U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユー)の日々を綴るblogです

Tuesday Night Live

【Live Report】 Tuesday Night Live 2018.9.18 TOYONO( vo. ) & 越田 太郎丸( gt. )

9月18日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユーにて、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ブラジル系ヴォーカルの TOYONO さんとギタリストの 越田 太郎丸さんです。

180918001

ライヴ開演前に激しい雨風となったカフェ・ユー近辺でしたが、ライヴのオープニングは爽やかなグルーヴの「nego maluco」、でした。

nego maluco」のタイトルの意味から発したTOYONOさんと太郎丸さんの愉しいトークを挟んで、2曲目に演奏されたのは「o bebado e a equilibrista」。“酔っ払いと綱渡り芸人”という一風変わったタイトルの曲。この曲はブラジルの軍事政権時代に生まれた曲で、軍事政権を“酔っ払い”に、国民を“綱渡り芸人”に暗喩して歌われた曲。直接表現ができない時代に、それでも心情を表したく・・・。そんなミュージシャンの想いも伝えてくれる演奏でした。

1stセットの3曲目と4曲目はブラジルの女性ヴォーカル Joyce の曲が取り上げられました。
JoyceはTOYONOさんがブラジル音楽の世界に惹かれ、ブラジル系ヴォーカリストとして歩むきっかけとなったヴォーカルなのだそうです。

そして「トニーニョ・オルタが好きなんです」ライヴを企画される太郎丸さんとのデュオらしく、トニーニョ・オルタの曲「aqui oh!」と続いて、TOYONOさんのリーダーライヴでは必ず取り上げられる「Rock with you」が演奏されました。今回の「Rock with you」は、ブラジリアンロックと呼びたくなるような太郎丸さんのギターによる熱いグルーヴアレンジが加わりました。


2ndセットのオープニングは、1986年にドラマの主題歌としてヒットした曲「君は1000%」 。
メインヴォーカルのカルロス・トシキさんがポルトガル語ヴァージョンで歌っている映像からTOYONOさんが歌詞を書き起して、ポルトガル語ヴァージョンを披露してくださって以来、カフェ・ユーのライヴでは欠かせないナンバーとなっています。

2ndセットはTOYONOさんのライヴとしてはがらりと趣を変えて、「サンバ」がずらりと並びました。
実は、日本では1980年代に“サンバ・ブーム”があったそうで、ブラジルのサンバのアルバムの日本版が発売されたり、ブラジルのミュージシャンが呼ばれて演奏されたりしていたそうです。

「サンバ」といえば、浅草やリオ・デ・ジャネイロのカーニバルの賑やかなイメージが浮かびます。
ですが、「サンバ」のリズムで創られた曲には、落ち着いたリズム、そして人生訓を含むような歌詞を持つものなど、聴く音楽としてすばらしい曲もあるのですね。 

ブラジル音楽への深いリスペクトを持つTOYONOさんと、ブラジル音楽をこよなく愛する太郎丸さんによる演奏では、曲が表そうとする世界観、そして曲に内包されているブラジルのリズムがリスペクトされた演奏となります。
それだからこそ伝わるブラジル音楽の魅力、そして躍動感♪
 
今回のライヴでは、TOYONOさんが初披露された曲があったり、まだ歌詞が付いていないTOYONOさんの新曲があったり。
また違ったブラジル音楽の魅力を愉しませていただきました。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、ステキなブラジル音楽三昧のひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪
 
♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1-1 nego maluco ネゴ・マルーコ (Chico Buarque/Edu Lobo) 
1-2 o bebado e a equilibrista酔っ払いと綱渡り芸人(Joao Bosco/Aldir Branc) 
1-3 CLAREANAクラレアーナ(Joyce Moreno/Mauricio Maestro) 
1-4 mulheres do brasilブラジルの女達 (Joyce) 
1-5 aqui oh! アキ・オー(Fernando Brant/Toninho Horta) 
1-6 Rock with youロック・ウィズ・ユー(Rod Temperton) 
 
<2nd Set>
2-1君は1000%(有川正沙子/和泉常寛) 
2-2 Diz que fui por aiその辺に居たと言っておいて (Hortencio Rocha/Ze Keti) 
2-3 Nao deixe o samba morrer愛のサンバは永遠に (Edson Conceicao/Aloisio) 
2-4 o mundo e um moinho人生は風車(cartola) 
2-5 M4(TOYONO/森俊之) 

<End>
E Feitico da Vilaヴィラの魅力(Noel Rosa/Vadico) 

【Live Report】 Tuesday Night Live 2018.9.11 「Dos Sones de Corazones」 Makoto(vo.&perc.)&mucho(gt.&vo..)

9月11日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユウで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ラテンヴォーカル&パーカッショニストの Makoto さんとギター&ラテンヴォーカルの muchoさんのお二人によるキューバルーツ音楽デュオユニット「Dos Sones de Corazones」です。

180911001

1930年代に生まれ、それからずっとキューバ国内はもとより世界でも愛され続けるキューバ音楽「ソン」や「トローバ」を歌う日本人アコースティックデュオ「Dos Sones de Corazones」。
本日もステキなキューバ音楽を、ステキな演奏で聴かせてくださいました。

18年ぶりの公開となった映画「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ☆アディオス」のお陰もあってか?
ライヴのオープニング曲「Olvido」の演奏の後には、お客さまから「コンパイ・セグンド!」の掛け声も掛かりました♫
Dos Sones de Corazonesのライヴでオープニングに演奏される曲のタイトル「Olvido」とはスペイン語で「忘却」 という意味。
「これから始まるライヴの間はしばし日常のことを忘却して、キューバ音楽の愉しい時間を味わっていただきます」、というようなファンファーレ的な音楽。

キューバでは音楽とダンスは切っても切れないモノ。
今日は立ち上がって、ダンスを踊る方、手でクラーベを打つ方。
と、早くもキューバのダンスホールのような雰囲気になりました。

Makotoさんとmuchoさんの演奏に、お客さまの心と体が反応し、
そのお客さまの心と体の反応が、Makotoさんとmuchoさんの演奏に火を点け、
演奏者と愉しむ方の見事なまでの相乗効果!でした。

時にはしっとりしたバラードを、お客さまとの物理的な距離を縮めて演奏されたり、

180911002

Makotoさんが、会場にいらしてくださったお客さまに
「どのような雰囲気の曲がよろしいでしょうか?」
とお尋ねになったり、MC中のお客さまとの会話で心の距離を縮められたり。

本日は群馬県桐生市にあるMusic&Bar「Bilongo」のご縁で群馬県からいらしてくださったお客さまのために、「Bilongo」も演奏されました。

MakotoさんのMCのお陰でしょう。
ライヴの終盤には、今日初めてカフェ・ユーで顔を合わせたお客さま同士なのに、とてもそうは思えないようなお客さま同士のステキな雰囲気となりました。

180911003

さすがソン、トローバの発祥地キューバ、サンティアゴ・デ・クーバで毎年演奏されているDos Sones de Corazones。
茗荷谷のお店もサンティアゴ・デ・クーバのトローバに様変わり致しました。

9月の第2週はカフェ・ユーでの火曜日ライヴが始まった日。
ライヴ中には、7周年の祝いの演奏もしていただきました♫

キューバ音楽で、人の心をひとつにする「Dos Sones de Corazones」。

本日も、来場くださいました皆さまにとともに、キューバに酔いしれる最高のひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪  

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Olvido
2. Chan Chan
3. Son De La Loma
4. Veinte Años
5. Quizás, Quizás, Quizás
6. El Empanadillero
 
<2nd Set>
1. Alli
2. Bilongo
3. Guantanamera
4. Flor De Venganza
5. Cuando Vuelva A Tu Lado
6. Akikobella ~ Feliz Cumpleaños
7. Sabor A Caney

<Extra>
1. Estoy Como Nunca
2. Déjame Vivir

【Live Report】 Tuesday Night Live 2018.9.4 「すみれいこ」 栗林 すみれ( pf. ) & 山本 玲子( vib )

9月4日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ピアニストの 栗林 すみれ さんとヴィブラフォン奏者の 山本 玲子さんによるデュオユニット「すみれいこ」です。

180904002

東京の方でも時折雨風の影響が見られたこの日。
ピアノも湿度の影響が見られました。
そんな日だからこそ演奏したい曲もある。

本日の「すみれいこ」のセットリストは、一味違った曲もお目見えしました。
そのひとつは1stセットでリストインしたカフェ・ユーでのすみれいこライヴではお初の「Só Danço Samba」。

このようなことがあるのも、ライヴ演奏のひとつの醍醐味なのではないでしょうか?

本日のすみれいこライヴのオープニングナンバーは、トランペッターのTom Harrellの曲「Moon Alley」。
外の鬱々とした雰囲気を吹き飛ばすかのような明るさと躍動感に溢れる演奏でスタートしました。

またすみれさんのセレクトでは、すみれさんの感性に響くピアニストの曲を取り上げられますが、今回は若くして他界した北欧のピアニスト Esbjorn Svenssonの曲「Believe, Beleft, Below」が取り上げられました。


2ndセットのオープニングは、John Coltraneの「After The Rain」!
この曲も、本日のような天候ならではの選曲。
続けて、玲子さんのリーダーバンドのために書いた「Staring At The Rain」 。
タイトルの意味は「雨を見つめて」。
降っている雨にうんざりして、窓辺で見つめているようなアンニュイな気持ちを曲にしたナンバーでした。
 
情熱的なスパニッシュの雰囲気溢れる「Our Spanish Love Song」。
何ものにも捉われない自由闊達で伸びやかな 子どもから着想を得たすみれさんのオリジナル曲「Children's Mind」。
タイトルは同じなれど、その演奏たるや、以前とは異なる創造性に溢れる。
すみれいこの演奏はまさにそんなスタイル。 

それは、すみれいこのライブでは必ず演奏してされる「That Blue Bird」にも言えることです。
カフェ・ユーのライヴでも常に演奏されてきた曲ですが、表現は常ならぬすばらしさ。
常ならぬところにまた惹かれるのですね。

 
さて!
アンコールでは、これも当店恒例となっています、すみれさんと玲子さんの「Children's Mind」溢れる演奏。
今回はピアノ連弾ヴァージョン。
そして、これも恒例となっています「すみれいこのうた」。
初お披露目以降、カフェ・ユーでのライヴでは欠かさず演奏される曲です。
今回は、「すみれいこ」のお二人の演奏にのせて、お客さま参加型で愉しみました♪

180904001


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、表情ゆたかなすみれいこのライヴのひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Moon Alley
2. Missing Piece (玲子さんオリジナル曲)
3. Só Danço Samba
4. Believe, Beleft, Below
5. Taking A Chance On Love
 
<2nd Set>
1. After The Rain
2. Staring At The Rain (玲子さんオリジナル曲)
3. Our Spanish Love Song
4. Children's Mind (すみれさんオリジナル曲)
5. That Blue Bird (玲子さんオリジナル曲)
 

<Extra>
すみれいこのうた (玲子さんオリジナル曲)

Extra:ピアノ連弾 by 栗林 すみれさん & 山本 玲子さん

【Live Report】 Tuesday Night Live 2018.8.28 ヤマカミヒトミ( a-sax. ) & 佐藤 直子( perc )

8月28日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユウで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、アルトサックス奏者の ヤマカミヒトミ さんとパーカッショニストの 佐藤 直子さんです。

180828002

今回は写真のように、お客さまにはサークル状にお座りいただいて、ヤマカミヒトミさんと佐藤 直子さんが対面するように位置するというスタイルでライヴが行われました。
まるで自宅で演奏しているような雰囲気で、というまさにアットホームなスタイルです。


カフェ・ユーでの佐藤 直子さんとのライヴでは、ヤマカミヒトミさんのソロワークパート、そして佐藤 直子さんとのデュオ演奏パートで構成されます。

曲によって木管フルート、アルトサックスを使い分け、「小春」では情景を描くように、「めぐり逢い」では歌うように、ブラジル音楽やジャズのスタンダードでは単音楽器でありながらアンサンブルの音が聴こえるかのように、演奏されました。

今回のライヴではヤマカミヒトミさんの友人がタイから日本に旅行中に来場くださったこともあって、タイの王様が作った曲「Sai-chon」をフルートソロで演奏されました。タイの王様はJAZZがとてもお好きで、SAX奏者でもあるそうで、この曲はタイで歌い継がれているそうです。
 

今回佐藤 直子さんが持ち込まれた楽器はモロッコの打楽器“ベンディール”とシェイカーというミニマニストな構成。
ですが、モロッコの片面太鼓(フレームドラムは打面の裏にスナッピー弦が張られて、打面の音以外にベェーン!ベェーン!というスナッピーの音を混ぜることもできる楽器。
低・中・高音に加えて、表面を擦ったりと、さまざまな音色で曲にふくよかさを与える佐藤さんのパーカッション表現。


ヤマカミヒトミさんと佐藤直子さんの演奏では、音として表現されている以上の表現が伝わってきました。
モノクロの映像がカラーの映像よりもよりゆたかに想像力を掻き立ててくれるような、そのような演奏でした。
 

本日も、来場くださいました皆さまにとともに、音によるゆたかな情景描写のひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. 小春 (フルートソロ)
2. Carinhoso (フルートソロ)
3. Doralice (アルトサックスソロ)
4. めぐり逢い (アルトサックスソロ)
5. The Everywhere Calypso (フルート&パーカッション)
6. Chorinho Pra Ele (アルトサックス&パーカッション)
7. 空のはじまり (ピアノ&パーカッション)
8. Green Heart (ピアノ&パーカッション)
 
<2nd Set>
1. Sai-chon (フルートソロ)
2. I'll Close My Eyes (フルートソロ) 
3. Vaidoso (アルトサックスソロ)
4. Anthem For The New Nations (ピアノ&パーカッション)
5. Nuvole Bianche (ピアノ&パーカッション)
6. Improvisation (フルート&パーカッション)
7. John (ピアノ&パーカッション)
8. Mata Itsuka (ピアノ&パーカッション)
9. Desde Que O Samba é Samba (ギターソロ弾き語り)
10. Honey Bee (ギター弾き語り&パーカッション)
11. Fico Assim Sem Você (ギター弾き語り&パーカッション)

<Extra>
The Wedding (アルトサックス&パーカッション)

2nd-4~8:メドレー
2nd-10, 11:コーラス by 佐藤 直子さん
1st-1,7,8,2nd-8:ヤマカミヒトミさんオリジナル曲 

【Live Report】 Tuesday Night Live 2018.8.21 堀 秀彰( pf. ) & 増原 巖( wb. )

8月21日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユーにて、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ピアニストの 堀 秀彰 さんとベーシストの 増原 巖さんです。

180821001

かつて増原さんリーダーのバンド「What's Up」で一緒に活動されていた堀さんと増原さんのデュオはここカフェ・ユーでだけ。
しかも演奏は、ピアノはもちろんベースも生音です。

今回のライヴで堀さんが凝らした趣向は、「作曲者フューチャリング」。
「作曲には個性が出る」
ということで、1stセットは“Cedar Walton”をフューチャリング。

シダー・ウォルトンは、1960年代の初め、ピアニスト、アレンジャーとしてアート・ブレイキーのジャズ・メッセンジャーズに3年間活動したモダンジャズのピアノ奏者であり作曲家。
作曲家としても非凡な才能を持ったミュージシャン。

華やかな雰囲気の「Fantasy In D」 で始まり、堀さんと増原さんのソロのトークがステキな演奏で奏でられた「Martha's Prize」、メローなバラード調での「Clockwise」、ラテンのフレーバーも感じられるような情熱的な「Holy Land」では堀さんがCedar Waltonのライヴを聴きに行った時のエピソードも語られ、そしてロマンチックなバラードの「I'll Let You Know」、そして締めは「Firm Roots」。
多彩な表現と、緻密な構成のCedar Waltonの世界を堪能させていただきました。
「マイナーコードなのに暗くない」のがCedar Waltonらしい、とは堀さんのコメント、でした。 


ブレイクを挟んで、2ndセットは最初の2曲は堀さんのオリジナル曲、次いで2曲増原さんのオリジナル曲をセレクト。
2ndセットのオープニングの堀さんのオリジナル曲「I'll Be Back There」はまだあまりライヴでは演奏されていない曲とのこと。ツアーでのライヴも多い堀さんならではのタイトル曲でした。
2曲目は堀さんが奥さんのために書いた曲「But, She Likes Waltz」。こちらも曲名のエピソードとともに演奏くださいました。
増原さんのオリジナル曲は、ベースの演奏に長けた増原さんの生徒さんの名前に由来してタイトル付けされた「Indigo Blue」、そしてクラシック好きでもある増原さんがチャイコフスキーを連想してタイトルにした「Hope For Pyotr」、この曲はアルコ弾きで演奏されます。

そして最後の2曲は、去りゆこうとしている夏をイメージして「Estate」と「Samba do Avião」がセレクト。

堀さんと増原さんのデュオにて、今宵もジャズが持ついろんな魅力の紹介とともに、うつくしい曲はよりうつくしく、ホットなナンバーは“heart hot, play cool”な演奏で聴かせていただきました♪
聴いているお客さまも、思わず顔がにんまりしてしまうほど、でした。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、”heart hot, play cool"なジャズのひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪
 
♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Fantasy In D
2. Martha's Prize
3. Clockwise
4. Holy Land
5. I'll Let You Know
6. Firm Roots
 
<2nd Set>
1. I'll Be Back There (堀さんオリジナル曲)
2. But, She Likes Waltz (堀さんオリジナル曲)
3. Indigo Blue (増原さんオリジナル曲)
4. Hope For Pyotr (増原さんオリジナル曲)
5. Estate
6. Samba do Avião

<End>
If I Were A Bell
ガレリアカフェ ユー憲章
営業スケジュール
今月の展示

-Photos in September- たけださよ(SA-NYA)&輝血庵 展
写真を撮ること、日常の小さいけれど大切な記憶を残すことの素晴らしさを伝えたい。
記事検索
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード