6月11日は、日曜日の午後に、スイーツとドリンクとともに、第一線で活躍されているミュージシャンによりますライヴをお楽しみいただくアフタヌーンティーライヴ「 de 」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

日曜日に開催するアフタヌーンティーライヴ。
本日出演くださいましたのは、フルート奏者の 坂上 領さんとヴァイオリニストの 帆足 彩さんです。

170611001

「脱力系ラテンバンド」チャランガぽよぽよの中心メンバーの坂上さんと帆足さんによるデュオでの演奏は、「チャランガぽよぽよ」のコンセプトどおりに、ほんわかあたたかい演奏が繰り広げられます。

本日のライヴのオープニングは、坂上さんと帆足さんのデュオでは定番となってきました「ソプラノリコーダーデュオ」による演奏。曲はThe Beatlesの名曲のひとつ「Yesterday」でした。
そして、「チャランガぽよぽよ」のテーマナンバーに続いて演奏されたのは、ビゼー作曲のオペラ「カルメン」!
フルート二重奏用にアレンジされた譜面をフルートとヴァイオリンで、しかもオリジナルの組曲のほぼ全部に近い曲を演奏くださいました。

坂上さんがおっしゃるに、
この編成での音作りでは、「言葉がなくても、リズムがなくても、聴く方の想像でピースが埋まるようなすき間をあえて創る」ことを意識されているとのこと。

メロディーのモチーフとハーモニーの組み合わせから、お二人の根底で刻まれるリズムが感じられるような演奏。
まさに想像性豊かな音楽表現。
それでいて、なごやかでほんわか。

そんな坂上さんと帆足さんのライヴの2ndセット。
オープニングは、フルート独奏会も行っている坂上さんのフルートソロによる「Loving' You」。
続いては、坂上さんのピアノ伴奏による帆足さんの歌!曲はポンキッキーズで歌われた「キミとボク」。
帆足さんの「この歌詞の世界が好き♪」という想いが溢れでた歌でした。

アルバム「チャランガぽよぽよ」に収録された曲や坂上さん、帆足さんのオリジナル曲など。
坂上さんと帆足さんの音楽世界を、二人のハーモニーで紡いでいくあたたかな演奏。

そしてライヴの最後は、熱いグルーヴ全開で「Mas Que Nada」。

生音で素のままに重なる音、交わされる音。

来場くださいました皆さまにとともに、ほんわかあたたかい音楽のひとときをシェアできましたことに感謝致します。

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Yesterday
2. チャランガぽよぽよ
3. ビゼー「カルメン」組曲より
  前奏曲
  アラゴネーズ
  第三幕への間奏曲
  セギディーリャ
  ハバネラ
  闘牛士の歌
  衛兵の交代
  闘牛士 
4. アタラシイオト (坂上 領さんオリジナル曲)

<2nd Set>
1. 坂上 領さんフルートソロ Lovin' You
2. キミとボク
3. ワニのゲーナのテーマ
4. 誕生日のうた
5. 雨上がりの空 (帆足 彩さんオリジナル曲)
6. 星めぐりの歌
7. 香箱座りで黄昏て (坂上 領さんオリジナル曲)
8. Mas Que Nada 

<Extra>
Days Of Wine And Roses

1st-1:ソプラノリコーダーデュオ
2nd-2:帆足さん Vocal、坂上さん Pianoforte