U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユー)の日々を綴るblogです

Salone

【Salone report】 2018.9.19 「自分を表現する生き方術」講座

本日は、スペシャルサローネ「自分を表現する生き方術」講座を開催いたしました。
ご参加くださいました皆さま、ありがとうございます。

講師を務められたのは、芸歴43年、歌って踊って話せるマルチタレントとして、またプロ和太鼓チーム「太鼓打 魁」の主宰として活躍されている よしだもみじ さんです。

本講座でよしださんが仰るのが、
 「自分の発する言葉は「自分自身にとって表現したいもの”」のはず。
 それが伝わらないことはとてももったいない。」
です。


本日の講座では、「自分の持っている才能」についてを中心にお話がありました。

180919001

「自信がないんです・・・」
というのが口癖の方でも、“自信を持っていることが必ずある”。とよしださんは仰しゃいます。
その自分の持っている“すごいもの”を発揮する場所は自分で探すもの。
そして自分の持っている“すごいもの”がわかるには、自分で自分を識ること。
そのためにも「自分を褒める」ことが大切、と教えていただきました。

ほかにも、
・「ムシャクシャするようなことがあった時の対処法」
・大変なことを先延ばししない実践法
・考えるのに時間を掛けていいこと、掛ける必要がないことの違い
といったこともお話くださいました。


よしださんの講座では毎回、課題に沿って思うことを書き出す時間がとられます。
本日の講座でも、まず最初に3つ、書き出す課題が出されました。

それは
ひとつめは「自分が幸せだと感じること/思うことをひとつ
ふたつめは「自分自身がこうしたい/こうなりたいと思うことをひとつ
そしてみっつめに「自分のできること/得意なことをひとつ
です。

毎回書き出すことで、「言っていること」は変わらなくても「言い回し」が変わってきているそうで、それは“変化している”ことの表れなのだそうです♫


次回は10月10日です。
「自分自身を幸せにする生き方をしたい方」、お待ちしております♪

【Salone Report】 2018.9.16 人生を愉しくする「脳のお片付け」習慣

2017年9月に開催されました「RUN伴2017文京」をきっかけにご縁がつながった

 お茶を飲みながら、くつろいでお話できる空間を提供するガレリア カフェ ユー。

 「認知症サポーター養成講座」できる認知症キャラバンメイトでもあるキャリアカウンセラー。

 子どもさんから認知症の方へのヨガなど、ヨガをするのが難しい方々にもヨガを伝えるナビゲーター。


この4名が一緒になって、「自分とつながる みんなとつながる」をモットーに立ち上げた「サローネ グラツィエ」が提供するサローネ、「人生を愉しくする「脳のお片付け」習慣」。

このサローネでは、「認知症の予防実践を体得」していただきながら、さらに参加くださった方が日常生活で自分のやりたいことに気付いたり、自分が愉しむことを実践したり、「“自分の人生も愉しむ”方法を見つけることにつながるかも?」という習慣を体験していただいています。



まずは鈴木めゆさんによる「おひるねヨガ」を実際に行っていただきました。
おひるねヨガ」は認知症の方へのヨガ、小学校低学年のヨガ、赤ちゃんや小さな子とお母さんのヨガ、妊婦さんなど、ヨガをするのが難しい方々でもできるヨガとして、めゆさんが伝えているヨガで、「お昼寝をしながらするヨガ」。ではなくて、「おひるねをするように、自分にいろんなことを許してあげるヨガ」です。

本日は「おひるねヨガ」実践の前に、鈴木めゆさんの実体験のお話がありました。
身体の不調で、どんな医療を訪ねても原因が分からなかった時、最後に残っていたのがヨガ。
ダンサーとして活躍していためゆさんにとって身体の柔軟性はそれ以上必要性を感じていなかったのですが・・・。
ヨガを経験することによって、実は心の病が身体の不調として表れていた、ということに気付いたそうです。

今回の「おひるねヨガ」でも、「身体の各部分の“ありのまま”の状態を正確に受動する」ことを意識して行いました。


180916002


おひるねヨガ」のあとは、食による脳のお片付け習慣「徳し人メニュー」 とともに「おしゃべりカフェ」。

本日の「徳し人メニュー」 は「マイタケのスープ」を実食していただきました。


180916001

キノコ類にはベータグルカンという多糖類が多く、これには体の免疫力を強化し、抗がん作用のある成分が含まれていることが解明されています。特にマイタケから抽出した「MD-フラクション」と名付けられた成分は効果が高いとされています。

マイタケのMD-フラクションは直接ガン細胞を攻撃するのではなく、体内の異物と戦う免疫細胞のマクロファージや、NK(ナチュラルキラー)細胞などを活性化してガンを抑制する仕組みです。
 
ありのまま」という言葉から私が連想したのが、このNK細胞の仕組みでした。
NK細胞は「自分ではないもの」が血液中に侵入した時に無効化する働きがあります。
ですが、本来自分なのに自分でないとNK細胞が活動する場合があります。

「ありのまま」の自分を受け入れられない心と関係があるのかないのか?
心と身体は密接な関係があるので・・・。

 

おしゃべりカフェ」では、本日集まった方ならではの話に花咲きました。
「偶然は必然」という言葉はよく見聞きしますが、「おしゃべりカフェ」ではそれをよく実感します。
今日もさまざまな話題が参加くださった皆さまの口から発せられました。

そして先月の鈴木めゆさんが仰ったとおり、「リラックスは伝染る」。
一人で瞑想するよりも、より容易にリラックスできるのではないでしょうか? 

【Salone report】 2017.9.12 「Photo in September ポートレート撮影会」

本日は、スペシャルサローネ「Photo in September ポートレート撮影会」を開催いたしました。
ご参加くださいました皆さま、ありがとうございます。

2018年9月の壁面ギャラリーはフォト&ヘアアクセサリー展『Photo in September

日常の小さいけれど大切な記憶を写真に撮ること、残すことの素晴らしさを伝えたい。

こんな思いで写真を撮るフォトグラファー「たけださよ」さんの写真展示と、ポートレートを彩る簪(かんざし)などを制作する「SA-NYA」さん「輝血庵」さん二人の作品展示&販売会です。

その展示の中で、フォトグラファー「たけださよ」さんによるポートレート撮影会を開催しました。
「今」の自分を写真に撮られるプロセス、写真を撮るために着飾る、を楽しんでいただくサローネです。

撮影をご希望の方は、まず、SA-NYAさんと輝血庵さんがご用意くださった“浴衣と帯”を選んでいただきます。

180912001

浴衣のデザインはクラシックなものからモダンなものまで。
実際に袖を通していただきながら、ご自分の気に入ったものを選んでいただきました。
浴衣と帯が決まったら、髪を彩る簪・ヘアアクセサリーを、展示作品の中から自由に選んでいただきます。

すべて選び終わったら、輝血庵さんが着付けと髪飾りをお手伝い。
そして、SA-NYAさんことたけださよさんによる写真撮影。

180912002
 
数カット撮ったあとは、PCを使ってチェック。

180912003

お気に入りの写真を、たけださよさんがCDデータとはがきサイズの紙焼きとして後日ご本人にお渡しします。

オール女性の雰囲気の中、浴衣や帯を選ぶ愉しさ、髪を飾る愉しさ、そして撮られる愉しさ、お気に入りの写真に絞る愉しさで、終始“愉しい”で店内は溢れていました。

「ポートレート撮影会」は30日(日)にも開催いたします。
 お一人でも、ご家族などの集合写真でも、ご希望のスタイルで承ります。
どうぞ、この機会に「今のご自分」を写真に残してみませんか?

【Salone report】 2017.9.8 「認知症サポーター養成講座」

本日は、スペシャルサローネ「認知症サポーター養成講座」を開催いたしました。
ご参加くださいました皆さま、ありがとうございます。

180908001

この「認知症サポーター養成講座」は、日本全国のまちが、認知症になっても安心して暮らせる地域になることを目指して、認知症の人もそうでない人も、共にタスキをつないで日本を縦断する列島リレープロジェクト「RUN伴(ランとも)」を機に、RUN伴の開催月に開催しています。

講師は“認知症の人と家族への応援者である「認知症サポーター」の養成ができる認知症キャラバンメイト”でいらっしゃる都丸 光子さんにお願いしています。

認知症」という言葉自体は随分と市民権を得てきたように感じますが、

どういった症状を呼ぶのか?
認知症を発症された方にはどういったケアが必要なのか?
発症された方だけでなく、介護される家族の方にはどのようなケアが求められるのか?
どんな行政の対応があるのか?

といったところまでもが浸透しているかどうか。

私自身で言えば「認知症サポーター養成講座」を受けるまでは、知らないこと、誤解していたことがたくさんありました。


「こんな私でもここで暮らしていいんだ」
という“居場所があるという安心感”を与えること。
これを地域全体で創っていくことを目指す「RUN伴」。
その意味でも、まず地域全体の方が識ることが大切なのでは?と思います。


本日は、講座の後も会話に花が咲き、また講座終了後にたまたま居合わせた方も加わってのトークがあったり。
こういったことが起きるのは、手前味噌かもしれませんが「カフェ」というスペースで開催するからならではことかもしれません。
 

【Salone Report】 2018.9.6 Express Yourself in English!

Today, We held English discussion activity "Express Yourself in English !" which is intended to enjoy small talk "Zatsu-Dan" in English, through listening to, talking about and singing a song in English, which lead by Yuko-san, a Jazz singer.
All of you who participated, thank you.

Today's theme song was "Que Será, Será".

180906001

"Que Será, Será (Whatever Will Be, Will Be)", is a popular song introduced in the Alfred Hitchcock film "The Man Who Knew Too Much" in 1956, starring Doris Day and James Stewart in the lead roles.


The three verses of the song progress through the life of the narrator—from childhood, through young adulthood and falling in love, to parenthood—and each asks "What will I be?" or "What lies ahead?"
The chorus repeats the answer: "What will be, will be."

The popularity of the song has led to curiosity about the origins of the saying and the identity of its language. Both the Spanish-like spelling used by Livingston and Evans and an Italian-like form ("che sarà sarà") are first documented in the 16th century as an English heraldic motto.

The saying is always in an English-speaking context, and has no history in Spain, Italy, or France, and in fact is ungrammatical in all three Romance languages.



We did group discussion of the questions that Yuko-san prepared for today.

The questions related to "about own future".

We discussed "the place hope to travel before we die", "own lifetime dream", "the technology hope to have in the future", "how will we change", and "what we wish for the future of our society, country, or the world."


It's wonderful to express own dream and to share.


The next is October 11.
Come and Join us ! 

ガレリアカフェ ユー憲章
営業スケジュール
今月の展示

-Photos in September- たけださよ(SA-NYA)&輝血庵 展
写真を撮ること、日常の小さいけれど大切な記憶を残すことの素晴らしさを伝えたい。
記事検索
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード