U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユー)の日々を綴るblogです

Tuesday Night Live

【Live Report】 Tuesday Night Live 2018.11.13 「もにじん」(マツモニカ(c-harm.)&長澤紀仁(gt.))+五十嵐 歩美( vn. )

11月13日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、クロマチックハーモニカ奏者の マツモニカさん とギタリストの 長澤 紀仁さんによりますデュオ・ユニット「もにじん」+ヴァイオリン奏者 五十嵐 歩美さんのトリオです。

181113001

前回の「もにじん」のライヴに五十嵐さんが来場、ゲスト共演されたのがきっかけで実現した今回のトリオ演奏。
小さな音の楽器の代表格、ギターとクロマチック・ハーモニカ。
その小さな音にすばらしくフィットした五十嵐さんのヴァイオリンの響き。
今回、その3つの楽器の共演がフルヴァージョンで演奏されました♪

オープニングナンバーはマツモニカさんのオリジナル曲「Meu Passo」。
MCでマツモニカさんがおっしゃったように、ヴァイオリンの音色が加わるとクラシック色が加わります。
そんなヴァイオリンの魅力は、ブラジルの古い音楽スタイル“ショーロ”でより発揮されるように感じる・・・、そんな感想を持った2曲目の「Choro bandido」でした。


今回のライヴでは、ブラジル音楽、そしてマツモニカさん、長澤さん、五十嵐さんのオリジナル曲を織り交ぜた選曲でした。

1stセット3曲目に演奏された五十嵐さんのオリジナル曲「Voz de Pão」とは“パンの声”という意味のタイトルで、焼きあがったばかりのパンの生地の表面が放つ“パリパリッ”とした音だったり、焼きたてのパンをかじった時の音をイメージされた曲。

1stセット4曲目に演奏された長澤さんのオリジナル曲「Deixa Comigo」は“任せなさい!”という意味で使われるブラジルの表現をタイトルにした曲。

2ndセットではオリジナル曲が生まれたエピソードなども紹介されての演奏。
曲が生まれた背景を知ると、なお一層、曲が表そうとする世界が伝わってきました。


「うつくしい曲をよりうつくしく」
もにじん」の演奏を表すのにぴったりのこのフレーズ。五十嵐さんが加わってうつくしい表現はなお一層うつくしくなりました。

そんなうつくしい演奏表現で聴く、世界的に見ても稀なほど豊かな音楽性をもつと言われるブラジル・ミナス地方の音楽は至福の演奏でした♪

アンコールはそんな“ミナス派”の名曲をメドレーに長澤さんがアレンジした「ミナス派メドレー」♪
「もにじん」と五十嵐さんのトリオ・ユニットに名前が付く日も来るのでは?と期待してしまうトリオ演奏でした。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、うつくしい曲をうつくしい演奏で堪能する音楽のひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪   

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Meu Passo (マツモニカさんオリジナル曲) 
2. Choro bandido
3. Voz de Pão (五十嵐さんオリジナル曲)
4. Deixa Comigo (長澤さんオリジナル曲)
5. Baião Barroco
 
<2nd Set>
1. Garota de Ipanema
2. Lica's Dilemma (長澤さんオリジナル曲)
3. Pro Zé
4. Encontros e Despedidas
5. しあわせのたね (五十嵐さんオリジナル曲)

<Extra>
ミナス派メドレー
Ponta De Areia ~ Nascente ~ Vera Cruz

【Live Report】 Tuesday Night Live 2018.11.6 「Choro'n'POW」 和田 充弘( tb. ), 黄 啓傑( tp. ), 松永 敦( tub. ), 見谷 聡一( pandeiro )

11月6日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、パンデイロ奏者の 見谷 聡一 さん、トロンボーン奏者の和田 充弘さん、トランペット奏者の黄 啓傑さん、チューバ奏者の 松永 敦さんによるカルテットユニット「Choro'n'POW」です。

181106001

ショーロとはヨーロッパの音楽とアフリカのリズムが融合してできたと言われているブラジルのポピュラー音楽のスタイルのひとつで、ブラジルでは「 管楽器 + バンドリン + カヴァキーニョ + ギター + パンデイロ 」が基本的な楽器編成ですが、「Choro'n'POW」は、トランペット、トロンボーン、そしてチューバの「3管楽器+パンデイロ」というコード楽器レスなユニークな編成で演奏活動をしています。

演奏では、トランペットやトロンボーンだけでなく、チューバもメロディーを取ったり、パンデイロもソロを取ったりするのが“Choro'n'POW”スタイル。コード楽器のない編成で、ショーロの名曲を次々と演奏していく、だけじゃなく、さまざまな曲を“ショーロ”スタイルで演奏します。

特に今回のライヴの2ndセットは、まさに「Choro'n'POW」の真骨頂とも言うべきセットリスト。
ライヴ当日に和田さんがアレンジしたばかりの新作「待つわ」(これはメンバーのダジャレシリーズの松永さんヴァージョンとして選曲)、「The James Bond Theme」。

裏話を言いますと、リハーサルでメンバー全員で初見で演奏。
そこからそれぞれがアイデアを出し合いブラッシュアップ。
そして本番では、すごくかっこいいブラジリアンアレンジな曲に仕上がっていました。

しかし、エンターテインメント性も盛り込む「Choro'n'POW」。
この日の1stセットの「Sabor A Mi」で見られた、公開ブラッシュアップのように、この2曲もこの日のライヴの初演はこれからもっともっと「Choro'n'POWカラー」に仕上がっていくことと思われます。

1stセットの「Um A Zero」はチューバの松永さんとパンディロの見谷さんのデュオで演奏。
ブラジルの速いテンポを、まるでベースを弾くようにチューバを吹く松永さんならではの演奏。 


恒例となってきました黄さんと見谷さんによるデュオユニット「ショロー☆くらぶ」のハーフタイムショー。

181106002

そして、これも高齢となりつつある見谷さんが来場くださったお客さまに「カズー」をプレゼントされ、そのカズーでみんなで合唱するコーナー。今回のライヴでも、2ndセットでのジェット・ウォン登場で、ジェット・ウォンのオリジナル曲「サウダーヂ神戸」 で行いました。
前回参加くださった方は持参された「カズー」で参加。

見谷さんのパンディロのお弟子さんは持参されたパンディロで演奏参加したりと、「聴く」だけじゃなく「一緒に奏でる」愉しさも提供する「Choro'n'POW」。
音楽が持つ愉しさを体感もさせてくれます。


今回はゲストミュージシャンも登場。
2ndセットでは、この秋、日本から一人で参加してニューヨークでラテンミュージシャンと共演してこられたフルート奏者 深山 真里さんがショーロの曲にジョイント。

181106004
 
そしてアンコール「What A Wonderful World」では、歌姫 矢野 絢子さんがジョイント。

181106005

トロンボーンの和田さんの“サッチモの歌まね”と矢野さんのピアノのデュオに始まり、見谷さんが創ったグルーヴに乗って矢野さんのヴォーカル。矢野さんが意訳したステキな日本語歌詞ですばらしい歌声とともに聴かせてくださいました。

とにかく、演奏されている皆さんの笑顔がステキで、聴いているお客さまも笑顔になって。

聴かせながらも、愉しませる♪
笑わせながらも、聴かせる!
お客さまも一緒になって演奏を愉しむ!

Choro'n'POWのエンターテインメントを、皆さん満喫されたご様子でした♫


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、卓越した“音楽エンターテインメントショー”のひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Flamengo
2. Ainda Me Recordo
3. 黄さんのBAR (和田さんオリジナル曲)
4. 秋風 (見谷さんオリジナル曲)
5. 春風のいたずら (黄さんオリジナル曲)
6. Sabor A Mi
7. Um A Zero
8. Sem Compromisso
9. Receita de Samba

<ショロー☆くらぶ>
1. すべて失ってもいい  (黄さんオリジナル曲)
2. うたうたいこ (見谷さんオリジナル曲)
 
<2nd Set>
1. ラムのラブソング
2. 心のこり
3. 待つわ
4. Vou Vivendo
5. Noites Cariocas
6. The James Bond Theme 
7. サウダーヂ神戸 (黄さんオリジナル曲). 

<Extra>
What A Wonderful World 

1st-5,6, ショロー☆くらぶ,2nd-7:Vocal by ジェット ウォン(黄 啓傑さん)
1st-8, ショロー☆くらぶ:Ukulele by 見谷 聡一さん、枝オカリナ by 松永 敦さん
1st-7:見谷 聡一さん & 松永 敦さんによるデュオ演奏
Extra:サッチモ by 和田 充弘さん
2nd-4,5:guest musician 深山 真里さん(Flute)
Extra:guest musician 矢野 絢子さん(pianoforte & vocal ) 

【Live Report】 Tuesday Night Live 2018.10.30 浅見 卓矢(gt.)&田島 岳(pf.)

10月30日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ギタリストの 浅見 卓矢 さんとピアニストの 田島 岳さんです。

181030001

学生時代から交友があり、「カンタス村田とサンバマシーンズ(現Carnavacation)」で活動をともにされていた浅見さんと田島さん。その交友歴で築かれた信頼感を髣髴とさせるような演奏、そしてお二人の会話の和やかさでライヴが創られていきました。

オープニングナンバーはウェストコースト・フュージョンのような透明感のあるグルーヴで演奏されたブラジル人のDjavanの曲「Fato Consumado」 。

特定のジャンルに偏らない選曲は、今回のライヴでも発揮されました。
ブラジルポップス、アルゼンチン、モダンジャズ、日本のポップス、アメリカのポップス、さらには日本のアニメ曲まで!

リードとサイドを行き来したり、掛け合ったり、ユニゾンしたり。
心地よいリズムの演奏もあれば、アグレッシヴな演奏もあったり。

浅見さんと田島さんのデュオだからこその選曲、そしてサウンド。
練り上げられた完成度というよりも、その時にお互いに引き出され合う感性の融合といった演奏でした。

浅見さんの時に熱く、時にウィープするギターと田島さんのしなやかでいて芯のあるピアノの掛け合いは本当に心地よく溶け合います。

2ndセットのオープニング曲は誰の曲だろう?と思ったら、実は浅見さんのオリジナル曲!
浅見さんの作曲センスが披露されるのもこのライヴならではの聴きどころです。

とっても大人びたアレンジとなった「はじめてのチュウ」は、来場くださった方も思わず「かっこいい」と賛辞する演奏。


そして今回も、ゲスト参加の方がいらっしゃいました。

前回に引き続いて、浅見さんと田島さんがバンドメンとして活動していたグループのヴォーカル藤正 裕太さん、そして同じくヴォーカルとして活動されている 他愛もない/美郷さん。
他愛もない/美郷さんと藤正さんのデュオヴォーカルとともに演奏されたのはJ-Popの「接吻」。

181030002

リードヴォーカルとハーモニー。
歌も演奏も甘くステキなハーモニーでした。

そしてセットの最後はStevie Wonderの「Sir Duke」で、店内みんなで盛り上がりました♪

そして最後は田島さんのオリジナル曲「The Memory of Niagara Falls」でうつくしくクローズ。

 
本日も、来場くださいました皆さまにとともに、音楽で心がひとつになったライヴのひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪  

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Fato Consumado
2. We See
3. Nadia (浅見さんオリジナル曲) 
4. Liquid Streets
5. Coda Vez Que Siento Tu Amor
6. Sara's Touch
7. Cristal
 
<2nd Set>
1. Not yet titled (浅見さんオリジナル曲) 
2. Let's Cool One
3. はじめてのチュウ
4. Eu te Devoro
5. 接吻
6. Sir Duke

<Additional>
The Memory of Niagara Falls (田島さんオリジナル曲)
 
Guest musician 
2nd-5: 他愛もない/美郷さん(on Vocal ) & 藤正 裕太さん(on Vocal )

【Live Report】 Tuesday Night Live 2018.10.23 「四十雀」 高橋 奈保子(vo.)&岸 徹至(b.)

10月23日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ヴォーカルの 高橋 奈保子 さんとベーシストの 岸 徹至さんのお二人によるデュオユニット「四十雀(シジュウカラ)」です。

181023003

「四十雀」のライヴは、各セットのオープニングは岸さんのベースソロから始まります。

181023002

「ベースもソロで演奏したくなるように」
とベースの魅力を伝える岸さんのソロ演奏。
月がうつくしかった今回のライヴでは、オープニングに“月の下を散策しているイメージ”で弾かれた「Improvisation」からの「Fly Me To The Moon」演奏され、続けて岸さんがベースソロのために作曲したオリジナル曲「ユガテの白い雲」が演奏されました。
そして、2ndセットは「Imagine」から始まっての「Spain」でした。

1stセット、高橋 奈保子さんも加わってのオープニングナンバーは、うつくしい月を眺めながらロマンチックな愛の言葉を交わし合うような軽快なスウィングでの「It's Only a Paper Moon」 。

続いては日本語歌詞の歌の世界。
ミュージカル曲の日本語歌詞だったり、日本の歌謡曲だったり、四十雀のオリジナル曲だったり。
ジャズのテイストの上で高橋 奈保子さんの表情豊かな歌声に彩られる“日本語”の歌。
四十雀のユニットだからこそ際立つ日本語のうつくしさ。
そのうつくしさを存分に伝える高橋 奈保子さんの歌声。

改めて、「日本語ってうつくしいなぁ」と教えてくれます。

今回のライヴでは、岸さんのMCトークも多彩でした。
地球の歴史、そして古墳の歴史、さらには人気少女漫画のストーリー。

オリジナル曲の「蒼い三日月」や「追い風サイクリング」、そして「星の王子さま」などは、音楽以外のことへの好奇心と造詣の深さなどで培われた感性の賜物なのだと感じ入りました。

2ndセットでは四季メドレーとして、春、夏、秋にちなんだ曲を演奏くださいました。
正統派な唱歌スタイルで伸びやかな「朧月夜」。
一転してソウルフルな歌声での「Summertime」。
そして軽快なスウィングスタイルでの「紅葉(もみじ)」。

アレンジと表現の変幻自在ぶりはまさに四十雀サウンド♪
オリジナル曲も、そして日本の曲、ジャズスタンダードのアレンジものもますます愉しみです♪


そして、2ndセットでは四十雀のお二人と来場くださった皆さまにサプライズしていただきました。
ありがとうございます♪

 
本日も、来場くださいました皆さまにとともに、歌に、日本語のうつくしさに、酔いしれるライヴのひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪  

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Improvisation ~ Fly Me To The Moon
2. ユガテの白い雲 (岸さんオリジナル曲)
3. It's Only a Paper Moon
4. Chim Chim Cher-ee(日本語ヴァージョン)
5. 時には昔の話を
6. 星の王子さま (四十雀オリジナル曲)
7. 追い風サイクリング (岸さんオリジナル曲)
7. ひこうき雲
 
 
<2nd Set>
1. Imagine ~ Spain
2. Happy Birthday To You
3. 空へ (四十雀オリジナル曲)
4. 四季メドレー
春)朧月夜
夏)Summertime
秋)紅葉(もみじ)
5. 蒼い三日月 (四十雀オリジナル曲)
6. On The Sunny Side Of The Street

<Extra>
やさしさに包まれたなら
 
1st-1,2,2nd-1:bass solo by 岸 徹至さん
1st-4:pianica by 岸 徹至さん
2nd-5:recorder by 岸 徹至さん

【Live Report】 Tuesday Night Live 2018.10.16 BREEZE( Jazz vocal group ) & 二村 希一( pf. ) & 後藤 芳子( vo. )

10月16日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ジャズヴォーカルグループの BREEZE とピアニストの 二村 希一さんです。
そしてさらに、スペシャルゲストにBREEZEの師匠である 後藤 芳子さんもご出演くださいました。

181016001

BREEZEと二村さんのショータイム。1stセットのオープニングは二村さんのピアノソロ演奏で始まります。
今回演奏されたのは「Sweet Georgie Fame」でした。

そしてBREEZEが加わっての1stセットのオープニングは「Fly Me To The Moon」。
BREEZEが歌う「Fly Me To The Moon」のアレンジはキレのあるステップ感のスウィング♪
そして、とっても愉しいナンバーの「A-Tisket, A-Tasket」や、ヴォーカルの方はあまり歌わないけれどもステキなナンバーの「Blue And Sentimental」、そして日本の民謡をジャズアレンジした「ソーラン節」と続きました。

BREEZEの4声のハーモニーのうつくしさがたっぷりとフューチャーされたアレンジ曲「In The Wee Small Hours Of The Morning」。1コーラス終わって間奏明けから後藤 芳子さんにバトンが引き継がれました。

181016002

ジャズシンガー歴65年を超える後藤 芳子さん。
ジャズのロマンティックな香りと品のある佇まいが彩られた歌声、そして歌。
チャーミングでありながらも風格を感じるヴォーカルでございました。


2ndセットのオープニング、登場されたのは小菅さんと磯貝さん。
小菅さんと磯貝さんは「2Thumbs Up」というデュオ・ユニットでも演奏活動を行っています。
そして歌われたのは「徹子の部屋のテーマ」!
そして磯貝さんの“黒柳徹子さんのモノマネ”とともに、後藤 芳子さんを交えてのトークが始まりました。

181016003

黒柳徹子さんとの交友話から始まって、戦後間もない頃から歌い始めた米軍キャンプでのエピソード。
ジャズのレコードや譜面の入手のエピソード。
海外に住んでいるときのさまざまなアメリカの超一流のジャズミュージシャンとの交流話などなど。
聴いているだけでも愉しく、そして驚きに溢れたトークでした。

そして2ndセットのオープニングは、BREEZEと二村さんによる「Basin Street Blues」。
後藤 芳子さんもお気に入りの磯貝さんによる“サッチモ”も登場しました。

BREEZEはお客さまのエピソードをよく覚えていらっしゃって、ご予約リストに名前があると事前にセットリストに関連したりお好きな曲を忍ばせる心遣い。
今回のライヴでも2ndセットに、ハワイアンの歌、そしてプレスリーの曲をご用意されていました♪

I'm Glad There Is You」の間奏から再び後藤 芳子さんにバトンタッチ♪
男女の機微を歌ったジャズのスタンダードナンバーを堪能させていただきました♪

アンコールは「On The Sunny Side Of The Street」でBREEZEと後藤 芳子さんの共演♪

181016004

お客さまとの掛け合いもあって、愉しくショーの幕が閉じました♪


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、ステキなステキなハーモニーを愉しむのひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪   

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Sweet Georgie Fame(pianoforte solo by 二村 希一さん) 
2. Fly Me To The Moon
3. A-Tisket, A-Tasket
4. Blue And Sentimental
5. ソーラン節
6. In The Wee Small Hours Of The Morning
7. It Could Happen To You
8. When I fall in love
9. Gone With The Wind
 
スペシャルトーク
 
<2nd Set>
1. Basin Street Blues
2. Pearly Shells
3. Can't Help Falling In Love
4. On A Clear Day
5. I'm Glad There Is You
6. Just Friends
7. For All We Know
8. You'd Be So Nice To Come Home To

<Extra>
On The Sunny Side Of The Street

1st-6(後半),7,8,9,2nd-5(後半),6,7,8,Extra:on vocal 後藤 芳子さん
ガレリアカフェ ユー憲章
営業スケジュール
今月の展示

「Midori K Luck展
アンダルシア在住のMidoriさんの油彩画展です
記事検索
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード