U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユー)の日々を綴るblogです

イベントレポート

【Live Report】 Tuesday Night Live 2022.1.11 井出 慎二(sax)& Fuming(pf.)

1月11日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を、開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、サックス奏者の 井出 慎二 さんとピアニストの Fuming さんです。

220111001

前回、井出さんの初試みで開催された「バリトンサックスフューチャー」での生演奏。
今回も引き続き、バリトンサックスナイトとして開催しました。

この日はカフェ・ユーの2022年初ライヴだったのですが、奇しくもこの日は「いろんなことを始めるのに最適な日」だったこともあり、井出さんとFumingさんの生演奏でも“初”が随所に組み込まれました。

1stセットでは、ジャズを知らない方でもCMなどで耳にしたことがあるようなスタンダード曲を取り上げて、バリトンサックスで演奏するというセット。

Fumingさんが作曲されていながら、ご自身が歌うのは“初”というオリジナル曲「それはあなただった」も組み込まれました。

2ndセットはバッハの曲をクラシカルスタイルからスウィング、さらにはモダンジャズとアレンジを変えながらの演奏。
井出さんのオリジナル曲「カンパネルラ」、ビートルズのヒット曲と、お客さまからのリクエストを織り交ぜて、さらにこの日の空模様にぴったりのFumingさんのオリジナル曲「After Rain」と続くセット。

その次に演奏されたのは、バリトンサックスで演奏されたことがないであろうJ-Pop。
実は、井出さんとFumingさんがデュオでお仕事を初めてされた時に、依頼された曲でもあるそうです。

最後は、前回の生演奏当日のまさに前夜に井出さんが夢の中で得たメロディを書き起こし、初演された井出さんのオリジナル曲「貴方と夜とバリトンと」。
前回、初演でありながらFumingさんが即興で歌詞を載せられたりと、歌唱曲に育ちそうな予兆が既に見えていましたが、この日、Fumingさんが歌詞を付けられ、初披露されました。


バリトンサックスならではの迫力あるサウンドに加えて、歌うような井出さんの演奏と、
Fumingさんのウキウキさせるピアノと美声でのヴォーカルで彩られたこの日の生演奏

アンコールでは、メロディーラインを、井出さんのバリトンサックス、さらにはソプラノサックスに持ち替えて、そしてFumingさんの歌と、文字通りすべての要素を盛り込んでの「All Of Me」でした。

2022年も佳い年でありますように、との祈念も込めて行われた生演奏。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、“エンターテインメント”がたっぷり詰まった“生演奏”のひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Mack the Knife
2. All The Things You Are
3. My One And Only Love
4. Work Song
5. それはあなただった (Fumingさんオリジナル曲)
6. Isn't She Lovely

<2nd Set>
1. Minuet in G minor
2. カンパネルラ (井出さんオリジナル曲)
3. Let It Be
4. After Rain (Fumingさんオリジナル曲)
5. Everything
6. 貴方と夜とバリトンと (井出さんオリジナル曲)

<Extra>
All Of Me

1st-5,2nd-1,2,Extra:soprano sax by 井出 慎二さん
1st-5,2nd-4,6,Extra:vocal by Fumingさん

【Live Report】 アフタヌーンティーライヴ 2021.12.26 越田 太郎丸( gt. )& 瀬木 貴将(Zampoña. Quena. )

12月26日は、日曜日の午後に、スイーツとドリンクとともに、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏をお愉しみいただく「アフタヌーンティーライヴ」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ギタリストの越田 太郎丸さんとサンポーニャ、ケーナ奏者の瀬木 貴将さんでした。

211226001

まだまだ世界のいろんなところを訪れるには容易くない状況
本日は、音楽で世界のいろんな秘境を感じることができました

瀬木さんは世界の秘境と呼ばれる場所に足を運ばれることが多く、越田 太郎丸さんが「訪れた先でミュージック動画を撮っては?」の言葉で、各地で撮った動画を上げられています

そんな秘境に行ったからこそ生まれた音楽を、生演奏で感じる瀬木さんと越田 太郎丸さんのデュオ

今回も、大自然のリズムが曲になったような「WILDLIFE」から、砂漠、日本の月の名所の海岸などの情景を音楽で観せてくださいました

2ndセットでは越田 太郎丸さんのソロ、そして瀬木さんのソロが組み込まれました

瀬木さんの新曲「Birds Movement」では、越田 太郎丸さんのチャランゴを持っての演奏
瀬木さんが観た鳥の動きが目に見えるような演奏でした

越田 太郎丸さんと瀬木さんとの出会いのきっかけとなった曲「ラスト・ウィンド」で締めくくりとなったあとのアンコールでは、南極に行った時のイメージの曲がセレクト。
 

本日も、来場くださいました皆さまにとともに、生命の熱い躍動感に触れる生演奏のひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. WILDLIFE
2. DESERT
3. Moon Road
4. El Cóndor Pasa
5. 360°

<2nd Set>
1. Onda Blanca (越田 太郎丸さんソロ)
2. How Insensitive (越田 太郎丸さんソロ)
3. Cacharpaya del Indio (瀬木 貴将さんソロ)
4. The Sound of Silence (瀬木 貴将さんソロ)
5. Imagem
6. Birds Movement
7. ラスト・ウィンド
<Extra>
Dry Valleys

2-6:charango by 越田 太郎丸さん

【Salone Report】 2021.12.23 アリスの国の不思議なお料理会

12月23日は、「アリスの国の不思議なお料理(ジョン・フィッシャー作 開高道子訳)」のレシピを実際に創って、みんなで味わうお料理会、「アリスの国の不思議なお料理会」を開催致しました。
参加下さいました皆さま、ありがとうございます♪

1862年7月4日、ルイス・キャロル率いる一行はランチボックスを手にボートに乗り込みテムズ川を川下り♪
アリスを含むリデル姉妹にねだられて即興で作ったお話が「アリス」のお話です。
その時のお話をさらに膨らませて後に、1865年の同じく7月4日に出版されたのが「不思議の国のアリス」。
その続編として出版されたのが「鏡の国のアリス」。
クリスマスの日に鏡の国に迷い込んだアリスのお話で、今年で出版150周年を迎えます。


アリスの世界でたくさん登場する食べ物に関する記述を体験してみたいと言うファンのために、その世界をレシピにしたのがジョン・フィッシャー著「アリスの国の不思議なお料理」です♪
その中から、今回は鏡の国のアリスにちなんで、3品をクリスマス時期に再現して実際に食べてみました。 

今回も、アリスコレクターの方による、件の物語のシーンの解説とともに、皆さんで実食していただきました。 

最初にお出ししましたのは「ミンスパイ」。

211223003

「甘いおかゆとミンスパイ」はアリスと会話する“蚊”が生きるために食べているものとして答えるものです。
フィリングは作ってからじっくりと時間を掛けて寝かせるのがコツ、とレシピにはなっています。


2皿目は「羊の脚のロースト」です。

211223004

女王に戴冠したアリスを祝う宴で料理として出てくる「羊の脚」。
そのやり取りでアリスは食べることが叶わないのですが、「アリスの国のお食事会」では羊の脚と紹介を交わさないので、みなさん切り刻んで食べられました。

3皿目は「特性かた焼きビスケット」です。

211223005

アリスが赤の女王と出会う場面。
ものすごいスピードで走りながら、パサパサしたビスケットを水分を取らずに食べることになるシーンです。
レシピでは牛乳などの水分を一切使わないようになっています。


今回もアリスコレクターの方が同席くださり、貴重な情報をいろいろとお話くださいました。

211223002
(これは、日本で最初に訳された“鏡の国のアリス”の実物です)


2021年も参加下さいました皆さまとともに、不思議なお食事会を愉しむことができて嬉しいです♪
ありがとうございます♫ 

【Live Report】 Tuesday Night Live 2021.12.21 黒沢 綾( pf. & vo. ) & 小林 宏衣( pf. & vo. )

12月21日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を、開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

出演くださいましたのは、ピアニスト&ヴォーカルの 黒沢 綾 さんとピアニスト&ヴォーカルの 小林 宏衣 さんです。

211221003

黒沢さんと小林さん。ふたりの弾き語りニストによる共演。
演奏とハモリの妙に加えて、アレンジの妙をも兼ね備えるお二人ならではの選曲、アレンジ、構成で繰り広げられる生演奏。

今回は12月、クリスマスシーズンでの開催。
オープニングは黒沢さん、小林さんからのクリスマスソングのプレゼントでした。
さらに1stセットでは、小林さんアレンジのよるブルージーな「Jingle Bells」も織り込まれました。

2ndセットのオープニングのクリスマスソングは、当初は黒沢さんがピアノを担当する予定だったのですが、リハーサルで急遽、小林さんがピアノを担当する編成に変更となりました。
その理由は・・・黒沢さんの手にご注目ください。

211221004

クリスマスシーズンはさまざまな“愛”が語られる季節。
ソロで、敬愛するミュージシャンの曲を演奏した小林さん。
ソロで、さまざまな想いも込めて演奏した黒沢さん。

ゴスペルソングに続いては、愛がテーマのJ-Pop。

常に笑いの絶えないトークと、
ずっとずっと聴いていたいハーモニー。

歌う歓びを込めたお二人の演奏は、“しあわせ”という雰囲気でお店を、そして聴く方の心を満たしていきました。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、愉しいうちにゆったりまったりとトキが過ぎていく心地よい生演奏のひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪
 
♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. The Christmas Song
2. Sunrise
3. 傘ひとつから (黒沢 綾さんオリジナル曲)
4. Think About You (小林 宏衣さんオリジナル曲)
5. Jingle Bells
6. やさしい夜

<2nd Set>
1. Christmas Waltz
2. Sailing
3. うららか (黒沢 綾さんオリジナル曲)
4. His Eye Is On The Sparrow
5. SAY YES

<Extra>
More Human

1st-4,5,6,2nd-1,4:小林 宏衣さん on pianoforte、黒沢 綾さん on vocal
1st-1,2,3,2nd-5:黒沢 綾さん on pianoforte、小林 宏衣さん on vocal
Extra:黒沢 綾さん&小林 宏衣さん on pianoforte
2nd-2:小林 宏衣さんソロ
2nd-3:黒沢 綾さんソロ

【Salone report】 2021.12.21 茶論トーク 英米児童文学の愉しみ

12月21日は、翻訳家 谷口 由美子さんが自ら手掛けられた英米児童文学の魅力をお伝え下さる茶論(サロン)トーク、「茶論トーク 英米児童文学の愉しみ」を開催致しました。
参加下さいました皆さま、ありがとうございます♪

211221001

今回、谷口さんが取り上げました英米児童文学は「学習漫画 世界の伝記NEXT」で谷口さんが監修・解説を担当された、「マリア・フォン・トラップ」でした。

マリア・フォン・トラップ」を始めとするトラップファミリーは、「サウンド・オブ・ミュージック」の元となった家族です。

ヨーロッパでクワイア(聖歌隊)として名を馳せていたトラップファミリーはナチスの誘いを断り、コンサートの依頼があったアメリカに渡る決意をします。
アメリカに渡った後、宗教音楽だけを歌うトラップファミリーのコンサートは段々とお客の入りが悪くなります。
新大陸アメリカの人々の好みの歌も取り入れ、ステージ衣装も聖歌隊仕様からファミリーの地元チロル地方の民族衣装に変え、お化粧もし、シンガーズとして活動をすることで、アメリカでも絶大な人気を誇る合唱団となりました。

コンサートの時に、お客さんとの距離を縮めるためにマリアが語っていた自分たちの経緯の話を「本に書きなさいよ」と勧められたことから執筆したのが「The Story of the Trapp Familiy Singers」です。

ドイツ語を公用語とするオーストリアから渡ってきたマリアが英語で書いた自分たち家族のストーリーを読んだドイツの映画会社がまずドイツ語で映画化します。
そのドイツ映画を観たアメリカのプロデューサーが英語でブロードウェイミュージカル化し、そのブロードウェイミュージカルがミュージカル映画化されました。

谷口さんが“サウンド・オブ・ミュージック”のマリアと接点を持つきっかけになったのは、大草原のローラのアメリカの研究者がふと
「私はマリアに会ったことがあるんだ」
と言った言葉から、でした。

谷口さんはトラップファミリーが経営していたロッジにも訪れ、現存されていたトラップファミリーの方とお会いし話をされました。
今回は、そんな貴重なお話もご紹介くださいました。

また、ミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」の劇中歌の「ドレミの歌」の日本語“翻案”歌詞を作詞されたペギー葉山さんと直接お会いされたときにお聞きになった話もご紹介くださいました。

今回の茶論トーク中は、谷口さんがトラップファミリーのロッジで購入された実際のトラップシンガーズのクリスマスソングCDを掛けながら、開催いたしました。

211221002

原作とミュージカルとの違い、
ミュージカルの劇中歌とペギー葉山さんが日本人のために翻案作詞した歌詞との違い、

それは違って当たり前のこと
そのことについても、谷口さんは茶論トークでご紹介くださいました。
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード