U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユー)の日々を綴るblogです

イベントレポート

【Live Report】 Tuesday Night Live 2021.10.19 井出 慎二(sax)&Fuming(pf.)

10月19日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を、リバウンド防止措置モードにて開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、サックス奏者の 井出 慎二 さんとピアニストの Fuming さんです。

211019001

海外の音楽学校を卒業して帰国後から、あまたのスタイルでサックスの生演奏活動を行ってきた井出さん。
そんな井出さんでさえも、「バリトンサックスオンリー」での生演奏は初!とのこと。
この日はバリトンサックスを演奏する方なら分かる珍しいバリトンサックスを用いての演奏でした。


井出さんのバリトンサックスの演奏は、バリトンサックスならではの迫力あるサウンドに加えて、たとえば、Bebop曲での圧巻の演奏など、バリトンサックスの常識を覆すような演奏&メロディアスな表現でした。


また今回の生演奏では、バリトンサックスの魅力を伝えるために、バリトンサックス奏者のジャズの巨匠 Leo Parkerの曲「The Lion's Roar」とGerry Mulliganの「Festive Minor」もセットに組み込まれていました。

井出さんとFumingさんのデュオでの演奏では、Fumingさんのヴォーカル・パフォーマンスも愉しみのひとつです。今回は、歌&スキャットのパフォーマンスに加えて、歌詞の説明でもエンターテインメントな紹介で愉しませてくださいました。


1stセットのラストに演奏されたのは、生演奏当日のまさに前夜に井出さんが夢の中で得たメロディを書き起こしたもの。もちろん、初演。ですが、Fumingさんが即興で歌詞を載せられたりと、歌唱曲に育ちそうな予兆が既に見えました。

また1stセットでは、1曲だけ、このような編成もお目見えしました。

211019002

小学校時代に手に取って演奏したピアニカとソプラノリコーダー。
それも井出さんとFumingさんの手にかかれば、アダルティな雰囲気のジャズの楽器へと早変わり。

もちろん愉しい、だけではなく、
今のご時世のことにも想いを巡らせてのトーク&パフォーマンスもありました。
それは、2ndセットの選曲、そして演奏に載せられて奏でられました。

こんなご時世だからこそ新たに感じたこと
でも
こんなご時世であっても
生演奏を愉しんでくださる方のために、
生演奏をより愉しんでもらうために

そんな想いがカタチになって、この日集ったみなさんとともに分かち合いました。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、“おもてなし”がたっぷり詰まった“生演奏”のひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. In A Mellow Tone
2. Anthropology
3. All Of Me
4. Fly Me To The Moon
5. Over The Rainbow
6. 貴方と夜とバリトンと (井出さんオリジナル曲)

<2nd Set>
1. Let It Be
2. The Lion's Roar
3. Festive Minor
4. Our Love Is Here To Stay
5. Confirmation
6. What A Wonderful World

<Extra>
Beethoven: “Pathetique” Sonata, 2nd movt.

1st-4:soprano recorder by 井出 慎二さん, pianica by Fumingさん

1st-3,4,6,2nd-4:vocal by Fumingさん

【Salone Report】2021.10.17 創作和菓子体験ワークショップ

10月17日は、日本の伝統文化美「和菓子」に 洋のエッセンスをプラスして、デザイン・味ともにオリジナル性を大切にした、創作和菓子作りをするK-nagomi小林 桂子 先生をお招きしての体験ワークショップを開催いたしました。
参加くださいましたみなさま、ありがとうございます。

211017003

今回も和菓子のひとつ「 練り切り 」を用いての創作和菓子。
ひとつは水滴の形の「銀杏飾り」、そしてもうひとつは「もみじ」です。

洋のエッセンスも魅力の小林 桂子先生の創作和菓子。
今回は“サツマイモ餡”、そして「チョコナッツ餡」を用意くださいました。

「練り切り」の基本の“き”は生地で餡を包む「包餡(ほうあん)」。
この「包餡」、やり方は同じですが、アレンジがとてもたくさんあるのです。

秋の空をバックに羊羹で創った青葉、黄葉の銀杏をあしらう練り切りでは、青と白の生地の混ぜ方のバリエーションをそれぞれ好みのものを選択されました。

また「もみじ」では、球形からもみじ葉のように5つに分かれる形を創ります。
その方法は、①木型を使う、②三角棒を使いながら指でひとつひとつ整形していく
の2種類から、チャレンジしたい方法を選択されました。

同じ素材、同じ課題であっても、「創りたいカタチ」に創る。
それが小林 桂子先生の創作和菓子体験ワークショップの特徴。

小林先生の理論を聴き、その理屈が分かれば、あとは丁寧にやればおのずとできてしまうので、今回初体験の方もかわいくステキにできあがりました。

見てうつくしい和菓子。
それを自分の手塩をかけて創ると、その愛おしさはまた一入。

ワークショップのあとは、小林 桂子先生お手製のスペシャル餡を使った練り切りをいただきながら、座談も花咲きました。

211017004



創作和菓子体験ワークショップ、
次回は1月に開催いたします。

【Salone Report】 Wine Lovers Club 2021.10.15

10月15日は、「いろんなワインを味わいたい/ワインのことをもう少し識りたい」方に向けて開催しております体感型ワイン・テイスティング講座、「Wine Lovers Club」を開催しました。
テイスティング下さいました皆さま、ありがとうございます♪

2021年1月より、「イタリア」の生産地域と葡萄品種の関係にフォーカスしたテーマでワインをセレクトして開催しております「Wine Lovers Club」。

アルプス山脈の南側から地中海に張り出した細長い地形のイタリアは、温暖で日照にも恵まれ、ブドウ栽培に適した環境であるため、国土のほとんどの地域で昔からワインが造られてきました
イタリアワインの魅力はなんと言ってもその多様性500種を超えると言われる土着品種に特化したり、国際品種を上手に取り入れながら、多様な気候と相まって土地の個性を表現したワインが生み出されています。

イタリアワイン産地を巡る旅の5箇所目は「フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア」を取り上げました。

211015004


フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州は、この州に含まれる2つの地方名、「フリウリ」と「ヴェネツィア・ジュリア」を結んだものです。名称に「ヴェネツィア」が含まれますが、これはローマ帝国時代の地方区分「ウェネティア・エト・ヒストリア」 (Venetia et Histria) に由来するもので、ヴェネツィア市はこの州ではなく西隣のヴェネト州に所在します。

「フリウリ」と「ヴェネツィア・ジュリア」はともに、古代ローマ時代にこの地方を治めたユリウス・カエサルの名に縁のある地名です。「フリウリ」は、ユリウス・カエサルが築いた都市Forum Iulii(「ユリウスのフォルム(広場)」を意味。現在のチヴィダーレ)に由来し、「ジュリア」はジュリア・アルプス山脈から来ていますが、その山脈の名もユリウス・カエサルに由来します。
呼称では、"Friuli V.G." あるいは "FVG" と略されことがあります。

 位置としては、イタリア北部東端となり、北はオーストリア、東はスロヴェニアと国境を接し、南はアドリア海に臨みます。アドリア海のヴェネツィア湾のもっとも奥まった部分になります。
 海や多くの隣国に接しているという土地柄から、たびたび別の国の支配下に置かれることがありました。

この地は全体的に北から吹き下ろす冷たいアルプスの空気と南から内陸へ吹き込む暖かいアドリア海の空気が混じりあい、白ワイン造りに好条件な気候が生まれます。
 1970年代には、先見の明があった生産者たちが、他の地域よりも先んじてこの地にてクリーンでフレッシュな白ワインの生産を始めました。
 意欲的・挑戦的生産者が多く、美しくよく整備された畑で造られるこの地のワインは、「フリウリスタイル」と呼ばれ、現代イタリアの「白ワインの聖地」とも呼ばれるほど、白ワインの名声をあげていった地域です。

 地方品種から国際品種まで、数多い葡萄品種を使い、個性を活かした高品質なものが多く、ワインの選択肢は広範囲に及びます。多くは北に連なるオーストラリアに出荷されています。
フリウリでは、生産量の約77%が白ワインですが、固有品種やヨーロッパ系品種の黒ブドウも盛んに栽培されています。赤ワインも白ワインには及ばないものの、注目すべきものが少なくない地域です。

今回はフリウリ=ヴェネツィア ジュリアで、注目のワイナリーの国際品種ワインを取り上げました。

今回取り上げましたワインのノートは下記のとおりです。

211015001

211015002

211015003

【Live Report】 Tuesday Night Live 2021.10.12 「あゆもにじん」 五十嵐 歩美(vn.)&マツモニカ(c-harm.)&長澤紀仁(gt.)

10月12日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント、「Monday Night Live」をリバウンド防止措置モードで開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ヴァイオリニストの五十嵐 歩美さん、クロマチックハーモニカ奏者の マツモニカさん とギタリストの 長澤 紀仁さんによりますトリオ・ユニット「あゆもにじん」です。

211012001

小さな音の楽器の代表格、アコースティックギターとクロマチック・ハーモニカ。
そして、小さいながらも大きな音が出せるヴァイオリン。
この3つの楽器がカフェ・ユーでは“生音”でバランスを取りつつ、
ブラジル音楽特有のリズムは長澤さんのギターで創り出し、
そのリズムにのってクロマチック・ハーモニカとヴァイオリンがメロディーを分けあったり、ハモリあったり、ソロを三人で回しあったりと、
あゆもにじん」にしかできないブラジル音楽アンサンブルを奏でます。

ブラジルにも四季があり、「枯葉」という名のサンバがあり、
またブラジルには「Malandro」と呼ばれる特徴的なスタイルで粋な男性がいて
といったブラジル固有の文化を音楽を通じて愉しみました。

ブラジルのいつもの朝の定番メニューは「コーヒーとパン」
そんな日常風景を曲にした「Cafe com Pão」は、
日常が日常であり続けることがスペシャルなことに感じる昨今に改めて味わい深い曲でした。


また、うつくしい曲をよりうつくしく愉しませてくれる「あゆもにじん」の真骨頂を、今回は「New Cinema Paradise Medley」で堪能させてくださいました。

アンコールに奏でられたのは五十嵐さんのオリジナル曲「Tsugaru」。
純和風な旋律だった曲も、長澤さんのブラジルリズムが合わさった「あゆもにじんスタイル」へと進化していました。

うつくしい演奏と、愉しいトークで、たっぷりと愉しませてくれる「あゆもにじん」。
今宵も愉しき時間で満たされました。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、うつくしい曲をうつくしい演奏で、それも生音で、堪能するひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪   

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st set>
1. Minha Saudade
2. Desafinado
3. Folhas Secas
4. リカちゃんのジレンマゾーン (長澤 紀仁さんオリジナル曲)
5. Homenagem Ao Malandro

<2nd set>
1. Cafe com Pão
2. Acaso
3. Meu Passo (マツモニカさんオリジナル曲)
4. New Cinema Paradise Medley
5. Besteira

<Extra>
Tsugaru (五十嵐 歩美さんオリジナル曲)

【Live Report】 アフタヌーンティーライヴ 2020.10.10 「バランサ」 DEN(vo. cavaquinho. ), COKKY( perc, vo., gt. )

10月10日は、日曜日の午後に、スイーツとドリンクとともに、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏をお愉しみいただく「アフタヌーンティーライヴ」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ヴォーカル&カバキーニョの DENさんとパーカッショニストの COKKYさんによりますサンバ・ユニット「バランサ」です。

211010001

2021年、日程を決めてはその都度緊急事態宣言が発令となり、
幾度となく延長としてきました「バランサ」の生演奏。
今回、ついに、実現となりました。

それは、ブラジル特有のサンバの愉しみ方、少人数で気軽に楽しめるサンバのスタイル、パゴーヂ(Pagode)には「おいしい水」が欠かすことができないからです。

気がつけば、2020年11月の生演奏からほぼ一年ぶりとなったこの日。
緩和されたことも鑑みて、換気の機会を多く儲けるために、短めのセットを3セットで開催しました。


DENさん曰く、
スローピッチで始めようと思っていたのに、お客さまを前にすると、いきなり全力投球になったとのこと。
それを象徴するかのように、1stセット3曲目からはバランサの真骨頂であるサンバメドレー。

サンバを愉しむ歓びがひしひしと伝わる幕開けでした。

2ndセットでは、Cokkyさんが7弦ギターを演奏しての、少しまったりモード。
Denさんの歌う姿勢は、サンバの伝説的歌い手をご存じの方にはピンと来るシルエットです。


西へ東へ、もっと自由に移動できる日が来ることを願いつつ、
会えない状況で遠く離れていても、いつも近くにいるように感じる

バランサのオリジナル日本語サンバの歌詞のように、バランサとお客さまとはつながっている。
まさに「あい」で繋がっているのだなぁ、と感じました。

状況が許さないときは耐え、状況が許せば、許す中で最大限にサンバを愉しむ。
そんな方法を見つけながらでも、サンバを愉しむ、サンバで愉しくなる、を続けているバランサ


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、熱く、愉しく、心地よく、活力をもらえるサンバ三昧のひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Disfarça de Choro
2. O Sol Nascerá
3. 空を青く染めよう (バランサ オリジナル曲)
4. O Amanhã
5. É Hoje
6. 歌にのせて~Sonho de Verão~ (浅草サンバカーニバル公式テーマソング) (バランサ オリジナル曲)

<2nd Set>
1. Desde que o samba é samba
2. Alvorecer
3. Meu Laia Laia
4. おはよう (バランサ オリジナル曲)
5. O Novo Amor

<3rd Set>
1. オリオン (バランサ オリジナル曲)
2. Juízo Final
3. Folhas Secas
4. Sempre Mangueira
5. Exaltação á Mangueira
6. 西へ東へ (バランサ オリジナル曲)
7. 歌にのせて~Sonho de Verão~ (浅草サンバカーニバル公式テーマソング) (バランサ オリジナル曲)
8. Salgueiro 93
9. 笑って唄うんだ (バランサ オリジナル曲)

<Extra>
あいの唄 (バランサ オリジナル曲)
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード