U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユー)の日々を綴るblogです

イベントレポート

【Live Report】 Tuesday Night Live 2021.10.5 丹精(tap)&堀 秀彰(pf.)

10月5日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を、リバウンド防止措置モードにて開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、タップダンサーの 丹精 さんとピアニストの 堀 秀彰 さんです。

211005001

丹精さんは、タップ、クラップハンヅ、ボディー、そしてヴォイス、
そのすべてを使ってサウンドを奏でる、ダンスの魅せる要素も兼ね備えた“タップミュージシャン”。
他のミュージシャンやお客さまに届く“”、“歌心”を大切にされている丹精さんのパフォーマンスと、歌心溢れる感性で鍵盤の上を指でタップする堀さんのピアノと、お互いがいい刺激を受け合う、ジャズセッション!
カフェ・ユーでも回を重ねています。

10月1日になって、夜の時間も、そして夜のお供の規制も少し緩められました。
堀さんはさっそく、1日の夜に解禁になった状態で有観客の演奏を体験されたそうですが、お客さまの醸し出す雰囲気がやはり違うそうで、それによって演奏する側もまたより一層感化されるものが変わるのだそうです。

この日のカフェ・ユーもきっとそのように感じられたのではないでしょうか?
というような、演奏、セッション、雰囲気でした。

豊富で深いモダンジャズの造詣を持たれる堀さんが丹精さんとのセッションでチョイスされる曲は、本当に意外性を持ちつつもセッションの親和性が高いものばかり。
今回も、著名なジャズピアニストのあまり有名ではない名曲をチョイスされました。


今回の堀さんとの生演奏は、丹精さんの「ツタタタ2021」の東京でのセッションに位置付けられました。
全国各地を移動しながら、当地のミュージシャンと当地のお店でセッションをする丹精さんの演奏活動「ツタタタ」。
オンラインなど、その場にいなくてもつながる、ワークできることが増えてきていますが、
その場にいるからこそ、影響を与え合うこと
それを肌で感じているからこそ、伝えたいこと
そんな想いを言葉にしてトークで語り、パフォーマンスでもまた、それを伝える丹精さん。

今宵も、いらしてくださる方からの影響を受け取って、
今宵だからこそのパフォーマンスを繰り広げてくださいました。

今回1stセットで演奏された、未だタイトルのついていない丹精さんの新曲は「ツタタタ2021」のテーマソングとして、各所を回りながら、奏でられていきます。
ツアーが終わった後も愉しみな曲です。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、タップダンスとピアノによる感じあうことで生み出された“生演奏”のひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Summer Night
2. ハポハピ大陸 (丹精さんオリジナル曲)
3. Moon River
4. Sonrisa
5. not-yet titled (丹精さんオリジナル曲)

<2nd Set>
1. Risky Investment (堀 秀彰さんオリジナル曲)
2. Teo
3. What Makes You Human (丹精さんオリジナル曲)
4. Land Song (丹精さんオリジナル曲)

1st-3:pianoforte solo by 堀 秀彰さん

【Live Report】 Tuesday Night Live 2021.9.28 「アリ地獄」 沖野 ゆみ(vo)&尾崎 琢也(pf.)&宇山 満隆(dr.)

9月28日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を緊急事態宣言モードで開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日は、ヴォーカルの 沖野 ゆみ さんとピアニストの尾崎 琢也さん、そしてドラマーの宇山 満隆さんによるトリオ・ユニット「アリ地獄」でした。

210928001

ヴォーカルとピアノとドラムの3ピースユニット「アリ地獄」。
ドラムは大きな音量が出せる楽器ですが、宇山さんはカフェ・ユーに合ったドラムをセッティング、さらには演奏もカフェ・ユーサイズに合わせたスティックプレイ。心地よい音のサウンドスケールで愉しむことができます。

“ありじごく”は罠しかけの名人で、いちどはまったら脱出不可能!
急な傾斜の穴の罠を作り、アリが罠にはまると、どんどん砂を投げつけ、アリジゴクから脱出しようとするのを妨害する生き物。
沖野さん、尾崎さん、宇山さんのトリオの演奏を聞かれたお店のマスターが命名されたそうですが、それはもう、トリオの演奏を観てお聴きになられた方はご納得されることと思います。

さながら“プレイング・コンダクター”の沖野さんが、テンポや曲調といった味付け、さらには曲中での展開などを歌いながら指揮、それにテンポ、曲調をサッと変えてしまう尾崎さんと宇山さん。
息つく間、どころか息抜く暇さえも与えぬかのようなコンダクターぶりに、心地よさと緊迫感が同居する、これぞジャムセッション。

今回は、9月の展示の作家さんも来場。
作品の中にある「オードリー・ヘップバーン」の細密画に合わせて、オードリー・ヘップバーン主演映画の劇中歌をセットに織り込まれました。

その他にも、今回初めて「アリ地獄」の生演奏に来られた方のために、
お好きかどうかはわからずとも、きっと耳にしたことがある
という曲を意識的に織り込んでのステージング。


人と会うことすら・・・
という時勢に、“お互いに感じ合える”悦び。
こんなご時世だからこそ大切にしたい、
こんなご時世だって大切にしたい、
そんな想いに溢れたステージングでした。

そして、
ミュージカル映画音楽は、困難な状況に飲み込まれるのではなく、困難な状況においても希望に意識を向けさせてくれる力強さがあります。
そんな曲の力に加えて、パフォーマンスの力強さで、元気がチャージされました。


奏でる音はもちろんのこと、フィジカルな絡みまでもが“変幻自在”なトリオパフォーマンス。
ステージングという心地よい罠に、今宵もすっかり嵌ってしまいました。

 
本日も、来場くださいました皆さまにとともに、聴く人を虜にしてしまう生演奏のステージをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪  

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st set>
1. Skating In Central Park
2. September
3. Sentimental Journey
4. Singin' In The Rain
5. Raindrops Keep Fallin' on My Head
6. I Could Have Danced All Night
7. On The Street Where You Live
8. Moon River

<2nd set>
1. Un Homme et Une Femme
2. New York State of Mind
3. My Favorite Things
4. Edelweiss
5. Yesterday
6. Let It Be
7. The Girl From Ipanema
8. Tomorrow
9. When You're Smiling

<Extra>
Over The Rainbow

1st-1:Instrumental by 尾崎 琢也さん & 宇山 満隆さん
1st-2:chorus by 宇山 満隆さん

【Live Report】 Tuesday Night Live 2021.9.21 加納 奈実(sax.)、渡辺 翔太(pf.)、Marty Holoubek(wb.)

9月21日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を、緊急事態措置モードにて開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、サックス奏者の 加納 奈実 さんとピアニストの 渡辺 翔太さん、ベーシストの Marty Holoubekさんです。

210921001

20世紀になってから生まれ、同じく20世紀に生まれた音楽“ジャズ”に取り入れられることで、ジャズの花形役者としての地位を獲得したた楽器“サックス”。
この夜は加納 奈実さんのサックスに渡辺 翔太さんのピアノとMarty Holoubekさんのベースの生音サウンドで、ジャズをたっぷりと堪能させていただきました♫

加納 奈実さんと渡辺 翔太さんとMarty Holoubekさん、それぞれの共演経験はあるものの、“トリオ”で演奏するのは今回が初めて、とのこと。
でも、そんなことは微塵も感じないようなケミストリーでした。

「水を得た魚」の表現のように、ジャズを得ることで花形楽器になったサックス。
渡辺 翔太さんのピアノとMarty Holoubekさんのベースが創り出す“音の海”を気持ちよく泳ぐ加納 奈実さんのサックスの音色。

海外ミュージシャンのカヴァーに加えて、加納 奈実さん、Marty Holoubekさん、渡辺 翔太さんそれぞれのオリジナル曲もトリオで演奏されました。
加納 奈実さんの未タイトル曲は演奏するのも初めての曲。

アップテンポ、メロー、さまざまなテイストのジャズを愉しませてくださいました。

ラストの曲は、加納 奈実さんの月がタイトルに入ったオリジナル曲。
この日は中秋の名月で満月という8年ぶりの天体現象の日。
加納 奈実さんのオリジナル曲で、ジャズでお月見を愉しみました。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、サックスのフレージングを存分に愉しむトリオジャズのひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Lost In The Stars
2. Tears Inside
3. not-yet titled (加納 奈実さんオリジナル曲)
4. 名古屋の家 (Marty Holoubekさんオリジナル曲)
5. Lullaby (渡辺 翔太さんオリジナル曲)
6. Peau Douce
7. Whisper Of The Moon (加納 奈実さんオリジナル曲)
 
全て: alto sax by 加納 奈実さん 

【Salone Report】 2021.9.18 お茶 de フローライフ習慣

9月18日は、サローネ「お茶 de フローライフ習慣」を開催しました。
参加くださいました皆さま、ありがとうございます♪ 


「フロー」という状態は、
最高にリラックスしていながら、意識もはっきりしていて、かつ集中して行動ができている状態」を表す言葉で、その状態の時は心と身体と脳がしっかりと連携して、そしてその状態こそが「本来の状態」というのが私たちの解釈で、同義な言葉として広く知れ渡っている言葉に「マインドフルネス」があります。


マインドフルネス」状態に誘う手法にはヨガや瞑想、座禅などさまざまにありますが「喫茶」も有効な手段の一つです。

お茶 de フローライフ習慣」では、「喫茶」のティーとして「おひるねヨガ」ナビゲーターの鈴木 めゆさんと共同開発したオリジナル・ブレンド・ハーブティ、“飲むヨガ”こと「フローティ」をお出ししています。

フローティ」1杯につき、飲む方に“今”必要なメッセージが書かれたカードが1枚付きます。

参加くださった方には、「自分がマインドフルネスになった」と感じた時点で、ご自分の手で1枚カードを引いていただいています。

集まったみなさんで交わす「おしゃべりカフェ」では、前回から今回までの間に体験したこと、から始まって、いろんな会話を交わします。


今回は、この「お茶 de フローライフ習慣」で自分のマインドセット確認にお勧めしている“ジャーナリング”について経験をシェアすること通じて得た私の気付きをシェアしました。

今回の“おしゃべり”でシェアしたのが、「不安に思っていること」そして「不満に思っていること」がのとらえ方、です。
不安や不満を感じることはしっかりと感じることが大切です。
その感じたものが一体何であるのか?
をシェアしました。


そして、今回もおしゃべりカフェを通じて、気付きとそれによる現実の変化などのシェアを行いました。


いろんな経験から得た気付きを分かち合う機会としてのお茶 de フローライフ習慣」。
次回は10月9日(土)に開催致します。


210918001

この日の采食顕美メニューは、“サツマイモのラクレット”でした。

【Live Report】 Tuesday Night Live 2021.9.14 北床 宗太郎(vn.)&楠井 五月(b.)

9月14日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を、緊急事態措置モードにて開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ヴァイオリニストの 北床 宗太郎 さんとベーシストの 楠井 五月さんです。

210914001

時は9月
予報通りに雨が降り出したこの日
北床さんがオープニングナンバーに選ばれたのは「September In The Rain」。
その曲の演奏は、
外の雨模様も、
さらには、今の日本を取り巻く鬱々とした世情さえも晴れ上がらせてくれるような心地よいスウィングでした。

さらに、心弾ませるワルツへと続く演奏。
よい音楽、そしてよい演奏は、どんな時でも、いともたやすく人の心を明るくしてしまうものなのですね♪
ということを、北床さんと楠井さんのアンサンブルで、改めて実感しました。

一転
今回、カフェ・ユーでの北床さん、楠井さんのデュオでは初演奏となる北床さんオリジナルのブルース「Lockdown blues」。
19世紀後半にアメリカで苦しんだアフリカ系アメリカ人が生み出した音楽である“ブルース”。
当時の方々の苦しさほどではないにしても、
今なら世界中のすべての人が“ブルース”の気分を理解することができるような気がします。

いつかは開けるだろうけれども、
いつ開けるとはわからない鬱々とした状況。
それを音楽として表現するスタイルを築いた先人、
そしてそのブルースというフレームで、今の気持ちを代弁する音楽を生み出す現代のミュージシャン。
その音楽、演奏で、心が救われる。
当時もそうであったろうと偲びながら聴きました。


いつもは五弦のヴァイオリンを用いる北床さんですが、今回は4弦ヴァイオリンで、生音率の高いチューンナップで演奏。
そんな音質を余すところなく表現する曲として、ジャズバラード「That's All」をオンリスト。
女性ヴォーカルのような北床さんのヴァイオリン演奏と
時折デュエットの男性ヴォーカルのような旋律演奏も交えた楠井さんのベース演奏のハーモニー。
北床さんと楠井さんのデュオでの「歌もの」は、本当に絶品です♪


北床さんと楠井さんのステキなハーモニーで、心は晴れやかに、そして心地よく緩ませてもらえました。
 

本日も、来場くださいました皆さまにとともに、ヴァイオリンとベースの2弦楽器による“カッコいい大人の音楽”を堪能するひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
1. September In The Rain
2. Valse du Passé
3. I Didn't Know What Time It Was
4. Seaside Walk  (北床さんオリジナル曲)
5. Lockdown blues  (北床さんオリジナル曲)
6. Tangerine
7. That's All
8. Lotus Blossom

<Extra>
Nuages
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード