9月4日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ピアニストの 栗林 すみれ さんとヴィブラフォン奏者の 山本 玲子さんによるデュオユニット「すみれいこ」です。

180904002

東京の方でも時折雨風の影響が見られたこの日。
ピアノも湿度の影響が見られました。
そんな日だからこそ演奏したい曲もある。

本日の「すみれいこ」のセットリストは、一味違った曲もお目見えしました。
そのひとつは1stセットでリストインしたカフェ・ユーでのすみれいこライヴではお初の「Só Danço Samba」。

このようなことがあるのも、ライヴ演奏のひとつの醍醐味なのではないでしょうか?

本日のすみれいこライヴのオープニングナンバーは、トランペッターのTom Harrellの曲「Moon Alley」。
外の鬱々とした雰囲気を吹き飛ばすかのような明るさと躍動感に溢れる演奏でスタートしました。

またすみれさんのセレクトでは、すみれさんの感性に響くピアニストの曲を取り上げられますが、今回は若くして他界した北欧のピアニスト Esbjorn Svenssonの曲「Believe, Beleft, Below」が取り上げられました。


2ndセットのオープニングは、John Coltraneの「After The Rain」!
この曲も、本日のような天候ならではの選曲。
続けて、玲子さんのリーダーバンドのために書いた「Staring At The Rain」 。
タイトルの意味は「雨を見つめて」。
降っている雨にうんざりして、窓辺で見つめているようなアンニュイな気持ちを曲にしたナンバーでした。
 
情熱的なスパニッシュの雰囲気溢れる「Our Spanish Love Song」。
何ものにも捉われない自由闊達で伸びやかな 子どもから着想を得たすみれさんのオリジナル曲「Children's Mind」。
タイトルは同じなれど、その演奏たるや、以前とは異なる創造性に溢れる。
すみれいこの演奏はまさにそんなスタイル。 

それは、すみれいこのライブでは必ず演奏してされる「That Blue Bird」にも言えることです。
カフェ・ユーのライヴでも常に演奏されてきた曲ですが、表現は常ならぬすばらしさ。
常ならぬところにまた惹かれるのですね。

 
さて!
アンコールでは、これも当店恒例となっています、すみれさんと玲子さんの「Children's Mind」溢れる演奏。
今回はピアノ連弾ヴァージョン。
そして、これも恒例となっています「すみれいこのうた」。
初お披露目以降、カフェ・ユーでのライヴでは欠かさず演奏される曲です。
今回は、「すみれいこ」のお二人の演奏にのせて、お客さま参加型で愉しみました♪

180904001


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、表情ゆたかなすみれいこのライヴのひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Moon Alley
2. Missing Piece (玲子さんオリジナル曲)
3. Só Danço Samba
4. Believe, Beleft, Below
5. Taking A Chance On Love
 
<2nd Set>
1. After The Rain
2. Staring At The Rain (玲子さんオリジナル曲)
3. Our Spanish Love Song
4. Children's Mind (すみれさんオリジナル曲)
5. That Blue Bird (玲子さんオリジナル曲)
 

<Extra>
すみれいこのうた (玲子さんオリジナル曲)

Extra:ピアノ連弾 by 栗林 すみれさん & 山本 玲子さん