U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユウ)の日々を綴るblogです

イベントレポート

【Live Report】 みんな de ライヴ 2017.12.24 「PAN CAKE」 原田 芳宏( pan. )&小畑 和彦( gt. ) & 大塚 雄一( acc. )

12月24日は、週末の午後に、スイーツとドリンクとともに、第一線で活躍されているミュージシャンによりますライヴをお楽しみいただくアフタヌーンティーライヴ「 de 」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、スティールパン奏者の 原田 芳宏さん、ギタリストの 小畑 和彦さん、アコーディオニストの 大塚 雄一さんによりますトリオユニット「PAN CAKE」です。

171224001

「PAN CAKE」は1994年に結成、そして1995年に1stアルバムをリリース。
トリニダード・トバゴで生まれた楽器、スティールパン。
明るい音色と響きは一瞬にしてカリブの楽園の雰囲気を生み出します。
そこに、時にミュゼ、時にアルゼンチンタンゴのような、明るさと哀愁を醸し出すアコーディオン。
さらに、ジャズ、フュージョン、ブラジル音楽など多彩なリズムとフレーズを紡ぎ出すギター。
そんな原田さんと大塚さんと小畑さんそれぞれが「PAN CAKE」のためのオリジナル曲を作曲し、トリオで演奏するその音楽は、いろんな融合の可能性と色彩を放ちます。

2017年で22年目を迎えるトリオユニットの最新アルバム「SPRING」が6月に発売されました。
今回のライヴでは、「SPRING」に収録された曲を中心に、演奏くださいました。

オリジナリティ溢れる旋律。
なのに、思わず一緒に口ずさんでしまうほどに、馴染みのある旋律。

グルーヴ溢れるナンバーもあれば、ゆったりとしたバラードもあって。
極上のアコースティックサウンドで満たされる時間。

そんな中でも。
本日のセットリストに組まれた曲に、小笠原民謡の「レモン林」がありました。
この曲は、歌詞が第2次世界大戦中に付けられたそうで、歌詞の内容は「戦争が終わって平和な時が来たら新婚旅行に行きましょうねと誓い合う男女」となっています。
2006年のアルバムに収録した当時は、「いい曲だなぁ」という純粋な氣持ちで取り上げた原田さん。
今の情勢において、「音楽ができること」としてこの曲を演奏しています。
本日は、大塚さんの弾き語りで演奏くださいました。

「PAN CAKE」のように、世界のさまざまな楽器とリズムがひとつになることで極上の音楽が生まれるような世の中になりますように♪


「PAN CAKE」のライヴでは、毎回「パンケーキを食べてPAN CAKEを聴こう♪」として開催しています。
今回はプレーンとカカオのパンケーキにアップルプディングを添えたプレートでした。

171224002

来場くださいました皆さまにとともに、極上のアコースティック音楽のひとときをシェアできましたことに感謝致します。

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Up The Road
2. Amigo!
3. Overseas Friendship
4. ロシアンルーレット
5. Lullaby
6. 天色の空
 
<2nd Set>
1. SUNDALAND
2. Sarara
3. Tricycle
4. レモン林
5. Copen

<Extra> 
Home Alone

2nd-4:vocal by 大塚 雄一さん 

【Live Report】 Tuesday Night Live 2017.12.19 「すみれいこ」 栗林 すみれ( pf. ) & 山本 玲子( vib )

12月19日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユウで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ピアニストの 栗林 すみれ さんとヴィブラフォン奏者の 山本 玲子さんによるデュオユニット「すみれいこ」です。

171219001

「すみれいこ」に出演していただいて以来、12月の「すみれいこ」ライヴは当店の恒例となっています。
今年も12月、クリスマスに近い時期に出演いただきました。

オープニングナンバーは、すみれさんのオリジナル曲「Forest And The Elf」。
今月の展示作家さんのDMにもなっている作品が、実はすみれさんのイメージする「Forest And The Elf」 の色ととても似ているのだそうです。

すみれいこのライヴでは、すみれさん、玲子さんそれぞれのオリジナルを中心に、持ち寄り曲も加えてセットが組まれます。

すみれさん作の「〇〇のクリスマス」 。
この〇〇には演奏する場所の地名が入るもので、初演は2013年の当店。
以降、茗荷谷以外の地名が入っていないそうです。

2ndセットでは、すみれさんの最新オリジナル曲(まだタイトルは付いていないそうです)とブラジルのピアニスト アンドレ・メマーリの曲を続けて演奏くださったのですが、最初に聞いていなかったら、どっちがどっちの曲なのか?判別がつきません。

すみれいこのオリジナル曲として耳馴染みになっている曲は、「それ」とわかりますが、他の外国人アーティストの曲との判別が難しいほどに、すみれいこのオリジナル曲のクオリティー、そして普遍性は聴くごとに高くなっているように思います。 

玲子さん作の「Piano Songs NO.2」には、「The Locus(軌跡)」という副題が付いています。
これは、今年で引退宣言をして、小曽根真さんとデュオで世界ツアーを行ったアメリカのヴィブラフォン奏者、ゲイリー・バートンさんの引退コンサートを聴いてインスパイアされて生まれた曲とのこと。
しかも、「こんなに演奏できるのに引退してしまうのか・・・」という小曽根さんの心情に寄り添うつもりで書いた曲なのだそうです。
その心情を、すみれさんの表現にて演奏されたプレイは、一音、一音を名残惜しむようなイントロ。
このライヴが終わってしまうのを、ためらうような、でも最高の演奏として終わりたいような・・・
でもやっぱり、最高の演奏になってしまう、そして終わってしまう・・・。
そんな叙情的な演奏でした。

ライブの最後の曲は、すみれいこのライブでは必ず演奏してされる「That Blue Bird」。
いろいろと旅をするけど、戻ってきた場所にいる「青い鳥」。
そんな「青い鳥」のストーリーのように、すみれさん、玲子さんともに、さまざまな活躍を経て、経験を経て、すみれいこに戻ってくる。
でもそのさまざまな経験が還元されることで、すみれいこの「青い鳥」はその度に豊かな表現を得ていく。
次回は、どんな鳴き声を奏でるのでしょうか。

 
さて!
アンコールでは、これも当店恒例となっています、すみれさんと玲子さんの「Children's Mind」溢れる演奏。
今年はまず、ヴィブラフォン連弾!
演奏もインプロヴィゼーションなら、表現も自由。
すみれさんの真剣に遊ぶスタイルの本領がフル発揮♪

171219002

そして、これも恒例となっています「すみれいこのうた」。
初お披露目以降、欠かさず演奏される曲です。
今回は、「すみれいこ」のお二人の演奏にのせて、お客さまみんなで歌い締めました♪

171219003

来場くださいました皆さまにとともに、すみれいこワールド三昧の音楽のひとときをシェアできましたことに感謝致します。

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Forest And The Elf (すみれさんオリジナル曲)
2. Our Spanish Love Song
3. Children's Mind (すみれさんオリジナル曲)
4. (茗荷谷)のクリスマス (すみれさんオリジナル曲)
5. Wild Tales (すみれさんオリジナル曲)
 
<2nd Set>
1. ___________________
2. untitled (すみれさんオリジナル曲)
3. Nasce Um Anjo
4. Moon Alley
5. Piano Songs NO.2 ~ The Locus(軌跡) ~ (玲子さんオリジナル曲)
6. That Blue Bird (玲子さんオリジナル曲)
 

<Extra>
1. Improvisation (ヴィブラフォンによる連弾)
2. すみれいこのうた (玲子さんオリジナル曲)

Extra-2:Vibraphonel by 栗林 すみれさん/Pianoforte by 山本 玲子さん 

【Salone Report】 Wine Lovers Club 2017.12.15

本日は、「ワインのことをもう少し識りたい」方に向けて開催しております体感型ワイン・テイスティング講座、「Wine Lovers Club」を開催致しました。
参加下さいました皆さま、ありがとうございます♪

7月からは新たに、地域と葡萄品種の関係にフォーカスしたテーマでワインをセレクトしていきます。
12月は「ワイン発祥の地4」として、該当地域の3種類のワインをセレクトしました。

その国とは「ギリシャ」です。

171215001

人類が生まれる前からワインができていた場所:ジョージア(旧グルジア)
人類が葡萄の樹を植樹してワインを造り始めた場所:トルコ(旧アルメニア)
人類がワインを商品として生産し始めた場所:レバノン&イスラエル

と段階を経たワイン発祥の地巡り。
ギリシャは、今の世にも続く“ワイン文化”が築かれた場所です。

ワイン造りは、フェニキア人の手によって、オリエントから古代ギリシャ世界へ伝播しました。その時期は紀元前2000年頃であるとされています。古代ギリシャ世界では盛んにワイン醸造が行われ、ギリシャ人の活動とともに地中海に広まりました。
エジプトで神や王族のものだったワインは、紀元前1500年頃、クレタ島などエーゲ海の島々に広まってから、一般化したと考えられています。

ギリシャ人は空気を遮断するアンフォラという陶器でワインを保管、運搬していました。
内側に松脂を塗り木材で蓋をし、松脂で封をしました。この松脂がワインに溶け込み、ギリシャ独特のレッチーナが生まれました。
また今日のワインラベルのようなものも使っていました。アンフォラは2つの取っ手がある様々な形をしていて、どこが産地であるか特定できるようになっていました。またヴィンテージの記載もあり、両方の取っ手には生産者のスタンプと生産地域の支配者のスタンプが押されていました。そして、アンフォラで保管することによって長期間熟成することが可能でした。
タッソス島には、紀元前4世紀のものとされる大理石のプレートがあり、ワインの生産者と消費者を保護する初の法律が刻まれています。タッソスのワインを他のものと混ぜ合わせることを防ぐためのものだといわれています。
これらはワイン法であり、現在の原産地管理統制名称の基礎というべきものです。

古代ギリシャにおいては、ワインに毒が入っていないことを証明するためにディナーのホストが最初の一杯を飲んでいました。つまり”皆さんの健康のために”というフレーズはそこから来ています。”乾杯”そのものは、古代ローマ人がそのギリシャのやり方を続けていた時に始まりました。

世界で最初にソムリエという職業(エノホイ)が誕生したのもギリシャで、ギリシャはワイン文化誕生の国として知られています。 


ギリシャを形づくる半島と一連の島々は、地中海性気候で冬は暖かく、夏は乾燥した亜熱帯性気候です。
ギリシャは葡萄品種のバラエティが実に豊かで、固有品種だけでも300種にのぼり、その中には古代から伝わる貴重な品種も数多く見られます。
世界の著名なワイン評論家の多くがこれらの固有品種こそがギリシャワインのマーケットにおける強みであると考えています。
同時によく知られた国際品種葡萄も作られています。このようなバラエティに富んだ葡萄とマイルドな気候、たっぷりな日照量、少ない降水量、そして肥沃な土壌のコンビネーションがギリシャを高品質のワインを作るのに最適な環境にしています。

本日セレクトしたワインも、ギリシャの重要な固有品種を使い、そのすばらしいポテンシャルを存分に引き出したワインばかりでした。

本日テイスティングしましたワインのノートは下記のとおりです。 
 
171215002


171215003

171215004

【Salone report】 「大草原のローラ」の音楽会

本日は、翻訳家 谷口 由美子さんが自ら手掛けられた英米児童文学の魅力をお伝え下さる茶論(サロン)トーク、「茶論トーク 英米児童文学の愉しみ」のスペシャルヴァージョン、「大草原のローラの音楽会」を開催いたしました。
来場下さいました皆さま、ありがとうございます♪

171213001

大草原のローラの話には、とうさんがバイオリンでさまざまな曲を演奏するシーンが出てきます。
その数、120曲とも言われています。
かつては演奏を耳にする機会の多い曲がいっぱいなのですが、最近ではその機会も減ったのではないでしょうか?
物語を読みながら頭の中で曲が鳴るとより物語の世界が活き活きとして愉しくなる、はず。

谷口さんはヴァイオリニストの福山 陽子さん、そしてピアニストの菅原 真理子さんとともに「大草原の風トリオ」を結成して、「大草原のローラ」の物語を耳でも愉しむ活動を行っています。

本日、ガレリア カフェ ユウでも演奏していただくことができました。

福山さんが“とうさん”、菅原さんが“かあさん”、そして谷口さんが“ローラ”となって、ルックスからもう物語の世界♪

ローラが進行役となって、出展物語と曲名を紹介して、とうさんとかあさんが演奏していきます。

「ヤンキー・ドゥードゥル」、「灰色雌馬」と曲名を聞いてはピンとこない方も、曲を聴くと「あぁ~」と気づく曲がたくさん。

「シルバーレイクの岸辺で」から選ばれた「ほうきはいかが」では、とうさんとかあさんがほうき売りとなって熱唱してくれました♪

171213004


途中でスイーツ&ティータイムを挟みまして。
スイーツは、谷口さんが訳された「ローラのキッチンへ―ロッキーリッジの暮らしと料理」 の中のレシピから「アップル・スランプ」を創ってお出ししました。

171213003

 りんごは1/4カットしたカタチで使うという大胆な料理。
ローラのレシピ通りに再現を試みました。

ブレイクが明けて、まずはローラによる朗読。

171213002

朗読箇所は「大草原の小さな町」の「第23章 また学校が始まった 第24章 学習発表会」 から抜粋。
お読みになった方はおわかりでしょうが、とってもステキな箇所です。
ぜひ、お読みになってください♪

そして、ふたたび風トリオの演奏。
プログラム終了の後には風トリオからのクリスマス・プレゼントがありました。

音で聴く大草原のローラの世界のひとときを、皆さまとシェアできましたことに感謝致します。

--------------------------------------------------------------------------
プログラム

「大きな森の小さな家」から
1. ヤンキー・ドゥードゥル
2. ポンとイタチが逃げてった
3. アーカンソーの旅人

「大草原の小さな家」から
4. おおスザンナ(みんなで歌いました)

「プラム・クリークの土手で」から
5. ジョニーが帰ってくる
6. ケンタッキーのわが家
7. あの子のところへ帰りたい
8.. 安息の家

「シルバー・レイクの岸辺で」から
9. ほうきはいかが
10. バーバリー・アレン

「長い冬」から
11. 灰色雌馬

「大草原の小さな町」から
12. 行進曲

<ティーブレイク>

朗読
「大草原の小さな町」
第23章 また学校が始まった
第24章 学習発表会

「この楽しき日々」から
13. ハイランド・メアリ
14. 古きやさしき愛の歌
15. 埴生の宿(みんなで歌いました)
16. ディキシーランド

<アンコール>
White Christmas 

【Live Report】 Tuesday Night Live 2017.12.12 「Project Duo」 斎藤 タカヤ( pf. ) & 伊藤 寛康( eb )

12月12日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユウで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ラテンピアニストの 斎藤 タカヤ さんとラテンベーシストの 伊藤 寛康さんによるデュオユニット「Project Duo」です。

171212001

ラテン音楽の世界で活躍されている斎藤さんと伊藤さん。
サルサなどは、パーカッションやホーンセクションなど大所帯で大迫力で演奏されることの多く、そしてピアノとベースはリズムセクションとして活躍することが多いそうです。
そのピアノとベースだけで、さまざまな表現に挑むのが「Project Duo」。

ピアノ、ベースはもちろん、声、ヴォイスなどを使って、二人でありながら、二人以上の存在感ある表現を具現されます。

今宵は、斎藤さんが創った「Project Duo」のためのオリジナル曲「Outsteps」で幕開けました。
12月には初登場となりました「Project Duo」。
クリスマスシーズンの歌「Winter Wonderland」を、Project Duoらしくキューバのチャチャチャのリズムで演奏くださいました。
その次には、「Summertime」。今はラテン地域は夏だから、とのこと。

デュオでの表現に挑み続ける「Project Duo」。
今回も新たな試みが盛り込まれていました。
ライヴ演奏は「今回が初めて」、と演奏されたのはJ-Popの「ワインレッドの心」。
原曲の雰囲気にリスペクトしつつも、Project Duoならではの味付けヴァージョン。
そして、ジャスの巨匠 Bill Evansのジャズワルツ曲「Very Early」。
こちらはワルツの3拍子の優雅さをストレートに♪

Project Duoの定番ジャンルのラテン音楽のノリに、さまざまなジャンルのバラード。
そして斎藤さんと伊藤さんが繰り広げるトーク。
今回もProject Duoワールドを展開くださいました。

アンコールはProject Duoからのメリークリスマス。

来場くださいました皆さまにとともに、ラテンデュオによるウィンター・ワンダーランドな音楽のひとときをシェアできましたことに感謝致します。

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Outsteps (斎藤タカヤさんオリジナル曲)
2. Winter Wonderland
3. Summertime
4. ワインレッドの心
5. Maria Cervantes
 
<2nd Set>
1. Lawns
2. Cuando Vuelva A Tu Lado
3. Very Early
4. Adoracion

<Extra>
Have Yourself A Merry Little Christmas

1st-3,4,2nd-1,Extra:Melodion by 斎藤 タカヤさん
1st-5, 2nd-2,4:Double Vocal
Extra:Vocal by 伊藤 寛康さん 
ガレリアカフェ ユウ憲章
U_U サポーター'sチケット
営業スケジュール
記事検索
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード