5月9日は木質空間のリヴィングルームのようなカフェで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによりますライヴエンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、男女4声ジャズヴォーカルグループ BREEZEとピアニスト 二村 希一さんです。

170509001

ソプラノ、アルト、テナー、バリトン。
男女4声の編成のハーモニーでジャズをスウィングするヴォーカルグループ、BREEZE。
今回も二村 希一さんのピアノとの共演でライヴをしてくださいました。

オープニングは二村さんのピアノソロ、ラヴリーなジャズナンバーを2曲続けて演奏くださいました。
そしてBREEZEの登場からは、「ジャズで愉しむ名画紹介」のように、名画のテーマソングでジャズのスタンダードにもなっている曲がずらりと続きました。

銀幕ファンの方にはたまらない、名シーンが思う浮かぶようなメロディー。
それが4人の声のハーモニーとスウィングで彩られ、そしてロマンチックなピアノの音色で味付けされて、極上の音のミルフィーユとして形作られていきました。

雨の心配もあった予報でしたが、「雨」も音楽ではとってもロマンチックなエッセンス。
名曲をたくさん生み出しています。

2ndセットのオープニングも二村さんのピアノソロから。
曲はミュージカル「Singin' In The Rain」でも使用されいる「You Stepped Out Of A Dream」でした。

そして2ndセットのBREEZEのライヴは、「ワールドツアー」。
シカゴからロスアンゼルスまでの観光案内。
メキシコに飛んで、情熱的なボレロ。
サッチモが現れて、「My Hometown」とニューオリンズの目抜き通り紹介。

さらには、ペリー・コモ、そして永 六輔さんとのステキなエピソードを紹介くださりながらの「Beats There A Heart So True」と「見上げてごらん夜の星を」。

「ショウほど素敵な商売はない♪」
と、ショウアップされた見事なエンターテインメントで愉しませてくださるBREEZE&二村希一さんのライヴ♪

そんな明るい表通りのようなBREEZEのエンターテインメントに足を向けてくださいました皆さまにとともに、愉しい生演奏のひとときをシェアできましたことに感謝致します。

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Just Squeeze Me
2. Sweet And Lovely
3. Watch What Happens 
4. Smile
5. Raindrops Keep Falling On My Head
6. The Way We Were
7. On A Clear Day
8. Blue And Sentimental
9. Spring Can Really Hang You Up The Most
10. Fly Me To The Moon

<2nd Set>
1. You Stepped Out Of A Dream
2. Route 66
3. Bésame Mucho
4. Basin Street Blues
5. I Got Rhythm
6. Everything Happens To Me
7. Beats There A Heart So True
8. 見上げてごらん夜の星を
9. There's No Business Like Show Business 

<Extra>
On The Sunny Side Of The Street
 
1st-1,2,2nd-1:ピアノソロ by 二村 希一さん