U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユー)の日々を綴るblogです

Tuesday Night Live

【Live Report】 Tuesday Afternoon Live 2021.2.23 ヤマカミヒトミ( a-sax. ) & 佐藤 直子( perc )

2月23日は緊急事態宣言に伴いまして、通常は火曜日の夜に行いますリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメントを日曜日のお昼間に変えて「Tuesday Afternoon Live」として開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、アルトサックス奏者の ヤマカミヒトミ さんとパーカッショニストの 佐藤 直子さんです。

210223001

アルトサックス、木製フルートプレイヤー
という域に限らず、ピアノ、そしてギター弾き語りと、表現の幅を持つヤマカミヒトミさん。
そして、ヤマカミヒトミさんと“感性”が相通じ合うパーカッショニスト 佐藤 直子さん。

お二人での生演奏は、ヤマカミヒトミさんのアルトサックスそして木製フルートでのソロ演奏パートから始まります。
サックス、そしてフルート。
ヤマカミヒトミさんが奏でると、単音楽器であるはずなのに、ふくよかな音色で響きます。


そしてデュオ演奏パートから、佐藤 直子さんのパーカッションが加わります。
今回はシロフォンを中心にハイハットやフットペダルもセットしたドラムセット。
今回初めて“音階のある打楽器”セットということで、「Chorinho Pra Ele」をデュオで演奏。
今までとは違い、主旋律を佐藤 直子さんが担って、伴奏をヤマカミヒトミさんが担うという新たなデュオ演奏も愉しめました。


2ndセットでは、今回はヤマカミヒトミさんと佐藤 直子さんとの“ウォーミングアップ”トークから始まりました。
飽きることなく、尽きることなく、たくさん語り合うことができるというお二人。
即興演奏についてのトークから、即興演奏から始まり、曲の変わり目に即興を織り交ぜたメドレー演奏が展開されました。
“曲”として演奏に加えて、“感性”でその場で創り出していく“即興”を織り交ぜたメドレー演奏。
その瞬間に生まれ、二度と生まれない演奏。
まさに生演奏ならではの味わい。


2ndセット後半は、ヤマカミヒトミさんがギターに持ち替えて、歌とコーラスも交えた演奏。
今回は新たなブラジル音楽「Menina Flor」がオンリスト。佐藤 直子さんもブラジルの打楽器「パンディロ」でブラジルの雰囲気をさらに演出。
ギターの音色とヤマカミヒトミさんの歌声、佐藤 直子さんのコーラスが溶けてひとつになる“音のカクテル”を3種類、愉しむことができました。

使用する楽器の枠、“ジャンル”という枠に収めることができない二人の感性、“演奏”という会話。
“鳴らす”、“聴かせる”ではなく、“在る”というナチュラルなスタイルの音に、今回も包み込まれたひととき。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、繊細でうつくしい感性の響きに包まれるひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. 小春 (フルートソロ)
2. Rosa (フルートソロ)
3. めぐり逢い (アルトサックスソロ)
4. Vaidoso (アルトサックスソロ)
5. Chorinho Pra Ele (アルトサックス&パーカッション)
6. 空のはじまり (ピアノ&パーカッション)
7. Green Heart (ピアノ&パーカッション)
 
<2nd Set>
1. Medley
  1. Improvisation (ピアノ&パーカッション)
2. Letter From Home (ピアノ&パーカッション)
  3. Nuvole Bianche (ピアノ&パーカッション)
  4. Palhaço (ピアノ&パーカッション) 
2. Lugar Commun (ギター弾き語り&パーカッション)
3. Honey Bee (ギター弾き語り&パーカッション)
4. Menina Flor (ギター弾き語り&パーカッション)

<Extra>
Fico Assim Sem Você (ギター弾き語り&パーカッション)

2nd-2,4:コーラス by 佐藤 直子さん
1st-1,6,7:ヤマカミヒトミさんオリジナル曲 

【Live Report】 Afternoon Tea Live 2021.2.11 「PAN CAKE」 原田 芳宏(pan.)&小畑 和彦(gt.)&大塚 雄一(acc.)

2月11日は、祝日の午後に、スイーツとドリンクとともに、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏をお楽しみいただく「アフタヌーンティーライヴ」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、スティールパン奏者の原田 芳宏さん、ギタリストの 小畑 和彦さん とアコーディオン奏者の大塚 雄一さんによりますトリオ・ユニット「PAN CAKE」です。

210211001

ドラム缶の底の部分を輪切りにして、凹ませて音階を付けている。
そんな素材と加工で生まれた楽器から放たれる音色は、天使の琴とも言われるほど得も言われぬ音色が響きます。
そんなトリニダード・トバゴで生まれたアコースティック楽器“スティールパン”の音色を存分に活かしたオリジナルサウンドを生み続けるバンドが「PAN CAKE」です。

今回の生演奏では、2020年にリリースされたニューアルバムからたくさんの曲が演奏されました。
そのいずれもがスティールパン、ミュゼの魅力溢れるアコーディオン、ブラジルギタリスト、それぞれの魅力を最大限に活かした「PAN CAKE」オリジナル曲ばかり。

本日の2ndセットの1曲目は、次なるアルバムのための曲で、演奏は初公開。

結成から25年、互いの楽器の音色、原田さん、大塚さん、小畑さんが奏でる音色を知り尽くしたからこそ生まれるそれぞれのPAN CAKEのためのオリジナル曲は、尽きることなく唯一無二の世界を創り出し続けます。

演奏された曲はいずれも、窓の外の陽光と相まって、極上のアコースティックな音色とともに、まだ見ぬ世界のいろんな場所を旅したような夢心地に誘ってくれました。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、地球上で唯一無二の楽園サウンドのひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪   

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Dragon
2. Barquinho de Folha
3. Waltz de PAN CAKE
4. Vou Nessa
5. 青いソニック
 
<2nd Set>
1. Gipsy Heart
2. Amigo!
3. ハチドリ
4. Like a Ballad
5. El Dorado

<Extra>
Home Alone

1st-1:リコーダーデュオ
2nd-4:帆足 彩さん on Vocal, percussion & 坂上 領さん on Andes
2nd-1:坂上 領さんソロ on Flute
2nd-2:帆足 彩さん on 三味線 and 唄 & 坂上 領さん on Flute
2nd-3:帆足 彩さん on 三味線 and 唄

【Live Report】Sunday Afternoon Live 2021.1.17 「あゆもにじん」 五十嵐 歩美(vn.)&マツモニカ(c-harm.)&長澤紀仁(gt.)

1月17日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメントを、緊急事態宣言発出を受けまして火曜日の夜から日曜日のお昼間に時間帯を変更して「Sunday Afternoon Live」として開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ヴァイオリニストの五十嵐 歩美さん、クロマチックハーモニカ奏者の マツモニカさん とギタリストの 長澤 紀仁さんによりますトリオ・ユニット「あゆもにじん」です。

210117001

小さな音の楽器の代表格、アコースティックギターとクロマチック・ハーモニカ。
そして、小さいながらも大きな音が出せるヴァイオリン。
この3つの楽器がカフェ・ユーでは“生音”でバランスを取りながら、ブラジル音楽特有のリズムは長澤さんのギターで創り出し、そのリズムにのってクロマチック・ハーモニカとヴァイオリンがメロディーを分けあったり、ハモリあったり、ソロを三人で回しあったりと、「あゆもにじん」にしかできないブラジル音楽アンサンブルを奏でます。


オープニングはマツモニカさんのオリジナル曲「Esperança No.1」から。
“Esperança”は“希望”を意味するポルトガル語。
この日、この時間に、みんなで生演奏を愉しむことができる悦びを表したかのような曲と演奏で幕開けました。

夜ではなくお昼間、だからでしょうか?
ゆったりしたボサ・ノーヴァを中心に、カフェ・ユーの「あゆもにじん」ではお初になる曲も多めのリストとなりました。

2ndセットのオープニングは、五十嵐さんが冬の青森を訪れた時に書いた曲「津軽」。
和テイストの旋律がいかにも初春の感じで、いつもとはまた違う「あゆもにじん」サウンドが奏でられました。

「スズメバチの巣」を意味する物騒なタイトルの「Ninho de Vespa」は、あゆもにじんとして本邦初公開の演奏。めまぐるしく行き交う蜂のような音の交差でした。

2ndの4曲目からは、もにじんのニューアルバムに収められている曲をピックアップ。
このアルバムはもにじんと10数年来の付き合いがあるブラジル人シンガー・ソングライター、Lica・Cecatoさんとの共演盤。アルバムでは長澤さんのオリジナル曲「Porta Bandeila」にLicaさんが歌詞を付けて収めているそうです。
今回は、ヴォーカルの代わりに五十嵐さんのヴァイオリンが加わってのアンサンブルでの演奏でした。


お昼間はお昼間の曲と演奏で繰り広げられたあゆもにじんサウンド。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、うつくしい曲をうつくしい演奏で、それも生音で、堪能するひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪   

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Esperança No.1 (マツモニカさんオリジナル曲)
2. Fotografia
3. Cafe com Pão
4. Choro Bandido
5. Brigas, Nunca Máis
 
<2nd Set>
1. 津軽 (五十嵐 歩美さんオリジナル曲)
2. Desde Que O Samba é Samba
3. Ninho de Vespa
4. Chuva Tropical
5. Porta Bandeila (長澤 紀仁さんオリジナル曲)

<Extra>
Samba de Uma Nota Só

【Live Report】 Afternoon Tea Live 2021.1.11 「ぽよDUO」 坂上 領( fl. )&帆足 彩( vn. )

1月11日は、ハッピーマンデーの午後に、スイーツとドリンクとともに、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏をお楽しみいただく「アフタヌーンティーライヴ」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、フルート奏者の 坂上 領 さんとヴァイオリニストの 帆足 彩さんによるデュオユニット「ぽよDUO」です。

210111001

子供は夢を膨らませ、大人は子供の心を取り戻す、ほんわかぽよよ~んラテン系脱力バンド「チャランガぽよぽよ」の発起メンバーの坂上 領さんと帆足 彩さんで結成されているデュオ・ユニット「ぽよDUO」。

今年も生演奏初めは「ぽよDUO」で開けました。

そして、カフェ・ユーでの「ぽよDUO」生演奏のオープニングはリコーダーデュオ演奏。
これはカフェ・ユーでしか聴けないアンサンブルとのこと。今回は“任務遂行不可能”な曲でのミッションでした。

1stセットは、ぽよDUOでこれまで培ってきたサウンドの特集。
ぽよDUOならではの選曲、アレンジ、そして演奏、さらにはエピソード、とぽよDUO、ぽよファミリーならではの曲の中からのえりすぐりでした。
1stの最後は、スマフォを使って“あの方”と生コラボ、でした。

2ndセットは「新たなぽよDUO」、とも言うべき構成でした。

オープニングは坂上 領さんのフルートソロ。
和の雰囲気たっぷりな曲が、また和装とこの時期にぴったりでした。

そして、生田流宮城社大師範の資格を持つ帆足 彩さんの三味線フューチャーの2曲。
フルートとのコラボレーションでの「御代の祝い」、そして三味線といえばの曲として艶曲「黒髪」は三味線独奏でお披露目くださいました。

そこから再びぽよDUOワールドへ。
ぽよDUOオリジナル曲「ブローチのうた」。
今まではお客さまからお題の提案をいただくスタイルでしたが、今回は坂上 領さんが用意された打ち込み音源を使っての「タタータバトル」。
新たな展開を見せ始めた「ブローチのうた」。今後の展開が愉しみです。

じっくり聴かせるデュオ演奏から、最後は盛り上がりのデュオ演奏♪
生演奏ならではの、そして生の舞台ならではの愉しみいっぱいのひとときで
演奏もMCも、生演奏が終わったあとの泡アワーも
演奏されたミュージシャンの方も、来場くださったみなさんも
本当に本当に「愉しい」という感情で満ち溢れていました。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、ほんわかぽよよ~んデュオによるタノシイオトのひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Mission Impossible
2. アタラシイオト (坂上領さんオリジナル曲)
3. Englishman in New York
4. Waltz of the Wolves
5.  あかねちゃん (坂上領さんオリジナル曲)
6.  うちで踊ろう
 
<2nd Set>
1. Flute Solo
2. 御代の祝い
3. 黒髪
4. ブローチのうた  (帆足彩さんオリジナル曲)
5. Shenandoah
6. Under The Sea

<Extra>
Tequila

1st-1:リコーダーデュオ
2nd-4:帆足 彩さん on Vocal, percussion & 坂上 領さん on Andes
2nd-1:坂上 領さんソロ on Flute
2nd-2:帆足 彩さん on 三味線 and 唄 & 坂上 領さん on Flute
2nd-3:帆足 彩さん on 三味線 and 唄

【Live Report】 Afternoon Tea Live 2020.12.27 助川 太郎( gt. )

12月27日は、ハッピーサンデーの午後に、スイーツとドリンクとともに、第一線で活躍されているミュージシャンによりますライヴをお楽しみいただく「アフタヌーンティーライヴ」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ギタリストの 助川 太郎 さんです。

201227001

2013年よりソロギターワールドと題した独奏ライブを立ち上げて、フォルクローレ、タンゴ、クラシック、口琴、即興などたくさんの要素が渾然と一体となったステージ活動も行う助川 太郎さん。
今回も助川 太郎さんならではのソロギターワールドが展開されました。

1stセットのテーマは「2020年を振り返る」。
2020年に制作したアルバムに収録した曲を中心に、今年を象徴するロングバケーション中に作ったオリジナル曲などが演奏されました。

ゆったりした曲をゆったりと弾く
これは、思った以上に難易度を要するものとのことで、ましてやそれを他のミュージシャンに理解してもらうのは本当に難しいこと
譜面に書いてある先のことをどのように伝えるか?
それを突き詰めることで、助川 太郎さん自身にフィードバックされた「ゆったりと弾く」表現。
今回は、古き良きブラジル音楽「Rosa」で、味わわせてくれました。


MCも、ただ自分の想いを言葉にするのではなく、
自分が感じていることを、どの言葉を使えば、聞いてくださる方と共感し合うことができるか
と、丁寧に言葉を紡ぐ助川 太郎さん。

ギターで放つ音も同じように、どんな音色で奏でれば、この曲のすばらしいところを共感してもらえるか?
を考え抜いた音作りをされます。

オリジナル曲「マウンテン・チャイルド」は、同じ空間で共感し合うお客さまが思い思いに放つ音を取り込んで完成する構成になっているように、助川 太郎さんのソロワールドは、助川 太郎さん“独り”の音を聴かせるのではなく、お客さまと共感し合う、そんなステージです。

アンコールでは、この日訪れてくださったパーカッショニストの見谷 聡一さんとも共演くださいました。


悲しみやと儚さをうつくしさで彩るブラジル音楽のような助川 太郎さんの音の表現。
そして表現することの先の、共感し合えることまでにも想いを馳せたソロワールドステージ。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、助川 太郎さんのソロワールドのひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Insensatez (How Insensitive)
2. 北へ向かうサンバ (助川太郎さんオリジナル曲)
3. Rosa
4. Deixa
5. João e Maria
6. So Wonderful (助川太郎さんオリジナル曲)
7. Triste
 
<2nd Set>
1. 口琴Improvisation
2. 春のない男 (助川太郎さんオリジナル曲)
3. Pannonica
4. 春風 (助川太郎さんオリジナル曲)
5. マウンテン・チャイルド (助川太郎さんオリジナル曲)
6. El dia que me quieras
7. 土の道 (助川太郎さんオリジナル曲)
8. Pop'n Morning (助川太郎さんオリジナル曲)

<Extra>
Alegría Vida (助川太郎さんオリジナル曲)

Extra:guest 見谷 聡一さん(percussions)
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード