U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユウ)の日々を綴るblogです

Tuesday Night Live

【Live Report】 Tuesday Night Live 2018.4.17 越田 太郎丸(gt.)&瀬木 貴将(zanp. & quena.)

4月17日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユウで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ギタリストの 越田 太郎丸 さんとサンポーニャ/ケーナ奏者の 瀬木 貴将さんです。

180417001

4月は AKA KONDOさんの絵画展を開催してます。
ウサギや鳥たちと花々がモチーフになった絵画。
植物と動物と、そんな生き物が生きる自然環境が何よりも好きだというAKA KONDOさん。

そして、音楽を通じて自然環境保護活動を行い、今でもアマゾンやラグーンに出掛けていく瀬木さん。
今回のライヴブッキングはそのような自然を愛する方のつながりとなりました。


ライヴのオープニングは瀬木さんのアルバム「サファリへ行こう」にも収録されている「ラグーン」。
このアルバムは2004年に発売になったもので、このアルバムから太郎丸さんと瀬木さんは一緒に演奏するようになられたとか。

「ラグーン」とはアフリカの砂漠の水飲み場。
そこには草食動物、肉食動物問わず、命に関わる水を摂るために訪れます。
そして、その場所では争いが起きないように、自然の摂理が守られているそうです。

アマゾンやサファリに実際に行かれた体験が音となったような瀬木さんのオリジナル曲。
雄大さと命に溢れた自然そのもののような旋律、そして躍動するリズム。
自然の中に自らの身を置くことで識る自然の音楽。
それをライヴで聴くことができる幸せ。


太郎丸さんの主な活動フィールドはブラジル音楽ですが、瀬木さんのデュオではフォルクローレに限らず、さまざまな国のリズム、音楽を演奏されます。

今回もギターソロでベネズエラワルツを、そして瀬木さんも共作されたことがあるアルゼンチン人のパット・メセニー・グループのペドロ・アスナールをイメージして太郎丸さんが創った「Pedro」、ペドロ・アスナールが住むアルゼンチン・ブエノスアイレスの街の雰囲気をイメージした曲なども演奏されました。


アフリカのサファリだったり、アマゾンの大密林だったり、日本の伊豆半島から見える「ムーンロード」だったり。
さまざまなうつくしい自然の情景が旋律となった音楽。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、うつくしき自然を感じるのひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. ラグーン (瀬木 貴将さんオリジナル曲) 
2. 冒険の旅路 (瀬木 貴将さんオリジナル曲)
3. El Cóndor Pasa
4. Zampoña solo:密林 (瀬木 貴将さんオリジナル曲)
5. ナスカ (瀬木 貴将さんオリジナル曲) 
 
<2nd Set>
1. Guitar solo:Vals Venezolano No 3、TRIO
2. Poncho Color Viento
3. Pedro (越田 太郎丸さんオリジナル曲) 
4. MOON ROAD (瀬木 貴将さんオリジナル曲)
5. TSUBASA (越田 太郎丸さんオリジナル曲)

<Extra>
イルシオン (瀬木 貴将さんオリジナル曲)

2nd-2:charango by 越田 太郎丸さん

【Live Report】 Tuesday Night Live 2018.4.10 「Choro'n'POW」 和田 充弘( tb. ), 黄 啓傑( tp. ), 松永 敦( tub. ), 見谷 聡一( pandeiro )

4月10日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユウで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、パンデイロ奏者の 見谷 聡一 さん、トロンボーン奏者の和田 充弘さん、トランペット奏者の黄 啓傑さん、チューバ奏者の 松永 敦さんによるカルテットユニット「Choro'n'POW」です。

180410001

「Choro'n'POW」は“Choro and Peace Of  the World”の略で、ショーロンポウ(小龍包)と呼ぶ・・・洒落の利いたバンド名。
ちなみにショーロとはヨーロッパの音楽とアフリカのリズムが融合してできたと言われているブラジルのポピュラー音楽のスタイルのひとつで、「 管楽器 + バンドリン + カヴァキーニョ + ギター + パンデイロ 」が基本的な楽器編成とのこと。
ところが「Choro'n'POW」は、トランペット、トロンボーン、そしてチューバの「3管楽器+パンデイロ」というコード楽器レスなユニークな編成。

ショーロの名曲はもちろんのこと、日本の演歌をショーロアレンジにしたり、メンバーのオリジナル曲を演奏したり。
そして今回は初披露の曲もありました。

そのうちの一つは、ショーロの基本的なリズムから和田さんが「このリズムは・・・」と思い当たった日本のアニメソング「ラムのラブソング」。
意外なところに意外な国のリズムが潜んでいるものです!

