U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユー)の日々を綴るblogです

Tuesday Night Live

【Live Report】 Tuesday Night Live 2018.6.5 BREEZE( Jazz vocal group ) & 二村 希一( pf. )

6月5日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユウで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ジャズヴォーカルグループの BREEZE とピアニストの 二村 希一さんです。

180605002

カフェ・ユウでも恒例となってきました、BREEZEと二村さんのショータイム。
2セットの各セットのオープニングは二村さんのピアノソロ演奏で始まります。

180605001

1stセットのオープニングはトミー・ドースィ楽団のピアニストだったジョウ・ブシュキンがジョン・ドヴリーズとともに'41年に書いた曲「Oh! Look at Me Now」、続いてはキース・ジャレットの「My Song」でした。

BREEZEが入ってのオープニングナンバーは、「Danny Boy」。
ジャズのスタンダードにもなっているアイルランド民謡を、BREEZEの4声でしっとりと歌ってくださいました。
カフェ・ユウではBREEZEはノーマイク。4人の声のそのままのハーモニーのうつくしさを存分に味わう贅沢なナンバーです。

BREEZEのカフェ・ユウでのライヴでは新曲となる「My Ship」も加えて、「A Nightingale Sang In Berkeley Square」のようなしっとりうつくしいバラードから、情熱的なラテンのボレロ「Bésame Mucho」、そしてアップテンポな「St Vitus' Dance」などなど。
曲折々に愉しく、そしてうつくしく、歌ってくださいました。


2ndセットのオープニングも二村さんのピアノソロから。
2ndセットのオープニングはモダンジャズピアニストのトミー・フラナガンの曲「Nascimento」。
みんなでクラップハンズするのが愉しい軽快なジャズピアノの曲です。

そして2ndセットは、まずはソプラノ担当の小菅けいこさんとバリトン担当の磯貝たかあきさんがステージに。

180605003

小菅さんと磯貝さんは「2Thumbs Up」というデュオ・ユニットでも演奏活動を行っていますが、カフェ・ユウでは初のライヴ。
Just Squeeze Me」そして「Cheek To Cheek」を歌ってくださいました。

BREEZEのライヴにはファンも多く、ファンの方の中にはBRREZEのレパートリーにお気に入りをお持ちの方もいらっしゃいます。
そのひとつひとつをBREEZEの方は覚えていらっしゃって、ご予約リストに名前があると事前にセットリストに忍ばせる心遣い。
今回のライヴでも1stセット、そして2ndセットに散りばめられていました。

そしてFacebookなどで触れました、磯貝さんによる“サッチモ”も登場♪
こちらもファンの方がたくさんいらっしゃいます。


ステキな歌を、ステキなコーラスとステキな伴奏で聴くしあわせ♪

本日も、来場くださいました皆さまにとともに、ステキなハーモニーを愉しむのひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪   

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Oh! Look at Me Now
2. My Song
3. Danny Boy
4. Fly Me To The Moon
5. Smile
6. My Ship
7. Bésame Mucho
8. Night And Day
9. A Nightingale Sang In Berkeley Square
10. St Vitus' Dance 
 
<2nd Set>
1. Nascimento
2. Just Squeeze Me
3. Cheek To Cheek
4. Can't Help Falling In Love
5. Route 66
6. ソーラン節
7. Basin Street Blues
8. Sweet Georgia Brown
9. I'm Glad There Is You

<Extra>
見上げてごらん夜の星を


1st-1,2,2nd-1:ピアノソロ by 二村 希一さん
2nd-2,3:2Thumbs Up(小菅けいこさんと磯貝たかあきさんのデュオユニット) 

【Live Report】 Tuesday Night Live 2018.5.29 EMiKO VOiCE(vo.)&Phillip Strange(pf.)

5月29日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユウで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ヴォーカルの EMiKO VOiCE さんとピアニストの フィリップ ストレンジさんです。

180529001

時にはコケティッシュ、時にはエレガント、時にはしゃべるように、コミカルに、様々な表情の声で歌うワン&オンリーのヴォーカリスト EMiKO VOiCEさん。
アメリカ・ヨーロッパ・日本で共演し、1988年からは、ジャズ・ピアニスト、作曲家、そして大学教授として日本の大阪を中心に活躍されているフィリップ・ストレンジさん。 

ブラジル音楽から日本の江戸・明治時代の俗曲、端唄まで、ジャンルでは括りきれない「歌い手」として知られるEMiKO VOiCEさんが、“スウィング・ジャズ”を普通に歌うライヴ。
それはフィリップさんと共演することでEMiKO VOiCEさんが「スウィング・ジャズを普通に歌う愉しさに触れたから」。
その愉しんでいる様子が、音に、声に、表情に、雰囲気に表れるライヴでした。

各セットのオープニングはフィリップさんのピアノソロ。

180529002

1stセットでは、ジャズピアニスト デイブ・ブルーベックの曲、「In Your Own Sweet Way」 。
そして2ndセットでは、そのデイブ・ブルーベック・カルテットを一躍有名にした「Take Five」 (ただし、曲を作ったのはカルテットのメンバーでアルト・サックスを吹くポール・デスモンド)。

テーマを彩り自由に紡いでいく、時にはテーマさえもアレンジを加えていく、フィリップさんのソロワーク。
モダンジャズの熱い雰囲気を感じさせてくださいました。


EMiKO VOiCEさんが登場してからは、まるでスウィングダンスのリードのように、控えめに、ヴォーカルをサポートし、エスコートし、そしてソロでは鮮やかに。
声とピアノのスウィング・ダンス。

「ジャズの従兄弟」とも言われる、ボサ・ノーヴァを織り交ぜたりしながらも、今までのEMiKO VOiCEさんのライヴでは歌われたことのない、スウィングにぴったりの曲や、とってもとってもせつなく響くジャズのスタンダードナンバーも登場。

2ndセットからは、マイクを外して生声でのライヴとなりましたが、それでも溶け合うEMiKO VOiCEさんとフィリップさんの声と音。

ちょうど今の季節、5月ころに急に肌寒くなる気候のことを英語では“Blackberry Winter”と言うそうですが、「そんな時は昔の恋人を思い出す」という内容の曲「Blackberry Winter」。
ほんとうにせつなく、そして優しく響く声と歌、でした。
 

ジャズの基本的な曲「Autumn Leaves」 では、EMiKO VOiCEさんとフィリップさんのピアノの連弾。

180529003

伴奏とメロディーの担当を途中で入れ替わったり、とジャズの愉しさを観せてくださいました♪ 


EMiKO VOiCEさんとフィリップさんの東京3daysの最終日にあたったカフェ・ユウでのライヴでは、私たちも食とワインで「ニューヨーク」を演出いたしました。

 
本日も、来場くださいました皆さまにとともに、スウィングの愉しいひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪  

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. In Your Own Sweet Way
2. Straighten Up And Fly Right
3. Moon And Sun
4. Baubles, Bangles And Beads
5. Skylark
6. Chega De Saudade
7. Yardbird Suite
 
<2nd Set>
1. Take Five
2. Shiny Stockings
3. Samba de Uma Nota Só
4. Autumn Leaves
5. Blackberry Winter
6. Twisted

<Additional>
Lullaby of Birdland
 
1st-1,2nd-1: ピアノソロ by フィリップ ストレンジさん
2nd-4: ピアノ連弾

【Live Report】 Tuesday Night Live 2018.5.22 浅見 卓矢(gt.)&田島 岳(pf.)

5月22日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユウで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ギタリストの 浅見 卓矢 さんとピアニストの 田島 岳さんです。

180522004

学生時代から交友があり、「カンタス村田とサンバマシーンズ(現Carnavacation)」で活動をともにされていた浅見さんと田島さん。

田島さんは米国留学を終えて帰国されたばかりですが、その間のブランクを感じない浅見さんと田島さんのデュオ演奏。

ジャズ、アルゼンチン、ブラジル、そしてJ-Popと、特定のジャンルに偏らない選曲を、伴奏、リードの役割担当の区別もなく、自由でいながら絶妙にバランスを取る浅見さんと田島さんのデュオ演奏は、息の合ったダブルスチームのプレイを観るようでした。

選曲も浅見さん、田島さんともに好きだと言うFred Herschを筆頭に、Roy HargroveやGrover Washington Jr.など、ギタリストの浅見さんでありながら、ギタリストではない作曲家の曲を選んだり、ギタリストの曲でも弾き語りがすばらしい演奏家の曲を選んだり。
今回も、愉しい選曲でした。 

演奏も、浅見さんの熱いグルーヴと情熱的に歌うギターと田島さんのしなやかでいて芯のあるピアノの掛け合いが心地よく溶け合っていました。


また今回は、ゲスト参加の方もたくさんいらっしゃいました。

短い日本での滞在時間の中で来場くださった、田島さんのBerkleeの友人のヴァイオリニストのVolt さんは「Let's Cool One」でセッション。

180522001
 
カンタス村田とサンバマシーンズ時代に一緒に活動された田中 綾美さんと岡部 量平さんとのセッションでは、「Carnavacation」のオリジナル曲ではない曲を演奏という、貴重なセッション。

180522002

そして浅見さんと田島さんがバンドメンとして活動していたグループのヴォーカル藤正 裕太さんはAlicia Keysの「If I Ain't Got You」を原曲のキーで参加。

180522003

来場くださったお客さまも含め、浅見さんと田島さんの交友の深さが感じられるひとときでした。

たくさんのセッションがあり、友好な雰囲気の中繰り広げられたライヴ♪ 

 
本日も、来場くださいました皆さまにとともに、心通い合う音楽ライヴのひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪  

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Strasbourg Saint Denis
2. 風をあつめて
3. Coda Vez Que Siento Tu Amor
4. サヨナラCOLOR
5. Looking Up
6. Country
7. Let's Cool One
8. Nadia (浅見さんオリジナル曲) 
 
<2nd Set>
1. Free Flying
2. Eu te Devoro
3. エイリアンズ
4. Make Me A Memory (Sad Samba)
5. Fato Consumado
6. If I Ain't Got You
7. The Memory of Niagara Falls (田島さんオリジナル曲)
8. Song Of Life

<Additional>
SWEET MEMORIES
 
Guest musician 
1st-7: Volt さん(on Violin)
2nd-4,5: 田中 綾美さん(on Melodica)&岡部 量平さん(on Percussions)
2nd-6: 藤正 裕太さん(on Vocal)

【Live Report】 Tuesday Night Live 2018.5.15 小林 創(pf.)&寺尾 陽介(wb.)

5月15日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユウで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ピアニストの 小林 創 さんとベーシストの 寺尾 陽介さんです。

180515001

しとやかなバラードから、パワフルなモダンジャズまで、あらゆる表現をピアノで行う小林さん。
柔らかなサウンドも、ホットな演奏もお好きという寺尾さん。
カフェ・ユウで行って下さるデュオ演奏では、しばしば熱演の幕が開きます。

今日は「Just Squeeze Me」で、おシャレなスウィング演奏でスタートしました。
が、2曲目の「Shine」 で早くもトップギアにシフトチェンジ!

ベースでのメロディー表現をフューチャーした「Easy To Love」や「I Can't Get Started」を挟みつつも、今回も小林さんのピアノと寺尾さんのベースの熱演が各曲で繰り広げられました。

今回は、ピアノとベースの音による“熱いトーク”がいつもよりもたっぷりめ!
そして、来場していたギタリスト 若林 萌さんも、1stセットのラストの曲からアンコールまで加わって、人数も多め!
余談ですが、D・エリントンの曲も多め、でした。

180515002

小林さんと寺尾さんのライヴでは、譜面なし、打ち合わせなし。
それは若林さんが加わっても同じで行われました。

イントロの担当をその場で決めたり、完全ソロの宣言を演奏しながら行ったり。
本場ニューヨークでは、このようなミュージシャンのセッションが日夜行われ、またそれを愉しむお客さんで溢れているのでしょうか?

「実践に勝る経験なし」
とは良く耳にする言葉ですが、ジャズのライヴ演奏は、かくして伝えられていくのだなぁ
と感じました。

ジャズには“スタンダード・ナンバー”と呼ばれる曲は存在しますが、“スタンダード”と呼ばれる演奏はないんだなぁ~、というのは、ジャズのライヴを聴くごとに思うこと。
そして、複数の人数でひとつの表現を創っていくものなのですね。

これもまた、ジャズを“ライヴ”で愉しむ醍醐味と言えるのではないでしょうか?

 
本日も、来場くださいました皆さまにとともに、熱い熱いジャズセッションのひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪  

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Just Squeeze Me
2. Shine
3. Robbins' Nest
4. Easy To Love
5. Summertime
6. Cotton Tail
 
<2nd Set>
1. Blue Sky
2. I Can't Get Started
3. I Let A Song Go Out Of My Heart
4. Perdido
5. Moonlight In Vermont
6. Bye Bye Blackbird

<Extra>
Broadway
 
1st-6 ~ Extra,:guest guitar  若林 萌さん

【Live Report】 Tuesday Night Live 2018.5.8 「四十雀」 高橋 奈保子(vo.)&岸 徹至(b.)

5月8日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユウで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ヴォーカルの 高橋 奈保子 さんとベーシストの 岸 徹至さんのお二人によるデュオユニット「四十雀(シジュウカラ)」です。

180508002

表情豊かな歌声の高橋 奈保子さんと歌心溢れるベース演奏の岸 徹至さん。
すべて二人だけで“四十雀サウンド”を創っています。

ライヴでは、各セットのオープニングは岸さんのベースソロから。

180508003

「ベースソロでも演奏したい!」
という気持ちになるベースの魅力を伝える演奏。
今回のライヴでは、「Summertime」、「Spain」というジャズのスタンダードに加えて、岸さんがベースソロのために作曲したオリジナル曲「ユガテの白い雲」も演奏されました。

高橋 奈保子さんも加わってのオープニングナンバーは、四十雀のアルバム「ファーストフライト」にも収録されている「Raindrops Keep Fallin' On My Head」 。
降りしきる雨も演出効果?と思うようなウキウキした気分になる曲、そして演奏でした。

今回は、高橋 奈保子さんとご縁のある中村 喜代美さんのデコパージュ作品展の中で のライヴ。
中村 喜代美さんは「四十雀」のお二人をイメージしたデコパージュ作品を制作されています。

180508001

その個展テーマ「春」にちなんで、高橋 奈保子さんも春らしい衣装。
そしてセットリストには、「花」にちなんだ曲がセレクトされていました。
花つながりの2曲はもちろんのこと、「黄昏のビギン」など、日本語の歌のジャズアレンジと表現も四十雀サウンドの魅力♪
日本語、そして日本の歌のメロディーのうつくしさを再認識します。

今回のライヴでは、懐かしい気持ちに溢れる1stオリジナル曲の「蒼い三日月」 に加えて、高橋 奈保子さんのスキャットと岸さんのベースの“二重奏による颯爽と疾走するような「追い風サイクリング」、そして本を読んで岸さんがインスパイアされて書き下ろした「星の王子さま」、と四十雀オリジナル曲も満載でした♪

クールなロック調仕立ての「Bésame mucho」 、ミュージカルを愉しむような「Singin' in the Rain」を初めとするミュージカルナンバー♪

四十雀ならではの多彩な素材と味付け方法。

 
本日も、来場くださいました皆さまにとともに、歌に酔いしれるライヴのひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪  

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Summertime
2. ユガテの白い雲 (岸さんオリジナル曲)
3. Raindrops Keep Fallin' On My Head
4. 花〜すべての人の心に花を〜
5. Bésame mucho
6. 追い風サイクリング (四十雀オリジナル曲)
7. 黄昏のビギン
8. 星の王子さま (四十雀オリジナル曲) 
 
<2nd Set>
1. Spain
2. ハナミズキ
3. Singin' in the Rain
4. Chim Chim Cher-ee(日本語ヴァージョン)
5. Supercalifragilisticexpialidocious(日本語ヴァージョン)
6. 蒼い三日月 (四十雀オリジナル曲)

<Extra>
やさしさに包まれたなら
 
1st-1,2,2nd-1:bass solo by 岸 徹至さん
2nd-4:pianica by 岸 徹至さん
2nd-6:recorder by 岸 徹至さん
1st-5,7,2nd-2,6:electric bass by 岸 徹至さん
他すべて:wood bass by 岸 徹至さん
2nd-6:percussions by 高橋 奈保子さん 
ガレリアカフェ ユウ憲章
営業スケジュール
今月の展示

小西淳子絵画展
テンペラ画などさまざまな手法で創られた絵画アート展
記事検索
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード