本日は火曜日の夜の音楽のひととき♪
第一線で活躍されているミュージシャンによりますリヴィングルームスタイルのライヴ「Tuesday Night Music Club」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ラテンジャズピアニスト 恒川 ひろこさんとラテンベーシスト 澁谷 和利さんです。

160816001

本日は、世界でも稀有な存在である女性ラテンピアニストの恒川さん、そして、日本を代表するサルサバンド「オルケスタ・デル・ソル」と「オルケスタ・デ・ラ・ルス」のベーシスト 澁谷さんのデュオで、キューバン・リズム満載のラテンジャズライヴとなりました。

オープニングはラテンジャズの名曲、「Maria Cervantes」、そしてジャズピアニストのChick Coreaが作曲した「Armando's Rumba」の立て続け。恒川さんの丁寧な曲解説とともに、熱い熱いキューバラテンが響きました。
そして、しっとり系ナンバーとして、元々はメキシコのボレロからジャズスタンダードになった「What A Difference A Day Made」をはさんで、日本の童謡「ちいさい秋 みつけた」のラテンアレンジが演奏されました。
立秋も過ぎて少し秋の気配もみえるこの季節、「夏が大好き」な恒川さんによる、近づく秋の気配を吹き飛ばすような「ちいさい秋 みつけた」でした。

ライヴでは「徹子の部屋」ならぬ「ひろこの部屋」の時間が設けられました。

160816002

恒川さんのライヴでは、トークで共演者の方の人となりを紹介するコーナーがあるそうで、今回の共演者 澁谷さんの「My Favorite Things」トークが展開されました。

2nd セットは、恒川さんが敬愛する、パキート・デ リヴェラ、そしてミシェル・カミロに関するナンバーが選曲されました。
来場くださっていた恒川さんとデュオユニット「もつなみ」を組んでいるフルート奏者 西村 菜美さんもゲスト演奏くださいました。

160816003

ライヴのラストナンバーは「再会」という名のパキート・デ リヴェラの曲「Reunion」。

アンコールは、ボッサ調をキューバンラテン調にしての「Blue Bossa」でした♪

来場くださいました皆さまにとりましても、楽しい音楽のひとときでありましたならば、幸甚に存じます。

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Maria Cervantes
2. Armando's Rumba
3. What A Difference A Day Made
4. ちいさい秋 みつけた
5. Caribe

<2nd Set>
1. Chick (For Chick Corea)
2. Midnight Mambo
3. Claudia
4. On Fire
5. Reunion

<Extra>
Blue Bossa

2nd-2,Extra:Flute by 西村 菜美さん