3月20日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユウにて、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ピアニストの 堀 秀彰 さんとベーシストの 増原 巖さんです。

180320001

かつて増原さんリーダーのバンド「What's Up」で一緒に活動されていた堀さんと増原さんのデュオはここカフェ・ユウでだけ。
そして演奏は、ピアノはもちろんベースも生音です。

春分の日を目前にした本日のライヴ。
ほころび始めた桜の花も戸惑いがちな急な冷え込みでしたが、お店の中は一足先に春を満喫。
1stセットは「春にちなんだジャズナンバー」特集でした。
オープニングナンバーはその名も「Joy Spring」で、春の歓びに満ち溢れたような堀さんと増原さんの演奏。
心躍るような“春”のナンバーが続く中で、失恋気分の「Spring Can Really Hang You Up the Most」も織り交ぜて、1stセットの最後は堀さんのオリジナル曲「Breath of Life」。

ブレイクを挟んで、2ndセットはディズニーの白雪姫の曲でジャズのスタンダードにもなっている「Someday My Prince Will Come」。この曲の演奏はビル・エヴァンス・トリオがモントレージャズフェスティバルで演奏した3拍子と4拍子が混在したヴァージョンにて。
続けてはハービー・ハンコックの映画のために書いたうつくしいバラード「Joanna's Theme」と、90年代のアシッド・ジャズでもフューチャーされたファンキーなナンバー「Cantaloupe Island」。
さらには、堀さんのオリジナル「Oslo」や増原さんのオリジナル「Indigo Blue」など。
うつくしい曲はよりうつくしく、ホットなナンバーは“heart hot, play cool”に。

アンコールはお客さまのリクエストの曲のあと、さらに増原さんのアルコをフューチャーした演奏で終演。
堀さんと増原さんのデュオにて、今宵もジャズが持ついろんな魅力を聴かせていただきました♪


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、”heart hot play cool"なジャズのひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪
 
♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Joy Spring
2. April In Paris
3. Up jumped Spring
4. Spring Can Really Hang You Up the Most
5. I'll Remember April
6. Breath of Life (堀さんオリジナル曲)
 
<2nd Set>
1. Someday My Prince Will Come
2. Joanna's Theme
3. Cantaloupe Island
4. Oslo (堀さんオリジナル曲)
5. Indigo Blue (増原さんオリジナル曲)
6. Billy Boy

<End>
1. Satin Doll
2. Five Minutes To Tomorrow