2017年9月に開催されました「RUN伴2017文京」をきっかけにご縁がつながった

 お茶を飲みながら、くつろいでお話できる空間を提供するガレリア カフェ ユウ。

 「認知症サポーター」の養成ができる認知症キャラバンメイト。

 認知症の方へのヨガなど、ヨガをするのが難しい方々にヨガを伝えるナビゲーター。


この4名が一緒になって、「自分とつながる みんなとつながる」をモットーに立ち上げたのが「サローネ グラツィエ」です。


そして「サローネ グラツィエ」が2月から開催していますのが、認知症の予防実践を体得していただく「脳のリラクゼーション&クリーニングエステ」です。

まずは、鈴木めゆさんによる「おひるねヨガ」を実践体験です。

180427001


おひるねヨガ」は認知症の方へのヨガ、小学校低学年のヨガ、赤ちゃんや小さな子とお母さんのヨガ、妊婦さんなど、ヨガをするのが難しい方々でもできるヨガとして、めゆさんが伝えているヨガで、「お昼寝をしながらするヨガ」。ではなくて、「おひるねをするように、自分にいろんなことを許してあげるヨガ」です。


めゆさんの本日のナビゲート・トークより。
「おひるねヨガ」では、脳に自分の身体の関節の動きや身体の位置を伝達し直す「ボディ・スキャン」を行います。これを行うと、“今日の今の自分の自己認識”が脳にされます。この時、脳で活性化されるのは“島皮質”で、この領域は「社会的情動や共感」に関わると言われています。
つまり、「共感力」を上げるためには、他者の動向に注意を払うよりも“自分をきちんと認識する”ことが有効なのですね。

また脳は「誰かに優しくされることで満たされた感覚を持つ」のではなく、「誰かに優しくすることで満たされた感覚を持つ」のだそうです。
自分に優しくすることは、脳に“満たされた感覚”を与えることにもつながります。

今回「おひるねヨガ」を初体験された方は、「1分間目を閉じる」過程で、とても長く感じたそうです。これはどの初心者の方もおっしゃることです。
たかが1分、されど1分。
1分間の休息の効果は意外な程に絶大です。


おひるねヨガ」体験後は、リフレッシュ効果のあるハーブティーと健全な脳にお薦めのメニューとともに、「おしゃべりカフェ」を愉しみます。

「脳の生活習慣病」と呼ばれている「認知症」。
では、どういった症状が「認知症」なのか?
そういった「認知症」を正しく理解することも、本サローネでは話題にしています。

おしゃべりカフェ」では都丸さんが「認知症と単なる物忘れの違い」 をクイズ形式で紹介くださいます。

180427003

おしゃべりカフェ」では、「私たち講師が伝える→参加者が聴く」というカタチではなく、その場に居合わせた方が話す内容に、参加者みんなが想起、共感しながら話題が紡がれていきます。

このような、即興的な刺激は脳にとって最良の栄養源、とも言います。
ですので、職場環境などが異なる方が集って話す「おしゃべりカフェ」は脳の健全・健康にとても有効な体験なのです。



食の認知症予防実践は、「徳し人メニュー」 として「アスパラとキノコのココナッツオイル炒め」を実食していただきました。

180427002

ケトン体による脂肪燃焼効果で注目の「ココナッツオイル」は、認知症の観点からも注目の食材です。

通常、脳はブドウ糖をエネルギーにして活動を行っていますが、認知症を患うと神経細胞が変化するため、ブドウ糖をうまく使えなくなります。
ココナッツオイルの主成分であるラウリン酸はからできるケトン体がブドウ糖の代わりに脳のエネルギーとして働くため、ココナッツオイルは認知症改善に期待できると言われています。

また、ケトン体はブドウ糖の代わりになるため、糖尿病予防の味方にもなってくれるといわれています。


今回はアルツハイマー病発症抑制に効果的な「ビタミンEとビタミンCの同時摂取」を、ココナッツオイルを使ってお薦めいたしました。