U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユウ)の日々を綴るblogです

Tuesday Night Live

【Live Report】 Tuesday Night Live 2018.2.20 守屋 純子(pf.)&佐瀬 正(wb.)

2月20日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユウで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによりますライヴエンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ピアニストの 守屋 純子 さんとベーシストの 佐瀬 正さんです。

180220001

2月は、ガレリア カフェ ユウでは、150年続く江戸木版画の摺り工房「高橋工房」さんが復刻した江戸木版画展を開催しています。
15日からの後期は歌川広重の“江戸百景”。
この“江戸百景”の展示の中で、是が非でも開催したいライヴがありました。
それが守屋さんのライヴです。

守屋さんのオリジナル曲の中には、長谷川等伯の作品世界をジャズにした曲があります。
また、岡崎市から家康公顕彰400周年に向けて、岡崎、静岡、浜松の3市における家康公をイメージしたジャズ曲の制作を委嘱された「家康公ジャズ組曲」もあります。

今回のライヴでも、家康公ジャズ組曲から1曲、そしてこれからレコーディング予定の等伯組曲から4曲、演奏くださいました。

守屋さんは「家康公ジャズ組曲」の総称を「厭離穢土、欣求浄土」としています。これは家康公が19 歳の時に大樹寺の登誉上人からこの言葉を授けられ、その後の戦陣には必ず「厭離穢土 欣求浄土」の旗指物を使ったことから名付けたそうです。「人々がそれぞれの欲望のために戦い続ける状態を離れ、永遠に平和な浄土を希求する」という家康公の究極の理想と祈りがこの言葉にこめられている、と守屋さんは思ったそうです。

家康公が幕府を開闢してからは260年間、戦乱が起きることなく、それによって文化が町人の域にまで広がりました。
その町人も手にした江戸木版画は、詰め物として渡った先の海外で驚きとともに評価をされました。

海外でも演奏される機会のある守屋さんは、等伯の曲や家康公の曲は海外でも好評を得るそうです。
日本の文化は海外ではとてもリスペクトされていて、評価していないのは日本人だけではないか?と感じるそうです。

ジャズというスタイルを通して、「日本の風情、日本の香り」を表現できるのは日本のジャズプレイヤーならでは。
そこにオリジナリティを感じることで、オリジナリティを重んじる海外の方は評価くださるそうです。

守屋さんによる、日本の武士魂、そして日本のアートとジャズの融合。
たっぷりと堪能させていただきました。
世界でも二人、日本では唯一、演奏楽器として6弦ウッドベースを演奏されている佐瀬さんのベースをフューチャーした「Pine Trees/松林図屏風」などは、日本で生まれ育って良かった♪と感じる演奏でした。
さらには、守屋さんのオリジナル曲を短歌に詠まれた方も、お客さまとして来場されていて、そのご縁で、詠まれた短歌も披露してくださったり。
さまざまな日本の文化がひとつになったライヴでした。

もちろん、浅草ジャズコンテストのテーマソングにもなっている「浅草らしいヤツ」も、広重の「浅草」の前で演奏いただきました♪


来場くださいました皆さまにとともに、日本の絵画、版画、短歌そしてジャズの共演のひとときをシェアできまして嬉しく思います。
ありがとうございます♪

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Almost Like Being In Love
2. Samurai Spirit Of Mikawa Warrior/三河武士魂 (守屋さんオリジナル曲)
3. Days of Wine and Roses
4. Tiger And Dragon/長谷川等伯 龍虎図屏風 (守屋さんオリジナル曲)
5. Nirbana/長谷川等伯 仏涅槃図 (守屋さんオリジナル曲)
6. Trane's Mode (守屋さんオリジナル曲) 
 
<2nd Set>
1. I Love You
2. A thousand cranes/千羽鶴 (守屋さんオリジナル曲)
3. Maple/長谷川等伯 楓図壁貼付 (守屋さんオリジナル曲)
4. Pine Trees/長谷川等伯 松林図屏風 (守屋さんオリジナル曲)
5. Walking Down The Nakamise Street (守屋さんオリジナル曲) 
 
<Extra>
Wind Farm (守屋さんオリジナル曲)

【Live Report】 Tuesday Night Live 2018.2.13 加納 奈実(sax.)&ハクエイ キム(pf.)

2月13日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユウで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによりますライヴエンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、サックス奏者の 加納 奈実 さんとピアニストの ハクエイ キムさんです。

180213001

加納さんとハクエイさんがデュオで演奏するのは、昨年9月の当店でのライヴ以来とのこと。
でもそのように感じないほど、いつもながらにすてきなハーモナイズ♪

オープニングは、ハクエイさんのピアノの打鍵から。
東の空が白み始め、空気が朝の目覚めを始めるように、店内の空気が透き通り、そして加納さんのまろやかなアルトサックスがテーマをなぞる。そんなやさしいアレンジで演奏されたのはスタンダードナンバーの「All Of You」。

2月13日、翌日にヴァレンタインディを控え・・・ということもあってでしょうか?
本日の演奏は、スロー、そしてミディアムなテンポ。
そして、旋律のすてきな曲がリストアップされました。

加納さんがヴァレンタインディプレゼントとして選曲したのは「A Time For Love」。
ジャズのステキな一面である「甘いバラード」、その魅力をたっぷりと感じさせてくれるようなテーマ、そして加納さんとハクエイさんの演奏。

そして今回もブラジルものが1曲。
演奏されたのは、ミルトン・ナシメントの「Travessia」。
こちらも旋律の美しさに加えて、さらにハクエイさんと加納さんのアレンジでより一層、旋律のうつくしさが引き出されました。

モダンジャズのクールさをベースに、加納さんのまろやかなサックスの音色、ハクエイさんの透明感のあるピアノの響き。
スモーキーさも、ブルージーさも、スイーティーさも溶け込ませながら、ひとつになっている。
年代物のウイスキーのような上品で奥深い演奏。

耳を通じ、肌を通して、心の奥深くに染み込む演奏。
眠りに導くナイトキャップのようなステキな演奏。


来場くださいました皆さまにとともに、甘くうつくしいジャズのひとときをシェアできましたことに感謝致します。

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. All Of You
2. Sail Away
3. Falling Grace
4. A Time For Love
5. Straight, No Chaser
 
<2nd Set>
1. New Town (ハクエイさんオリジナル曲)
2. I Should Care
3. Travessia
4. April In Paris
5. Tune Up 
 
<Extra>
Monk's Mood

1st-2, 2nd-1:soprano sax, ほか全て alto sax by 加納 奈実さん 

【Live Report】 Tuesday Night Live 2018.2.6 EMiKO VOiCE(vo.)&佐藤 浩一(pf.)

2月6日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユウで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによりますライヴエンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ヴォーカルの EMiKO VOiCE さんとピアニストの 佐藤 浩一さんです。

180206001

コケティッシュに、エレガントに、コミカルに、ディープに。
ジャズからブラジル音楽、そして端唄まで。
多彩な表現力と多種多様な“うた”を歌うヴォーカリスト、EMiKO VOiCEさんの音楽世界をカタチにした初のソロ・アルバム「Carta~手紙~」の全アレンジを担当した佐藤 浩一さんとのデュオライヴ。

EMiKOさんと佐藤 浩一さんとのデュオでのライヴは、今回のライヴが初めて、とのことでした。

アルバム「Carta」は拝聴していましたが、時を経て、ライヴではその世界観が著しく熟成し変容を遂げていました。

オープニングナンバーは、「Carta」にも収録されている「Someone To Watch Over Me」。
この曲からして、日本語のバースで始まるなど、すでに変貌を遂げていました。

EMiKOさんのスキャットと佐藤 浩一さんのピアノによるバッハの2重奏のようなクラシカルな前奏から突然開ける「Chega de Saudade」。

本から散らし文字のように言葉を抜き取って語りをいれることで、独特な世界観が生まれた「The Days Of Wine And Roses」。

日本人が発信するジャズ、ということで、日本の端唄にジャズのコード進行を乗せて歌われた「さのさ ~ 奴さん」。和と洋の融合の見事さ。

誰もが知っている歌を、誰も聴いたことがないようなアレンジに仕上げられた曲の数々。
即興的に組み立てられながらも、綿密な打ち合わせがなされたような完成度。
そして、圧倒的なうつくしさ。

私の表現力では、とてもお伝えできないのが残念です。
これを感じて頂くには聴いていただくほかありません。

そして、EMiKOさんの粋な着こなしの和装も、眼福でした♪


来場くださいました皆さまにとともに、圧巻の和と洋が見事に融合したうつくしいジャズのひとときをシェアできましたことに感謝致します。

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Someone To Watch Over Me
2. Chega de Saudade
3. Poinciana
4. The Days Of Wine And Roses
5. O Cantador
6. 東京節 
 
<2nd Set>
1. さのさ ~ 奴さん
2. Cucurrucucú Paloma
3. Berimbau
4. When You Wish Upon A Star
 
<Extra>
Edelweiss

【Live Report】 Tuesday Night Live 2018.1.30 「大筒小筒」 井出 慎二(sax.)&岡部 量平(perc.)& 伊澤 陽一(pan.)

