです)、そして2ndセットでは大森さんのアルバム収録ヴァージョンとはまた違ったアプローチでの童謡「もみじ」のアレンジ、と大森さんの秀逸な作曲センス、アレンジセンスも聴くことができました。

2ndセットでは、ブラジル音楽、フランスのジャズ、そしてラテン音楽からと、酒井さん、大森さんの好きな曲を互いに持ち寄って演奏するデュオならではの選曲。
「良いものは良い」というジャズのスタンスが垣間見れる選曲と演奏でした。

アンコールでは、酒井さんのオリジナル曲「私を形づくるもの」。
そのタイトルの意味するところをMCで説明されての演奏。
その意味するところとは・・・。
ぜひ、ライヴで酒井さんの言葉でお聞きになってください。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、時にエレガントに時にファンクに、ワールドワイドなジャズライヴのひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪   

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Alice In Wonderland
2. Gregory Is Here
3. as-yet-untitled (大森聖子さんオリジナル曲)
4. Con Alma
5. Méditation de Thais
6. Nardis
 
<2nd Set>
1. Beija-Flor
2. Gymnopedies
3. Café en Plein Air
4. 紅葉(もみじ)
5. When Summer Comes
6. Morning 

<Extra>
私を形づくるもの (酒井麻生代さんオリジナル曲)

【Live Report】 Tuesday Night Live 2018.9.25 「Pick&Lips」 河野 文彦( gt. )&フクムラサトシ( s-sax. )

9月25日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ギタリストの 河野 文彦 さんとソプラノサックス奏者の フクムラサトシさんによるデュオユニット「Pick&Lips(ピクリプ)」です。

180925001

“ピック”を使って演奏するギターと“リップ”を使って演奏するソプラノサックスの編成されたデュオ「ピクリプ」。
「世代を超えて愛される名曲をこころがほっこりと温かく音色で奏でる」コンセプトどおり、今回のライヴでも随所に「ピクリプ」のカラーが見られました。

ライヴのオープニングは、今回のライヴにフクムラサトシさんが持参された“カーヴド ソプラノサックス”を使ってのジャズのスタンダードナンバーを3曲続けて演奏くださいました。

180925002

ストレートタイプのソプラノサックスとはまた違って、アグレッシブな音色が出るカーヴドタイプ。
フクムラサトシさんのまろやかな音色も出しつつ、力強さもプラスされる演奏でした。

1曲目は前日の中秋の名月に続きライヴ日は満月とあってか「Moon River」。
そして今年の猛暑を思わせるような「Summertime」から切れ目なく急に秋めいたようにがらりと雰囲気が変わっての「Autumn Leaves」でした。

そしてストレートタイプに持ち替えての演奏は、この日外は雨だったのですが、“雨もまた良し”と雨も愛でる日本の感性らしい、河野さんのオリジナル曲「時雨、掌に」。

そして“雨のあとには虹が出る”と偉人も申しておりますことから、雨の曲に続いては「Over The Rainbow」。
これからの季節の愉しみとなる紅葉をモチーフにした童謡「もみじ」。
ソプラノサックスの音色がロマンティックな、秋の似合う街ニューヨークを舞台にしたスティングの曲「Englishman iIn New Yourk」。

ロマンティックな演奏の締めくくりは再び“カーヴド”サックスでのフクムラサトシさんのオリジナル曲「ラピスラズリ」でした。


2ndセットのオープニングは秋の夜長を彩るようなうっとりするメロディーのメドレー「New Cinema Paradise Medley」。

そして、テレビ東京系ドラマ『孤独のグルメ』の音楽制作のため、原作者である久住昌之さんを中心に集まった音楽制作家集団「The Screen Tones」としても活動されている「ピクリプ」の二人ならではの「孤独のグルメ」の曲もセレクトされました。

孤独のグルメの劇中曲としても使われている河野さんのオリジナル曲「ツバメのワルツ」。
「孤独のグルメ」のご縁で造られた「The Screen Tones」のメンバーそれぞれのイメージカラーを基調とした大漁旗から創られたステージ衣装とともに、主人公の五郎さんが北海道出張編で使用されたピクリプのオリジナル曲「Snow Light」。
などなど、「孤独のグルメ」ファンにはたまらない選曲と生演奏。

深まりゆく秋の情景に旅愁を誘われる童謡「里の秋」や河野さんのオリジナル曲「故郷の景色」。
秋のように深まる愛を描いたような「ルパン三世愛のテーマ」。
はたまた、秋の夜長に聴きたくなるジャズシリーズ、ピクリプとしては久しぶりの演奏とのことでした「Take Five」。

