U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユー)の日々を綴るblogです

Tuesday Night Live

【Live Report】 Tuesday Night Live 2018.8.7 守屋 純子(pf.)&佐瀬 正(wb.)

8月7日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによりますライヴエンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ピアニストの 守屋 純子 さんとベーシストの 佐瀬 正さんです。

180807001

今回のライヴは7月18日に発売された守屋さんの最新アルバム「Art in Motion」のレコ発ライヴでした。

「Art In Motion」は守屋純子オーケストラの最新アルバム。
このアルバムは、国宝「松林図」「楓図」で有名な、長谷川等伯の作品をモチーフにした5曲からなる「長谷川等伯ジャズ組曲」、そして4人のジャズ・ジャイアンツへ捧げた「Tribute To Four Jazz Giants」と題された4曲、全9曲となっています。

レコ発ライヴらしく、1stセットは「Jazz Suite Hasegawa Tohaku」をアルバムの収録順番通りに、そして2ndセットは「Tribute To Four Jazz Giants」の曲を中心としたセットリストで演奏くださいました。

「Art In Motion」は「Maple/長谷川等伯 楓図壁貼付」はピアノトリオで、それ以外はビッグバンド編成で収録されています。
そんなアルバム世界を、カフェ・ユーのライヴでは世界でも二人、日本では唯一、演奏楽器として6弦ウッドベースを演奏されている佐瀬さんとのデュオで表現。
アルバムとはまた違った趣きが味わえるライヴとなりました。

佐瀬さんのアルコ弾きをフューチャーした「Pine Trees/松林図屏風」は、作品の趣きを表すにぴったりの音色と思います。


2ndセットでは、アルバム収録曲からはBill Evansに捧げた「My Romance」、John Coltraneに捧げた「Trane's Mode」、そしてDuke Ellingtonに捧げたエリントンの後期作品をモチーフにした「Duke's Mood」が演奏されました。
そして、アルバム「Art in Motion」には収録されていませんが、Gerry Mulliganに捧げた「Gerry」、そして広島の平和祈念像のモデルとなった佐々木禎子さんのことを綴った「Sadako and a thousand paper cranes」の復刊に尽力された守屋さんの叔母さんにあたる守屋 敦子さんに捧げた曲「A Thousand Cranes」も演奏されました。

最後は、2ndセットからいらしたお客さまのリクエストにお応えして、「Art in Motion」のジャケットにも使用されている“松林図屏風”をイメージした曲「Pine Trees/長谷川等伯 松林図屏風」を、ビッグバンド編成と同じようなイントロを守屋さんのピアノソロで行い、佐瀬さんのベースによるカデンツァを経て本編という1stセットとは違う構成で演奏されました。


来場くださいました皆さまにとともに、長谷川等伯の作品世界そしてさまざまなトリビュートをジャズで愉しむひとときをシェアできまして嬉しく思います。
ありがとうございます♪

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Monkeys In Withered Tree/長谷川等伯 枯木猿猴図 (守屋さんオリジナル曲)
2. Nirbana/長谷川等伯 仏涅槃図 (守屋さんオリジナル曲)
3. Tiger And Dragon/長谷川等伯 龍虎図屏風 (守屋さんオリジナル曲)
4. Pine Trees/長谷川等伯 松林図屏風 (守屋さんオリジナル曲)
5. Maple/長谷川等伯 楓図壁貼付 (守屋さんオリジナル曲)
6. C Jam Blues
 
<2nd Set>
1. My Romance
2. A Thousand Cranes/千羽鶴 (守屋さんオリジナル曲)
3. Gerry (守屋さんオリジナル曲)
4. Duke's Mood (守屋さんオリジナル曲)
5. Trane's Mode (守屋さんオリジナル曲) 
6. Pine Trees/長谷川等伯 松林図屏風 (守屋さんオリジナル曲) 

【Live Report】 Tuesday Night Live 2018.7.31 「Choro'n'POW」 和田 充弘( tb. ), 黄 啓傑( tp. ), 松永 敦( tub. ), 見谷 聡一( pandeiro )

7月31日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユウで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、パンデイロ奏者の 見谷 聡一 さん、トロンボーン奏者の和田 充弘さん、トランペット奏者の黄 啓傑さん、チューバ奏者の 松永 敦さんによるカルテットユニット「Choro'n'POW」です。

180731001

ショーロとはヨーロッパの音楽とアフリカのリズムが融合してできたと言われているブラジルのポピュラー音楽のスタイルのひとつ。そのショーロをベースに演奏する「Choro'n'POW」は“Choro and Peace Of  the World”の略で、ショーロンポウ(小龍包)と呼ぶ・・・洒落の利いたバンド名。

ショーロは「 管楽器 + バンドリン + カヴァキーニョ + ギター + パンデイロ 」が基本的な楽器編成ですが、「Choro'n'POW」は、トランペット、トロンボーン、そしてチューバの「3管楽器+パンデイロ」というコード楽器レスなユニークな編成で演奏活動をしています。

またライヴの演奏も、トランペットやトロンボーンだけでなく、チューバもメロディーを取ったり、パンデイロもソロを取ったりするのが“Choro'n'POW”スタイル。
コード楽器のない編成でも、ショーロの名曲を次々と演奏していきます。


さらに“Choro'n'POW”にはメンバー個々人の“見せ場”を多数持ち合わせています。
今回のカフェ・ユーでのライヴで初お目見えしたのは、チューバ担当の松永さんによる“枝オカリナ”。

180731003

ブレイク時間に登場する黄さんと見谷さんによるデュオユニット「ショロー☆くらぶ」の演奏内で披露されました。
「ショロー☆くらぶ」も、ジェット・ウォンことの黄さんのパンディロの叩き語りに加え、見谷さんのウクレレ弾き語りで歌われるなど、ヴァリエーションが増えていました。

180731002
 
また2ndセットでは、キューバのルーツ音楽「Sabor A Mi」をジェット・ウォンのヴォーカルヴァージョンで演奏。
しかも、歌詞はジェット・ウォンが日本語訳した日本語で、でした。

また、今回のライヴでは、2ndセットでのジェット・ウォン登場で、ジェット・ウォンのオリジナル曲「サウダーヂ神戸」 の時に、見谷さんが来場くださったお客さまに「カズー」をプレゼントされ、そのカズーでみんなで合唱しました。

そしてアンコールでは、トロンボーン担当の和田さんの“サッチモの歌まね”を全面フューチャーしたヴァージョン。

180731004

とにかく、演奏されている皆さんの笑顔がステキで、聴いているお客さまも笑顔になって。

聴かせながらも、愉しませる♪
笑わせながらも、聴かせる!
さらに今回は、お客さまも一緒になって演奏を愉しむ!

Choro'n'POWのエンターテインメントを、皆さん満喫されたご様子でした♫


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、卓越した“音楽エンターテインメント”のひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Ainda Me Recordo
2. Vou Vivendo
3. Cochichando
4. 黄さんのBAR (和田さんオリジナル曲)
5. 心のこり
6. 春風のいたずら (黄さんオリジナル曲)
7. Bole Bole 

<ショロー☆くらぶ>
1. すべて失ってもいい  (黄さんオリジナル曲)
2. うたうたいこ (見谷さんオリジナル曲)
 
<2nd Set>
1. Andre de Sapato Novo
2. Chorei
3. Noites Cariocas
4. Sem Compromisso
5. Sabor A Mi
6. サウダーヂ神戸 (黄さんオリジナル曲)
7. ラムのラブソング

<Extra>
What A Wonderful World 

1st-6,ショロー☆くらぶ,2nd-5,6:Vocal by ジェット ウォン(黄 啓傑さん)
ショロー☆くらぶ:Ukulele by 見谷 聡一さん、枝オカリナ by 松永 敦さん
Extra:サッチモ by 和田 充弘さん 

【Live Report】 Tuesday Night Live 2018.7.24 山田 翔一(tb.)&古川 奈都子(pf & vo.)

7月24日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユウで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによりますライヴエンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、トロンボーン奏者の 山田 翔一 さんとピアニストの 古川 奈都子さんです。

180724001

薗田憲一&ディキシーキングスの演奏を聴いたのをきっかけにトロンボーンを始めた山田さん。
ニューオリンズジャズと出会って以来、ニューオリンズに行き来して「ニューオリンズの空気・雰囲気」を伝え続けている古川さん。

来場くださったお客さまのお召になった服から、ライヴ前からニューオリンズを称える話に花が咲きました。
ニューオリンズはアメリカの中でも独特な雰囲気の街とのこと。
それ故に、ジャズが発祥し、またそのジャズがフランスでいち早く受け入れられたのかもしれません。
勢い、ライヴのセットリストもトラッドジャズ色に彩られたライヴとなりました。

オープニングは夏の暑さを吹き飛ばすような軽快な「Struttin' with Some Barbecue」。
そして2曲目にして、ニューオリンズジャズの伝道師 古川さんのヴォーカルがフューチャーされました。
曲はサッチモも歌った「Dinah」 。
そしてうだるような夏の暑い午後のようなテンポでの「Summertime」 。

1927年に起きたルイジアナでの水害を歌った「Louisiana 1927」。
この歌は、ニューオリンズを襲ったハリケーン“カトリーナ”による甚大な被害のあと、2005年にリバイバルヒットした歌。普段は陽気なニューオリンズの人もこの曲ではすすり泣きが起きるそうです。
「思い出すのは辛い。けれども忘れてはならない。そして勇気を出して生きていこう」
ニューオリンズ市民をそんな気持ちにさせる歌。古川さんの歌声が、ニューオリンズ市民のソウルを乗せて歌われました。

そして2ndセットでの「His Eye Is On The Sparrow」 。
賛美歌であるこの曲、始まりはピアノの弾き語りで賛美歌のようにソウルフルなれど厳かに、そして途中からゴスペル調になって、壮大なソウルソングとして歌われました。


他にも、トラッドジャズらしくトロンボーンをフューチャーした曲、そして2ndセットからは、来場くださったギタリスト 浅葉 裕文さんも加わってのセッションも繰り広げられました。

180724002
 

本日も、来場くださいました皆さまにとともに、すばらしき「ニューオリンズのリラックス」をご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Struttin' with Some Barbecue
2. Dinah
3. Summertime
4. Mardi Gras Mambo
5. Tiger Rag
6. Louisiana 1927
7. Li'l Liza Jane 
 
<2nd Set>
1. Sugar Blues
2. Misty
3. Wrap Your Troubles In Dreams
4. Sitting In Limbo 
5. His Eye Is On The Sparrow
6. Sunset Beach (山田さんオリジナル曲)
7. Mardi Gras In New Orleans 

1st-2,3,6,2nd-3,4,5:vocal by 古川 奈都子さん
2nd-2,3,5,6,7:guest guitar by 浅葉 裕文さん
 

【Live Report】 Tuesday Night Live 2018.7.17 「大筒小筒」 井出 慎二(sax.)&岡部 量平(perc.)& 伊澤 陽一(pan.)

7月17日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユウで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによりますライヴエンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、サックス奏者の 井出 慎二 さん、パーカッショニストの 岡部 量平さん、そしてスティールパン奏者の 伊澤 陽一さんによりますトリオユニット「大筒小筒」です。

180717001

サックス、打楽器、スティールパン。
筒を曲げたり、底を凹ませたり、と筒状楽器で編成した唯一無二のトリオユニット「大筒小筒」。
スティールパンとサックスが、メロディーとハーモニー、メロディーとベースを担い合い、
パーカッションとスティールパンがリズムセクションとして厚みを与えたり、
回を重ねるごとに、3人の音の連携の融合が進んでいます。

今回は、井出さんのループシステムも岡部さんのサンプリングシステムも使わずに、生音環境での演奏となりました。

オープニングナンバーは、真夏の暑さを癒すようなスティールパンの音色が活かされた、伊澤さんのオリジナル曲「マインカート」から。
そして、トリオとなって初のオリジナル曲「あお」へと続きました。

トリオとなった大筒小筒でシリーズとなっているのが、2つの曲を合わせる作品。
今回のタイトルは「アンダー ザ ワールド」。
スティールパンの音がぴったりの「リトル・マーメイド」の曲「Under the Sea」と、USA for Africaの名曲「We Are The World」の重ねあわせです。
“We are the world, we are the children”のところが「Under the Sea」と似通っている、という着想で生まれた作品です。


本日のライヴは、井出さん、岡部さんが持ち込まれた楽器も重要なファクターでした。

180717002

井出さんが持ち込まれたのは、大筒小筒のライヴではお馴染みとなりました、日本国産第一号サックス。
海軍が造らせた田辺作のアルトサックス、陸軍が造らせた日管作のアルトサックス、そして国産テナーサックス。

岡部さんが持ち込まれたのは、出自が定かではないスネアドラム。
当時のものである牛皮が張られたものです。
今回は、パーカッショニストとしての岡部さんに加えて、ドラマーとしての岡部さんのプレイも存分に発揮されました。


2ndセットのオープニングは、夏の時期に、井出さんが国産一号機のサックスを使って演奏する曲がセレクトされました。それは「晩夏」と「道しるべ」です。
サックスが国産化された経緯は、戦争突入による欧米との関係悪化のためです。
戦火を逃れ、また国策である「金属類回収令」に抗い、戦後、優れたサックスが創られても廃棄処分されずに「生き続けた」サックス。

「歴史は私たちに、「こうすると道を誤るよ」と道しるべを教えてくれているのでは?」と、井出さん。
夏の時期だけに、演奏する鎮魂と祈念の演奏。
平成最後の夏も、カフェ・ユーで演奏されました。

世界に限らず、日本でもさまざまなことが起きています。
そんな時でも、音楽で笑顔がプレゼントできるのではないか?
大筒小筒の「裸の王様」、そしてアンコールの「明日になれば」、で気分も晴らして、活力を充電してくださいました。

本日も、来場くださいました皆さまにとともに、音楽ライブを愉しむ平穏なひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. マインカート 
2. あお
3. アンダー ザ ワールド
4. カンパネルラ
 
<2nd Set>
1. 晩夏 ~ 道しるべ
2. 冒険
3. 裸の王様
 
<Extra>
明日になれば

1st-2,4,2nd-3:Soprano Sax by 井出 慎二さん
2nd-1 曲中:Tenor Sax  by 井出 慎二さん
ほか全て:Alto Sax by 井出 慎二さん
2nd-3:Bongo by 伊澤 陽一さん

【Live Report】 Tuesday Night Live 2018.7.10 加納 奈実(sax.)&ハクエイ キム(pf.)

7月10日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユウで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによりますライヴエンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、サックス奏者の 加納 奈実 さんとピアニストの ハクエイ キムさんです。

180710001

今ではカフェ・ユーでしか行われていない加納 奈実さんとハクエイさんのデュオ♫
今回は、加納 奈実さんの立ち位置を変えて行いました。
この立ち位置だと、サックスの音とピアノの音がより一層溶け合うのです。

加納 奈実さんとハクエイさんのライヴのオープニングは、ハクエイさんのピアノソロで始まります。
都会の喧噪を忘れるほどに、ゆったりとしたリズムと余韻の重なりで始まったイントロから、加納 奈実さんの落ち着いたアルトサックスの音色が加味していく、都会的な洗練されたサウンドで奏でられたのはジャズのスタンダードナンバーの「Summer Night」。

ジャズにはハードボイルドなスタンダードもあれば、スイート・ロマンティック溢れるスタンダードもありますが、加納 奈実さんとハクエイさんのライヴでは、“スイート・ロマンティック”な曲、そして演奏が展開されます。
聴いていると、心までうっとりとしてくれるような選曲、アレンジ。
ヒートアップとは対極の、カームダウンなジャズ。大人になることでその良さが分かるジャズらしさが感じられる演奏でした。

2ndのオープニングは、つい最近来日されていたミシェル・ルグラン作の「Watch What Happens」。
映画「シェルブールの雨傘」の挿入曲を、心躍るスウィングで演奏されました。


加納 奈実さんとハクエイさんのライヴではブラジル音楽もよく取り上げられます。
今や加納 奈実さんとハクエイさんのライヴのテーマソングのような存在の「Palhaço」。
演奏される毎に、表現も異なる。それもライヴの魅力のひとつ。
定点観測的に同じ曲が演奏されると、それが良く分かります。
今回の「Palhaço」はハッピーな雰囲気が音から溢れ出ていて、とても幸せな時間を過ごしたピエロの人生を観るようでした。

アントニオ・カルロス・ジョビンの「Falando de Amor」は、
「この曲にはこんなうつくしさも潜んでいたのか?!」
と驚くような、ロマンティックで耽美的な演奏でした。

また今回は、ポップス界の曲もセレクト。
スティングの「La Belle Dame Sans Regrets」をソプラノサックスで演奏されました。
マルサリス一家のブランフォードがバックバンドに加わったこともあるスティング。
ソプラノサックスの音色はブランフォード・マルサリスを彷彿とさせ、またその音色もスティングの声にも通ずるところもあって、とても親和性が良いと感じました。
途中でタンゴのニュアンスがピアノで表現されたのは、共同作曲者のドミニク・ミラーの出身地アルゼンチンの要素が成せる技、だったのでしょうか?

ステージ最後の曲は、加納 奈実さんが「何にしましょうか?」と考えているうちにハクエイさんがピアノで弾き始めてスタート。ジャズのセッションのように始まった曲は、ビバップの名曲「Anthropology」。
これもまたジャズの魅力であり、サックスの躍動する表現の世界。

そしてアンコールは、オーストラリア発祥の曲で、オーストラリアの人は誰でも知っている民謡「Waltzing Matilda」。

本日も、来場くださいました皆さまにとともに、ロマンティックなジャズのひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Summer Night
2. For All We Know
3. Luiza
4. Palhaço
5. In Your Own Sweet Way
 
<2nd Set>
1. Watch What Happens
2. Falando de Amor
3. The Night We Called It A Day
4. La Belle Dame Sans Regrets 
5. Anthropology 
 
<Extra>
Waltzing Matilda

1st-4, 2nd-4:soprano sax, ほか全て alto sax by 加納 奈実さん 
ガレリアカフェ ユー憲章
営業スケジュール
今月の展示

-Photos in September- たけださよ(SA-NYA)&輝血庵 展
写真を撮ること、日常の小さいけれど大切な記憶を残すことの素晴らしさを伝えたい。
記事検索
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード