U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユー)の日々を綴るblogです

Tuesday Night Live

【Live Report】 Tuesday Night Live 2021.5.4 助川 太郎( gt. )

5月4日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesdays Night Live」を、緊急事態措置モードにて開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ギタリストの 助川 太郎 さんです。

210504001

ギターサウンドの無限の可能性を感じる助川 太郎さんのソロギター生演奏。
今回は、全曲、助川太郎さんのオリジナル曲、その新アレンジ、かつ生音。
それは、新しいアルバムに向けて手をかけた曲。

「人前で演奏することで、曲は一気に成長が進む」
一人で弾いたり、配信では得がたいものがある
とは助川 太郎さんの言葉。

かつて自分名義のグループのために、兄弟でのプロジェクトのために書いた曲が、ソロ演奏のためにアレンジされた曲として、新たな成長を始めたこの日。それはまさに「破壊と再生」。


何も介さず、直接だから話せること。
誠実で実直な助川 太郎さんらしく言葉を紡いでいくMC。
それと同じように、ギターでも音を選び、紡いでいかれます。
さらにこの日は、いつものアコースティックギターに加えて、チャランゴ、そして100年の時を経たアコースティックギターの3種類から、ギターの音色を選んでの演奏でした。


サンバやショーロなどのブラジルにとどまらず、
チャカレラやワイニョなどの南米のリズムと助川 太郎さんの感性と経験と想いが融合した数々の“オリジナル曲”。

率直に
すべてを曝け出すことを恐れずに、
ただうつくしいだけではなく、
それでいて、やはりうつくしい、
助川 太郎さんならではの音の表現。

これからの助川太郎さんのソロワールドがますます愉しみです♪


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、助川 太郎さんの新たなソロワールドのひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. マウンテン・チャイルド
2. 西へ誘う列車
3. not-yet titled(チャカレラ)
4. アマレイロ
5. 海と寺
6. 池413 破壊と再生
7. あるワイニョ
8. 希望への眠り
 
<2nd Set>
1. これ以上逃れられない東の海辺の小さな町でやっと生まれた俺たちのサンバ
2. So Wonderful
3. 春のない男
4. ソナタの彼方
5. うまくいかない一日
6. 昨日の明日

<Extra>
北へ向かうサンバ~春風~Alegría Vida

1st-1,2,6:ヴィンテージ・アコースティックギター
1st-5:チャランゴ
ほかすべて:アコースティックギター

【Live Report】 Afternoon Tea Live 2021.5.3  北村 真紀さん(pf.)& 石井 信義(gt.)

5月3日は、祝日の午後に、スイーツとドリンクとともに、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏をお楽しみいただく「アフタヌーンティーライヴ」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ピアニストの北村 真紀さんとギタリストの 石井 信義さんです。

210503001

2020年、世界中で経験した“ロングバケーション”
北村さんはその期間に、曲を書き溜め、そしてそれを収録したアルバムをリリースしました。
それが、北村さん初のアルバム、『NATURE ーa collection of my fantasia

今回の生演奏では、そのアルバムの曲を中心にセットが組まれました。

タイトルには“夜”のイメージが付けられたものが多く、
それは“ロングバケーション”中に北村さんが何度も聞き込み、アルバムの制作のインスピレーションを与えたジャズジャイアンツのCDの影響もあるのかもしれません。

ですが、その落ち着いた調べは、穏やかに過ごしたい午後にもぴったりの曲想でした。

ピアノとフルアコースティックギター。
ともに主旋律も伴奏も担える楽器。
そんな楽器の二重奏で奏でられる演奏は、北村さんの信条である「芯から輝きが放たれるロウソクの灯」の炎と影のように、一体となって、揺らめき、煌めき、響きあっていました。


アルバムに無い唯一の曲「I Hope」。
ピアノが面した壁に掛けられた今月のアーティストの作品のタイトルがまさに「Hope」。
そんな偶然の共鳴。
この曲に付けられたタイトルのエピソード。
アフリカの人は逆境にあっても明るい曲を創るのはなぜか?と考えたとき、
北村さんが思うに、「アフリカの人は心の芯に希望を持ち続けているから」ではないか?
内側に在り続ける希望が表に出てきた音楽は、まさに希望に満ちた音を放ちます。

2ndの1曲目「Dear My Family」は、“メロディーのない曲”だそうで、
北村さんのご家族の名前の音の響きをモチーフにして構成されている曲。

そんな曲を演奏を重ねることで、
「ひとつひとつの音がつながって曲になる。
 それは、星と星を結んで星座になるようで・・・
 そんなように人と人とがつながっていて・・・
 そんな人とのご縁がまさに「Dear My Family」」
ということに気付いた、とおっしゃいました。

北村さんの地元の花火大会の時に起きた事象から生まれた曲「儚き天使の梯子
そして、アンコールでは、石井さんの地元の暮れゆく時間の景色の色の移ろいを曲にした「Green

身近な日常のひとこまが、曲となって、音となって、聴く人に情景を思い浮かばせる。
だから、音楽は「日常のもの」なのですね。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、芯から放たれるあたたかく輝きを放つ生演奏のひとときをご一緒できまして嬉しいです♪
ありがとうございます♪   

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. 無月ノ夜半
2. 雪明かりのパレット
3. 美味しい時間の過ごし方
4. I Hope
 
<2nd Set>
1. Dear My Family
2. 儚き天使の梯子
3. 静寂の夜に 
4. 哀
5. ぼくの空 わたしの雲

<Extra>
Green

Extra:石井信義さんオリジナル曲
ほか全て:北村真紀さんオリジナル曲

【Live Report】 Afternoon Tea Live 2021.5.2  Makiko(vo.)& mUcho(gt.)

5月2日は、祝日の午後に、スイーツとドリンクとともに、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏をお楽しみいただく「アフタヌーンティーライヴ」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、キューバルーツ音楽ヴォーカリストのMakikoさんとギタリストの mUchoさんです。

210502001

キューバ 第二の都市“サンティアゴ・デ・クーバ”の街にある“トローバの家”で、いつも歌われているキューバルーツ音楽。
そんなキューバルーツ音楽の中でも“ボレロ”に魅せられたMakikoさんが、キューバルーツ音楽ギタリストのマエストロ mUchoさんとのデュオで、あまたのボレロを愉しませてくださいました。

オープニングは「Descarga」という楽器紹介の時に歌われる曲で、タイトルには特に意味はないという「Buri Buri Bari Bo」でご挨拶。
そして、次に歌われたのが、ペペ・サンチェスが作曲したキューバ歌謡の基礎を築いたと言われている“キューバ最初のボレロ”「Tristezas」。
続いては、とってもよく知られたメキシコのボレロ「Sabor A Mi」が歌われました。

キューバには「フィーリン」と呼ばれるひとつのジャンルがあり、1stセットではその代表的なシンガーソングライターのセサル・ポルティージョの曲を3曲、20代、30代、そして40代後半作曲と世代を追った曲を歌ってくださいました。

1stセットのラストは、mUchoさんの弾き語りソロ。
歌ってくださったのは、「パイナップルとタバコとラム」というキューバらしい物産がタイトルとなっている曲です。


2ndセットでは、バンドネオン奏者の咲子さんが飛び入り演奏。

210502002

バンドネオンの伴奏とともにMakikoさんが歌ったのはMakikoさんが「タンゴのボレロ」と呼んでいる曲「El Dia Que Me Quieras」。
続けては、咲子さんがバンドネオンのソロで2曲、演奏くださいました。

2ndセットでは、Makikoさんが初めて歌うという「Obsesión」なども含めて、すばらしきボレロを歌ってくださいました。

古き良き、それでいて、日本人の耳にも心にも心地よく響くボレロ。
昼間の時間が心地よく、過ぎていきました。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、古き良きキューバルーツ音楽に浸るひとときをご一緒できまして嬉しいです♪
ありがとうございます♪   

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Buri Buri Bari Bo
2. Tristezas
3. Sabor A Mi
4. Vereda Tropical
5. Contigo en La Distancia
6. Tu, Mi Delirio
7. Interludio
8. Piña, Tabaco y Ron
 
<2nd Set>
1. El Dia Que Me Quieras
2. Sur
3. Che, Bandoneón 
4. Por Nuestra Cobardia
5. Veinte Años
6. Obsesión
7. Como fue
8. Mi Corazón Baila Mambo

<Extra>
Qué Noche Tan Linda

1st-8:mUchoさん solo 弾き語り
2nd-1:若林 咲子さん on bandoneón
2nd-2.3:若林 咲子さん  bandoneón solo 

【Live Report】 Twodays Night Live 2021.4.26&27 黒沢 綾( pf. & vo. ) & 小林 宏衣( pf. & vo. )

4月26日、27日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Twodays Night Live」を、緊急事態措置モードにて開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

出演くださいましたのは、ピアニスト&ヴォーカルの 黒沢 綾 さんとピアニスト&ヴォーカルの 小林 宏衣 さんです。

210426001

210427001

黒沢さんと小林さん。ふたりの弾き語りニストによる共演。
演奏とハモリの妙に加えて、選曲、アレンジの妙をも兼ね備える二人らしい選曲、アレンジ、構成で繰り広げられる生演奏。

今回は2daysで開催。
そのいずれの回でもオープニングは、「Best Part」。

“私にとってあなたは、朝に必要なコーヒーのような存在”
“降りしきる雨の中に差した 陽の光”

そんな歌詞を持つ「Best Part」のように、
互いの発掘したもので、相手の未知な部分を引き出してくれる関係性の黒沢さんと小林さん。
今回も、新たな選曲、そして新たな表現がお目見えしました。


今回は特殊な時節に合わせた開催。
「短き時間の中でもたくさんの曲を愉しんでもらいたい」
との想いから、黒沢さんと小林さんが大好きだとおっしゃる北欧のジャズピアニストのメドレーをアレンジをマイクスタンド2台を使った連弾スタイルで。

今話題のJ-Popの曲「優しさ」では、黒沢さんのラップも!
ラップというと、“バトル”もあるように、攻撃的な言葉を発するイメージがある。
それを小林さんが「優しいラップがあってもいいよね」との発案から、黒沢さんが紡いでできた「優しさ」に溢れたリリック。


お二人でのリハーサルや選曲会議は、最中に笑いが起こるのだそうで、
そんな二人の愉しいやり取りが垣間見えるようなMCトークで、店内も笑いに溢れます。

いつまでも尽きることなく続けられそうな二人の会話と
いつまでも聴いていたい二人の演奏。

愉しい時間は本当に過ぎゆくのが早いものです。

2daysとも、締めの曲は「やさしい夜」。
この曲は、黒沢さんと小林さん、どちらも今まで歌ったことのない曲。
二人で選曲しているときに、この方の曲を全部聞いてみた中で出会った曲とのこと。

どんな時も、心安らかであるように
そんな祈りも込めた歌詞の歌でした。


2days、来場くださいました皆さまにとともに、愉しいうちにゆったりまったりとトキが過ぎていく心地よい生演奏のひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪
 
♪♪♪♪♪♪♪ 26日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
1. Best Part
2. Time After Time
3. 君のために
4. 偶然のワルツ (岸 淑香さんオリジナル曲)
5. Lars Jansson Medley
 ・There's A Butterfly In My Room
 ・Within A Life Time
 ・Hazy Mind
6. 優しさ
7. やさしい夜

set-1,2,6,7:小林 宏衣さん on pianoforte、黒沢 綾さん on vocal
set-3,4:黒沢 綾さん on pianoforte、小林 宏衣さん on vocal
set-5:黒沢 綾さん&小林 宏衣さん on pianoforte

♪♪♪♪♪♪♪ 27日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
1. Best Part
2. Rain In The Forest (小林 宏衣さんオリジナル曲)
3. 君のために
4. 偶然のワルツ (岸 淑香さんオリジナル曲)
5. Lars Jansson Medley
 ・There's A Butterfly In My Room
 ・Within A Life Time
 ・Hazy Mind
6. 優しさ
7. 傘ひとつから (黒沢 綾さんオリジナル曲)
Extra:やさしい夜

set-1,2,6,Extra:小林 宏衣さん on pianoforte、黒沢 綾さん on vocal
set-3,4,7:黒沢 綾さん on pianoforte、小林 宏衣さん on vocal
set-5:黒沢 綾さん&小林 宏衣さん on pianoforte

【Live Report】 Afternoon Tea Live 2021.4.25 「PAN CAKE」 原田 芳宏(pan.)&小畑 和彦(gt.)&大塚 雄一(acc.)

4月25日は、休日の午後に、スイーツとドリンクとともに、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏をお楽しみいただく「アフタヌーンティーライヴ」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、スティールパン奏者の原田 芳宏さん、ギタリストの 小畑 和彦さん とアコーディオン奏者の大塚 雄一さんによりますトリオ・ユニット「PAN CAKE」です。

210425001

ドラム缶の底の部分を輪切りにして、凹ませて音階を付けている。
そんな素材と加工で生まれた楽器から放たれる音色は、天使の琴とも言われるほど得も言われぬ音色が響きます。
そんなトリニダード・トバゴで生まれたアコースティック楽器“スティールパン”の音色を存分に活かしたオリジナルサウンドを生み続けるバンドが「PAN CAKE」。

スティールパンを中心に、ミュゼの魅力溢れるアコーディオン、そしてブラジルギタリスト。
結成から25年を超える活動を通じて、互いの楽器の音色、原田さん、大塚さん、小畑さんが奏でる音色を知り尽くしたからこそ生まれるそれぞれのPAN CAKEのためのオリジナル曲は、尽きることなく唯一無二の世界を創り出し続けます。


店内に居ながらにして、散歩をしているような気分に、フランスの街路を歩いているような気分に、時間さえもさかのぼって黄金郷に連れて行ってくれたり、
移動することが制限されたとしても、「PAN CAKE」の音楽は、私たちに自由を与えてくれます。


今回は、多彩で知られる小畑さんのイラスト作品の中での生演奏。
小畑さんが描いた「青いソニック号」を背景に、小畑さんが「PAN CAKE」のために書いた「青いソニック」の演奏を聴く。
青いソニック号に乗って旅をしているような、贅沢なひとときを体験できました。


アンコールとして演奏されたのは「復興への道」。
その音楽は、聴いているだけで心ウキウキしてくる調べ。
こんな調べが聞こえる道は、いつまでも、どこまでも歩き続けたい、と感じます。
歩いている道すがらも、愉しく、希望に満ちている道。
「PAN CAKE」とともに歩んでいきたいです♪

本日も、来場くださいました皆さまにとともに、地球上で唯一無二の楽園サウンドのひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪   

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. ハチドリ
2. Vou Nessa
3. Dragon
4. 2匹のくじら
5. Amigo!
 
<2nd Set>
1. Open The Door
2. Waltz de PAN CAKE
3. El Dorado
4. Home Alone
5. 青いソニック

<Extra>
復興への道


※この日は「パンケーキを食べながらPAN CAKEを聴こう」企画でした。
今回は「食事系パンケーキ」をご用意。
お客さまからいただいたおいしく熟したイチゴも添えさせていただきました♪

210425002

アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード