U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユー)の日々を綴るblogです

Salone

【Salone report】 2021.2.16 茶論トーク 英米児童文学の愉しみ

2月16日は、翻訳家 谷口 由美子さんが自ら手掛けられた英米児童文学の魅力をお伝え下さる茶論(サロン)トーク、「茶論トーク 英米児童文学の愉しみ」を開催致しました。
参加下さいました皆さま、ありがとうございます♪

210216001

今回、谷口さんが取り上げました英米児童文学は「8人のいとこ②」でした。

「若草物語」で日本でも有名なルイザ.メイ.オルコットの作品「8人のいとこ」の青い鳥文庫版の茶論トークをしてくださったのが、2020年の2月18日。
その時にも話題に出ていた続編が同じ青い鳥文庫から出版された、そのお話でした。

もともと男の子の話を書きたかったオルコットらしい作品が、「8人のいとこ」。
主人公はである13歳の女の子ローズは、両親を失ったことでローズの父の弟でステキなおじさまアレックに引き取られます。そこには男の子ばかり7人のいとこがいて・・・。

1では、ローズとアレックスおじさん、そしてメイドのフィービがヨーロッパに渡航していろいろと経験をするところで終わっています。
2では、ローズたちが帰郷してきてからのお話。ローズは20歳になっています。

これまでの翻訳本では「花ざかりのローズ」というタイトルで出版されていましたが、今回の谷口さん訳では続編であることを伝えるために「8人のいとこ②」とし、副題に「ローズの恋」と付けました。

今回の本に限らず、谷口さんは
翻訳本は、原作のある日本文学
とおっしゃいます。

原書は時代を経ても変わることがありませんが、それを訳した形で出される翻訳本は、「その時代の人に合った文学作品」となるように、いろんな工夫がなされます。

たとえば、大人になったローズのいとこたち7人の男性。
その当時の大人の男性たる身だしなみとして「ヒゲ」があるのですが、本のビジュアルでは表現していません。
原書の魅力を伝えつつも、日本語で読む方にもすんなりと読めて愉しいものであるために、タイトルから含めて、それはそれは本当にいろんな配慮や工夫がされているのです。


8人のいとこ②」では、10章の目次タイトルが、今までの訳本では「悲しい日々」となっていたのですが、今回の訳本で谷口さんは、その章の中でアレックスおじさんがローズに言ったステキな言葉から付けています。
それは・・・、ぜひ、お手に取って読んでみてくださいね♪


ちなみにこの11章のくだりは、その当時の女性の人生観に一石を投じるような展開となっています。
ここにもあるように、「8人のいとこ」シリーズでは、アレックスおじさんを通して、作者ルイザの思想も垣間見えます。

【Salone Report】 2021.2.14 お茶 de フローライフ習慣

2月14日は、サローネ「お茶 de フローライフ習慣」を開催しました。
参加くださいました皆さま、ありがとうございます♪ 


「フロー」という状態は、
最高にリラックスしていながら、意識もはっきりしていて、かつ集中して行動ができている状態」を表す言葉で、その状態の時は心と身体と脳がしっかりと連携して、そしてその状態こそが「本来の状態」というのが私たちの解釈で、同義な言葉として広く知れ渡っている言葉に「マインドフルネス」があります。


マインドフルネス」状態に誘う手法にはヨガや瞑想、座禅などさまざまにありますが「喫茶」も有効な手段の一つです。

お茶 de フローライフ習慣」では、「喫茶」のティーとして「おひるねヨガ」ナビゲーターの鈴木 めゆさんと共同開発したオリジナル・ブレンド・ハーブティ、“飲むヨガ”こと「フローティ」をお出ししています。


210214001

フローティ」1杯につき、飲む方に“今”必要なメッセージが書かれたカードが1枚付きます。

参加くださった方には、「自分がマインドフルネスになった」と感じた時点で、ご自分の手で1枚カードを引いていただいています。


集まったみなさんで交わす「おしゃべりカフェ」では、前回から今回までの間に体験したこと、から始まって、いろんな会話を交わします。

そして、喫茶によって、心と身体と脳が一体となった、と感じる状態になった方から、私が用意したマインドセットチェックを行ってもらいます。


どなたの人生も、「100%思ったとおり」の出来事が起きます。
ですから、「どんなことを思っているか?(マインドセットをしているか?)」を自分で知ること(自覚していること)はとても大切なことです。


今回のマインドセットチェックでは、イソップ寓話の「三人のレンガ職人」を読んで何を思うか?

という設問をしました。

今までは、プライバシーに深くかかわるような設問だったのですが、今回は思ったことをシェアすることができる内容だと思ったので、それぞれ思ったことを発表してシェアしました。

三人のレンガ職人の寓話は「ジョブ/キャリア/コーリング」の説明によく使われる寓話です。

行っていることが同じでも、どう思って行っているかで、たとえばその人の幸福度が違うことがわかります。また“コーリング”の状態で行うことに共感や憧れを持つこと、仕事を頼むなら“コーリング”の状態の方に頼みたい、と感じたという意見も出ました。

また、いつものように参加くださった方同士の経験や思っていることを語り合うことを通じて、

モヤモヤがすっきりしたという実感もシェアされました。

いろんな経験から得た気付きを分かち合う機会としてのお茶 de フローライフ習慣」。
次回は3月13日(土)に開催致します。

【Salone Report】2021.1.24 創作和菓子体験ワークショップ

1月24日は、日本の伝統文化美「和菓子」に 洋のエッセンスをプラスして、デザイン・味ともにオリジナル性を大切にした、創作和菓子作りをするK-nagomi小林 桂子 先生をお招きしての体験ワークショップを開催いたしました。
参加くださいましたみなさま、ありがとうございます。

210124001

今回は和菓子のひとつ「 練り切り 」を3種類、「松竹梅」で体験しました。

「練り切り」は色や形など自由に表現することができ、 アイデア次第で可愛らしくも美しくも作ることのできる、とても楽しい和菓子。

その「練り切り」は生地で餡を包む「包餡(ほうあん)」がすべて
と言っていいほどに、難しくもあり大切なステップがあります。

どのように生地を伸ばせばきれいに餡を包むことができるか?
そのためには手をどのように使えばいいか?
を小林 桂子先生が、目の前で実践しながら、理路整然と説明されることもあってか、参加くださった方みなさん、とてもうつくしくクリアされました。

「松」は生地に「ぼかし」の技術を使って、押し型でデザイン
「梅」は2色の生地を混ぜる技術を使って、押し切りでデザイン
「竹」は3種類の生地を寄せの技術を使って、しぼりでデザイン

と、3つの異なる作り方で、3種類の「練り切り」をみんなで創りました。

見てうつくしい和菓子。
それを自分の手塩をかけて創ると、そのかわいらしさはまた一入。

ワークショップのあとは、小林 桂子先生お手製のフルーツ餡を使った練り切りとともに、座談会も愉しみました。

創作和菓子体験ワークショップ、
好評につき、次回の開催が決定いたしました。

【Salone Report】 Wine Lovers Club 2021.1.23

1月23日は、「いろんなワインを味わいたい/ワインのことをもう少し識りたい」方に向けて開催しております体感型ワイン・テイスティング講座、「Wine Lovers Club」を開催しました。
テイスティング下さいました皆さま、ありがとうございます♪

2021年1月より、「イタリア」の生産地域と葡萄品種の関係にフォーカスしたテーマでワインをセレクトして開催しております「Wine Lovers Club」。

アルプス山脈の南側から地中海に張り出した細長い地形のイタリアは、温暖で日照にも恵まれ、ブドウ栽培に適した環境であるため、国土のほとんどの地域で昔からワインが造られてきました
イタリアワインの魅力はなんと言ってもその多様性500種を超えると言われる土着品種に特化したり、国際品種を上手に取り入れながら、多様な気候と相まって土地の個性を表現したワインが生み出されています。

イタリアワイン産地を巡る旅の最初は「サルデーニャ」を取り上げました。

210123004

サルデーニャ島は、イタリア半島の西、テレニア海に浮かぶ、北はボニファーチョ海峡を隔ててフランス領コルシカ島と対する、イタリア第二の島です。島の北東部には超高級リゾートホテルが立ち並ぶ世界的にも有名なコスタ・ズメラルダ(エメラルド海岸)がある、うつくしい海に囲まれた秘境です。

サルデーニャ島は歴史的に、古代からフェニキア、ローマ、ビザンチンなど様々な国の支配を受けてきました。15世紀以降はスペインの圧政の下に置かれ、発展からは取り残された島でした。 18世紀にサヴォイア家に領有され、サルデーニャ王国が成立します。統一イタリアはこのサルデーニャ王国に併合される形で進み成立します。

ワイン生産発展の歴史は浅く、19世紀以降です。しかし、近年、近代的醸造技術がこの島にも普及し、品質の高いものが造られています。スペイン支配が長かったため、スペイン系の葡萄品種で造られているのが特徴です。赤は、カリニャーノとカンノナウ種。白は、ヴェルメンティーノとヴァルナッチャ種。赤白ほぼ同量を産出します。DOC(G)ワインの割合は4分の1強です。今でも独自の文化が残るこの島らしい、個性的でこの地でしかできないものが多い産地です。


今回取り上げましたワインのノートは下記のとおりです。

210123001

210123002

210123003






【Salone Report】 2020.12.19 お茶 de フローライフ習慣

12月19日は、サローネ「お茶 de フローライフ習慣」を開催しました。
参加くださいました皆さま、ありがとうございます♪ 


「フロー」という状態は、
最高にリラックスしていながら、意識もはっきりしていて、かつ集中して行動ができている状態」を表す言葉で、その状態の時は心と身体と脳がしっかりと連携して、そしてその状態こそが「本来の状態」というのが私たちの解釈で、同義な言葉として広く知れ渡っている言葉に「マインドフルネス」があります。


マインドフルネス」状態に誘う手法にはヨガや瞑想、座禅などさまざまにありますが「喫茶」も有効な手段の一つです。


お茶 de フローライフ習慣」では、「喫茶」のティーとして「おひるねヨガ」ナビゲーターの鈴木 めゆさんと共同開発したオリジナル・ブレンド・ハーブティ、“飲むヨガ”こと「フローティ」をお出ししています。


201219001

フローティ」1杯につき、飲む方に“今”必要なメッセージが書かれたカードが1枚付きます。

参加くださった方には、「自分がマインドフルネスになった」と感じた時点で、ご自分の手で1枚カードを引いていただいています。


集まったみなさんで交わす「おしゃべりカフェ」では、前回から今回までの間に体験したこと、から始まって、いろんな会話を交わします。

そして、喫茶によって、心と身体と脳が一体となった、と感じる状態になった方から、私が用意したマインドセットチェックを行ってもらいます。


どなたの人生も、「100%思ったとおり」の出来事が起きます。
ですから、「どんなことを思っているか?(マインドセットをしているか?)」を自分で知ること(自覚していること)はとても大切なことです。


今回のマインドセットチェックでは、自分に向いていると思うコトについて設問してみました。

周りがどう思うか?
ではなく、自分がどう思うか
このことが本当に大切です。


参加くださった方同士の経験や思っていることを語り合うことを通じて、

自分ではしっかりと気付けていないことがはっきりするという感想もいただきました。

いろんな経験から得た気付きを分かち合う機会としてのお茶 de フローライフ習慣」。
次回は1月23日(土)に開催致します。

アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード