U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユー)の日々を綴るblogです

Salone

【Salone report】 2020.10.16 プレミアムワインのゆうべ

本日は、“スペシャルなワインを愉しむ”スペシャルサローネ「プレミアムワインのゆうべ」を開催いたしました。
ご参加くださいました皆さま、ありがとうございます。

今回のテーマは「メドックマラソン」。

メドックマラソンとは、赤ワインの世界的ワイン銘醸地として知られるボルドー、メドック地方で、葡萄の収穫直
前の毎年9 月上旬に開催される、葡萄畑で繰り広げられる42.195km のフルマラソン大会です。
コースは収穫間近の一面のうつくしい葡萄畑の中に設定され、シャトーと呼ばれるワイナリーを縫うように走り抜ける、ランナーが主役のお祭りです。
20 箇所以上のエイドステーションでは、水はもちろんシャトー自慢のワインが振舞われます
ほかにもオイスターやステーキ、チーズ、ハムといった給食を楽しめるポイントも設置され、マラソンはさながら広大なパーティー会場
通常のマラソン大会と違ってタイムを競うランナーはほんの一握りのランナーたちだけ。
残りのランナーは制限時間いっぱいまでどれだけ楽しめるかを競います。

そんなメドックマラソンの雰囲気を愉しむように、メドック地方の主要な場所の3種類のワインと、
そして、味の違いを愉しんでいただくために、メドックとは逆側、ボルドー右岸の名醸地「サンテミリオン」から1本。計4本のボルドー赤ワインをテイスティングしていただきました。

メドックでセレクトした産地は、サンテステフ、サンジュリアン、マルゴーの3箇所。
その場所の違い、そして左岸と右岸の違いを比べていただきました。

201016003

今回セレクトしたワインは以下の4種類です。


201016001

201016002

【Salone Report】 2020.9.26 お茶 de フローライフ習慣

9月26日は、サローネ「人生を愉しくする「フローライフ」習慣」をスタイルを変えて「お茶 de フローライフ習慣」として開催しました。
参加くださいました皆さま、ありがとうございます♪ 


「フロー」という状態は、
最高にリラックスしていながら、意識もはっきりしていて、かつ集中して行動ができている状態」で、

その状態の時は心と身体と脳がしっかりと連携しています。

そしてその状態こそが「本来の状態」というのが私たちの解釈です。


私たちが言う「フロー状態」と同義な言葉として広く知れ渡っている言葉に「マインドフルネス」があります。

マインドフルネス」状態に誘う手法にはヨガや瞑想、座禅などさまざまにありますが「喫茶」も有効な手段の一つです。



お茶 de フローライフ習慣」では、「おひるねヨガ」ナビゲーターの鈴木 めゆさんと共同開発したオリジナル・ブレンド・ハーブティ「フローティ」をお出しします。


200926001

フローティ」1杯につき、飲む方に“今”必要なメッセージが書かれたカードが1枚付きます。

この日参加くださった方には、「おしゃべりカフェ」をたっぷりと行ったあとで、ご自分の手で1枚カードを引いていただきました。


集まったみなさんで交わす「おしゃべりカフェ」では、前回から今回までの間に体験したこと、から始まって、いろんな会話を交わしました。

どなたの人生も、「100%思ったとおり」の出来事が起きます。
ですから、「どんなことを思っているか?(マインドセットをしているか?)」を自分で知ること(自覚していること)はとても大切なことです。


会話を通じて、自分だけでは気付けない自分のマインドセットに気づくことができたりします。
このような気付きを分かち合う機会として、「お茶 de フローライフ習慣」を開催致しています。

次回は10月24日(土)に開催致します。

【Salone Report】 Wine Lovers Club 2020.9.18

9月は、「いろんなワインを味わいたい/ワインのことをもう少し識りたい」方に向けて開催しております体感型ワイン・テイスティング講座、「Wine Lovers Club」を開催しました。
テイスティング下さいました皆さま、ありがとうございます♪

ただいま、「フランス」の生産地域と葡萄品種の関係にフォーカスしたテーマでワインをセレクトして開催しております「Wine Lovers Club」。
フランスの“ワイン産地”にフォーカスして、さまざまなフランスワインの産地を巡っています。

フランスワイン産地を巡る旅の第12回目は「サントル・ニヴェルネ地区」でした。

200619001

フランスワイン産地を巡る旅の第9回目からは「ロワール」に入っています。
ロワール河は、フランス中央山塊に源を発して北上、パリの南西方向に100Km離れたオルレアンの町で大きく西に向きを変え大西洋に注ぐ、約1,000Kmのフランス最長の大河。その大河流域周辺一帯の産地を総括して呼ばれるのがロワール地方です。
日本で言えば、関東地方ほどの面積の地域に、60を超えるアペラシオンが存在し、ブドウ品種もシュナン・ブランやカベルネ・フラン、ミュスカデ・・・など、多品種から多彩なワインが生み出されています。

ロワール河流域のワイン産地は通常、河口周辺のナント周辺地区、下流域のアンジュー&ソミュール地区、中流域のトゥーレーヌ地区、上流域の中央フランス地区の4地区に大別されます。

今回は「サントル・ニヴェルネ地区」のワイン3種を取り上げました。

サントル・ニヴェルネ地区は、中央フランス地区の名でご存知の方もいらっしゃるかもしれません。
赤ワインと白ワインの両方とも生産される産地ですが、一般的には白ワインの方が知られています。特にロワール川を挟んで向かい合う「サン・セール」と「プイイ・フュメ」の白ワインが有名です。
サン・セールとプイィ・フュメは、全ロワールで最も名の通るワインで、「大使」格にあたる辛口白ワインで、日本でも愛好家が少なくありません。

サントル・ニヴェルネ地区は、フランスのロワール地方の産地の中で、ロワール川の最も上流に位置しているワイン産地です。
ロワール川は、海側のペイ・ナンテ地区から東に流れていますが、オルレアンの街を過ぎると南にクランクして曲がります。そのクランクの先にサントル・ニヴェルネ地区は広がります。フランスの国土のほぼ中心に近いことから、中央フランス地区とも呼ばれます。 

地理的には、シャンパーニュ地方の最南端や、ブルゴーニュ地方の最北端シャブリのすぐ西です。このような地理的環境から特にブルゴーニュ地方の影響が強く、使われるぶどう品種もロワールのシュナン・ブランやカベルネ・フランではなく、白ブドウはソーヴィニヨン・ブラン、黒ぶどうはピノ・ノワールが主要品種となっています。

気候のタイプは、冬寒く、夏暑い大陸性気候に分類されます。
気候は夏と冬の気温差が激しく、夏の平均気温は26℃ですが、冬は-1度と厳しい寒さに見舞われます。夏の日照から葡萄は力を受け取りますが、厳しい冬は地勢によっては霜害に痛めつけられる所も少なくありません。
貝殻を含む粘土石灰岩からなる「白い土地」と呼ばれる特徴的土壌で、ソーヴィニョン・ブランの単品種から造る個性的な<辛口白>の名産地となっています。

今回は、サントネ・ニヴェルネ地区の中で、サン・セールとプイイ・フュメ以外のAOCワインを取り上げてみました。

今回取り上げましたワインのノートは下記のとおりです。

200918001

200918002

200918003



【Salone report】 2020.8.25 茶論トーク 英米児童文学の愉しみ

8月25日は、翻訳家 谷口 由美子さんが自ら手掛けられた英米児童文学の魅力をお伝え下さる茶論(サロン)トーク、「茶論トーク 英米児童文学の愉しみ」を開催致しました。
参加下さいました皆さま、ありがとうございます♪

200825001

今回、谷口さんが取り上げました英米児童文学のタイトルは「“オルコットがさらに楽しくなる本2冊”のお話です」として、オルコットに関するご本が紹介されました。

日本でも上映が解禁された新作映画「若草物語」。あたらしい映画では、作者ルイザ・メイ・オルコットと作中のジョーとがオーバーラップされるような作りとなっていました。その映画のセリフでは、オルコットを敬愛する物語作家 ノーマ・ジョンストンが書き、谷口さんが訳された「ルイザ ー若草物語を生きた人」でも取り上げられているオルコットの日記や手紙に残されている言葉も、映画のセリフとして使われているそうです。

そんなオルコットの代表作となっている「若草物語」。それ以外にも、ステキな物語がありますが、そのひとつ「8人のいとこ」の続編の出版が決まって、いま、谷口さんは出版者の方とその仕上げにかかっていらっしゃいます。その内容、そしてタイトルにまつわる話を、お伝えくださいました。

若草物語」、「8人のいとこ」に共通するのは、ヨーロッパの香りに満ちている児童文学であること。
それはオルコット自身が2度渡欧している経験があることもありますが、多くのアメリカ国民にとって、ヨーロッパは自身のルーツの国がある場所。いつか訪れてみたい場所ということもあって、ヨーロッパから移民してきたアメリカ国民の心を惹きつけるものである、とのことです。

そんなこれからの愉しみとなるオルコットの作品のほかに、谷口さんがご紹介くださったが“オルコットがさらに楽しくなる本”があります。

まずひとつめは、谷口さんが訳されたジェイン ラングトン著の「大空(そら)へ―ジョージーとガンの王子」 。
この本の作者は、オルコットが暮らした場所でもあるアメリカ文学史の聖地とも言える町マサチューセッツ州コンコードのほど近くに住んでいて、この作品もコンコードが物語の舞台となっています。その作品中には、オルコットのことを知っている人にはたまらないエピソードが織り込まれている、そんな作品です。

もうひとつは、こちらはまだ訳本が出ていない作品「Lotta's Progress」。
作者は「ルイザ ー若草物語を生きた人」を書いたノーマ・ジョンストン。
なんと、この作品中はルイザをはじめ、オルコット家族が実名で登場し、主人公のロッタと交流しているのです。
この作品が翻訳されて日本文学として読める日が訪れることを、ぜひ待望しましょう♪

【Salone Report】 2020.8.22 お茶 de フローライフ習慣

8月22日は、サローネ「人生を愉しくする「フローライフ」習慣」をスタイルを変えて「お茶 de フローライフ習慣」として開催しました。
参加くださいました皆さま、ありがとうございます♪ 


「フロー」という状態は、
最高にリラックスしていながら、意識もはっきりしていて、かつ集中して行動ができている状態」で、

その状態の時は心と身体と脳がしっかりと連携しています。

そしてその状態こそが「本来の状態」というのが私たちの解釈です。


私たちが言う「フロー状態」と同義な言葉として広く知れ渡っている言葉に「マインドフルネス」があります。

マインドフルネス」状態に誘う手法にはヨガや瞑想、座禅などさまざまにありますが「喫茶」も有効な手段の一つです。



お茶 de フローライフ習慣」では、「おひるねヨガ」ナビゲーターの鈴木 めゆさんと共同開発したオリジナル・ブレンド・ハーブティ「フローティ」をお出しします。


200822001

フローティ」1杯につき、飲む方に“今”必要なメッセージが書かれたカードが1枚付きます。
この日参加くださった方には、心と体と脳が繋がったなぁ・・・と自分で感じた方から、ご自分の手で1枚カードを引いていただき、そのカードを読んだ感想から「おしゃべりカフェ」に入っていきました。


集まったみなさんで交わす「おしゃべりカフェ」では、会話を通じて、自分だけでは気付けないことが得られたりします。全員でひとつの話をしている場面もあれば、隣り合わせた方同士だけで会話が交わされることもあります。そんな自由な会話が生まれるのも、時間と空間をともにしているからのこと。
このような気付きを分かち合う機会として、「お茶 de フローライフ習慣」を開催致します。
次回は9月26日(土)に開催致します。

アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード