U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユー)の日々を綴るblogです

Tuesday Night Live

【Live Report】 Tuesday Night Live 2020.9.22 北床 宗太郎(vn.)&楠井 五月(b.)

9月22日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ヴァイオリニストの 北床 宗太郎 さんとベーシストの 楠井 五月さんです。

200922001

「デュオ特有のアンサンブル
コード楽器がいない(居たら居たで楽しいけど)
でも僕らは大丈夫、皆さん、必ず楽しめます!
何故なら2人がハーモニーだからです。
↑何を言ってるかわからない人は観にきてください(笑)」

これは、北床さんの告知文言。

ヴィオラの音域までを持つ5弦のヴァイオリンとコントラバスことベース。
クラシックの室内弦楽奏のように優雅で余韻もふくよかな演奏も可能な組み合わせ。
それは、「Over The Rainbow」にてたっぷりと愉しませてくださいました。

一方で。
北床さんの活動フィールドのひとつ、ジャズ・マヌーシュ(ジプシージャズ)の名曲「Swing 42」では、ツインギターのセッションのように、重なり合い、響き合い、掛け合いの妙をたっぷりと。

フランク・シナトラの持ち歌のひとつだった「I Get a Kick Out Of You」のように、オシャレさとスウィングの心地よさの見事なブレンド演奏もあれば、「Just The Two Of Us」のようにスウィング感とHip Hopに通ずるようなタテノリ感とが見事に融合した表現もあったり。


北床さんと楠井さん、ふたりの楽器の音域でのハーモニー。
またヴァイオリン単体でのハーモニーとベース単体でのハーモニー。
それのみならず、リズム感を生み出すカッティングやベースラインのパターンを双方が奏でたり。

アイデアの豊かさと表現の多彩さとで、奏でながら構築されていく多面な広がりを持つ演奏に、弦楽器デュオであることを忘れてしまいそうになりました。


メロディーラインは維持されながらも、北床さんと楠井さんのデュオによる「よりよい表現」の可能性を引き出すようなアレンジは、いわゆるスタンダード曲と言われる曲においても想像の域を超える表現となり、それが生演奏を行っているまさにその瞬間に生み出されているものであるところもまた、驚かされるばかりです。


歌があるスタンダード曲では、まるでヴォーカルの声が聴こえるかのような演奏。
その場にはいるはずもないヴォーカルやドラム、ピアノが北床さんと楠井さんの頭の中には存在していて、その存在がお二人が奏でる表現に織り込まれている、そんな感覚の表現でした。

北床さんが常に取り組んでいられる「童謡アレンジ」。
今回の生演奏では「赤とんぼ」のアレンジでした。
また今回は、北床さんのオリジナル曲も選曲に組み込まれました。

芝生の上で昼寝することもままならなかった2020年の過ぎ去った季節。
そんな春や夏に思いを馳せるオリジナル曲も取り入れられながらも、今の時節“9月”をもたっぷり味わう選曲リストでした。
 

本日も、来場くださいました皆さまにとともに、無限の可能性に満ちた2弦楽器による“いい表現”を堪能するひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. I Get a Kick Out Of You
2. September In The Rain
3. Hide And Seek  (北床さんオリジナル曲)
4. East Of The Sun(And West Of The Moon)
5. Seaside Walk  (北床さんオリジナル曲)
 
<2nd Set>
1. Ring-A-Ding Ding
2. Over The Rainbow
3. Fly Me To The Moon
4. 赤とんぼ
5. Swing 42
6. Napping On The Grass  (北床さんオリジナル曲)
7. Just The Two Of Us

<Extra>
September

【Live Report】 Afternoon Tea Live 2020.9.21 「ぽよDUO」 坂上 領( fl. )&帆足 彩( vn. )

9月21日は、ハッピーマンデーの午後に、スイーツとドリンクとともに、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏をお楽しみいただく「アフタヌーンティーライヴ」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、フルート奏者の 坂上 領 さんとヴァイオリニストの 帆足 彩さんによるデュオユニット「ぽよDUO」です。

200921001

子供は夢を膨らませ、大人は子供の心を取り戻す、ほんわかぽよよ~んラテン系脱力バンド「チャランガぽよぽよ」の発起メンバーの坂上 領さんと帆足 彩さんで結成されているデュオ・ユニット「ぽよDUO」。