1月30日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユウで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによりますライヴエンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、サックス奏者の 井出 慎二 さん、パーカッショニストの 岡部 量平さん、そしてスティールパン奏者の 伊澤 陽一さんによりますトリオユニット「大筒小筒」です。

180130001

サックス、打楽器、スティールパン。
筒を曲げたり、底を凹ませたり、と筒状楽器で編成した唯一無二のトリオユニット「大筒小筒」。

オープニングナンバーは、2つの違う曲を重ね合わせるシリーズ第2弾。
タイトルは「ラブチェリー」。
重ね合わされた曲は、「さくらさくら」と「Love Theme from The Godfather」でした。

大筒小筒の定番曲、そして伊澤さん作の曲。
スティールパンが、時にメロディーを担い、時に和音でリズムを担い。
リベロプレイヤーを得た大筒小筒の演奏は、より彩を増します。

2ndセットのオープニングは、トリオとなって初のオリジナル曲「あお」。
この曲では、素焼きの壷を楽器にした「Udu」をフューチャーして演奏されました。

180130002

中近東の楽器らしく、中近東音楽で耳にする「ドゥン」「タタッ」というリズムがなんとも言えない味わい♪
岡部さんのパーカッションはワールドワイドです。

2ndセットの3曲目に演奏された「ビリーブ」は、幼稚園の卒園式や小中学校の合唱曲として歌われる曲。
2018年、大筒小筒はその音楽活動の幅を広げる時だそうで、ライヴでもこのような曲が取り入れられていくそうです。

アンコールでは、弾ける曲、そしてしっとり曲の2曲を演奏してくださるというプレゼント。

来場くださいました皆さまにとともに、大筒小筒のライヴに“ツツ”まれるひとときをシェアできましたことに感謝致します。

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. ラブチェリー 
2. 冒険
3. スケッチ オブ リーブス
4. 裸の王様
 
<2nd Set>
1. あお
2. 三つの約束
3. ビリーブ
4. カンパネルラ
 
<Extra>
1. 明日になれば
2. Park Drive Sunset

1st-3,4,2nd-1,4:Soprano Sax by 井出 慎二さん
2nd-2:Recorder  by 井出 慎二さん
ほか全て:Alto Sax by 井出 慎二さん
1st-4:Bongo by 伊澤 陽一さん

【Live Report】 Tuesday Night Live 2018.1.23 BREEZE( Jazz vocal group ) & 二村 希一( pf. )

1月23日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユウで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ジャズヴォーカルグループの BREEZE とピアニストの 二村 希一さんです。

180123001

二村さんのソロ演奏でスタート。
そのオープニングナンバーは、ブラジル音楽も演奏する二村さんらしい、A.C.ジョビンの「Chovendo Na Roseira」、続いてはフランス出身のピアニスト、ミシェル・ペトルチアーニの曲「Looking Up」でした。

BREEZEが入ってのオープニングナンバーは、エラ・フィッツジェラルドの最初のヒット曲となった「A-tisket A-tasket」でした。
BREEZEのライヴは、スタンダードジャズ好きの方にはもちろん、往年の名画好きの方にもたまらない名曲を、男女4声のハーモニーでお愉しみいただけます。
1stセットでは、チャップリン作曲であとで歌詞がついた「Smile」、そして映画自体はよく知られていますが、この曲はどこで掛かったのだろう?という隠れた名曲、映画「お熱いのがお好きSome Like It Hot)」から「Runnin' Wild」が歌われました。
さらには、日本の民謡「ソーラン節」のジャズヴァージョン!
こちらは、当ライヴ初披露でした。

2ndセットのオープニングも二村さんのピアノソロから。
1stセットで二村さんのピアノソロに感銘を受けたお客さまの熱いリクエストに二村さんがお応えされて、2ndセットのオープニングは「Waltz For Debby」でした。

2ndセットのBREEZEのセットは「ジャーニー」。ジャズのスタンダードからポップスまで。
シカゴからサンタモニカまで車で走り、メキシコでボレロに酔い、ニューオリンズではちょっと危なっかしい、でも魅力的な通りに行って20世紀を代表するジャズ・ミュージシャンのあの方の歌声を聴き、イギリスのスカボローに行く人に言付けを頼み・・・。
愉しい愉しい音楽の旅のナビゲーターはBREEZE♪

そこにステキなコーラスとステキな伴奏によるステキな歌がある。
そこにそれを愉しむ方々が集っている。
それだけで幸せ♪


来場くださいました皆さまにとともに、幸せな音楽のひとときをシェアできましたことに感謝致します。

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Chovendo Na Roseira
2. Looking Up
3. A-tisket A-tasket
4. Smile
5. Runnin' Wild
6. That Old Feeling
7. Everything Happens To Me
8. ソーラン節
9. St Vitus' Dance
 
<2nd Set>
1. Waltz For Debby
2. Stairway To The Stars
3. Route 66
4. Bésame Mucho
5. Basin Street Blues
6. Scarborough Fair
7. Can't Help Falling In Love
8. Sweet Georgia Brown
9. 見上げてごらん夜の星を

<Extra>
I'm Glad There Is You

1st-1,2,2md-1,2:ピアノソロ by 二村 希一さん

2nd-2,3,4,extra:リクエスト曲 
ガレリアカフェ ユウ憲章
U_U サポーター'sチケット
営業スケジュール
記事検索
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード