本日は、「ワインのことをもう少し識りたい」方に向けて開催しております体感型ワイン・テイスティング講座、「Wine Lovers Club」を開催致しました。
参加下さいました皆さま、ありがとうございます♪

7月からのクールのテーマは「基本の葡萄品種2」です。
ワインの味の決め手となる主要素は葡萄品種です。
多種多様な葡萄品種の中から、基本となる葡萄品種を選び、その葡萄品種でできたワインを比較テイスティングしていただきながら、葡萄品種の特性などを識っていただきます。

5回目のテーマは「氣難し屋の黒葡萄品種」というテーマで開催いたしました。
その葡萄品種とは「ピノ・ノワール」です。

赤ワインの人気をカベルネ・ソーヴィニヨンと2分する品種であるピノ・ノワールは、カベルネ・ソーヴィニヨンと何かと対照的な品種です。

ピノ・ノワールの特徴は、「類い稀なる芳香性」と「きれいな酸」です。
ピノ・ノワールのポテンシャルが発揮されたワインは、本当に数が少なく、そのスイートスポットの狭さはリースリングよりもさらに狭いと言われています。
それが故に、そのようなワインと出会った時の感動も計り知れないものがある品種です。

愛飲家も、そして生産者も、一度ピノ・ノワールに魅了されてしまったが最後、多くの人を狂わせてしまう品種というのもうなずけます。

ピノ・ノワールの芳香のタイプには大きく2つがあります。
比較的冷涼で軽い土壌では、赤果実味や花の香りを持つ清涼感のある味わいが強まります。
一方で、比較的温暖で重い土壌では、スパイシーでスモーキーな重たい香りを持つ濃密な味わいになります。

この芳香は好みが分かれるところとなります。
今回のテイスティングでは、ブルゴーニュのワインに重たい濃密な芳香が見られました。
この芳香のワインは、ブルーチーズなどクセのある芳香の食材とは相性ばっちりで、そのマリアージュは病みつきになります。

本日テイスティングしましたワインのノートは以下の3種類です。

161118001

161118002

161118003