エンターテインメントに関しては、提供する方も、提供する場を運営する方も、愉しむ方も、
春も梅雨も、夏さえも通り過ごしたロングバケーションを経験した年。
通り過ぎた季節を愉しむかのように、帆足さんは浴衣姿、坂上 領さんは「傘のデザインシャツ」の舞台衣装でした。

カフェ・ユーでの「ぽよDUO」生演奏のオープニングはリコーダーデュオ演奏。
これはカフェ・ユーでしか聴けないアンサンブルとのこと。

ヴァイオリンとフルートのアンサンブルでしっとりうっとり系としては、唱歌の「夏の思い出」、そして2ndではベートーヴェンのピアノソナタが新ラインナップとして加わりました。
今月の展示、カリグラフィーアートの中に、たまたまベートーヴェンの残した言葉の作品があり、坂上 領さんの朗読も付いての演奏。アートと生演奏の偶発的なコラボレーションとなりました。

お客さん参加型ぽよDUO曲「ブローチのうた」。
お客さまからの提案「おかあさん」からヒントを得て、帆足さんが大好きだった「おじいちゃん」バージョンで今回は演奏。
そして、これもぽよDUO恒例「テキーラバトル」。
今回のお題は「“夏”と言えば」、結果は・・・

エンターテインメント界もロングバケーションから、さまざまなニューノーマルの導入とともに開け始めています。
Over The Rainbow」は、とある舞台のニューノーマルを体験された坂上 領さんの思い出の曲でした。

また今回のお初曲、そのタイトルは「あかねちゃん」。
チャランガぽよぽよをご存知の方は、このタイトルが表す意味もご理解いただけると思います。
「坂上くん」を作曲した茜ちゃんへのエール曲です。


演奏もMCも、生演奏が終わったあとの泡アワーも
演奏されたミュージシャンの方も、来場くださったみなさんも
本当に本当に「愉しい」という感情が溢れていました。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、ほんわかぽよよ~んデュオによるいろんな心のこもったタノシイオトのひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. いつも何度でも
2. 夏の思い出
3. チャランガぽよぽよのテーマ (チャランガぽよぽよオリジナル曲)
4. 雨上がりの空  (帆足彩さんオリジナル曲)
5. ブローチのうた  (帆足彩さんオリジナル曲)
6. Englishman in New York 
7. Tequila:“夏と言えば”編
 
<2nd Set>
1. いのちの名前
2. ベートーヴェン ピアノソナタ8番 悲愴第二楽章
3. Over The Rainbow
4. アタラシイオト (坂上領さんオリジナル曲)
5. あかねちゃん (坂上領さんオリジナル曲)
6. まるぼっち (ぽよDUOオリジナル曲)

<Extra>
Under The Sea

1st-1:リコーダーデュオ
1st-5:帆足 彩さん on Vocal, percussion & 坂上 領さん on Andes
2nd-1:帆足 彩さん on Vocal & 坂上 領さん on pianoforte

【Live Report】 Tuesday Night Live 2020.9.15 萱原 恵衣(vo.)&上長根 明子(pf.)

9月15日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ヴォーカルの萱原 恵衣 さんとピアニストの上長根 明子さんです。

200915001

萱原さん、上長根さん
ともにカフェ・ユーには初登場のおふたり。
お噂や音源はネットで知ることはできますが、実際に聴くこととはどうしても違うもの。
さらに、箱が違えば、響きもまた違う部分もあるかと思います。


萱原さんがこの日の演奏で取り上げられた曲の中には、メランコリーな気分に誘う秋の訪れに合わせるかのような、ロマンティック多めでした。
元々ジャズにはロマンティックな内容の歌詞の曲が多い、というのもあるのでしょうが、ロマンティックな想いに耽るのに十分な時間をもたらす秋の夜にふさわしいセットリスト。

萱原さんの歌声は、まるでカフェのテーブルを挟んで“恋バナ”をするかのような親近感ある語るようでした。
歌詞の言葉に心をのせて、語りかけるような萱原さんのヴォーカルに、寄り添うように流れる上長根さんのピアノ。

そんな上長根さんのアカンパニストとしての表現から、各セットで用意されたソロ演奏ではソリストとしての表現を見せてくださいました。
演奏されたのはすべて上長根さんのオリジナル曲。
演奏表現の感性と、曲想のセンスの感性と、ふたつの感性を愉しませてくださいました。


2020年はロングバケーションを過ごした方も多いのですが、萱原さんはロングバケーション中に普段歌うジャズのスタンダードからさらに、日本語の曲にもその幅を広げられたそうです。
そして、この日の演奏でもリストに取り入れられていました。


ジャズスタンダードに日本語の歌、そして欧米ポップス。
素材の良さをそのままに伝えるような表現で、親近感あふれる距離感で歌ってくれました。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、ロマンティックな歌を素のままに愉しむ生演奏のひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. The Face I Love
2. Exactly Like You
3. That's All
4. Pop Bop (上長根 明子さんオリジナル曲)
5. Dear Michel (上長根 明子さんオリジナル曲)
6. いい湯だな
7. 糸
8. Too Darn Hot
9. Tears In Heaven

<2nd Set>
1. Waltz For Debby
2. 'Tis Autumn
3. I've Got Just About Everything I Need
4. ゆうぐれ (上長根 明子さんオリジナル曲)
5. ポロポロ (上長根 明子さんオリジナル曲)
6. たしかなこと
7. ルパン三世のテーマ(英語歌詞)
8. No Moon At All
9. So Many Stars
10. I Won't Last A Day Without You

<Extra>
You're The Top

1st-4,5,2nd-4,5:pianoforte solo by 上長根 明子さん

【Live Report】 Tuesday Night Live 2020.9.8 「Pick&Lips」 河野 文彦( gt. )&フクムラサトシ( s-sax. )

9月8日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ギタリストの 河野 文彦 さんとソプラノサックス奏者の フクムラサトシさんによるデュオユニット「Pick&Lips(ピクリプ)」です。

200908001

「世代を超えて愛される名曲をこころがほっこりと温かく音色で奏でる」をコンセプトに、“ピック”を使って演奏するギターと“リップ”を使って演奏するソプラノサックスの編成されたデュオ「ピクリプ」。

9月、になっても風が暑い日だったこの日。
オープニング・ナンバーは、ピクリプサウンドでも定番の「On The Sunny Side Of The Street」。
ピクリプサウンドで、一気に明るく愉しい、そしてうっとりとした気分に店内が満たされました。

うつくしくもクールな曲、そしてピクリプオリジナルの曲に交えて、カフェ・ユーでのピクリプの演奏のみならず、初の演奏曲も組み込まれていました。

1stセットの最後の曲は「コーヒールンバ」・・・
かと思いきや、「すてきなあなた」という邦題で知られるドイツ語のタイトル曲「Bei Mir Bist Du Schön」。
ピクリプらしいジャズ・マヌーシュスタイルのかっこよくすてきなアレンジでした。


2ndセットのオープニングは、この日がお誕生日という方がいらっしゃったこともあっての「Happy Birhtday To You」から。
そして、ピクリプといえば切り離せないドラマ「孤独のグルメ」、その劇中歌やタイトル曲も織り交ぜられました。

生演奏シーン、に限らずかもしれませんが、冬から、春と夏を通り越して秋に入ろうとしているような2020年。
去りゆく夏の雰囲気がまだ感じられるこの日、ピクリプが初めて演奏するナンバーとして「さよならの夏」が、そしてこれからたわわな実りで色づく景色の季節にオリジナル曲「故郷の景色」が演奏されました。

音楽で移りゆく季節を感じ、そして愉しむ。
それもまたピクリプの生演奏がもたらしてくれるもの。

いつまでも続いて欲しい宴も終わりの時が訪れる。
そんな切なさを、断ち切るかのような熱い熱い演奏
2ndセットのラスト曲は、ピクリプの魅力のひとつであるジャズ・マヌーシュのような情熱的なスウィングでフクムラさんオリジナルの「Lapis Lazuli」が演奏されました。

そしてそして。
鳴り止まないアンコールの拍手に応えては、「黒い瞳」が演奏されました。


ピクリプのお二人も、配信での演奏はあったものの、お客さまと対面しながらの生演奏は久しぶりとのこと。
オープニングの演奏が終わって第一声に
「生演奏って愉しいなぁ~」
とお二人から発せられた言葉は、きっと、来店くださったお客さま、みなさまの思いでもあったと思います。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、美食を愉しみ尽くすような至福の生演奏を愉しむひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. On The Sunny Side Of The Street
2. Englishman in New York
3. Bluesette
4. ツバメのワルツ (河野文彦さんオリジナル曲)
5. Sunrise Sunset (フクムラサトシさんオリジナル曲)
6. Sweet Home (フクムラサトシさんオリジナル曲)
7. Bei Mir Bist Du Schön
 
<2nd Set>
1. Happy Birthday To You
2. Summertime
4. Samba Delicioso(美食のサンバ) (河野文彦さんオリジナル曲)
5. Solitude (フクムラサトシさんオリジナル曲)
6. The First Flight (フクムラサトシさんオリジナル曲) 
7. さよならの夏
8. 故郷の景色 (河野文彦さんオリジナル曲)
8. Lapis Lazuli (フクムラサトシさんオリジナル曲)

<Extra>
Очи чёрные(邦題:黒い瞳)

【Live Report】 Tuesday Night Live 2020.9.1 堀 秀彰(pf.)&増原 巖(b.)

9月1日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ピアニストの 堀 秀彰 さんとベーシストの 増原 巖さんです。

200901001

放つ音、そして豊かな余韻、その余韻の音に放つ音が重なっていくことでより豊かな生演奏となる堀さんと増原さんのモダンジャズの世界を、あたらしい日常となって初めての堪能となりました。

堀さんはカフェ・ユーでのライヴではいつしか「テーマ」を決めてセットを組むことをスタンダードにしていますが、今回は明確におっしゃることはありませんでしたが、セレクトされた堀さんのオリジナル曲からはテーマとして「ボランタリー・リストレイント(voluntary restraint:自発的制限)」があるように感じました。

Soft Wind In Warm Light」は、堀さんがお昼間の時間帯にソロ演奏を頻繁に行っていたお店に捧げた曲。
直接的な理由ではなかったものの、この春のことがひとつの契機となって活動をおやすみされました。
陽の光がたっぷりと入る店内の雰囲気が感じられる温かな気分になるスウィングでした。

Updraft」は、あの期間、「とにかく明るい曲が書きたかった」との着想から生まれたオリジナル曲。
“上昇気流”の名のとおり、上へ上へと転調をしていく軽快な曲でした。

そして、私たちのお店に捧げてくださったオリジナル曲「A Song For U_U」。
今だから明かしますが、あの期間、堀さんはお子さんとご一緒に、私たちのお店によく遊びに来て下さり、その時には、店内でピアノの演奏も行ってくださっていました。
そんなエピソードから、私たちのお店の雰囲気にもピッタリということで、タイトルに私たちのお店の名前を入れてくださったのです。


どんな状況であっても、音楽に変えることができる。
そして、生演奏は、どんな状況であっても、聴く人の心を癒し、動かし、満たしてくれる。
生命維持に必要不可欠なものだと、生演奏に触れる度に感じます。


増原さんのベースとのデュオ、ということで、今回の生演奏のもうひとつのテーマ、「増原さんフューチャリング」。
堀さんがバンドのピアニストとして活動していた増原さんのバンド、第二期“What's Up”時代の曲を2曲セレクトされました。
ひとつは、堀さんと増原さんのデュオでも定番となっている、かっこよくて色褪せることのない曲「That's Not Cool At All」。
そしてもうひとつは、堀さんと増原さんとの演奏では初めて聴きました「Helpless」でした。

この日も、さまざまなモダンジャズ曲の生演奏に心も身体もすっかりと癒されました。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、都会の癒し音楽“モダンジャズ”の生演奏のひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Speak Low
2. Waltz For Zweetie
3. That's Not Cool At All (増原 巖さんオリジナル曲)
4. Soft Wind In Warm Light (堀 秀彰さんオリジナル曲)
5. It's Easy To Remember
6. Updraft (堀 秀彰さんオリジナル曲)

<2nd Set>
1. Satin Doll
2. A Song For U_U (堀 秀彰さんオリジナル曲)
3. Harvie's Tune (堀 秀彰さんオリジナル曲)
4. On the Street Where You Live
5. Helpless (増原 巖さんオリジナル曲)
6. September In The Rain

<Extra>
The Girl From Ipanema
ガレリアカフェ ユー憲章
今月の展示

カリグラフィーアート「一言一縁」展
縁文師雅子さんのカリグラフィーアート展です
記事検索
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード