ガレリア カフェ ユウ プロデュース スペシャルサローネ
ハンカチの木 in 小石川植物園ピクニック
4月30日に開催いたしました。
参加くださいました皆さま、ありがとうございます♪

恒例となってきました、カフェ・ユウの最寄駅 茗荷谷駅からもほど近い場所にあります小石川植物園へのピクニック。
今回は、小石川植物園の名物のひとつ「ハンカチの木」の花を見よう!ということで、ハンカチの木の開花時期がGW近辺であることから、この日に企画しました。

12:30にお店に集まっていただき、今回のピクニック企画で用意しましたお弁当を皆さんで分担してもって頂き、そこから桜の名所のひとつ「播磨坂」を通って小石川植物園へ。

今回は、前回2回と場所を変えて、日本庭園に向かう途中でお弁当を広げました。

180430003

今回のランチもみんなでシェアするスタイルで用意しました。
今回のメニューはイタリアのいろんな場所の料理、6品です。

180430001

1)春キャベツのサラダ(オーストリアに近いエリアのレシピで、ザワークラウトのような味)
2)アスパラガスのフリッタータ(南イタリアのレシピ、スペインオムレツのようなオムレツメニュー)
3)春野菜のカポナータ(トマトやズッキーニを使わないレシピです)
4)レモンパスタ(ペンネで)
5) ラザニア(ミラノ風ではなくナポリ風、ホワイトソースを使いません)
6)とり肉のコトレッタ(ミラノカツレツの鶏肉版、南イタリアの料理です)

食事が終わったら、園内の散策へ。

新緑を愉しみながら、一路目指したのは今回のメインである「ハンカチの木」。
「ハンカチの木」は英語でも"Handkerchief tree"と呼ばれる木で、わずか100年ほど前に発見された珍しい品種とのこと。
小石川植物園の「ハンカチの木」は、幸田露伴の娘、幸田文さんが小石川植物園の技術専門員から譲り受けたもので、それを幸田文さんの娘で随筆家の青木玉さんが「たくさんの方に見ていただきたい」と文京区に寄贈したもの。
上下に付く2枚の白い苞葉がハンカチのように見えることから、この名が付いたようです。

今年は、いろんな花の開花時期が早まっていて、「ハンカチの木」も例外ではなく、もう散ってしまった、という情報もあったのですが・・・

180430002
 
まだ下の苞葉が付いていました♪
参加くださった方のおひとりが、「黄色いのだったら幸せなのに」と一言。
「黄色いハンカチの木」ってないのでしょうか? (笑

この季節は、どこもかしこも新緑に溢れ、春には梅の花が鮮やかだった一帯は梅の実が鈴成りだったり、花々の間を飛び交うたくさんの種類の蝶が見れたり、池には大きなオタマジャクシがいたり。

公園内、至るところに生命の躍動に溢れていました♪
新緑の季節の「小石川植物園」、お薦めです!

ピクニック企画はまた行いたいと思います。

氣持ちのよい新緑の小石川植物園散策を、参加くださった皆さまと愉しむことができました♪
ありがとうございます!