食欲の秋、旅行の秋、ジャズの秋、いろんな秋を愉しませてくださいました。

ピクリプフルコースの締めはロシアの「黒い瞳」でジプシージャズタイム♪


ですが、まだまだ別腹が空いていらっしゃるお客さまのために、「店を探そう」とともにお店を探して、甘~いバラード「Close To You」を提供くださいました。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、秋に聴きたい名曲の数々をうつくしい演奏とともに愉しむひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Moon River
2. Summertime
3. Autumn Leaves
4. 時雨、掌に (河野文彦さんオリジナル曲) 
5. Over The Rainbow
6. Alone In The Dark (久住昌之さん&フクムラサトシさん共作曲)
7. 紅葉(もみじ)
8. Englishman In New York
9. ラピスラズリ (フクムラサトシさんオリジナル曲)
 
<2nd Set>
1. New Cinema Paradise Medley
2. ツバメのワルツ (河野文彦さんオリジナル曲)
3. 故郷の景色 (河野文彦さんオリジナル曲)
4. Take Five
5. ルパン三世愛のテーマ
6. 里の秋
7. Snow Light (ピクリプオリジナル曲)
8. Очи чёрные(黒い瞳)

<Extra>
1. 店を探そう (スクリーントーンズオリジナル曲)
2. Close To You

1st-1,2,3,9,2nd-4,8:Curved Soprano Sax by フクムラサトシさん
ほかすべて:Straight Soprano Sax by フクムラサトシさん

【Live Report】 Tuesday Night Live 2018.9.18 TOYONO( vo. ) & 越田 太郎丸( gt. )

9月18日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユーにて、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ブラジル系ヴォーカルの TOYONO さんとギタリストの 越田 太郎丸さんです。

180918001

ライヴ開演前に激しい雨風となったカフェ・ユー近辺でしたが、ライヴのオープニングは爽やかなグルーヴの「nego maluco」、でした。

nego maluco」のタイトルの意味から発したTOYONOさんと太郎丸さんの愉しいトークを挟んで、2曲目に演奏されたのは「o bebado e a equilibrista」。“酔っ払いと綱渡り芸人”という一風変わったタイトルの曲。この曲はブラジルの軍事政権時代に生まれた曲で、軍事政権を“酔っ払い”に、国民を“綱渡り芸人”に暗喩して歌われた曲。直接表現ができない時代に、それでも心情を表したく・・・。そんなミュージシャンの想いも伝えてくれる演奏でした。

1stセットの3曲目と4曲目はブラジルの女性ヴォーカル Joyce の曲が取り上げられました。
JoyceはTOYONOさんがブラジル音楽の世界に惹かれ、ブラジル系ヴォーカリストとして歩むきっかけとなったヴォーカルなのだそうです。

そして「トニーニョ・オルタが好きなんです」ライヴを企画される太郎丸さんとのデュオらしく、トニーニョ・オルタの曲「aqui oh!」と続いて、TOYONOさんのリーダーライヴでは必ず取り上げられる「Rock with you」が演奏されました。今回の「Rock with you」は、ブラジリアンロックと呼びたくなるような太郎丸さんのギターによる熱いグルーヴアレンジが加わりました。


2ndセットのオープニングは、1986年にドラマの主題歌としてヒットした曲「君は1000%」 。
メインヴォーカルのカルロス・トシキさんがポルトガル語ヴァージョンで歌っている映像からTOYONOさんが歌詞を書き起して、ポルトガル語ヴァージョンを披露してくださって以来、カフェ・ユーのライヴでは欠かせないナンバーとなっています。

2ndセットはTOYONOさんのライヴとしてはがらりと趣を変えて、「サンバ」がずらりと並びました。
実は、日本では1980年代に“サンバ・ブーム”があったそうで、ブラジルのサンバのアルバムの日本版が発売されたり、ブラジルのミュージシャンが呼ばれて演奏されたりしていたそうです。

「サンバ」といえば、浅草やリオ・デ・ジャネイロのカーニバルの賑やかなイメージが浮かびます。
ですが、「サンバ」のリズムで創られた曲には、落ち着いたリズム、そして人生訓を含むような歌詞を持つものなど、聴く音楽としてすばらしい曲もあるのですね。 

ブラジル音楽への深いリスペクトを持つTOYONOさんと、ブラジル音楽をこよなく愛する太郎丸さんによる演奏では、曲が表そうとする世界観、そして曲に内包されているブラジルのリズムがリスペクトされた演奏となります。
それだからこそ伝わるブラジル音楽の魅力、そして躍動感♪
 
今回のライヴでは、TOYONOさんが初披露された曲があったり、まだ歌詞が付いていないTOYONOさんの新曲があったり。
また違ったブラジル音楽の魅力を愉しませていただきました。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、ステキなブラジル音楽三昧のひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪
 
♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1-1 nego maluco ネゴ・マルーコ (Chico Buarque/Edu Lobo) 
1-2 o bebado e a equilibrista酔っ払いと綱渡り芸人(Joao Bosco/Aldir Branc) 
1-3 CLAREANAクラレアーナ(Joyce Moreno/Mauricio Maestro) 
1-4 mulheres do brasilブラジルの女達 (Joyce) 
1-5 aqui oh! アキ・オー(Fernando Brant/Toninho Horta) 
1-6 Rock with youロック・ウィズ・ユー(Rod Temperton) 
 
<2nd Set>
2-1君は1000%(有川正沙子/和泉常寛) 
2-2 Diz que fui por aiその辺に居たと言っておいて (Hortencio Rocha/Ze Keti) 
2-3 Nao deixe o samba morrer愛のサンバは永遠に (Edson Conceicao/Aloisio) 
2-4 o mundo e um moinho人生は風車(cartola) 
2-5 M4(TOYONO/森俊之) 

<End>
E Feitico da Vilaヴィラの魅力(Noel Rosa/Vadico) 

【Live Report】 Tuesday Night Live 2018.9.11 「Dos Sones de Corazones」 Makoto(vo.&perc.)&mucho(gt.&vo..)

9月11日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユウで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ラテンヴォーカル&パーカッショニストの Makoto さんとギター&ラテンヴォーカルの muchoさんのお二人によるキューバルーツ音楽デュオユニット「Dos Sones de Corazones」です。

180911001

1930年代に生まれ、それからずっとキューバ国内はもとより世界でも愛され続けるキューバ音楽「ソン」や「トローバ」を歌う日本人アコースティックデュオ「Dos Sones de Corazones」。
本日もステキなキューバ音楽を、ステキな演奏で聴かせてくださいました。

18年ぶりの公開となった映画「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ☆アディオス」のお陰もあってか?
ライヴのオープニング曲「Olvido」の演奏の後には、お客さまから「コンパイ・セグンド!」の掛け声も掛かりました♫
Dos Sones de Corazonesのライヴでオープニングに演奏される曲のタイトル「Olvido」とはスペイン語で「忘却」 という意味。
「これから始まるライヴの間はしばし日常のことを忘却して、キューバ音楽の愉しい時間を味わっていただきます」、というようなファンファーレ的な音楽。

キューバでは音楽とダンスは切っても切れないモノ。
今日は立ち上がって、ダンスを踊る方、手でクラーベを打つ方。
と、早くもキューバのダンスホールのような雰囲気になりました。

Makotoさんとmuchoさんの演奏に、お客さまの心と体が反応し、
そのお客さまの心と体の反応が、Makotoさんとmuchoさんの演奏に火を点け、
演奏者と愉しむ方の見事なまでの相乗効果!でした。

時にはしっとりしたバラードを、お客さまとの物理的な距離を縮めて演奏されたり、

180911002

Makotoさんが、会場にいらしてくださったお客さまに
「どのような雰囲気の曲がよろしいでしょうか?」
とお尋ねになったり、MC中のお客さまとの会話で心の距離を縮められたり。

本日は群馬県桐生市にあるMusic&Bar「Bilongo」のご縁で群馬県からいらしてくださったお客さまのために、「Bilongo」も演奏されました。

MakotoさんのMCのお陰でしょう。
ライヴの終盤には、今日初めてカフェ・ユーで顔を合わせたお客さま同士なのに、とてもそうは思えないようなお客さま同士のステキな雰囲気となりました。

180911003

さすがソン、トローバの発祥地キューバ、サンティアゴ・デ・クーバで毎年演奏されているDos Sones de Corazones。
茗荷谷のお店もサンティアゴ・デ・クーバのトローバに様変わり致しました。

9月の第2週はカフェ・ユーでの火曜日ライヴが始まった日。
ライヴ中には、7周年の祝いの演奏もしていただきました♫

キューバ音楽で、人の心をひとつにする「Dos Sones de Corazones」。

本日も、来場くださいました皆さまにとともに、キューバに酔いしれる最高のひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪  

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Olvido
2. Chan Chan
3. Son De La Loma
4. Veinte Años
5. Quizás, Quizás, Quizás
6. El Empanadillero
 
<2nd Set>
1. Alli
2. Bilongo
3. Guantanamera
4. Flor De Venganza
5. Cuando Vuelva A Tu Lado
6. Akikobella ~ Feliz Cumpleaños
7. Sabor A Caney

<Extra>
1. Estoy Como Nunca
2. Déjame Vivir
ガレリアカフェ ユー憲章
営業スケジュール
今月の展示

「Midori K Luck展
アンダルシア在住のMidoriさんの油彩画展です
記事検索
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード