U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユー)の日々を綴るblogです

Tuesday Night Live

【Live Report】 Tuesday Night Live 2021.10.19 井出 慎二(sax)&Fuming(pf.)

10月19日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を、リバウンド防止措置モードにて開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、サックス奏者の 井出 慎二 さんとピアニストの Fuming さんです。

211019001

海外の音楽学校を卒業して帰国後から、あまたのスタイルでサックスの生演奏活動を行ってきた井出さん。
そんな井出さんでさえも、「バリトンサックスオンリー」での生演奏は初!とのこと。
この日はバリトンサックスを演奏する方なら分かる珍しいバリトンサックスを用いての演奏でした。


井出さんのバリトンサックスの演奏は、バリトンサックスならではの迫力あるサウンドに加えて、たとえば、Bebop曲での圧巻の演奏など、バリトンサックスの常識を覆すような演奏&メロディアスな表現でした。


また今回の生演奏では、バリトンサックスの魅力を伝えるために、バリトンサックス奏者のジャズの巨匠 Leo Parkerの曲「The Lion's Roar」とGerry Mulliganの「Festive Minor」もセットに組み込まれていました。

井出さんとFumingさんのデュオでの演奏では、Fumingさんのヴォーカル・パフォーマンスも愉しみのひとつです。今回は、歌&スキャットのパフォーマンスに加えて、歌詞の説明でもエンターテインメントな紹介で愉しませてくださいました。


1stセットのラストに演奏されたのは、生演奏当日のまさに前夜に井出さんが夢の中で得たメロディを書き起こしたもの。もちろん、初演。ですが、Fumingさんが即興で歌詞を載せられたりと、歌唱曲に育ちそうな予兆が既に見えました。

また1stセットでは、1曲だけ、このような編成もお目見えしました。

211019002

小学校時代に手に取って演奏したピアニカとソプラノリコーダー。
それも井出さんとFumingさんの手にかかれば、アダルティな雰囲気のジャズの楽器へと早変わり。

もちろん愉しい、だけではなく、
今のご時世のことにも想いを巡らせてのトーク&パフォーマンスもありました。
それは、2ndセットの選曲、そして演奏に載せられて奏でられました。

こんなご時世だからこそ新たに感じたこと
でも
こんなご時世であっても
生演奏を愉しんでくださる方のために、
生演奏をより愉しんでもらうために

そんな想いがカタチになって、この日集ったみなさんとともに分かち合いました。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、“おもてなし”がたっぷり詰まった“生演奏”のひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. In A Mellow Tone
2. Anthropology
3. All Of Me
4. Fly Me To The Moon
5. Over The Rainbow
6. 貴方と夜とバリトンと (井出さんオリジナル曲)

<2nd Set>
1. Let It Be
2. The Lion's Roar
3. Festive Minor
4. Our Love Is Here To Stay
5. Confirmation
6. What A Wonderful World

<Extra>
Beethoven: “Pathetique” Sonata, 2nd movt.

1st-4:soprano recorder by 井出 慎二さん, pianica by Fumingさん

1st-3,4,6,2nd-4:vocal by Fumingさん

【Live Report】 Tuesday Night Live 2021.10.12 「あゆもにじん」 五十嵐 歩美(vn.)&マツモニカ(c-harm.)&長澤紀仁(gt.)

10月12日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント、「Monday Night Live」をリバウンド防止措置モードで開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ヴァイオリニストの五十嵐 歩美さん、クロマチックハーモニカ奏者の マツモニカさん とギタリストの 長澤 紀仁さんによりますトリオ・ユニット「あゆもにじん」です。

211012001

小さな音の楽器の代表格、アコースティックギターとクロマチック・ハーモニカ。
そして、小さいながらも大きな音が出せるヴァイオリン。
この3つの楽器がカフェ・ユーでは“生音”でバランスを取りつつ、
ブラジル音楽特有のリズムは長澤さんのギターで創り出し、
そのリズムにのってクロマチック・ハーモニカとヴァイオリンがメロディーを分けあったり、ハモリあったり、ソロを三人で回しあったりと、
あゆもにじん」にしかできないブラジル音楽アンサンブルを奏でます。

ブラジルにも四季があり、「枯葉」という名のサンバがあり、
またブラジルには「Malandro」と呼ばれる特徴的なスタイルで粋な男性がいて
といったブラジル固有の文化を音楽を通じて愉しみました。

ブラジルのいつもの朝の定番メニューは「コーヒーとパン」
そんな日常風景を曲にした「Cafe com Pão」は、
日常が日常であり続けることがスペシャルなことに感じる昨今に改めて味わい深い曲でした。


また、うつくしい曲をよりうつくしく愉しませてくれる「あゆもにじん」の真骨頂を、今回は「New Cinema Paradise Medley」で堪能させてくださいました。

アンコールに奏でられたのは五十嵐さんのオリジナル曲「Tsugaru」。
純和風な旋律だった曲も、長澤さんのブラジルリズムが合わさった「あゆもにじんスタイル」へと進化していました。

うつくしい演奏と、愉しいトークで、たっぷりと愉しませてくれる「あゆもにじん」。
今宵も愉しき時間で満たされました。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、うつくしい曲をうつくしい演奏で、それも生音で、堪能するひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪   

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st set>
1. Minha Saudade
2. Desafinado
3. Folhas Secas
4. リカちゃんのジレンマゾーン (長澤 紀仁さんオリジナル曲)
5. Homenagem Ao Malandro

<2nd set>
1. Cafe com Pão
2. Acaso
3. Meu Passo (マツモニカさんオリジナル曲)
4. New Cinema Paradise Medley
5. Besteira

<Extra>
Tsugaru (五十嵐 歩美さんオリジナル曲)

【Live Report】 Tuesday Night Live 2021.10.5 丹精(tap)&堀 秀彰(pf.)

10月5日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を、リバウンド防止措置モードにて開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、タップダンサーの 丹精 さんとピアニストの 堀 秀彰 さんです。

211005001

丹精さんは、タップ、クラップハンヅ、ボディー、そしてヴォイス、
そのすべてを使ってサウンドを奏でる、ダンスの魅せる要素も兼ね備えた“タップミュージシャン”。
他のミュージシャンやお客さまに届く“”、“歌心”を大切にされている丹精さんのパフォーマンスと、歌心溢れる感性で鍵盤の上を指でタップする堀さんのピアノと、お互いがいい刺激を受け合う、ジャズセッション!
カフェ・ユーでも回を重ねています。

10月1日になって、夜の時間も、そして夜のお供の規制も少し緩められました。
堀さんはさっそく、1日の夜に解禁になった状態で有観客の演奏を体験されたそうですが、お客さまの醸し出す雰囲気がやはり違うそうで、それによって演奏する側もまたより一層感化されるものが変わるのだそうです。

この日のカフェ・ユーもきっとそのように感じられたのではないでしょうか?
というような、演奏、セッション、雰囲気でした。

豊富で深いモダンジャズの造詣を持たれる堀さんが丹精さんとのセッションでチョイスされる曲は、本当に意外性を持ちつつもセッションの親和性が高いものばかり。
今回も、著名なジャズピアニストのあまり有名ではない名曲をチョイスされました。


今回の堀さんとの生演奏は、丹精さんの「ツタタタ2021」の東京でのセッションに位置付けられました。
全国各地を移動しながら、当地のミュージシャンと当地のお店でセッションをする丹精さんの演奏活動「ツタタタ」。
オンラインなど、その場にいなくてもつながる、ワークできることが増えてきていますが、
その場にいるからこそ、影響を与え合うこと
それを肌で感じているからこそ、伝えたいこと
そんな想いを言葉にしてトークで語り、パフォーマンスでもまた、それを伝える丹精さん。

今宵も、いらしてくださる方からの影響を受け取って、
今宵だからこそのパフォーマンスを繰り広げてくださいました。

今回1stセットで演奏された、未だタイトルのついていない丹精さんの新曲は「ツタタタ2021」のテーマソングとして、各所を回りながら、奏でられていきます。
ツアーが終わった後も愉しみな曲です。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、タップダンスとピアノによる感じあうことで生み出された“生演奏”のひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Summer Night
2. ハポハピ大陸 (丹精さんオリジナル曲)
3. Moon River
4. Sonrisa
5. not-yet titled (丹精さんオリジナル曲)

<2nd Set>
1. Risky Investment (堀 秀彰さんオリジナル曲)
2. Teo
3. What Makes You Human (丹精さんオリジナル曲)
4. Land Song (丹精さんオリジナル曲)

1st-3:pianoforte solo by 堀 秀彰さん

【Live Report】 Tuesday Night Live 2021.9.28 「アリ地獄」 沖野 ゆみ(vo)&尾崎 琢也(pf.)&宇山 満隆(dr.)

9月28日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を緊急事態宣言モードで開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日は、ヴォーカルの 沖野 ゆみ さんとピアニストの尾崎 琢也さん、そしてドラマーの宇山 満隆さんによるトリオ・ユニット「アリ地獄」でした。

210928001

ヴォーカルとピアノとドラムの3ピースユニット「アリ地獄」。
ドラムは大きな音量が出せる楽器ですが、宇山さんはカフェ・ユーに合ったドラムをセッティング、さらには演奏もカフェ・ユーサイズに合わせたスティックプレイ。心地よい音のサウンドスケールで愉しむことができます。

“ありじごく”は罠しかけの名人で、いちどはまったら脱出不可能!
急な傾斜の穴の罠を作り、アリが罠にはまると、どんどん砂を投げつけ、アリジゴクから脱出しようとするのを妨害する生き物。
沖野さん、尾崎さん、宇山さんのトリオの演奏を聞かれたお店のマスターが命名されたそうですが、それはもう、トリオの演奏を観てお聴きになられた方はご納得されることと思います。

さながら“プレイング・コンダクター”の沖野さんが、テンポや曲調といった味付け、さらには曲中での展開などを歌いながら指揮、それにテンポ、曲調をサッと変えてしまう尾崎さんと宇山さん。
息つく間、どころか息抜く暇さえも与えぬかのようなコンダクターぶりに、心地よさと緊迫感が同居する、これぞジャムセッション。

今回は、9月の展示の作家さんも来場。
作品の中にある「オードリー・ヘップバーン」の細密画に合わせて、オードリー・ヘップバーン主演映画の劇中歌をセットに織り込まれました。

その他にも、今回初めて「アリ地獄」の生演奏に来られた方のために、
お好きかどうかはわからずとも、きっと耳にしたことがある
という曲を意識的に織り込んでのステージング。


人と会うことすら・・・
という時勢に、“お互いに感じ合える”悦び。
こんなご時世だからこそ大切にしたい、
こんなご時世だって大切にしたい、
そんな想いに溢れたステージングでした。

そして、
ミュージカル映画音楽は、困難な状況に飲み込まれるのではなく、困難な状況においても希望に意識を向けさせてくれる力強さがあります。
そんな曲の力に加えて、パフォーマンスの力強さで、元気がチャージされました。


奏でる音はもちろんのこと、フィジカルな絡みまでもが“変幻自在”なトリオパフォーマンス。
ステージングという心地よい罠に、今宵もすっかり嵌ってしまいました。

 
本日も、来場くださいました皆さまにとともに、聴く人を虜にしてしまう生演奏のステージをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪  

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st set>
1. Skating In Central Park
2. September
3. Sentimental Journey
4. Singin' In The Rain
5. Raindrops Keep Fallin' on My Head
6. I Could Have Danced All Night
7. On The Street Where You Live
8. Moon River

<2nd set>
1. Un Homme et Une Femme
2. New York State of Mind
3. My Favorite Things
4. Edelweiss
5. Yesterday
6. Let It Be
7. The Girl From Ipanema
8. Tomorrow
9. When You're Smiling

<Extra>
Over The Rainbow

1st-1:Instrumental by 尾崎 琢也さん & 宇山 満隆さん
1st-2:chorus by 宇山 満隆さん

【Live Report】 Tuesday Night Live 2021.9.21 加納 奈実(sax.)、渡辺 翔太(pf.)、Marty Holoubek(wb.)

9月21日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を、緊急事態措置モードにて開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、サックス奏者の 加納 奈実 さんとピアニストの 渡辺 翔太さん、ベーシストの Marty Holoubekさんです。

210921001

20世紀になってから生まれ、同じく20世紀に生まれた音楽“ジャズ”に取り入れられることで、ジャズの花形役者としての地位を獲得したた楽器“サックス”。
この夜は加納 奈実さんのサックスに渡辺 翔太さんのピアノとMarty Holoubekさんのベースの生音サウンドで、ジャズをたっぷりと堪能させていただきました♫

加納 奈実さんと渡辺 翔太さんとMarty Holoubekさん、それぞれの共演経験はあるものの、“トリオ”で演奏するのは今回が初めて、とのこと。
でも、そんなことは微塵も感じないようなケミストリーでした。

「水を得た魚」の表現のように、ジャズを得ることで花形楽器になったサックス。
渡辺 翔太さんのピアノとMarty Holoubekさんのベースが創り出す“音の海”を気持ちよく泳ぐ加納 奈実さんのサックスの音色。

海外ミュージシャンのカヴァーに加えて、加納 奈実さん、Marty Holoubekさん、渡辺 翔太さんそれぞれのオリジナル曲もトリオで演奏されました。
加納 奈実さんの未タイトル曲は演奏するのも初めての曲。

アップテンポ、メロー、さまざまなテイストのジャズを愉しませてくださいました。

ラストの曲は、加納 奈実さんの月がタイトルに入ったオリジナル曲。
この日は中秋の名月で満月という8年ぶりの天体現象の日。
加納 奈実さんのオリジナル曲で、ジャズでお月見を愉しみました。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、サックスのフレージングを存分に愉しむトリオジャズのひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Lost In The Stars
2. Tears Inside
3. not-yet titled (加納 奈実さんオリジナル曲)
4. 名古屋の家 (Marty Holoubekさんオリジナル曲)
5. Lullaby (渡辺 翔太さんオリジナル曲)
6. Peau Douce
7. Whisper Of The Moon (加納 奈実さんオリジナル曲)
 
全て: alto sax by 加納 奈実さん 
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード