U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユー)の日々を綴るblogです

イベントレポート

【Live Report】 Monday Night Live 2021.4.5 山口 廣和(gt.)

4月5日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Monday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ギタリストの 山口 廣和 さんです。

210405001

ギターと出会って、ギター演奏を通じて、
人と、世界のいろんな音楽と出会って、
そんな多様性を取り入れてひとつに融合したギターサウンドを奏でる山口 廣和さん。

音の余韻効果を使ってベースラインや和音を響かせながら、遊び心いっぱいに旋律を躍らせる。
爪弾き、カッティング、フィンガータップ
などなどと、さまざまな奏法で鳴る“音色”という色彩で、音楽を描いていく。

“ソロ演奏”は、ギタースタイルのサウンドと音楽の探究者である山口 廣和さんの魅力を存分に感じることができるスタイルである、
と演奏を通じて感じました。

さらには。

アコースティックギターを12弦ギターに持ち替えて、12弦ならではの音色と響きで演奏したり。
そして今回は、リュートも持ち替えて演奏くださいました。


210405002

リュートで演奏されたのはルネサンス期のリュート楽曲を多く作曲したJohn Dowlandの「Fortune」。
古楽器らしい音色と音量は、ジャンルはおろか、時代さえも超えた音楽世界を魅せてくださいました。

アンコールにはお客さまからリュート演奏のリクエスト。
それに応えて、山口 廣和さんはリュートのチューニングをルネサンスチューニングから現代のギターチューニングに変えて、モダンジャズの曲「Blue In Green」を演奏くださいました。


「ソロ演奏は“ひとりで弾いている” けれども、(お客さんが聴いていることで)ひとりではない と感じる」
演奏空間に奏でる方と、聴かれる方がともに居る
生演奏の大切な要素であると改めて感じた山口 廣和さんの言葉でした。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、魅力あふれるギターサウンド三昧なひとときをご一緒できて嬉しいです♪ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Hand Me Down (山口 廣和さんオリジナル曲)
2. Lop Ear (山口 廣和さんオリジナル曲)
3. Peri's Scope
4. I Hear A Rhapsody
5. Dendrobium (山口 廣和さんオリジナル曲)
6. Sweet Cadilac (山口 廣和さんオリジナル曲)
7. Fortune
 
<2nd Set>
1. Conception
2. Children's Play Song
3. My Favorite Things
4. Pannonica
5. Lute Song (山口 廣和さんオリジナル曲)

<Extra>
Blue In Green

1st-7, Extra :Lute by 山口 廣和さん
1st-5,6,2nd-3:12-strings guitar by 山口 廣和さん
ほか:acoustic guitar by 山口 廣和さん

【Salone Report】2021.4.4 創作和菓子体験ワークショップ

4月4日は、日本の伝統文化美「和菓子」に 洋のエッセンスをプラスして、デザイン・味ともにオリジナル性を大切にした、創作和菓子作りをするK-nagomi小林 桂子 先生をお招きしての体験ワークショップを開催いたしました。
参加くださいましたみなさま、ありがとうございます。

210404001

今回は和菓子のひとつ「 練り切り 」を用いて、「」で体験しました。

前回のワークショップでは、「練り切り」の基本の“き”である生地で餡を包む「包餡(ほうあん)」を体験しましたが、今回のワークショップでは「“三角棒”で筋を入れる」を体験しました。
桜の花びらを模して、5か所から頂点に向かって筋を入れるのですが、5本がすべて一点に集まるように入れるのはなかなかに難しい・・・

のですが、小林先生の理論を聴き、その理屈が分かれば、あとは丁寧にやればおのずとできてしまうのです。

今回は、餡には「桜の花びら味」と「桜餅味(桜の葉っぱの味)」の2種類。
そして生地は、2層構造の“包みぼかし”と“マーブルぼかし”の2種類で創りました。

見てうつくしい和菓子。
それを自分の手塩をかけて創ると、その愛おしさはまた一入。

ワークショップのあとは、小林 桂子先生お手製の漬物餡を使った練り切りをいただきながら、座談も花咲きました。

創作和菓子体験ワークショップ、
次回は7月11日に開催いたします。

【Live Report】 Tuesday Night Live 2021.3.30 山口 友生(gt.)&山本 裕之(b.)

