2月21日は木質空間のリヴィングルームのようなカフェで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによりますライヴエンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ヴォーカリストの 高橋 奈保子さんとベーシストの 岸 徹至さんのお二人によるデュオユニット「四十雀(シジュウカラ)」です。

170221001

「四十雀」は高橋さんと岸さんのユニットのモットーのダブルミーニングです。
結成してほぼ1年、ヴォーカルとベースでさまざまなチャレンジをしながら活動中のユニットです。

「あんな風に自分もベースを弾いてみたい」
と憧れを抱いてもらえるように。
とベースソロの演奏をしているという岸さん。
岸さんのベースソロは、本当にベースとギターを同時に弾いているようにメロディアスです。
ルーパーを使ってのひとり多重演奏では、エレクトリックベースのラインに乗せてウッドベースのアルコ弾きで演奏したりと、その演奏方法も多彩で、フレーズとともに音色でも愉しませてくださいます。

高橋さんは伸びやかでありながら圧のあるハイトーンヴォイス。
時にしっとり、時に歌い上げ、そしてささやくように、とこちらも表情豊かな歌い方。

そんな歌心溢れる高橋さんと岸さんのデュオでの演奏。
そこにさらに四十雀ならではのアレンジが加わります。

今回のライヴでは、前回も演奏された岸さんのオリジナル曲(岸さんのリコーダー演奏、さらに高橋さんはパーカッション)に加えて、高橋さんのオリジナル曲も演奏されました。
高橋さんの祖父は地域の方の飲み水の供給源となる泉を守っていた方だそうで、その方の目線になって書かれた曲とのこと。
静々と湧き出る清水、移ろいゆく時、変わっているようで変わらぬように見える景色。
そんな曲想の歌でした。

高橋さんと岸さんの地元、所沢の航空公園の近くには、かつて管轄していた米軍兵が「これを掛けてくれないか?」とアルバムを持ち込み、そしてそれを聴きに日本人が集まった、自然発生的に生まれたジャズ喫茶があります。
そのジャズ喫茶でジャズコンテストを開いた時に高橋さんが歌ったのは、日本のディーヴァのひとり、美空ひばりさんの「リンゴ追分」。それは今でもそのジャズ喫茶で語り草だそうです。
その「リンゴ追分」を四十雀アレンジで演奏くださいました。

四十雀では、スタンダードジャズだけでなく、ジブリやディズニーなどのナンバーをジャズアレンジで、しかも日本語でアレンジして演奏されます。
四十雀だからできる、四十雀にしか出せない演奏が愉しめます♪

アンコールは、現在鋭意製作中の「四十雀」のアルバムに収録されている中村八大さんの作品のメドレーでした。

ヴォーカルとベース、だけど多彩な表現で収録されたアルバム。
その完成も愉しみです♪

来場くださいました皆さまにとともに、すばらしい生演奏のひとときをシェアできましたことに感謝致します。

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Too Close For Comfort
2. Feel Like Makin' Love
3. Our Love Is Here To Stay
4. Someday My Prince Will Come
5. 蒼い三日月 (岸さんオリジナル曲)
6. やさしさに包まれたなら
7. 時には昔の話を
 
<2nd Set>
1. Human Nature
2. Imagine
3. It's Only A Paper Moon
4. リンゴ追分
5. 清流 (高橋さんオリジナル曲)
6. Chim Chim Cher-ee
7. 飛行機雲
 
<Extra>
中村八大メドレー 黄昏のビギン~上を向いて歩こう~夢で会いましょう

1st-1,2nd-1:Wood Bass solo
2nd-1,2nd-2:Electric Bass solo by 岸 徹至さん