U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユー)の日々を綴るblogです

Tuesday Night Live

【Live Report】 Tuesday Night Live 2023.5.30 山口 友生(gt.)&吉木 稔(b.)

5月30日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を、開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ギタリストの 山口 友生 さんとベーシストの 吉木 稔さんです。

230530001

“爪弾き”スタイルでとてもここちよい響きを放ち、心までうっとりと寛ぎに誘う山口 友生さんがご自身よりも若い世代のベーシストとデュオで行う生演奏。
本日共演された吉木 稔さんとのセッションでした。

山口 友生さんの生演奏では、“4つ”の異なる弦楽器の響きでジャズを愉しむことができます。

ひとつは、山口 友生さんの代名詞のひとつ「ウクレレでスウィング」。
今回は各セットの始まりで2曲。
この日の蒸した空気を爽やかさで一掃するようなサウンドでのジャズのスタンダード曲「Bye Bye Blackbird」、そして2曲目はボサノヴァの名曲「One Note Samba」でした。

そして山口 友生さん自らD.I.Y.されたアコースティックギターにエレキギターのピックアップをハイブリッドギターは、曲に合わせてはもちろんのこと、曲中でもアコースティックギターサウンドからエレキギターサウンドに切り替えできるスグレモノ。
今回は、ジェフ・ベックが奏でた「People Get Ready」と「Cause We’ve Ended as Lovers」を、そして山口 友生さんオリジナル曲の「これでいいのだ!」をエレキギターならではのサウンド全開で演奏くださいました。

そしてもうひとつがアコースティックギター
ハイブリッドギターに比べて柔らかい弦を使用しているため、よりまろやかなサウンドが響くアコースティックギター。加えて山口 友生さんは爪弾きでさらに、繊細でかつここちよいギターサウンドになります。

今回のベーシスト 吉木さんとのデュオでは、いずれも2弦楽器のインストゥルメンタルのデュオなのですが、まるでツイン・ヴォーカルのライブのような、歌が聴こえる演奏。

また今回のベース・フューチャー曲は「In A Sentimental Mood」で、ソロも含めて、吉木さんのベースでの“歌”をたっぷりと聴かせてくださいました。

アンコールは、三度ウクレレでボサノヴァの名曲。
春気分に初夏の気分を爽やかなサウンドで愉しませてくださいました。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、ふくよかでうつくしく、歌心満載の2弦の響きによる心地よいサウンドのひとときをご一緒できて嬉しいです♪ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Bye Bye Blackbird
2. Quem Diz Que Sabe
3. I Thought About You
4. People Get Ready
5. Cause We’ve Ended as Lovers
6. これでいいのだ! (山口 友生さんオリジナル曲)

<2nd Set>
1. One Note Samba
2. I'll Never Fall in Love Again
3. The Look Of Love
4. It Might As Well Be Spring
5. In A Sentimental Mood
6. Up Jumped Spring

<Extra>
Manhã de Carnaval

1st-1, 2nd-1, Extra :Ukulele by 山口 友生さん
1st-4, 5, 6:Hybrid guitar by 山口 友生さん
ほか:acoustic guitar by 山口 友生さん

【Live Report】 Tuesday Night Live 2023.5.16 「DUO TREMOLO」 堀 秀彰(pf.)& 馬場 孝喜(gt.)

5月16日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日は、ピアニストの堀 秀彰さんとギタリストの馬場 孝喜さんによるデュオ・ユニット「DUO TREMOLO」でした。

230516001

ピアノとギターは、主旋律を担うこともできれば、伴奏を担うこともできる楽器。
そんな特性を持つ2つの楽器がデュオを組むと、こんな色彩豊かな演奏になるのか!
と、堀さんと馬場さんのデュオの演奏は魅せてくださいます。

デュオユニットのために、堀さんはジャズのひとつのスタイル“Be-Bop”形式のオリジナル曲を、
そして馬場さんはブラジル音楽のスタイルのひとつ“Chore(ショーロ)”形式のオリジナル曲を、
と、ジャズ、さらにブラジル音楽と、リズムも2つのスタイルで共鳴する堀さんと馬場さん。

今回も、ビッグバンドのモダンジャズにBe-Bop、そしてクールジャズに、さらにはフリージャズまで。
ブラジル音楽はボサ・ノーヴァからショーロ、さらにはBMPを選曲し、
ときにうつくしく、ときに濃密に、ときにクールに、ときにホットに、とさまざまな共鳴で愉しませてくださいました。

曲の多彩さ
演奏の色彩豊かさ
堀さんと馬場さん、二人の共鳴で生まれるサウンドは
この日も心地よい世界に誘ってくださいました。

 
本日も、来場くださいました皆さまにとともに、ピアノとギターの色彩豊かなハーモニーで彩られた生演奏のひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪  

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st set>
1. A Song For U_U (堀さんオリジナル曲)
2. Soulful Mr. Timmons
3. Desafinado
4. "Spartacus" Love Theme
5. Boplicity
6. Be-Bop, Ba-Bop (堀さんオリジナル曲)

<2nd set>
1. Pedra Bonita
2. Blues Connotation
3. Choro de Tremolo (馬場さんオリジナル曲)
4. Always And Forever
5. J.M. (馬場さんオリジナル曲)

<Extra>
Hope

【Live Report】 Tuesday Night Live 2023.5.9 山口 廣和(gt.)

5月9日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ギタリストの 山口 廣和 さんです。

230509001

世界中で奏でられているギター、そしてそのルーツであり、派生した楽器。
そんな多様性を取り入れてひとつに融合するギターサウンドを奏でる山口 廣和さん。
“ソロ演奏”は、そんなギタースタイルのサウンドと音楽の探究者である山口 廣和さんの魅力をストレートに堪能できるステージングです。

山口 廣和さんのギター演奏では、さまざまな奏法にて多彩な音や響きで音を紡いでいき、ギターという楽器の可能性の広さと深さを感じます。
さらに、使用しているのが7弦ギターであることから、ソロ演奏でありながら、ギターとベースのセッションのような感じがします。

今回は山口 廣和さんのオリジナル曲を軸にしつつも、ジャズのスタンダード曲も多く演奏されました。

ジャズのヴォーカリストの巨匠が歌っている演奏を聴くことで、楽器のみの編成での演奏よりも旋律の機微が浮かび上がってくることで、その曲の魅力をより掴まれた、そんなジャズのスタンダード曲を演奏されたその演奏は、まるでギターで、さらにはリュートで、歌うかのようなソロ演奏でした。

そう。
山口 廣和さんといえば、リュートの演奏。
リュートは楽器の特性上、生音での演奏に限られ、その点、カフェ・ユーの大きさと壁の質感、さらにはソロ演奏という組み合わせはリュート演奏に最適とのことで、毎回、演奏くださいます。
しかも最近はバロック期の復元リュートでの演奏。

バロックリュートのための曲ではなく、バロックリュートでジャズのスタンダード曲を演奏されるのは、なかなか貴重で希少な経験だと思います。

セット中に、来場くださったお客さまからのリクエストを募られ、「Misty」を演奏されたり、またアンコールでは、今月のギャラリーの展示作品の印象による即興演奏をリュートで演奏されたりと、この日この場に居合わせた故の演奏も今回は愉しめました。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、ギターサウンドの多様で多彩な魅力をたっぷりと堪能するひとときをご一緒できて嬉しいです♪ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Rotisserie Faure (山口 廣和さんオリジナル曲)
2. Lop Ear (山口 廣和さんオリジナル曲)
3. Hand Me Down (山口 廣和さんオリジナル曲)
4. Embraceable You
5. Alone Together
6. Peri's Scope

<2nd Set>
1. My Spoon (山口 廣和さんオリジナル曲)
2. Nobody Is Watching (山口 廣和さんオリジナル曲)
3. All Of You
4. Misty
5. Summertime
6. Lute Song (山口 廣和さんオリジナル曲)

<Extra>
展示作品からの印象による Improvisation

1st-5, 2nd-5, Extra:baroque Lute by 山口 廣和さん

【Live Report】 Afternoon Tea Live 2023.5.3  北村 真紀(pf.)& 石井 信義(gt.)& 松村 拓海(fl.)

5月3日は、祝日の午後に、スイーツとドリンクとともに、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏をお楽しみいただく「アフタヌーンティーライヴ」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ピアニストの北村 真紀さん、ギタリストの 石井 信義さん、フルート奏者の 松村 拓海さんです。

230503001

北村さんと石井さん、松村さんのトリオライヴは北村さんのオリジナル曲中心にリストが組まれますが、今日は少し趣を変えて。

今日は、セットを通して、ある方に想いを馳せながら、
愛おしくて尊い想いを持ちながら、の演奏を組まれたそうです。
それもあってか、オープニングは北村さんのピアノから、祈りの曲のような雰囲気を帯びた音が放たれ、その音にフルート、ギターが音を重ね、静かに、そして安らぎを与える、慈しみに溢れるサウンドを創っていきました。

そして、今回は1stセットでも1曲。
そして2ndセットでは、ほぼすべて、カヴァー曲が演奏されました。

悲しみの向こうに誰かの未来が・・・
捕らわれた二人 だけど 生きる喜びに溢れ・・・
失いことも 得ることもある人生・・・

一つの事柄から生じた結果や判断が、ともに成り立つと同時に矛盾している状態
そんな二律背反のような感情から選ばれたような曲たち。
でも、そのいずれもは、その先に希望の存在を感じさせる曲。

アンコールの北村さんのオリジナル曲まで含めて、それは、今日のライヴで一貫して、演奏となって奏でられました。

北村さんが感じたことが曲になったものを、
北村さんのピアノ、石井さんのギター、松村さんのフルートで音楽になることで
私たちにも感じるカタチになって伝わるトリオのライヴ。



本日も、来場くださいました皆さまにとともに、心の芯から放たれる音色が重なり合って音楽になる生演奏のひとときをご一緒できまして嬉しいです♪
ありがとうございます♪   

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. ぼくの空 わたしの雲 (北村さんオリジナル曲)
2. 糸雨 (北村さんオリジナル曲)
3. 花は咲く
4. オレンジ色の空を見上げて (北村さんオリジナル曲)
 
<2nd Set>
1. Both Sides Now
2. Dear My Family (北村さんオリジナル曲)
3. La Leggenda Del Pianista Sull'Oceano
4. Antinomy
5. Reborn

<Extra>
雨と涙と (北村さんオリジナル曲)

【Live Report】 Tuesday Night Live 2023.4.25 井出 慎二(sax)& Fuming(pf.&Vo.)

4月25日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を、開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、サックス奏者の 井出 慎二 さんとピアニストの Fuming さんです。

230425001

カフェ・ユーでの井出さんとFumingさんのライヴはバリトンサックスフューチャーをしての、バリトンサックスナイトとして開催されます。

本日のオープニングは“4月”がタイトルに入ったジャズのスタンダード曲「I'll RememberApril」。


「日本で生まれ育った時に聴きなじんだ曲を、しっかりとジャズアレンジで演奏する」
そんな取り組みも展開されるバリトンサックスナイト。
今回初めて取り上げられた歌謡曲は井出さんがバックバンドで演奏共演のある方の曲でした。

またこのライヴでは、井出さん所有の貴重なサックスも使用されるのですが、本日のサックスは昭和14年の国産のアルトサックスでした。
戦火を逃れて、今でも音が出るようにされた戦前国産アルトサックスを使って、歌詞の内容は反戦を歌うソウルミュージック、そして懐かしのディスコソングを演奏くださいました。


また本日、Fumingさんのオリジナル曲「赤ワインの歌」を、イタリアのヴァッレダオスタ州の固有品種、その名も“FUMIN(フミン)”で造られた赤ワインを飲みながら愉しみました。


そして、「バリトンサックスナイト」のシンボル的な井出さんのオリジナル曲「貴方と夜とバリトンと」。
Fumingさん作詞が完成し、前奏での語りが加わり、バリトンサックスナイトの回を重ねるごとの進化が愉しみな演奏です。


バリトンサックスならではの迫力あるサウンドに加えて、歌うような井出さんの演奏と、Fumingさんのウキウキさせるピアノと美声でのヴォーカルで彩られるバリトンサックスナイト。
しかも、1960年代、1970年代の洋楽や邦楽ファンにはたまらない選曲。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、低音の響きで魅了する“エンターテインメント”がたっぷり詰まった“生演奏”のひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. I'll RememberApril
2. My Cherie Amour
3. What's Going On
4. 赤ワインの歌 (Fumingさんオリジナル曲)
5. 異邦人

<2nd Set>
1. よろしく哀愁
2. Can't Take My Eyes Off You
3. After Rain (Fumingさんオリジナル曲)
4. Billie's Bounce
5. Let It Be

<Extra>
貴方と夜とバリトンと (井出さん作曲 Fumingさん作詞)

1st-3, 2nd-2:戦前国産alto sax by 井出 慎二さん
1st-4, 2nd-3, Extra:vocal by Fumingさん
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード