U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユー)の日々を綴るblogです

Tuesday Night Live

【Live Report】 Tuesday Night Live 2021.3.30 山口 友生(gt.)&山本 裕之(b.)

3月30日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ギタリストの 山口 友生 さんとベーシストの 山本 裕之さんです。

210330001

“爪弾き”スタイルでとてもここちよい響きを放ち、心までうっとりと寛ぎに誘う山口 友生さんと山本 裕之さんのデュオの生演奏。

山口 友生さんの生演奏では、“4つ”の異なる弦楽器の響きでジャズを愉しむことができます。

ひとつは、山口 友生さんの代名詞のひとつ「ウクレレでスウィング」。
今回はアメリカのピアノマンが創ったアメリカンポップ「Just The Way You Are」を4ビートアレンジで。ウクレレのサウンドも相まって、なんとも愛らしい表現となりました。

そして山口 友生さん自らD.I.Y.されたアコースティックギターにエレキギターのピックアップをハイブリッドギターでは、曲に合わせてはもちろんのこと、曲中でもアコースティックギターサウンドからエレキギターサウンドに切り替えできるスグレモノ。
今回は山口 友生さんがジャズピアニスト ロバート・グラスパーにインスパイアされて書いたオリジナル「Some Elements」で、曲中でサウンドを切り替えて演奏されました。

そしてもうひとつがアコースティックギター。
ハイブリッドギターに比べて柔らかい弦を使用しているため、よりまろやかなアコースティックギターサウンドが響きます。加えて山口 友生さんは爪弾きで奏でるので、繊細でかつここちよいギターサウンドになります。

今回は「春待ち気分」な曲が多くセレクトされました。
ですが、演奏は、もう実際に春が来たかのような趣。

山口 友生さんのオリジナルアルバム「シロッコ」に収録されているオリジナル曲「melancholy」はスパニッシュな感じの哀愁感のある曲ですが、時折“希望”を感じさせるフレーズが垣間見れる曲。

希望の訪れを先取りしたようなひとときでした。

山口 友生さんのうつくしいギターの音色にぴったり、と山本 裕之さんが提案したバラードで、このデュオでは欠かせない曲となってきた「Verrazano Moon」。
そして、今回初演奏の「James」では、ベースもメロディーを担って演奏。

耳心地の良い音色で、まろやかで落ち着きのある響き、ふくよかなサウンド、そしてここちよいスウィング。
山口 友生さんと山本 裕之さんとの2弦のアンサンブルは、いつも至福のサウンドで店内を満たしてくれます。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、ふくよかでうつくしい2弦の響きによる心地よいスウィングなひとときをご一緒できて嬉しいです♪ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. It Might as Well Be Spring
2. I Thought About You
3. Some Elements (山口 友生さんオリジナル曲)
4. Just The Way You Are
5. Verrazano Moon
6. Melancholy (山口 友生さんオリジナル曲)
 
<2nd Set>
1. I'll Be Seeing You
2. James
3. Someday My Prince Will Come
4. Sonnymoon for Two

1st-4 :Ukulele by 山口 友生さん
1st-3:Hybrid guitar by 山口 友生さん
ほか:acoustic guitar by 山口 友生さん

【Live Report】 Tuesday Night Live 2021.3.22&23 「Pick&Lips」 河野 文彦( gt. )&フクムラサトシ( s-sax. )

3月22日、23日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Monday and Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ギタリストの 河野 文彦 さんとソプラノサックス奏者の フクムラサトシさんによるデュオユニット「Pick&Lips(ピクリプ)」です。

210322001

「世代を超えて愛される名曲をこころがほっこりと温かく音色で奏でる」をコンセプトに、“ピック”を使って演奏するギターと“リップ”を使って演奏するソプラノサックスの編成されたデュオ「ピクリプ」。今回は2daysにわたって開催いたしました。

オープニング・ナンバーは「On The Sunny Side Of The Street」。
どんな時だって、
それがたとえパンデミックの状態の時であっても、
陽の光が当たる場所を選んで、心ウキウキに歩くことができる。
そんなことを思い出させてくれるような選曲と、ピクリプのサウンドから始まりました。

今回は3月、でしたが、2020年の突然の状況変化から、ピクリプのお二人が4月に演奏できない日が来ると思っていなかったオリジナル曲「4月のワルツ」もしっかりと。
もともとのコンセプトは変わってしまいましたが、それでも、「どんな時でもドラマを」という意思から制作されたピクリプファンにはお馴染みの劇中歌やタイトル曲も、裏話も含めて、たっぷりと演奏くださいました。

折しも、生演奏の日は、東京も桜のほころんでいたこともあって、桜にちなんだ曲が選曲されたり。
また今までのピクリプの選曲と演奏とはちょっと趣の異なる曲「Do You Know What It Means To Miss New Orleans」もオンリスト。
「ニューオリンズを懐かしむこの気持ちが分かるかい」という意味のタイトルのこの曲。
今はいろんな方が、この気持ちを理解できるのではないでしょうか?


今回の生演奏では、フクムラさんがウィンドシンセサイザーのひとつ“エアロフォン”を携えられました。

210323001

エアロフォンの多彩な音色を紹介しながら、エアロフォンを使って、実際に曲も演奏くださいました。

アンコールでは、河野さんがお客さまみなさんのために抗菌処理してご用意されたシェイカーをみんなで振って、オリジナル曲「Samba Delicioso(美食のサンバ)」をみんなでセッションを愉しみました♪


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、うつくしいサウンドのフルコースを味わう至福の生演奏を愉しむひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 22日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. On The Sunny Side Of The Street
2. 4月のワルツ (河野文彦さんオリジナル曲)
3. First Flight (フクムラサトシさんオリジナル曲)
4. ツバメのワルツ (河野文彦さんオリジナル曲)
5. Alone Together (フクムラサトシさんオリジナル曲)
6. 大晦日のワルツ(仮題) (フクムラサトシさんオリジナル曲)
7. Englishman In New York
8. Lapis Lazuli (フクムラサトシさんオリジナル曲)
 
<2nd Set>
1. Bei mir bist du schön
2. Bluesette
3. さくら
4. 花
5. 故郷の景色 (河野文彦さんオリジナル曲)
6. Do You Know What It Means To Miss New Orleans
7. Очи чёрные(邦題:黒い瞳)

<Extra>
Samba Delicioso(美食のサンバ) (河野文彦さんオリジナル曲)

2nd-1,2,Extra:Aerophone by フクムラサトシさん


♪♪♪♪♪♪♪ 23日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. On The Sunny Side Of The Street
2. 4月のワルツ (河野文彦さんオリジナル曲)
3. First Flight (フクムラサトシさんオリジナル曲)
4. ツバメのワルツ (河野文彦さんオリジナル曲)
5. Alone Together (フクムラサトシさんオリジナル曲)
6. 大晦日のワルツ(仮題) (フクムラサトシさんオリジナル曲)
7. Englishman In New York
8. Lapis Lazuli (フクムラサトシさんオリジナル曲)
 
<2nd Set>
1. Happy Birthday To You
2. さくら
3. Isn't She Lovely
4. 花
5. 故郷の景色 (河野文彦さんオリジナル曲)
6. Do You Know What It Means To Miss New Orleans
7. Очи чёрные(邦題:黒い瞳)

<Extra>
Samba Delicioso(美食のサンバ) (河野文彦さんオリジナル曲)

2nd-3,Extra:Aerophone by フクムラサトシさん

【Live Report】 Afternoon Tea Live 2021.3.21 「アルコウ」 岸 淑香(pf.)& 佐野 まゆみ(vc.)

3月21日は、祝日の午後に、スイーツとドリンクとともに、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏をお楽しみいただく「アフタヌーンティーライヴ」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ピアニストの岸 淑香さんとチェリストの 佐野 まゆみさんによりますデュオ・ユニット「アルコウ」です。

210321001

チェロとピアノ
クラシックの室内楽の趣漂う編成
その佇まいにふさわしい選曲「G線上のアリア」で幕を開けたものの、クラシック然としたエレガントさを持ちつつも、自由な旋律と迸るパッションとがミックスしていく演奏で、オープニングから「アルコウ」の音楽世界を観せてくれる、と同時に引き込まれてしまいました。

二人のトークに岸さんがピアノで音効を加える、さながらラジオ番組のような進行とともに、「アルコウ」の演奏がどんどん展開していきました。

チェロの音色の魅力を存分に聴かせてくれる「エレジー」、その反対にチェロ演奏の新たな世界を聴かせてくれる「空のアオ」。

キューバや京都、学生時代に慣れ親しんだ場所など、訪れたいろんな場所から想起されたオリジナル曲は、まさに「アルコウ」とともに音楽で世界のいろんな場所を歩くような愉しさを与えてくれます。

また表現も、クラシックのエレガントさから、ブルージーだったり、ファンキーだったり、はたまたロックな感じだったりと、さまざまな表情を見せる「アルコウ」の音楽世界。
その自由自在さと表現の豊かさ。
「アルコウ」の二人だからこその音楽世界をたっぷりと堪能させていただきました。

アンコールに応えて演奏してくださいましたのはオリジナル曲「Restart」。
音楽世界の旅を愉しむ日々が新たに始まるように、との願いも込めて演奏されました。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、自由自在に音楽世界を旅するひとときをご一緒できまして嬉しいです♪
ありがとうございます♪   

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Air on the G String
2. 海の向こうがわ
3. あいにゆこう
4. エレジー
5. up to you
 
<2nd Set>
1. Change The World
2. 京のひと
3. Fiesta
4. だいにのふるさと
5. 空のアオ

<Extra>
Restart

1st-3,4,Extra:岸 淑香さん on Melodion
1st-5, 2nd-5:岸 淑香さん on percussion

【Live Report】 Tuesday Afternoon Live 2021.2.23 ヤマカミヒトミ( a-sax. ) & 佐藤 直子( perc )

2月23日は緊急事態宣言に伴いまして、通常は火曜日の夜に行いますリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメントを日曜日のお昼間に変えて「Tuesday Afternoon Live」として開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、アルトサックス奏者の ヤマカミヒトミ さんとパーカッショニストの 佐藤 直子さんです。

210223001

アルトサックス、木製フルートプレイヤー
という域に限らず、ピアノ、そしてギター弾き語りと、表現の幅を持つヤマカミヒトミさん。
そして、ヤマカミヒトミさんと“感性”が相通じ合うパーカッショニスト 佐藤 直子さん。

お二人での生演奏は、ヤマカミヒトミさんのアルトサックスそして木製フルートでのソロ演奏パートから始まります。
サックス、そしてフルート。
ヤマカミヒトミさんが奏でると、単音楽器であるはずなのに、ふくよかな音色で響きます。


そしてデュオ演奏パートから、佐藤 直子さんのパーカッションが加わります。
今回はシロフォンを中心にハイハットやフットペダルもセットしたドラムセット。
今回初めて“音階のある打楽器”セットということで、「Chorinho Pra Ele」をデュオで演奏。
今までとは違い、主旋律を佐藤 直子さんが担って、伴奏をヤマカミヒトミさんが担うという新たなデュオ演奏も愉しめました。


2ndセットでは、今回はヤマカミヒトミさんと佐藤 直子さんとの“ウォーミングアップ”トークから始まりました。
飽きることなく、尽きることなく、たくさん語り合うことができるというお二人。
即興演奏についてのトークから、即興演奏から始まり、曲の変わり目に即興を織り交ぜたメドレー演奏が展開されました。
“曲”として演奏に加えて、“感性”でその場で創り出していく“即興”を織り交ぜたメドレー演奏。
その瞬間に生まれ、二度と生まれない演奏。
まさに生演奏ならではの味わい。


2ndセット後半は、ヤマカミヒトミさんがギターに持ち替えて、歌とコーラスも交えた演奏。
今回は新たなブラジル音楽「Menina Flor」がオンリスト。佐藤 直子さんもブラジルの打楽器「パンディロ」でブラジルの雰囲気をさらに演出。
ギターの音色とヤマカミヒトミさんの歌声、佐藤 直子さんのコーラスが溶けてひとつになる“音のカクテル”を3種類、愉しむことができました。

使用する楽器の枠、“ジャンル”という枠に収めることができない二人の感性、“演奏”という会話。
“鳴らす”、“聴かせる”ではなく、“在る”というナチュラルなスタイルの音に、今回も包み込まれたひととき。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、繊細でうつくしい感性の響きに包まれるひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. 小春 (フルートソロ)
2. Rosa (フルートソロ)
3. めぐり逢い (アルトサックスソロ)
4. Vaidoso (アルトサックスソロ)
5. Chorinho Pra Ele (アルトサックス&パーカッション)
6. 空のはじまり (ピアノ&パーカッション)
7. Green Heart (ピアノ&パーカッション)
 
<2nd Set>
1. Medley
  1. Improvisation (ピアノ&パーカッション)
2. Letter From Home (ピアノ&パーカッション)
  3. Nuvole Bianche (ピアノ&パーカッション)
  4. Palhaço (ピアノ&パーカッション) 
2. Lugar Commun (ギター弾き語り&パーカッション)
3. Honey Bee (ギター弾き語り&パーカッション)
4. Menina Flor (ギター弾き語り&パーカッション)

<Extra>
Fico Assim Sem Você (ギター弾き語り&パーカッション)

2nd-2,4:コーラス by 佐藤 直子さん
1st-1,6,7:ヤマカミヒトミさんオリジナル曲 

【Live Report】 Afternoon Tea Live 2021.2.11 「PAN CAKE」 原田 芳宏(pan.)&小畑 和彦(gt.)&大塚 雄一(acc.)

2月11日は、祝日の午後に、スイーツとドリンクとともに、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏をお楽しみいただく「アフタヌーンティーライヴ」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、スティールパン奏者の原田 芳宏さん、ギタリストの 小畑 和彦さん とアコーディオン奏者の大塚 雄一さんによりますトリオ・ユニット「PAN CAKE」です。

210211001

ドラム缶の底の部分を輪切りにして、凹ませて音階を付けている。
そんな素材と加工で生まれた楽器から放たれる音色は、天使の琴とも言われるほど得も言われぬ音色が響きます。
そんなトリニダード・トバゴで生まれたアコースティック楽器“スティールパン”の音色を存分に活かしたオリジナルサウンドを生み続けるバンドが「PAN CAKE」です。

今回の生演奏では、2020年にリリースされたニューアルバムからたくさんの曲が演奏されました。
そのいずれもがスティールパン、ミュゼの魅力溢れるアコーディオン、ブラジルギタリスト、それぞれの魅力を最大限に活かした「PAN CAKE」オリジナル曲ばかり。

本日の2ndセットの1曲目は、次なるアルバムのための曲で、演奏は初公開。

結成から25年、互いの楽器の音色、原田さん、大塚さん、小畑さんが奏でる音色を知り尽くしたからこそ生まれるそれぞれのPAN CAKEのためのオリジナル曲は、尽きることなく唯一無二の世界を創り出し続けます。

演奏された曲はいずれも、窓の外の陽光と相まって、極上のアコースティックな音色とともに、まだ見ぬ世界のいろんな場所を旅したような夢心地に誘ってくれました。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、地球上で唯一無二の楽園サウンドのひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪   

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Dragon
2. Barquinho de Folha
3. Waltz de PAN CAKE
4. Vou Nessa
5. 青いソニック
 
<2nd Set>
1. Gipsy Heart
2. Amigo!
3. ハチドリ
4. Like a Ballad
5. El Dorado

<Extra>
Home Alone
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード