本日は、スペシャルサローネ「自分を表現する生き方術」講座を開催いたしました。
ご参加くださいました皆さま、ありがとうございます。

講師を務められたのは、芸歴43年、歌って踊って話せるマルチタレントとして、またプロ和太鼓チーム「太鼓打 魁」の主宰として活躍されている よしだもみじ さんです。

本講座でよしださんが仰るのが、
 「自分の発する言葉は「自分自身にとって表現したいもの”」のはず。
 それが伝わらないことはとてももったいない。」
です。


本日の講座では、「自分の持っている才能」についてを中心にお話がありました。

180919001

「自信がないんです・・・」
というのが口癖の方でも、“自信を持っていることが必ずある”。とよしださんは仰しゃいます。
その自分の持っている“すごいもの”を発揮する場所は自分で探すもの。
そして自分の持っている“すごいもの”がわかるには、自分で自分を識ること。
そのためにも「自分を褒める」ことが大切、と教えていただきました。

ほかにも、
・「ムシャクシャするようなことがあった時の対処法」
・大変なことを先延ばししない実践法
・考えるのに時間を掛けていいこと、掛ける必要がないことの違い
といったこともお話くださいました。


よしださんの講座では毎回、課題に沿って思うことを書き出す時間がとられます。
本日の講座でも、まず最初に3つ、書き出す課題が出されました。

それは
ひとつめは「自分が幸せだと感じること/思うことをひとつ
ふたつめは「自分自身がこうしたい/こうなりたいと思うことをひとつ
そしてみっつめに「自分のできること/得意なことをひとつ
です。

毎回書き出すことで、「言っていること」は変わらなくても「言い回し」が変わってきているそうで、それは“変化している”ことの表れなのだそうです♫


次回は10月10日です。
「自分自身を幸せにする生き方をしたい方」、お待ちしております♪