 
ライヴの演奏も、トランペットやトロンボーンだけでなく、チューバもメロディーを取ったり、パンデイロもソロを取ったりするのが“Choro'n'POW”スタイル。

アイコンタクトを交わしながら、互いに連動する動きは、ブラジルのサッカーのうつくしい連動を観るよう♪
そのハーモニーのうつくしさ、アレンジのすばらしさ、自由な機動力、見事なサポート力、そして全員がエンターテインナーとしてすばらしい、“Choro'n'POW”のチームプレイが随所に見られました♪


2ndセットのオープニングは黄さんと見谷さんによるデュオユニット「ショロー☆くらぶ」で。

180410003
 
見谷さんによると「ショロー☆くらぶ」はツアー先で結成されたデュオですが、二人でのステージは初、とのこと。
黄さんことジェット・ウォンのパンディロの叩き語りと見谷さんのウクレレでの演奏で歌われたのは「すべて失ってもいい」。 


そして本日は、来店されていたトランペッターの木幡さん、そしてフルート奏者の深山さんも演奏にゲスト参加されて、最大で「4管+2パンディロ」という編成。

180410002
180410004

とにかく、演奏されている皆さんの笑顔がステキで、聴いているお客さまも笑顔になって。
ジェット・ウォンの歌声にみんなで合唱したり、見谷さんのお弟子さんがパンディロ参加されたり。

聴かせながらも、愉しませる♪
笑わせながらも、聴かせる!
アミューズメントパークのような愉しいChoro'n'POWのライヴ、今回も満喫致しました♪


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、ハイクオリティな“音楽エンターテインメント”のひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Noites Cariocas
2. Sonoroso
3. 心のこり
4. Flamengo
5. サウダーヂ神戸 (黄さんオリジナル曲)
6. Ainda Me Recordo
7. ラムのラブソング
 
<2nd Set>
1. すべて失ってもいい  (黄さんオリジナル曲)
2. Vou Vivendo
3. Chorei
4. Receita de Samba
5. 春風のいたずら (黄さんオリジナル曲)
6. 豆腐屋さん (和田さんオリジナル曲)
7. 山吹く風~放課後サウダーヂ~ (見谷さんオリジナル曲)
8. Andre de Sapato Novo

<Extra>
1. Brasil Pandeiro
2. What A Wonderful World 

1st-5,2nd-1,5:Vocal by ジェット ウォン(黄 啓傑さん)
2nd-1:Ukulele by 見谷 聡一さん
E-2:サッチモ by 和田 充弘さん 
1st-5, 2nd-5, Extra-1,2:Guest Trumpet 木幡 光邦さん
2nd-2,3,4, Extra-1,2:Guest Flute 深山 真里さん

【Live Report】 Tuesday Night Live 2018.4.3 ヤマカミヒトミ( a-sax. ) & 佐藤 直子( perc )

4月3日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユウで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、アルトサックス奏者の ヤマカミヒトミ さんとパーカッショニストの 佐藤 直子さんです。

180403001

主にブラジル音楽のフィールドで、主にサックス奏者として活動されているヤマカミヒトミさん。

ですが、当ライヴでは、ジャンルを問わず“うた”を大事にした音楽を奏でつづけているヤマカミヒトミさんらしさが表れたステージとなります。

ヤマカミヒトミさんのソロワークでは、曲によって木管フルート、アルトサックスを使い分け、「めぐり逢い」のように時に歌うように、「小春」のように時に情景を描くように、単音楽器でありながらもふくよかな音色と揺らぎで表情豊かに演奏されます。

180403002
 
そして佐藤 直子さんとのデュオでは、ヤマカミヒトミさんが表現したい世界とシンクロするように、実に見事にふくらみと色彩を佐藤 直子さんのパーカッションが与えます。

ヤマカミヒトミさんを表現するときに使われる言葉「繊細な感性と美しい音楽性」、そして「自然を愛する心」。
その大切にするものを、とても深く理解した上で出てくるような佐藤 直子さんの音。

今回は2ndセットの「Anthem For The New Nations」から途中にインプロヴィゼーションを挟んでヤマカミヒトミさんのオリジナル曲「Mata Itsuka」までの5曲にその真骨頂が見られたように思います。

180403003

Anthem For The New Nations」から始まる5曲の演奏はシームレスに演奏されました。
それぞれの曲は、作曲者が違ったりと関連性は無いものの、まるで組曲であるかのように、ひとつのストーリー性を生み出していました。

ヤマカミヒトミさんと佐藤直子さんは、誤解を恐れずに言えば、「音楽を奏でたい」のではなく、「曲想を描きたい」のだなぁ~と感じるライヴでした。
その音楽にふさわしい雰囲気を出すために、ヤマカミヒトミさんは楽器を、佐藤直子さんはパーカッションの種類と音色をセレクトしているのだなぁ~と。
 

本日も、来場くださいました皆さまにとともに、音によるうつくしい情景描写のひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. 小春 (フルートソロ)
2. Rosa (フルートソロ)
3. めぐり逢い (アルトサックスソロ)
4. Palpite infeliz (アルトサックスソロ)
5. The Everywhere Calypso (フルート&パーカッション)
6. Chorinho Pra Ele (アルトサックス&パーカッション)
7. 空のはじまり (ピアノ&パーカッション)
8. Green Heart (ピアノ&パーカッション)
 
<2nd Set>
1. Carinhoso (フルートソロ)
2. Vaidoso (アルトサックスソロ)
3. Anthem For The New Nations (ピアノ&パーカッション)
4. Whoza Mtwana (ピアノ&パーカッション)
5. Improvisation (フルート&パーカッション)
6. Nuvole Bianche (ピアノ&パーカッション)
7. Mata Itsuka (ピアノ&パーカッション)
8. Desde Que O Samba é Samba (ギターソロ弾き語り)
9. Honey Bee (ギター弾き語り&パーカッション)
10. Fico Assim Sem Você (ギター弾き語り&パーカッション)

<Extra>
The Wedding (アルトサックス&パーカッション)

2nd-9, 10:コーラス by 佐藤 直子さん
1st-1,7,8,2nd-7:ヤマカミヒトミさんオリジナル曲 

【Live Report】 Tuesday Night Live 2018.3.27 TOYONO( vo. ) & 越田 太郎丸( gt. )

3月27日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユウにて、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ブラジル系ヴォーカルの TOYONO さんとギタリストの 越田 太郎丸さんです。

180327001

ブラジル音楽への深いリスペクトを持つTOYONOさん。
ブラジル音楽の範囲にとどまらず活動をされるも、ブラジル音楽をこよなく愛する越田 太郎丸さん。
このお二人によるデュオのライヴ、オープニングは「トニーニョ・オルタが好きなんです」ライヴを企画される太郎丸さんとのデュオらしい、トニーニョ・オルタの代表曲「aquelas coisas todas」。
この曲はインストゥルメントの曲なのですが、TOYONOさんのスキャット、そして太郎丸さんのコーラスという声という楽器も使っての演奏。

ボサ・ノーヴァや賑々しいサンバ
だけではなく、うつくしいメロディー、ゆったりとしていながらも心に伝わるグルーヴに溢れるブラジルの曲がセレクトされるのもTOYONOさんと太郎丸さんのデュオならでは。
そしてそのうつくしさ、心地よさが日本に居ながらも愉しめるのもTOYONOさんのヴォーカルと太郎丸さんのギター演奏でこそ。

音の強弱、リズムの緩急といったダイナミクスによる3Dサウンドは、生演奏でこそ味わえる音。
それだからこそ伝わるブラジル音楽の魅力♪
だからこそ生演奏で聴きたいサウンド。
ステージと客席の境目の無いカフェ・ユウらしい空間サウンドで、TOYONOさんと太郎丸さんによるうつくしいブラジル音楽のフルコースを愉しませていただきました♪

2ndセットのオープニングは、日本のトレンディ・ドラマファンにはたまらない曲「君は1000%」。
TOYONOさんがこの曲を歌い始めたきっかけは、この曲を歌ったカルロス・トシキさんが母国ブラジルでポルトガル語で歌っている映像をTOYONOさんが見つけ、歌詞を聞き取り、ポルトガル語ヴァージョンでカフェ・ユウでの太郎丸さんとのライヴで歌ったのがきっかけ。
日本で生まれたJ-Popが、ブラジルのグルーヴを経て、その魅力が一段と増した、そんな「君は1000%」。

そしてTOYONOさんによる「ポルトガル語で歌おう講座」に。
今回はアドリアーナ・カルカニョットの「ニセウミガメの歌」。
この曲は「不思議の国のアリス」のストーリーに登場する「ニセウミガメの歌」をモチーフに書き下ろされた曲。
3月のガレリア・カフェ・ユウの展示が不思議の国のアリスの一幕「3月うさぎのティーパーティー」と決めたときに、TOYONOさんに出演を打診したところ、「この歌を使った講座をやりましょう」とご提案くださったのです。

子供向けプロジェクトの一環として作られたこの曲は、とてもかわいらしい歌。
ですが、そこはブラジル音楽!
ポルトガル語の発音のポイントとなる要素がふんだんに入っていました!

「その国の音楽のリズムは、その国で話される言葉のリズムがベースになっている」
というのはライヴに出演くださるミュージシャンの方との会話で話題になることですが、こうして発音講座をしていただくとまさにリズムあっての言葉なのだなぁ・・・と思います。

今回は「アリスの国の不思議なお料理」のレシピにある「擬似亀スープ」を実際に作り、メニューとして用意しました。
さらにスペシャルなことに、ルイス・キャロル協会の方がブラジル版アリスの本をお持ちくださるなど、ブラジル版"不思議の国アリス"とのコラボレーションライヴを愉しむことができました♪


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、うつくしいブラジル音楽三昧のひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪
 
♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1-1 aquelas coisas todas(Toninho Horta) 
1-2 vale o escrito ヴァリ・オ・イスクリト(Audir Blanc/Filó Machado)
1-3 à primeira vistaア・プリメイラ・ヴィスタ(Chico Cèsar)
1-4 aqui oh! アキ・オー(Fernando Brant/Toninho Horta) 
1-5 Feitiço da Vila ヴィラの魅力(Noel Rosa/Vadico)
1-6 Canto De Desalentoカント・ヂ・デサレント失望の唄 (Rubens Téo/Toninho Horta) 
 
<2nd Set>
2-1 君は1000%(有川正沙子/和泉常寛)  
2-2 canção da falsa tartarugaニセ海ガメの歌 (Augusto de Campos/Cid Campos) 
2-3 Rock with youロック・ウィズ・ユー(Rod Temperton)

<End>
E  garota de ipanemaイパネマの娘(Vinícius de Moraes/Tom Jobim)

2nd-2:ポルトガル語で歌おう講座 by TOYONOさん

【Live Report】 Special Live 2018.3.24 ESUNA & DJ Yuta Birthday Live !!

3月24日は「ESUNA & DJ Yuta Birthday Live !!」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

出演くださいましたのは、シンセサイザー奏者の DJ Yuta さんとヴォーカルの須田 晶子さん、そして今回のスペシャルゲストとして、「DJ Yuta & Yuichi」のピアニスト Yuichi さんも出演されました。

180324001

カフェ・ユウで初めてDJ Yutaさんのライヴを行った共演ミュージシャンが須田 晶子さんでした。
そして、この度、DJ Yutaさんと須田 晶子さんのデュオユニットに名前が付きました。
その名も「ESUNA」。
ESUNA(エスナ)」の由来は、Yutaさんと須田さんの共通の話題として盛り上がるRPG(ロールプレイングゲーム)でステータス異常を癒す呪文から、さらにはYutaさんが沖縄や北欧の民族音階が好きなことから「民族土着の音楽」を表す「エスノ(ethno)」に掛けた、とのこと。

3月24日のライヴは「ESUNA」としての初ライヴでもあり、Yutaさんの誕生日のライヴとなりました。

DJ Yutaさんは、KORG「カオシレーター」というタッチパッドで操作するシンセサイザーで、そして須田さんは歌、そして声で。
そしてYuichiさんは本日はピアノで、生演奏してくださいました。

1stセットは、北欧音階で創られたYutaさんのオリジナル曲「Cave Of Undina」をオープニングに、Yutaさんのオリジナル曲、そして文部省唱歌のアレンジ曲で構成されました。

2ndセットではYutaさんが得意とする即興演奏として、お客さまに壁面展示の作品を選んでもらって、そこからまったくのインプロヴィゼーション演奏くださいました。

180324002

そして、Yutaさん、Yuichiさんとの共演にと須田さんが選ばれた2曲、「Scarborough Fair」、「Dindi」が演奏されました。オリジナルだけではなく、このようなカヴァーの演奏も「ESUNA」ならでは新しいケミストリー♪

最後は、Yutaさんも所属している鳥取県にある、障害のある方もそうでない方も一緒になって舞台を創る劇団のテーマソング(作詞は劇団の主宰の方、作曲はYutaさん)を、そしてアンコールとして「ふるさと」を来場くださった皆さんと歌いました。 


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、心地よく癒してくれる音楽のひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪


♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Cave Of Undina (Yutaさんオリジナル曲)
2. ひだまり (Yutaさんオリジナル曲)
3. Pastel Beach (Yutaさんオリジナル曲)
4. うみ 
5. ふるさと 
6. Tropical Lovers (Yutaさんオリジナル曲) 

<2nd Set>
1. Improvisation(展示作品のイメージ)
2. Scarborough Fair
3. Dindi
4. ティダ ヌ カナサ (Yutaさんオリジナル曲) 
5. Night Sky Sugar
6. Get Freedom ~じゆう劇場の歌~

<Extra>
ふるさと

1st-2,4,5,6,2nd-2,3,4,6,Extra:Vocal by 須田晶子さん
ほか:Voice by 須田晶子さん 
ガレリアカフェ ユウ憲章
営業スケジュール
今月の展示

中村貴代美 創作デコパージュ『春』
古来の技法をきちんと手間をかけ時間をかけて細部に至るまで丁寧に創作したデコパージュを展示します。
記事検索
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード