4月3日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユウで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、アルトサックス奏者の ヤマカミヒトミ さんとパーカッショニストの 佐藤 直子さんです。

180403001

主にブラジル音楽のフィールドで、主にサックス奏者として活動されているヤマカミヒトミさん。

ですが、当ライヴでは、ジャンルを問わず“うた”を大事にした音楽を奏でつづけているヤマカミヒトミさんらしさが表れたステージとなります。

ヤマカミヒトミさんのソロワークでは、曲によって木管フルート、アルトサックスを使い分け、「めぐり逢い」のように時に歌うように、「小春」のように時に情景を描くように、単音楽器でありながらもふくよかな音色と揺らぎで表情豊かに演奏されます。

180403002
 
そして佐藤 直子さんとのデュオでは、ヤマカミヒトミさんが表現したい世界とシンクロするように、実に見事にふくらみと色彩を佐藤 直子さんのパーカッションが与えます。

ヤマカミヒトミさんを表現するときに使われる言葉「繊細な感性と美しい音楽性」、そして「自然を愛する心」。
その大切にするものを、とても深く理解した上で出てくるような佐藤 直子さんの音。

今回は2ndセットの「Anthem For The New Nations」から途中にインプロヴィゼーションを挟んでヤマカミヒトミさんのオリジナル曲「Mata Itsuka」までの5曲にその真骨頂が見られたように思います。

180403003

Anthem For The New Nations」から始まる5曲の演奏はシームレスに演奏されました。
それぞれの曲は、作曲者が違ったりと関連性は無いものの、まるで組曲であるかのように、ひとつのストーリー性を生み出していました。

ヤマカミヒトミさんと佐藤直子さんは、誤解を恐れずに言えば、「音楽を奏でたい」のではなく、「曲想を描きたい」のだなぁ~と感じるライヴでした。
その音楽にふさわしい雰囲気を出すために、ヤマカミヒトミさんは楽器を、佐藤直子さんはパーカッションの種類と音色をセレクトしているのだなぁ~と。
 

本日も、来場くださいました皆さまにとともに、音によるうつくしい情景描写のひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. 小春 (フルートソロ)
2. Rosa (フルートソロ)
3. めぐり逢い (アルトサックスソロ)
4. Palpite infeliz (アルトサックスソロ)
5. The Everywhere Calypso (フルート&パーカッション)
6. Chorinho Pra Ele (アルトサックス&パーカッション)
7. 空のはじまり (ピアノ&パーカッション)
8. Green Heart (ピアノ&パーカッション)
 
<2nd Set>
1. Carinhoso (フルートソロ)
2. Vaidoso (アルトサックスソロ)
3. Anthem For The New Nations (ピアノ&パーカッション)
4. Whoza Mtwana (ピアノ&パーカッション)
5. Improvisation (フルート&パーカッション)
6. Nuvole Bianche (ピアノ&パーカッション)
7. Mata Itsuka (ピアノ&パーカッション)
8. Desde Que O Samba é Samba (ギターソロ弾き語り)
9. Honey Bee (ギター弾き語り&パーカッション)
10. Fico Assim Sem Você (ギター弾き語り&パーカッション)

<Extra>
The Wedding (アルトサックス&パーカッション)

2nd-9, 10:コーラス by 佐藤 直子さん
1st-1,7,8,2nd-7:ヤマカミヒトミさんオリジナル曲