2017年9月に開催されました「RUN伴2017文京」をきっかけにご縁がつながった

 お茶を飲みながら、くつろいでお話できる空間を提供するガレリア カフェ ユウ。

 「認知症サポーター」の養成ができる認知症キャラバンメイト。

 認知症の方へのヨガなど、ヨガをするのが難しい方々にヨガを伝えるナビゲーター。


この4名が一緒になって、「自分とつながる みんなとつながる」をモットーに立ち上げた「サローネ グラツィエ」が提供するサローネ。

2月から開催していました、「脳のリラクゼーション&クリーニングエステ」から今回よりタイトルを「人生を愉しくする「脳のお片付け」習慣」へと変更いたしました。

内容は変わらず、本来の「認知症の予防実践を体得していただく」 ことをお伝えしていますが、参加くださった方が日常生活で「自分のやりたいことに気付いたり、自分が愉しむことを実践したり」という嬉しい報告をいただいたことから、主催者でミーティングをした時に、

参加していただいたことで、“自分も愉しむ”方法を見つけることにつながっているのかも?

という話になりました。そこでサローネのタイトルを変更することにしました。



まずは、鈴木めゆさんによる「おひるねヨガ」を実践体験です。

180520002

おひるねヨガ」は認知症の方へのヨガ、小学校低学年のヨガ、赤ちゃんや小さな子とお母さんのヨガ、妊婦さんなど、ヨガをするのが難しい方々でもできるヨガとして、めゆさんが伝えているヨガで、「お昼寝をしながらするヨガ」。ではなくて、「おひるねをするように、自分にいろんなことを許してあげるヨガ」です。


めゆさんの本日のナビゲート・トークより。
チクセントミハイ教授が提唱された脳の状態「フロー」。これは活動のために完全に没頭した状態を言うそうで、とくにスポーツアスリートに見られますが、ハイパフォーマンスを発揮する経営者や将棋の棋士にも見られる脳の状態です。
この状態は、脳がしっかりと覚醒していながら、とてもリラックスをしている状態で、「今何をすべきか」に没頭することを可能とします。
座りながらのヨガ」では、脳が覚醒した状態のまま身体の深いリラックスを体感できるので、この「フロー状態」を体験することになります。

また「おひるねヨガ」では、「ここの関節はこう動くなぁ」と脳にボディースキャン情報をひとつひとつ再認識させていきます。
人は無意識に「痛み」と「苦しみ」を結びつけていますが、本来はこの二つの感情は別のもの。
「痛い」と「苦しい」を結びつけているのは自分自身なのです。
そしてめゆさんは、ボディースキャンの時に「痛くない」という“幸せ”もしっかりと感じてください。とおっしゃいました。
「なにも痛くない」ということがどれだけ幸せなことか。
それをしっかりと感じること、それも人生を幸せに生きる「ヨガの智慧」なのですね。 



おひるねヨガ」体験後は、リフレッシュ効果のあるハーブティーと健全な脳にお薦めのメニューとともに、「おしゃべりカフェ」を愉しみます。

カウンセリングスキルをお持ちの都丸さんとともに、今回もリピート参加してくださった方、そして今回新たに参加してくださった方、いろんな方が集まって過ごす「おしゃべりカフェ」。

おひるねヨガ」でリラックスを体感した効果と、その場の雰囲気で今回もいろんな気付きや智慧の交換が行われました。

おしゃべりカフェ」では、「私たち講師が伝える→参加者が聴く」というカタチではなく、その場に居合わせた方が話す内容に、参加者みんなが想起、共感しながら話題が紡がれていきます。
このような、即興的な刺激は脳にとって最良の栄養源、とも言います。
ですので、職場環境などが異なる方が集って話す「おしゃべりカフェ」は脳の健全・健康にとても有効な体験なのです。



食による脳のお片付け習慣は、「徳し人メニュー」 として「イタリア風冷奴」を実食していただきました。


180520003

今回の主題は「セロトニン」。
セロトニンは、精神の安定や睡眠に深く関わっている神経伝達物質で、セロトニンが不足すると、ネガティブな思考になったり、内臓の働きや代謝が下がったりします。
またセロトニンが分泌されると「抗重力筋」

セロトニンは、体内にアミノ酸の一種であるトリプトファンという栄養素を取り入れることで合成される物質です。
トリプトファンは、豆腐や納豆、味噌、醤油などの大豆製品、チーズやヨーグルトなどの乳製品に多く含まれています。特に、バナナにはトリプトファンが多く含まれ、さらにセロトニンを生成するのに必要な炭水化物やビタミンB6もバランスよく含まれています。

またセロトニンを増やす生活習慣もあります。
まずは1日30分太陽の光を浴びること。
そして緊張と緩和を繰り返す「リズム運動」を実践すること。
リズム運動にはウォーキング咀嚼、そして意識的な呼吸も含まれます。

また人やペットと触れ合う「スキンシップ」リラックスした気持ちで行う人との会話もセロトニン分泌を促します。 

つまり、「おひるねヨガ」と「おしゃべりカフェ」によって脳内にはセロトニンが分泌されているのです。