3月30日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ギタリストの 山口 友生 さんとベーシストの 山本 裕之さんです。

210330001

“爪弾き”スタイルでとてもここちよい響きを放ち、心までうっとりと寛ぎに誘う山口 友生さんと山本 裕之さんのデュオの生演奏。

山口 友生さんの生演奏では、“4つ”の異なる弦楽器の響きでジャズを愉しむことができます。

ひとつは、山口 友生さんの代名詞のひとつ「ウクレレでスウィング」。
今回はアメリカのピアノマンが創ったアメリカンポップ「Just The Way You Are」を4ビートアレンジで。ウクレレのサウンドも相まって、なんとも愛らしい表現となりました。

そして山口 友生さん自らD.I.Y.されたアコースティックギターにエレキギターのピックアップをハイブリッドギターでは、曲に合わせてはもちろんのこと、曲中でもアコースティックギターサウンドからエレキギターサウンドに切り替えできるスグレモノ。
今回は山口 友生さんがジャズピアニスト ロバート・グラスパーにインスパイアされて書いたオリジナル「Some Elements」で、曲中でサウンドを切り替えて演奏されました。

そしてもうひとつがアコースティックギター。
ハイブリッドギターに比べて柔らかい弦を使用しているため、よりまろやかなアコースティックギターサウンドが響きます。加えて山口 友生さんは爪弾きで奏でるので、繊細でかつここちよいギターサウンドになります。

今回は「春待ち気分」な曲が多くセレクトされました。
ですが、演奏は、もう実際に春が来たかのような趣。

山口 友生さんのオリジナルアルバム「シロッコ」に収録されているオリジナル曲「melancholy」はスパニッシュな感じの哀愁感のある曲ですが、時折“希望”を感じさせるフレーズが垣間見れる曲。

希望の訪れを先取りしたようなひとときでした。

山口 友生さんのうつくしいギターの音色にぴったり、と山本 裕之さんが提案したバラードで、このデュオでは欠かせない曲となってきた「Verrazano Moon」。
そして、今回初演奏の「James」では、ベースもメロディーを担って演奏。

耳心地の良い音色で、まろやかで落ち着きのある響き、ふくよかなサウンド、そしてここちよいスウィング。
山口 友生さんと山本 裕之さんとの2弦のアンサンブルは、いつも至福のサウンドで店内を満たしてくれます。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、ふくよかでうつくしい2弦の響きによる心地よいスウィングなひとときをご一緒できて嬉しいです♪ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. It Might as Well Be Spring
2. I Thought About You
3. Some Elements (山口 友生さんオリジナル曲)
4. Just The Way You Are
5. Verrazano Moon
6. Melancholy (山口 友生さんオリジナル曲)
 
<2nd Set>
1. I'll Be Seeing You
2. James
3. Someday My Prince Will Come
4. Sonnymoon for Two

1st-4 :Ukulele by 山口 友生さん
1st-3:Hybrid guitar by 山口 友生さん
ほか:acoustic guitar by 山口 友生さん

【Salone Report】 2021.3.27 お茶 de フローライフ習慣

3月27日は、サローネ「お茶 de フローライフ習慣」を開催しました。
参加くださいました皆さま、ありがとうございます♪ 


「フロー」という状態は、
最高にリラックスしていながら、意識もはっきりしていて、かつ集中して行動ができている状態」を表す言葉で、その状態の時は心と身体と脳がしっかりと連携して、そしてその状態こそが「本来の状態」というのが私たちの解釈で、同義な言葉として広く知れ渡っている言葉に「マインドフルネス」があります。


マインドフルネス」状態に誘う手法にはヨガや瞑想、座禅などさまざまにありますが「喫茶」も有効な手段の一つです。

お茶 de フローライフ習慣」では、「喫茶」のティーとして「おひるねヨガ」ナビゲーターの鈴木 めゆさんと共同開発したオリジナル・ブレンド・ハーブティ、“飲むヨガ”こと「フローティ」をお出ししています。


210327001

フローティ」1杯につき、飲む方に“今”必要なメッセージが書かれたカードが1枚付きます。

参加くださった方には、「自分がマインドフルネスになった」と感じた時点で、ご自分の手で1枚カードを引いていただいています。


集まったみなさんで交わす「おしゃべりカフェ」では、前回から今回までの間に体験したこと、から始まって、いろんな会話を交わします。

そして、喫茶によって、心と身体と脳が一体となった、と感じる状態になった方から、私が用意したマインドセットチェックを行ってもらいます。


どなたの人生も、「100%思ったとおり」の出来事が起きます。
ですから、「どんなことを思っているか?(マインドセットをしているか?)」を自分で知ること(自覚していること)はとても大切なことです。


今回のマインドセットチェックでは、「努力は必要ない」という言葉についてどう思うか?

という設問をしました。

そして今回もみなさんがそれぞれに思ったことを発表してシェアしました。

「努力」という言葉を使うとき、どんな状況で使っているか。
好きなことをやっているときに行っている行動は「努力」ではなく、なんと呼ぶと腑に落ちるか。
著名な方の言葉を引用しながら、シェアしました。

また、参加くださった方同士の経験や思っていることを語り合うことのシェアもどんどん行われました。


いろんな経験から得た気付きを分かち合う機会としてのお茶 de フローライフ習慣」。
次回は4月24日(土)に開催致します。

【Salone Report】 Wine Lovers Club 2021.3.26

3月26日は、「いろんなワインを味わいたい/ワインのことをもう少し識りたい」方に向けて開催しております体感型ワイン・テイスティング講座、「Wine Lovers Club」を開催しました。
テイスティング下さいました皆さま、ありがとうございます♪

2021年1月より、「イタリア」の生産地域と葡萄品種の関係にフォーカスしたテーマでワインをセレクトして開催しております「Wine Lovers Club」。

アルプス山脈の南側から地中海に張り出した細長い地形のイタリアは、温暖で日照にも恵まれ、ブドウ栽培に適した環境であるため、国土のほとんどの地域で昔からワインが造られてきました
イタリアワインの魅力はなんと言ってもその多様性500種を超えると言われる土着品種に特化したり、国際品種を上手に取り入れながら、多様な気候と相まって土地の個性を表現したワインが生み出されています。

イタリアワイン産地を巡る旅の3箇所目は「プーリア」を取り上げました。

210326004


プーリア州は、イタリア半島南部、イタリアの形を靴に例えると、ちょうどかかとの部分に位置し、北にアドリア海、南にイオニア海に面する長い海岸線を持つ州です。この地は、古代ローマ時代にはギリシャへの通行路に当たっていた場所で、アッピア街道の終点のプリンディジ(Brindisi)と州都・バーリ(Bari)は、ギリシァ航路の基地として発展した町であると同時に、ナポリ、パレルモと共に、南イタリアの文化の中心でもあります。また、世界遺産のアルベロベッロがあることでも有名な州です。
1950年以降、農業改革地域に指定され、山岳地帯が殆ど無い地形がゆえに、改革が大規模に進められた結果、現在では灌漑が進み、イタリアの農産物の大供給地になっています。

温暖な気候というよりは暑く乾燥した地中海性気候で、山は少なく、広大な平野が広がっています。日照に恵まれたプーリア州では、ワイン用のブドウをはじめオレンジやオリーブ、穀物、野菜などの収穫量が多く、ブドウの収穫量はヴェネト州などと並んでイタリアではトップクラスです。

ワインの生産においては、州の全域でワインが造られ、シチリア、ヴェネトと並んで量産を誇っていて、ブレンド用のバルクワインを大量に輸出して「ヨーロッパワインの貯蔵庫」などと呼ばれてきました。しかし、ここ10年では生産者たちが意識改革し、品質の向上を目指すようになったことで、個性豊かでユニークなワイン造りが始まっています。

プーリア州はアリアニコやプリミティーヴォといった固有品種の宝庫であることから、たっぷりとした果実味を持つ濃密でエレガントなワインが多数生産されています。とは言え、DOCワインの生産は6%に過ぎません。D.O.C.G.は主に赤ワインとロゼワインで、タンニンが多くシルキーな味わいのものが多く生産されています。

プリミティーヴォは、イタリアの南部プーリア州を代表する主要品種として多く栽培されている品種です。
その起源はクロアチア原産のツーリエンナーク・カーステラーンスキー種というブドウが、2000年以上前にアドリア海を越えてイタリアに渡り、プーリア州を中心に南部で広く栽培され、「プリミティーヴォ」と呼ばれるようになりました。
また、19世紀初頭にハンガリー経由でアメリカにも持ち込まれ、カリフォルニアのナパやソノマで広く栽培されるようになり、アメリカでは「ジンファンデル」と呼ばれるようになりました。
このプリミティーヴォとジンファンデルは、30年近い議論の末、1990年代にDNA鑑定で同種であることが判明しました。


今回はプーリア州の生産者の中で、「サレント=安ワイン」のイメージから脱却するべく、土着品種を尊重し、高品質でエレガンスを感じる飲み飽きのこないワイン造りを目指して様々な試みを行っているワイナリーのワインを取り上げました。


今回取り上げましたワインのノートは下記のとおりです。

210326001

210326002

210326003








アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード